コール ボーイ イラスト。 Lying.

Lying.

コール ボーイ イラスト

概要 [ ] コールボーイは、父の産駒としては3頭目となるである。 ロンドンののショービジネス界で成功したが生産し、自らの馬主として走らせた。 コールボーイは2歳の時にに勝ち、3歳の春にで僅差の2着になったあと、ダービーで優勝した。 その直後に馬主のカーゾンが急死してしまい、コールボーイはそのまま引退することになった。 しかし種馬としてはほとんど繁殖能力がないことがわかり、去勢された。 血統 [ ] 母馬 [ ] 母のコメディエンヌ(Comedienne)は、バチェラーズダブル()が種牡馬になって最初の世代の産駒で、ヘンリー・グリーア()がアイルランドで生産した馬である。 コメディエンヌはフランク・カーゾンが130ギニーで購入し、2歳のときに下級戦で4勝を挙げた。 繁殖牝馬になったコメディエンヌの初仔は当歳時に死んでしまい、2番仔コメディスター(Comedy Star)は未勝利馬である。 コメディエンヌの3番仔コメディキング(Comedy King)はコールボーイの1歳年上で、3歳時(1926年7月)に2着、同年9月のジョッキークラブステークスでは優勝馬フォックスロー(Foxlaw)からアタマ・半馬身差の3着になっている。 父馬 [ ] 詳細はおよびを参照。 父馬ハリーオンは中(1914-1918)のイギリスで活躍した競走馬で、戦時中にの代替競走として行われたセプテンバーステークスなど6戦無敗の成績を残した。 種牡馬になるとすぐに、1922年にがダービーを勝ち、スタミナに富む種牡馬とみなされるようになった。 母のコメディエンヌにハリーオンがあてがわれた1923年の時点で、ハリーオンの産駒で主要な活躍をしたのはキャプテンカトルとがいた。 タウンガードは1922年の2歳戦でなどの重賞を勝つ活躍をしていた。 コールボーイが誕生した1924年の春には、ハリーオンの産駒プラック(Pluck)がに優勝している。 競走馬時代 [ ] デビューまで [ ] コールボーイを生産・所有したフランク・カーゾン()はイギリスの俳優・脚本家・プロデューサーである。 カーゾンはやがてプリムローズコテージ牧場(Primrose Cottage Stud)を開いて競走馬の生産を行うようになり、活躍馬を出すようになった。 そして彼のサラブレッド生産の集大成となったのがコールボーイである。 1922年からカーゾンの馬を預かっているのがジョン・ワッツ(John Evelyn Watts)調教師 である。 ワッツ調教師はもともと騎手をしていて、第一次世界大戦前にはドイツ国立牧場で働いていたこともある。 ワッツ師は大戦中、サフォーク義勇軍()に4年間従軍し、戦後ニューマーケットにランズダウンハウス厩舎(Lansdowne House)を開設した。 ワッツ師はのちにの馬を預かるようになり、を連覇したを手がけることになる。 コールボーイが1926年の秋にデビューする前、1925年には、ハリーオン産駒のが2歳チャンピオンになった。 さらに、年が明けて1926の春にコロナックはダービーを勝った。 その直後の6月には、コールボーイの半兄コメディキングがエクリプスステークスで2着になっている。 2歳時(1926年) [ ] コールボーイはハリーオン系らしい、大柄の栗毛馬だった。 コールボーイのデビュー戦は7月ので、ザサトラップ(The Satrap)とのシックル()に次ぐ3着になった。 のではシックルを捉えることはできたが、デイモン(Damon)に敗れて2着になった。 10月になってでリントンステークス(Linton Stakes、5ハロン=約1207メートル)で初勝利をあげると、一ヶ月後のでシックルを頭差負かして優勝した。 この世代では、とを勝ったザサトラップが最も高い評価を得た。 この年の重要な2歳戦では、とシャンペンステークスをデイモンが勝ち、をマネーメーカー(Money Maker)が勝っていた。 コールボーイが勝ったミドルパークステークスもイギリスの主要な2歳戦だが、コールボーイにとってはシャンペンステークスでデイモンに敗れたのが響き、世代のフリーハンデでは5番手の評価に留まった。 馬主のカーゾンのもとへは、翌年のクラシック候補となったコールボーイを譲ってくれという申し入れが相次いだが、カーゾンはこれを全てはねつけた。 彼にとっては、こうした数々のオファーは、彼がまるで有望な2歳馬の価値を正しく理解していないと看做されているのだと侮どられていると感じるほどだった。 3歳時(1927年) [ ] コールボーイは3歳になっても春のクラシック前哨戦に全く出なかった。 2歳チャンピオンのザサトラップはリタイヤしてしまったし、デイモンやマネーメーカーといった2歳時の有力馬も信頼性に欠いていた。 主要な前哨戦は次々と勝ち馬が変わり、3歳クラシック戦は混戦模様となった。 フランク・カーゾンは世代5番手の低評価に憤り、コールボーイが3歳になってからの調教をすべて一般公開した。 公開調教で、コールボーイは半兄のコメディキングと併せ馬を行い、これに先着してみせた。 コメディキングは前年のエクリプスステークスでダービー馬コロナックと争って2着に入った馬である。 この調教をみた人々によって、この年1度も出走していないにも関わらず、コールボーイは2000ギニーでの人気を高めた。 2000ギニー [ ] 2000ギニーは本命不在の混戦ムードで、どの馬でも勝てそうだと考えた馬主が多くなった結果、出走馬の数は史上2番めに多い23頭になった。 コールボーイは本命とはいえ3. 5倍どまりだった。 コールボーイは残り400メートルほどからスパートし、コールボーイ、2番人気のシックル Sickle 、人気薄のアダムズアップル Adam's Apple の3頭の争いになった。 ゴール寸前でシックルがやや遅れ、コールボーイとアダムズアップルが並んだままゴールした。 観衆の多くは同着とみたが、ハナ差 でアダムズアップルの勝利と判定された。 アダムズアップルの馬券は21倍の番狂わせになった。 第148回ダービーステークス [ ] この年はダービーも混戦であることは疑いようもなく、「長いダービーの歴史の中で、最もどの馬にも優勝のチャンスがある一戦」と報じられている。 コールボーイは2000ギニーのあと、ニューマーケット競馬場の10ハロン 約2011メートル のレースを4馬身差で制してダービーへ駒を進めた。 ダービーが行われるは、ニューマーケット競馬場よりも起伏が激しく、距離も半マイル長くなる。 もともと距離が伸びれば伸びるほど強くなるハリーオン産駒だったし、2000ギニーでも僅差の2着だったことが評価を受け、本命になった。 とはいえ5倍どまりで、例年に比べると強い支持を集めたわけではなかった。 差のない2番人気は5. 5倍のホットナイト Hot Night だった。 ホットナイトは上海の の所有馬である。 3番人気には2000ギニー優勝馬のアダムズアップル 7倍 、4番人気は2000ギニー3着のシックル 8倍 だった。 直前のを勝って滑り込んできたローンナイト Lone Knight が12. 1倍で5番人気だった。 ダービーの1週間前に大西洋単独無着陸飛行を成功させたがダービーのゲストとして競馬場へやってきたが、そのために競馬場には大観衆がおしかけ、50万人が集まったと伝えられている。 ホットナイトが2着に入り、3着には人気薄の Shian Mor が入った。 ダービーでは、優勝馬の馬主がスタンドからゴールまで降りてゆき、愛馬の手綱をとってセレモニーをするというのが恒例だったが、この年はそれが難しかった。 馬主のカーゾンは、直前に妻と死別したばかりなうえ、本人も心臓病で歩くこともままならなかった。 最後は貴賓席へ登って国王から祝福を受けるのだが、これに大変な時間を要した。 ダービーのあと [ ] ダービー優勝の翌日、カーゾンはロンドンで心臓発作を起こし、2週間後に死んだ。 当時のイギリスの規定では、馬主が死去するとクラシック登録が失効し、には出走できなくなった。 コールボーイには世界中から様々なオファーがあったが、最終的にはカーゾンの従兄弟が6万ポンドを出して購入し、種牡馬にすることになった。 しかし、まもなくコールボーイには受精能力がほとんどないことが判明し、去勢された。 ただし、完全に受精能力が無かったわけではなく、種付の後にアメリカへ連れて行かれた牝馬が牡馬を出産しており、その子孫がアメリカで数代にわたって細々と残った。 1961年のイギリス及びイギリスの勝ち馬が、コールボーイが牝系に入っている活躍馬である。 2015年4月25日閲覧。 2015年4月25日閲覧。 2015年4月25日閲覧。 脚注 [ ] 参考文献 [ ]• 『CLASSIC PEDIGREES 1776-2005』Michael Church編、Raceform刊、2005• 『ダービーの歴史』アラステア・バーネット、ティム・ネリガン著、千葉隆章・訳、(財)競馬国際交流協会刊、1998• 『サラブレッドの世界』サー・チャールズ・レスター著、佐藤正人訳、サラブレッド血統センター刊、1971• 『海外競馬完全読本』海外競馬編集部・編、東邦出版・刊、2006 注釈 [ ]• アイルランドがイギリスから独立して「アイルランド共和国」になるのは1949年であり、コメディエンヌが生産された1940年当時はアイルランドも「イギリス」の一部である。 そのためコメディエンヌの生産国はイギリス(GB)となる。 後年、コメディスターの子孫には1000ギニー優勝馬のダンシングタイム(Dancing Time)などが出ている。 ジョン・ジャック・ワッツの孫のジョン・フレデリック・ワッツも騎手。 三代とも「ジョン・ワッツ」と書かれることが多いので注意が必要。 正確には「短頭差 a short head 」。 イギリスには「ハナ差 nose 」という着差はないが、日本には「短頭差」というのがなく、その代わりになるのがハナ差なので、ここではハナ差とした。 「ダービーレコード」は、戦時中に平坦なニューマーケット競馬場で行われた時に作られている。 の分類は文化圏ごとに異なっており、黒鹿毛・青鹿毛の分類は日本とアメリカでは違う。 アメリカの登録では本馬は「Brown(青鹿毛)」 となっているが、日本では黒鹿毛 とされている。 出典 [ ]• 2014年6月12日閲覧。 2014年7月20日閲覧。 2014年6月20日閲覧。 2014年8月2日閲覧。 2014年8月1日閲覧。 2015年3月25日閲覧。 『サラブレッドの世界』p339-340• 2015年4月30日閲覧。 2015年4月30日閲覧。 外部リンク [ ]• 競走馬成績と情報 、.

次の

syudou『コールボーイ』歌詞の意味を考察・解釈

コール ボーイ イラスト

カテゴリ• syudou『コールボーイ』の概要 『コールボーイ』とは2019年4月13日にネット上で公開された楽曲です。 syudouさん45作目となる新ナンバーであり「お酒」をテーマにしています。 映像はヤスタツさんが担当されており、前作大人気となったビターチョコ デコレーションでも高い技術でファンを魅了してきました。 syudouさんご自身も動画コメント欄にて 「お酒はほどほどにって曲です。 」と軽めのタッチで今作について語っていますね。 確かに歌詞ではお酒を呑み過ぎて中毒になるとどうなるかがリアルに描かれています。 リアル過ぎて考察の途中で背筋がゾワゾワする部分もあります。 『コールボーイ』は、お酒が好きな人もお酒を全然呑まない人にも教訓的な楽曲です。 そして現在、お酒を飲み過ぎているまたはやめられないというあなた! 今すぐこのMVを見てお酒の呑み方を調整してみて下さい(笑) それではさっそく歌詞の意味を考察していくことにいたしましょう。 『コールボーイ』の意味とは 『コールボーイ』とは英語で「Call Boy」となり意味は「呼び出し係」です。 しかし今回の歌詞全体とマッチする意味としては、 主人公の男性(ボーイ)が マスターを呼ぶ(コール)してお酒を持って来させる様子を指すのだと筆者は考えます。 「おーい!酒だ!」と次から次へとお酒を注文する彼のアルコール中毒っぷりを容易にイメージできると思います。 『コールボーイ』歌詞の意味 アンダーグラウンドに巣食う半端者たち 繁華街地下場末のバーは ボンクラ酔いどれ自称非凡人 使い捨てしたいクズと されたい輩にて大繁盛 混ぜ物多めの安価なバーボン 半端なアンタが良く似合う 酔ったら同じ事 なんてのがお決まりなんだけど 繁華街地下にあるバーには酒好きの男女が入り乱れていました。 彼らは 「ボンクラ酔いどれ」と称されており、どうしようもない程お酒を飲む連中でした。 「自称非凡人」とは「俺は昔凄かったんだ」と言って 凡人には留まらない存在であるとアピールする人たちを表現しています。 「使い捨てにする人とされる人」については、 一夜限りの交際で満足する男女の関係に言及しているようです。 飽きたら別の人という思考が含まれています。 彼らが浴びるように飲んでいる酒は混ぜ物のない純粋なお酒ではないようです。 「混ぜ物多めの安価なバーボン」で満足してい点から 質より量という考えなのでしょう。 酔うことを目的としている人たちですから、綺麗に呑むとか雰囲気を重視する客はいないようです。 何かを忘れたい人が多いようにも感じます。 確かに言えることは歌詞にもあるように、繁華街アンダーグラウンドのバーに巣食う客の大半が「一人では生きて行けない」半端者ばかりであるという点です。 そしてそのうちの一人が「コールボーイ」の主人公です。 酒と女で麻痺させる孤独 人は孤独を殺すため 虚しいをもどすため酒を飲むんだ 金も時間も肝臓も なぁ何でもやるからさ 二人でいよう? 主人公曰く、お酒を呑む理由は 自分の中の孤独を麻痺させて虚しい気持ちを元に戻すためだと述べています。 そのためなら 「金も時間も肝臓も」差し出すと歌詞は綴っています。 安価であっても大量に飲めば大金を叩くことになります。 数時間はその場に留まらなければなりません。 さらにアルコールの多量摂取は肝臓の働きを阻害します。 それでも孤独を麻痺させるためなら主人公を含め酒呑みはそうしたものを喜んで犠牲にしてしまうのでした。 彼は「二人でいよう?」と声をかけています。 それは一緒に呑む時の呑み友達なのかもしれませんし、バーでたまたま出会った人なのかもしれません。 余談ですが、筆者も初めてバーに友達と行ったときにカウンターの男性に話しかけられました。 30分くらい話しかけられ名刺も渡されました。 話を聞いているとそこそこ偉い方のようで会話の半分は自慢でした。 良くも悪くもバーは出会いの場所と言えるんだと実感しました。 友達から「あれが良かったこれが悪かった」という話を聞いても一切覚えていません。 後日、友達には色々な点について弁解する必要が生じたのでしょう。 「記憶のないあなたを運ぶのは大変だった」と言われれば「一人で歩けた」と弁解したかもしれません。 呑み過ぎは明日に影響するという考えも、彼にとっては呑まなきゃ明日に影響するという考えに変換されてしまうのでしょう。 そしてまた後日、呑み過ぎた点を友達に指摘されても 「記憶にございません」と政治家の決まり文句のように切り抜けるのでした。 自分の好みを偉そうに声高に語る人も結局、酔ったら誰でもいいんだと皮肉めいたことを発します。 そして段々と自分が一人で人生を孤独に歩んでいること、自分以外には人生を共にする誰かがいることに苛立ちを感じます。 荒ぶる彼は暴言を店中に響かせます。 曲の中で彼は3回 「クソが!」という汚い罵声をあげています。 大人として大変マナーが悪く汚い呑み方の一つだと言えるでしょう。 意味も無く呑み続けるお酒にもはや味など感じなかったことでしょう。 彼が味わっているものがあるとすれば孤独だけです。 その友達はきっと彼の身を案じてお酒の量を減らすように勧めたことでしょう。 しかし彼はそうした助言に耳を貸そうとはしません。 むしろ嫌気を感じて苛立ったことでしょう。 そしてお酒の力を借りないでそれなりにやっていられるのは 「社会に飲まれている」からだと皮肉を述べています。 つまり彼はお酒に 「主導」権を奪われているのです。 この 「主導」が作り手の syudouさんとかかっているのに違いないと筆者は考えました。 syudouさんの言葉遊びのセンスに酔いしれます。 繁華街地下バーには今日も色々な声が飛び交います。 そんな中、一番声を大にして叫んでいるのは主人公でしょう。 アルコールのアンコールを叫び続けているのです。 彼が叫ぶのをやめるのは、店が閉店するか彼の意識が飛ぶか、また孤独が完全に消え去る時なのでしょう。 筆者は彼が酒処ではなく、孤独を完全に埋めてくれる人を避け所として欲しいと願うのでした。 まとめ アルコール中毒の男の悲しい性を垣間見てしまいましたね。 お酒を綺麗に呑むか汚く呑むかは重要だと思います。 愚痴を言うのは良しとしても他者に迷惑がかかる一切の行為は大人のマナーに反していますね。 また記憶を失って常習的に誰かのお世話になるのも避けたいところです。 筆者はせっかく友達と呑みにきているのですから会話が成立する程度で酒をやめておくのが良いと思います。 ちなみに一杯酒を呑んだら水を一杯飲むを繰り返すと、悪酔いを避けられると感じています(人によります 笑) 是非、間違っても酒に自分の主導権を奪われないように注意していきたいと思います。 自分は絶対大丈夫と自分に酔わないようにも気をつけたいものです。 syudouさんの教訓的な歌詞と曲に感謝します。 次回作と今後の活動に期待し注目していきたいと思います。

次の

Lying.

コール ボーイ イラスト

About 初めまして、かぐまにくすと申します。 サークル Lying. にてイラストレーター、背景グラフィッカーとして活動しております。 ご依頼やご意見等がございましたら、下記の又はメールアドレスより連絡していただけると幸いです。 先日5月のコミケとコミティアが中止になった通達を受けたので、スケジュールが割と空きました。 作る予定だった本は次のイベントまでにパワーアップさせる感じで行きますので期待しといてください。 で、新刊のために仕事の方をセーブしてしたのですが、その必要もなくなったので新規ご依頼お待ちしております。 個人の方でも今ならよほどのことがない限りは受け付けておりますので何卒よろしくお願いいたします。 あと、HPのトップとプロフィールを更新しました。 更新してくれた友達に感謝。 プロフィールにもある通り今は背景グラフィッカーのほかにイラストレーターみたいなこともだいぶやってるので今後ともよろしくです。 Contact お問い合わせ内容に予算感やスケジュールなどを書いていただけると話がスムーズに進みます。

次の