サラバ ユニオン。 【徹底解説】退職代行SARABAの評判・メリット・デメリット

【絶賛の声!】退職代行SARABA(サラバ)の評判!ソーシャルで『話題』

サラバ ユニオン

テレビで取り上げられたりしたことで、 退職代行の知名度も昔に比べるととても上がりました。 それに伴い、会社も代行会社ができること、できないことの知識をつけてきているのです。 退職代行会社は代理ではなく使者でしかないため、交渉ができません。 そのため、• 退職代行会社は認めません• 損害賠償を請求するぞ• 弁護士を通してください 以上のようなことを会社から言われた場合、対応することができなくなります。 実際にそのように対応されお金も返金されることなく終わり被害にあわれた方も多数います。 しかし、SARABAは労働組合であるため団体交渉権があります。 もし、会社が労働組合と交渉しなければ不当労働行為になります。 そもそもですが、退職代行会社が行うと非弁行為の余地があるため退職が認められず、無断欠勤扱いになる場合もあるのです。 退職代行会社を検索してみれば、中には1万円を切るような会社もあります。 できるなら費用を抑えたいところですが、実は格安サービスには罠があります。 その罠とは、オプションサービスでどんどんお金がかかってくることです。 つまり 基本料金が1万円なだけで、実際は5万円ほどの料金がかかってくるということになるのです。 初めの段階でトータルの金額を出さずに、何か動くたびに追加料金が発生するので安心できませんよね? その点、「 SARABA」では即日の実行、折り返し電話対応、営業時間対応などなど、全てコミコミで27000円となっており、追加料金が発生することはありません。 さらに、もし退職できなければ全額返金致しますので安心していただきたい思います。 しかしなんといっても、高額なことがネックになります。 弁護士費用は、事務所によりさまざまであり、中にはさらに高額な費用が掛かる場合もあります。 そのため、退職できたはいいけど高額な費用を払わなければいけないという状態に陥ってしまう可能性があります。 SARABAでは27000円で申し込んでいただければ、それ以上の費用はかかってきません。

次の

退職代行SARABA(サラバ)で従業員が辞めて、口コミや評判調べた|退職ラボ

サラバ ユニオン

テレビで取り上げられたりしたことで、 退職代行の知名度も昔に比べるととても上がりました。 それに伴い、会社も代行会社ができること、できないことの知識をつけてきているのです。 退職代行会社は代理ではなく使者でしかないため、交渉ができません。 そのため、• 退職代行会社は認めません• 損害賠償を請求するぞ• 弁護士を通してください 以上のようなことを会社から言われた場合、対応することができなくなります。 実際にそのように対応されお金も返金されることなく終わり被害にあわれた方も多数います。 しかし、SARABAは労働組合であるため団体交渉権があります。 もし、会社が労働組合と交渉しなければ不当労働行為になります。 そもそもですが、退職代行会社が行うと非弁行為の余地があるため退職が認められず、無断欠勤扱いになる場合もあるのです。 退職代行会社を検索してみれば、中には1万円を切るような会社もあります。 できるなら費用を抑えたいところですが、実は格安サービスには罠があります。 その罠とは、オプションサービスでどんどんお金がかかってくることです。 つまり 基本料金が1万円なだけで、実際は5万円ほどの料金がかかってくるということになるのです。 初めの段階でトータルの金額を出さずに、何か動くたびに追加料金が発生するので安心できませんよね? その点、「 SARABA」では即日の実行、折り返し電話対応、営業時間対応などなど、全てコミコミで27000円となっており、追加料金が発生することはありません。 さらに、もし退職できなければ全額返金致しますので安心していただきたい思います。 しかしなんといっても、高額なことがネックになります。 弁護士費用は、事務所によりさまざまであり、中にはさらに高額な費用が掛かる場合もあります。 そのため、退職できたはいいけど高額な費用を払わなければいけないという状態に陥ってしまう可能性があります。 SARABAでは27000円で申し込んでいただければ、それ以上の費用はかかってきません。

次の

【退職代行】サラバ「SARABA」の評判・口コミ・実績・メリット・デメリット

サラバ ユニオン

女性 : 介護職 製造業 男性 : 介護職 製造業 運輸業 「介護」は私も10年やっているから頷けますね。 製造業も運輸業も、「なるほどな」と感じられるから意外ではなかったです。 「すんなり退職できそうにない」 「即日退職したい」 「退職することを会社に言い出せなくて悩んでいる」 「退職をしたいと上司に告げると一気に攻められそうで怖い」 「いじめが更にエスカレートしそうで怖い」 「疲れすぎて退職までの交渉や手続きすら億劫だ」 「退職をしたいと告げるとハラスメントがエスカレートしそうで…」 「人手不足で退職できない」 「家族に心配掛けたくない・辞めたことを家族に知られたくない」 上記にあります「退職までの様々なケース」をサラバ「SARABA」は相談を受けた後、依頼者に代わって問題解決しています。 サラバ「SARABA」は、退職に関して悩める皆さんの心強い見方となる経験豊富なエキスパート集団ということですね。 退職代行を依頼するのでしたら、間違いなく利用者業界1位のサラバ「SARABA」です。 退職代行サービス企業が複数ある中で、何故サラバが利用者業界1位となったのか詳細にリサーチしました。 余すことなく一挙公開します。 退職代行サラバ「SARABA」とは 退職代行SARABAの正式名称は「退職代行SARABAユニオン」といいます。 ユニオンと聞けばおわかりかと思いますが、サラバは「労働組合」なんです。 「退職代行SARABAユニオン」は「株式会社ワン」という会社組織に属しています。 ちなみに「株式会社ワン」は、人が面倒だと思ってしまうことを代行するサービスを手掛けるのが非常に得意なんです。 「そうそう、それ面倒臭いんだよね〜」と私達が感じてしまうイライラをアイディアと規格外の問題解決力で急成長中の企業です。 労働組合だからこそできるもの 今までの「退職代行サービス会社」は会社との法的な交渉権がなく、せっかく依頼人がお願いしても失敗に終わる事が多かったんです。 結局は泣き寝入りとなってしまい、依頼人は更に状況悪化に繋がってしまうなど、「安全・安心」に疑問の声が上がっていました。 そこで「株式会社ワン」が、2019年8月に労働組合を新設し、「退職代行SARABAユニオン」の名称で一部組織化したわけですね。 労働組合は、会社との法的な交渉が可能です。 例えばアナタが辞めたい会社が労働組合である「退職代行SARABAユニオン」との交渉を拒否してしまうと、違法になり会社側は極めて立場が悪くなります。 労働組合法 第一条 この法律は、労働者が使用者との交渉において対等の立場に立つことを促進することにより労働者の地位を向上させること、労働者がその労働条件について交渉するために自ら代表者を選出することその他の団体行動を行うために自主的に労働組合を組織し、団結することを擁護すること並びに使用者と労働者との関係を規制する労働協約を締結するための団体交渉をすること及びその手続を助成することを目的とする。 引用: 弁護士でも同じ事はもちろんできますが、弁護士は費用が高く、一般の労働者には敷居が高すぎるんですよね。 労働組合化で勝負をかけた「株式会社ワン」の発想はさすがですね。 退職後は組合員を脱退しますので、特にこれまでと変わることはありません。 アルバイトや正社員、勤続年数などによって料金プランが異なる退職代行サービスが多い中、サラバでは、なんと、雇用形態や職歴に関わらず27,000円の料金プランのみ。 退職の手続きが完了するまでは何度相談しても追加料金が発生せず、オプションサービスなども設定されていないため、27,000円以外の料金は一切かかりません。 凄いですね。 ちなみに、追加料金なしの27,000円という価格は業界でもトップクラス。 特に、他社では利用料金が高くなりがちな正社員の方や勤続年数の長い方にとってはお得なサービス料金と言えるでしょう。 退職代行SARABAのサービスは、このシンプルで低価格な料金体系が最大の特徴といって良いかもしれません。 その他の特徴をまとめると次のようになります。 利用料金は27,000円のみ• 相談回数・電話回数無制限で対応• 相談当日より24時間代行可能• 退職できなかった場合は100%返金を保証• 退職決定後の無料転職サポート• 個別の状況に応じた行政書士監修の退職届をプレゼント(期間限定)• 希望者には成功率98%の有給消化サポート(期間限定) なお、退職代行SARABAでは退職できなかった場合の全額返金保証をしています。 ただし、現在のところ結果として退職せずに休業を選んだ方を除き、退職できなかった事例は1件もないとのこと。 労働組合名 退職代行SARABAユニオン 執行委員長 岡本大輝 サラバ「SARABA」の弱点・デメリット 全くスキのない退職代行業者に見えますサラバ「SARABA」もやはり弱点があります。 強制力がない• 残業代の未払いや有給休暇の消化についての交渉は弁護士にしかできない 強制力がない 退職代行サラバが「本人に連絡をしないでください」と会社側に伝えていても法的拘束力がなく、「100%電話が来ない」という保証はできません。 ですが、ほとんどの会社は代行業者を使ってまで辞める人に対して連絡してくることはないので、そこまで気にする必要はないですし、万が一連絡が来ても、無視してOKです。 残業代の未払いや有給休暇の消化についての交渉は弁護士にしかできない あなたが会社を訴えたいという希望がある場合は、退職代行サービスではなく弁護士に依頼する必要があります。 とはいえ、弁護士に依頼すると、相場的に5万円以上の費用がかかってしまうため、退職するだけでしたら退職代行サービスで十分です。 あなたが会社側を相手にするために弁護士を依頼する費用以上にリターンの発生が見込まれる場合は、弁護士を利用した方が良いかもしれません。 以上の2点が退職代行サラバ(SARABA のデメリットですが、ほとんどの人は該当はしないようですね。 会社側から連絡がくるケースは10%程度らしいですし、弁護士を利用するようなケースも数少ないといえます。 退職代行について、何となくネガティブなイメージを持つ気持ちはわかります。 「上司にビビっている弱っちい人間」 「自分の問題を金で解決しようとするズルイ人」 弱い人間、ズルイ奴、意気地が無い人・・・。 「そういった人がこんなサービスを使うんだろうなぁ」 こう考える人も居るはず。 さらに、退職代行業者を利用すると会社側からすれば、あなたに対してネガティブな印象を与えるでしょう。 ですから、「今までお疲れ様」と言われるような、円満退職とはいかなくなるのは想像できますよね。 「立つ鳥跡を濁さず」 正直、数万円の費用を払ってまで退職代行サービスを利用する必要は通常は無くて良いはずです。 そもそも、正社員などの無期雇用労働者は自由に退職はして良いんです。 労働者は雇い主の奴隷ではないですからね。 あなたが退職の意思を会社に表明すれば、そのまま退職になるのが普通なんですよ。 「退職時期を少しずらす」 「引き継ぎをちゃんとしてから辞める」 このような話は出てくることはありますが、お互いが納得できる形になれば円満退職です。 しかし、退職代行サービスを使う人の多くは、このような円満退職ができないと判断したから利用するんです。 仕事で消耗しきって、ちゃんとした判断で会社と交渉ができそうもない• 上司との関係が劣悪すぎて冷静な話し合いができそうにない• 人手不足を理由に退職を認めてくれない• 何回も退職の意思を伝えてもいっこうに取り合ってくれない• 退職時期を何度も引き延ばされてしまう• 「辞めるんだったら損害賠償請求するぞ」と脅される 退職の意思を会社に伝える力が無いほど消耗しきっている人や、まともに話し合いができないヤバイ上司・ブラック企業である場合は、一人で解決させるのは正直、「過酷」だと思いませんか。 一人で解決しようとはせずに直ぐにでも「退職代行サービス」を利用し、これ以上メンタルをエグられる事なく辞めてしまった方が賢い選択だと思いませんか? ブロガーで殿堂入りの方の動画ですね。 サラバ「SARABA」について客観的に分かり易く伝えています。 2019年6月11日作成の動画ですので、まだサラバが労働組合になる以前の説明ですので、一部情報が違います。 「弁護士に相談した方が良いもの」の内容として、「交渉」についての依頼は引き受けられないと動画では説明しています。 しかし、今ではサラバは労働組合となりましたので、交渉についてもできるようになりましたね。 凄いです。 現在サラバ「SARABA」の公式サイトでは「弁護士に相談した方が良いもの」として、• 裁判の代理人になれない とだけ、掲載されていますね。 次にあります動画は、退職代行サービス事業所に対して、東京弁護士会が「俺らの仕事・特権を奪うな!」「司法書士とか民間が仕事を持っていくな!」と言って、圧力を掛けてきたという動画ですね。 「こらっ、俺たちの縄張りを荒らすな!」と弁護士会が動き出すほど既得権益化としておきたい仕事のようです。 それだけニーズがあるって事ですね。 退職代行サービス事業者は辞められずに苦しんでいる利用者に代わって会社に立ち向かう人々でもある上に、圧力を掛けてきた弁護士とも合い向かうんですからね。 今回は国会議員さんも退職代行業者は味方に付けていますね。 凄いですね。

次の