フォレスター 買取 価格。 フォレスター(スバル)の買取価格・査定相場|一括査定.com「車一括査定サイト」

フォレスター買取価格・下取り査定額の相場表

フォレスター 買取 価格

一括査定. comでは、フォレスター(スバル)の買取価格・査定相場を一覧で分かりやすく公開。 査定時期、車種・グレードやボディー色、年式、走行距離も情報公開されているので、より具体的な価格が分かります。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 車名は、英語で「森に住む人」、「森をはぐくむ人」の意味。 フォレスターはステーションワゴンに由来する低全高のSUVが特徴だったが、2007年12月からの3代目モデルではパッケージングを一新し高めの全高を持つようになった。 これによりゆったりした居住空間が生まれた。 基本プラットフォームはレガシィとインプレッサを統合して作られた新開発のもので、SIシャシーを採用する。 水平対抗エンジンを搭載し、左右対象のシンメトリカルAWD機構を採用する点などは従来と変わらない。 査定時期 年式 カラー 車名・グレード 走行距離 査定額 2020年4月 2016年 平成28年 黒系 フォレスター 2. 0i-Lアイサイト 1万キロ未満 1,392,300 円 2020年4月 2015年 平成27年 黒系 フォレスター 2. 0XTアイサイト 1万〜2万キロ 1,449,630 円 2020年4月 2015年 平成27年 パール系 フォレスター tS 1万〜2万キロ 2,157,400 円 2020年4月 2018年 平成30年 グレー系 フォレスター 2. 0i-L 1万〜2万キロ 1,951,950 円 2020年4月 2011年 平成23年 シルバ系 フォレスター 2. 0XT 1万〜2万キロ 454,940 円 2020年4月 2017年 平成29年 パール系 フォレスター 2. 0XTアイサイト 1万〜2万キロ 1,710,800 円 2020年4月 2018年 平成30年 青系 フォレスター ツーリング 2万〜3万キロ 1,991,990 円 2020年4月 2017年 平成29年 シルバ系 フォレスター 2. 0i-Lアイサイト 2万〜3万キロ 1,424,150 円 2020年4月 2009年 平成21年 シルバ系 フォレスター 2. 0XSプラチナセレク 2万〜3万キロ 136,080 円 2020年4月 2014年 平成26年 シルバ系 フォレスター 2. 0i-Lアイサイト 2万〜3万キロ 896,230 円 2020年4月 2009年 平成21年 シルバ系 フォレスター 2. 0XS 2万〜3万キロ 216,720 円 2020年4月 2016年 平成28年 パール系 フォレスター 2. 0i-Lアイサイト 2万〜3万キロ 1,032,400 円 2020年4月 2012年 平成24年 シルバ系 フォレスター 2. 0i 4万〜5万キロ 178,920 円 2020年4月 2014年 平成26年 黒系 フォレスター 2. 0XTアイサイト 4万〜5万キロ 879,320 円 2020年4月 2007年 平成19年 グレー系 フォレスター 2. 0XT 4万〜5万キロ 191,520 円 2020年4月 2015年 平成27年 シルバ系 フォレスター 2. 0i 4万〜5万キロ 356,040 円•

次の

【2020版】フォレスターの買取相場は?査定額を上げる5つのポイント

フォレスター 買取 価格

・年式の新しいモデルであれば、200万円以上の買取査定となる可能性もある! ・グレードの違いにより価格も変わりますが、「アイサイト」搭載車は10万円以上のプラス査定になることも。 ・少しでも高額買取につながるように、査定までにボディや内装を綺麗に掃除しておこう! フォレスターのグレード別の買取相場 ここでは、フォレスターの買取相場(2019年8月時点)をご紹介していきます。 年式やグレードによって大きく変動するため、自分の車がどれに当てはまるかしっかり確認しておきましょう。 現行のスタンダードの「ツーリング」や上級グレードの「プレミアム」など11種類について買取相場を見ていきます。 メーカー希望小売価格が約260万円(税抜)なので、1年経過で100万円程度値下がりする計算です。 3カ月後の2019年11月にはさらに30万円下がるという予想もあるので、買取を考えている方は早めに検討するのがおすすめです。 ツーリングの仕様はシンプルで、「プレミアム」、「X-ブレイク」と同様のNA(自然吸気)エンジンが搭載されています。 内装にはっ水機能はなく、ブラックを基調とした落ち着いた雰囲気が特徴的な車です。 プレミアム ツーリングよりも一段階グレードアップしたものが「プレミアム」です。 希望小売価格は280万円(税抜)、買取相場は2018年式で190万円前後とツーリングよりもやや高めになっています。 走行距離が5万キロメートル以下であれば220万円以上での買取も見込めるでしょう。 タイヤには18インチホイールを採用し、よりなめらかな走りが脚光を浴びています。 さらに、後側方警戒支援システムが標準装備になり、バックでの駐車や車線変更時の安心感も高まった点が魅力です。 X-ブレイク 希望小売価格270万円(税抜)の「X-ブレイク」は、これまでのフォレスターとは一風変わったデザインが特徴です。 X-ブレイクはスポーティなデザインや標準装備として加わったルーフレールなど冒険心を搔き立てられる仕様になっています。 シートには、はっ水ファブリックが採用されたため、雨の日のお出かけやちょっとした汚れも気にせず休日の遊びにも使える車です。 希望小売価格が287万円(税抜)なので、現時点では売値は高水準です。 人気の理由は、先進装備が搭載されたことで従来よりも安全性能が大きく向上した点にあります。 さらに、水平対向エンジンと電源技術を組み合わせた独自のパワーユニット「e-BOXER」を搭載するのはアドバンスのみです。 シートの自動後退機能やドライバーモニタリングシステムも加わり、遊び心を残しつつ安全性を高めています。 tS 「tS」はSTI(スバルテクニカインターナショナル)が「S-Edition」を基につくりあげたモデルです。 買取相場は2010年式で60万円程度となっています。 走行距離が10万キロメートルに達すると買取相場は50万円を下回り、2020年以降はさらに下落する可能性があるため、買取に出すならやや急いだほうがいいでしょう。 「tS」は「tuned by STI」の略称から名付けられたもので、粘り強く柔軟な走行を体感できるのが魅力です。 レッドのラインが入ったボイラー部分も特徴的で、標準的なモデルとはひと味違ったデザインを楽しめます。 0XT アイサイト 「2. 0XT アイサイト」は2012年に行われたフルモデルチェンジによって、登場した4代目のフォレスターのひとつです。 2020年までに大幅な値下がりが予想されているため、買取のタイミングには注意しましょう。 名前の通り運転支援システム「Eyesight(アイサイト)」が標準装備になり、安全性が従来より格段にアップしたことで海外でも人気を集めた車です。 0i-L アイサイト 「2. 0i-L アイサイト」は、2012年に発表された4代目フォレスターのNA車です。 ワンランク下の「2. 0i-L」と比べると同じ条件でも10万円ほど差があるため、やはりアイサイトの需要は高いことがわかります。 0i-S アイサイト 「2. 0i-L アイサイト」よりワンランク上、NA車最上級グレードの「2. 走行距離が短ければ高額買取も望めますが、2012年式の他グレート同様、2020年までに値下がりが予想されるため早めの買取がおすすめです。 トップグレード車ということもあり、他グレードよりも値下がりは緩やかでしょう。 比較的新しい年式で値下がり具合も緩やかなので、大幅に下落する前に買取を検討しましょう。 ベースは「2. 0i-L アイサイト」で、18インチのアルミホイールやスポーツタイプのメーターが特別装備されているのが特徴です。 2017年式の買取相場は160万円以上と高めに予想されています。 0XS 2010年のマイナーチェンジで発表された「2. 新世代のFB20型エンジンが搭載され、加速と燃費性能の両立を実現したことが話題となりました。 0XT 2007年に3つのグレードで展開された3代目フォレスターのうち、「2. 0XT」は最上級グレードのターボモデルです。 AT車にはプラチナセレクションとプラチナレザーセレクションも用意されています。 グレード・年式ともにパターンが多いため、売りたい車がどれに該当するか細かくチェックしておきましょう。 フォレスターはモデルチェンジのたびに注目が集まる車種なので、少し古いモデルやスタンダードグレードでも高い売値を望めるのが魅力です。 ここからは、国内外でのフォレスターの買取事情を解説していきます。 海外でも人気が高い車種 スバル車の人気は日本国内に留まりません。 アメリカやヨーロッパでも高い人気を誇り、ときには数カ月先まで予約が取れなくなることもあるほどです。 もちろんフォレスターもそのうちの1台で、2017年にはアメリカでの販売台数第2位、ヨーロッパでは第1位を記録しました。 日本国内のおける同じ年の販売台数ランキングでは第4位なので、海外人気がとくに強い車種であることがうかがえます。 世界に目を向けても需要が高いという強みは、中古車の買取相場を上げる大きな要因になっているといえるでしょう。 4、5代目のフォレスターはリセールバリューが高い フォレスターは、1995年にはじめて発表した「スバル・ストリーガ」から現在5代目までフルモデルチェンジを続けてきました。 近年は安全性能を重視する方が多いため、アイサイトのような装備があればさらなる高額査定が期待できるでしょう。 オプションで買取価格が左右される フォレスターを購入したときにオプションを追加した場合は、車体とは別でプラス査定につながりやすくなります。 カーナビやオーディオなど、純正オプション付きの車は人気が高いため業者側も販売価格を上げやすいからです。 また、購入後に取り外した純正パーツがある場合はあわせて査定に出しましょう。 具体的な買取金額はキズや汚れの状態によって変わりますが、高価なオプションやパーツであれば相場を大きく上回ることもあります。 アイサイト搭載車は特に人気が高い フォレスターの買取査定の際、とくに価格に影響を与えるのが「アイサイト」搭載かどうかです。 アイサイトは、事故を未然に防ぐスバルならではの運転支援システムです。 通勤利用はもちろん、子どもを連れた旅行や慣れない道での走行でもストレスを減らせるでしょう。 人気の高い機能のため、アイサイト搭載車はプラス査定のアピールポイントとして有効です。 よくある質問 Q.スバルフォレスターの買取相場はどれくらい? A.フォレスターのベーシックモデル「ツーリング」の買取相場は2018年式で170万円から、1つ上のグレードの「プレミアム」は2018年式で190万円前後です。 特徴的なデザインが人気の「X-ブレイク」は2018年式で180万円から、一番上のグレード「アドバンス」では2018年式で220万円からの買取相場となっています。 Q.フォレスターでリセールバリューが高いのはどの年代のもの? A.海外でも人気が高いスバルのフォレスターですが、2012年以降に発表された4代目、5代目のフォレスターはリセールバリューが高くなっています。 更にアイサイトのような安全性能が装備されているものであれば、もっと高額査定が期待できます。 近年では安全性能を重視する人が多いため需要が高まっているのです。 Q.フォレスターを高く売るためにはどうしたらいい? A.早めに売却することが重要です。 フォレスターは人気のある車種ではありますが、やはり10年落ちしたものや、走行距離が1万キロを超えるものは買取価格を大きく下げる要因となります。 売却を決めたらすぐに査定に出しましょう。 内装や外装をきれいにしておくのもおすすめです。 普段から手入れをしていると思われることで、整備も行き届いているという印象を与えるからです。 運転に自信のない方や、子供を乗せて走行することが多い方などに非常に人気があるため、買取価格が上がりやすいのです。 リセールのことまで考えると、フォレスターを買う際にはアイサイトを搭載しているモデルを選ぶと良いでしょう。 まとめ 1995年から20年以上愛され続けるスバルのフォレスターは、走行性能はもちろん、安全性も高めている車です。 車の売値は年式・グレードで大きく変動するものの、最終的には「車がどんな状態であるか」が重視されます。 大切に乗りつづけてきたフォレスターの買取を検討中の方は、ぜひネクステージにお任せください。 熟練の査定スタッフが適正かつ高額な買取価格を提示するよう努めています。 インターネットフォームまたはお電話での無料査定も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

次の

フォレスターの買取相場価格(2020年6月更新)|車買取・買取相場検索ならCarMe[カーミー]車買取

フォレスター 買取 価格

フォレスター買取価格相場のポイント• フォレスターを売るなら車検時である「3年・5年・7年」を避けて、少し前倒しで売ると有利に評価される• フォレスターは9年落ちから評価額が低くなるので、満足いく査定額で売りたい場合は「8年落ち」までに売る• 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から35万円」が目安 フォレスター5年落ち・10年落ちまでのリセールバリュー フォレスター年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ フォレスターのリセールバリューを見るならば、何年落ちでどのぐらい売られたのかを見るべきです。 フォレスターが何年で売られているかわかるグラフ フォレスターは意外に売られるタイミングが多く、最も売られるのは11年落ちですが、5年落ち、9年落ちにおいても売られる状況が確認できます。 このことを考えるとフォレスター自体の相場は、需要があるのである程度良いとして、後になればなるほど厳しい相場になることは、この早期に売られる状況が引き起こしていると考えています。 そのため、フォレスターを高く売るならばあまり遅くならないうちに売却準備を進める必要があるでしょう。 フォレスター:3年落ちから10年落ちの買取価格相場 フォレスター年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ フォレスター年落ち別買取相場 フォレスター 0年落ち ~ 1年落ち 194. 8 ~ 201. 2 2年落ち 140. 38 ~ 171. 2 3年落ち 79. 72 ~ 136. 2 4年落ち 98 ~ 136 5年落ち 56. 5 ~ 100. 9 6年落ち 51. 32 ~ 84. 62 7年落ち 44. 64 ~ 67. 8 8年落ち 16. 96 ~ 38. 2 9年落ち 14. 1 ~ 24. 84 10年落ち 12. 42 ~ 22. 76 フォレスター買取相場で見て欲しいポイントは、「3年落ち・5年落ち・7年落ち」など、車検時期で車を売らないこと。 そして、9年落ち以降の相場が厳しいことです。 車を売るタイミングとして最も多いのが車検時であり、このような時期はほかの方も同じように来ることが多いです。 また車は売られると相場下落が進みますので、有利に車を売りたいならば人が売らないときに売って、人が売っているときには売らないというのが賢い売却時期になります。 そのため、フォレスターは良好な相場が付く車ですが、車検時と9年落ち以降の売却については気を付けてもらえたらと思います。 52 ~ 33. 06 2.0i-L 43. 2 ~ 57. 6 2.0i-L アイサイト 55. 28 ~ 62. 96 2.0i-L アイサイト プラウドエディション 77. 74 ~ 91. 32 2.0i-S アイサイト ~ 2.0XT アイサイト 67. 8 ~ 109. 52 2.0XT アイサイト アドバンテージ ライン ~ S-リミテッド 77. 3 ~ 117. 7 tS 136. 68 ~ 139. 64 エックスブレイク 56. 4 ~ 84 フォレスターの高く売れるグレードは「2.0XT アイサイト」系や、「S-リミテッド」「エックスブレイク」です。 アイサイトがあるかどうかで相場がかなり変わってきます。 ボディカラー別の買取価格比較 フォレスター5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ フォレスターの高く売れるボディカラーは「ブラック」「パール」でした。 (2019年1月データに基づく) 意外に車体色で分類した買取相場は開きがあります。 型式別の買取価格比較 フォレスター5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ フォレスターの高く売れる型式は「SJG」です。 「SJ5」との買取相場の違いを上のグラフから確認してください。 1年間の買取価格変動 フォレスターの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ フォレスターの買取相場変動を1年分見てみると、1年を通して上昇と下落を繰り返していますが、最終的には10万円安となっています。 (2019年1月データに基づく) フォレスターの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ フォレスターの流通量は2018年末に向かって少しずつ増えているような状況であり、そのことが相場下落の圧力となっているとも言えます。 また、途中の変動は流通量の微妙な増減によって変動していますので、そのことも二つのグラフを見比べてみてください。 3年落ちの買取価格相場 フォレスター3年落ち買取価格相場表 平成29年式(2017年式) 2.0i 57. 12 ~ 65. 34 2.0i-L 87. 84 ~ 87. 84 2.0i-L アイサイト 79. 6 ~ 92. 76 2.0XT アイサイト 139. 6 ~ 149. 28 2.0XT アイサイト アドバンテージ ライン ~ S-リミテッド 138 ~ 138 エックスブレイク 104. 2 ~ 137. 4 フォレスター3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ フォレスター3年落ちの買取相場変動は2018年6月まで堅調でしたが、2018年7月以降は下落に転じています。 フォレスター3年落ち:流通量がわかるグラフ フォレスター3年落ちの流通量を見てわかるのが、2018年8月付近から増える流通量です。 決して多くはありませんが、増える流通量が相場下落の要因であると判断しています。 5年落ちの買取価格相場 フォレスター5年落ち買取価格相場表 平成27年式(2015年式) 2.0i 27. 52 ~ 33. 06 2.0i-L 43. 2 ~ 57. 6 2.0i-L アイサイト 55. 28 ~ 62. 96 2.0i-L アイサイト プラウドエディション 77. 74 ~ 91. 32 2.0i-S アイサイト ~ 2.0XT アイサイト 67. 8 ~ 109. 52 2.0XT アイサイト アドバンテージ ライン ~ S-リミテッド 77. 3 ~ 117. 7 tS 136. 68 ~ 139. 64 エックスブレイク 56. 4 ~ 84 フォレスター5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ フォレスター5年落ちの買取相場変動は120万円から110万円と10万円安でした。 (2019年1月データに基づく) フォレスター5年落ち:流通量がわかるグラフ 2019年1月において相場下落が進んでいましたが、その原因は流通量が増えたことです。 また2019年1月から3月と流通量が多くなる見通しなので、フォレスター5年落ちの買取相場にとって2019年は厳しい相場になりそうです。 7年落ちの買取価格相場 フォレスター7年落ち買取価格相場表 平成25年式(2013年式) 2.0i 21. 78 ~ 32. 82 2.0i-L 33 ~ 46. 5 2.0i-L アイサイト 42. 52 ~ 57. 12 2.0i-S アイサイト 54. 6 ~ 79. 06 2.0XT 46. 4 ~ 46. 4 2.0XT アイサイト 48. 4 ~ 72. 2 フォレスター7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ フォレスター7年落ちの買取相場変動を1年間見てみると、途中の変動はありますが右肩下がりで落ちていることが分かります。 フォレスター7年落ち:流通量がわかるグラフ 流通量は2018年10月付近から増えていますね。 買取相場と流通量損減との対応を2つのグラフを見比べて確認してください。 10年落ちの買取価格相場 フォレスター10年落ち買取価格相場表 平成22年式(2010年式) 2.0X ~ 2.0X スポーツリミテッド 12. 22 ~ 17. 56 2.0X フィールドリミテッド 14. 8 ~ 17. 04 2.0X フィールドリミテッド2 15. 6 ~ 15. 6 2.0XS 10 ~ 21. 76 2.0XT 12 ~ 22. 8 2.0XT プラチナセレクション ~ 2.0XT ブラックレザーセレクション 18. 48 ~ 18. 48 フォレスター10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ フォレスター10年落ちの買取相場は2019年1月において30万円と非常に低くなっていることが確認できます。 フォレスター10年落ち:流通量がわかるグラフ フォレスター10年落ちの流通量は特に変動はありませんが、来年は11年落ちなので車検による乗り換えで低くなった相場にとどめを刺す状況になるでしょう。 事故車のフォレスター買取価格相場差 フォレスターを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ フォレスターの事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から35万円」が目安です。 そして走行距離10万キロメートル付近までいくと、この差は相当小さいものになることを確認してください。 フォレスターの買取価格相場まとめ フォレスターの買取価格変動を数年間分わかるグラフ フォレスターの買取相場は2018年において変動が激しい状況でしたが、2019年に入った段階では例年ほどに落ち着いていることが分かります。 フォレスターの流通量が数年間わかるグラフ フォレスターの流通量は年々増えている状況であり、相場も安定していることから、この車は有利な買取相場であるのですが、なかなか特殊な状況であることが分かりました。 年落ちが少ない場合と中盤においては有利であり、9年落ち付近になると急に相場が下落していくという状況です。 ある意味では理想的なのかもしれませんが、車を売ってある程度査定額を期待したい方は、9年落ちよりも前に売却することで満足に車を売ることが出来るでしょう。 まとめるとフォレスターは特殊な相場を形成していて、9年落ちよりも前ならばいつ売ってもよいですが、車検時期は流通量が増える見通しなので、時期を少し前倒しで売ることで有利に車を売ることが出来ます。 以上、お役立てください。

次の