胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人。 胃カメラで鎮痛剤を使用、副作用は?

「胃カメラ体験記:アニサキス」患者さんの声〈こうちクリニック胃腸科・内科〉

胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人

市販の薬を飲んだり、病院へ行って医師に相談する事であっさりと治ってしまう事もありますが、場合によってはなかなか症状が良くならない事もあります。 胃はデリケートな臓器ですから、症状が改善しない事でストレスを感じるようになり、さらに状態を悪化させてしまうケースもあります。 この不調の原因を究明するには胃カメラで検査をする必要性があります。 ただしこの検査は口からカメラを挿入しなければならないので、痛みや吐き気などの苦痛を伴う事が多いです。 これはカメラが舌の付け根に当たってしまうためで、特に若い人は敏感に感じてしまいます。 しかし検査が辛いからといって、体調不良がありつつも検査から逃げていては、もし重篤な病気が隠れていたとしても手遅れになってしまいます。 そこで最近は鼻からカメラを挿入する検査方法や、鎮痛剤を使用した検査方法を取り入れている病院も増えてきました。 鼻からの検査は口からカメラを挿入するよりも苦痛を感じません。 医師と会話する事も出来ます。 ただし鼻の穴が小さい人は検査が難しい場合もあります。 一方、鎮静剤を使用する方法は、頭がボーッとし、ほとんど記憶が無い状態で検査が行われます。 効き方は人によって様々で、全く意識がない人もいれば、断片的に胃カメラが体に入っている感覚を覚える人もいます。 ただそれでも吐き気などを感じる事はなく、苦痛を感じずに全ての検査が終了します。 実際にこの方法で検査を受けた人は、従来の方法に比べて格段に楽なため、「これなら毎年でも受けられる」と感じる人も多いです。 ただし強い薬を使っているので、少なからず副作用は起こります。 まず多いのは、検査後も強い眠気やふらつきが続いたり、一時的に記憶が無くなる事があります。 意識がはっきりしているとしても、身体の能力が低下している事もあるので、検査後1~2時間は病院のベッドで安静にしておく必要があります。 また稀にアレルギー反応や、血圧の低下、呼吸の抑制、注射した部位の血管痛や血管炎などの副作用がでることがあります。 モニターをチェックするのに部屋を暗くしていますが、その中で眠ったような状態の患者の異変は気づきにくいです。 呼吸の抑制などは特に恐い副作用で、場合によっては大きな事故にも発展します。 そのため敢えて鎮痛剤を使用しない病院もあります。 もちろん事故が起こる事はほとんどありませんが、多少なりともリスクを抱えているという事は頭に入れておかなければいけません。 国立がん研究センター中央病院で習得した技術!.

次の

「胃カメラ体験記:アニサキス」患者さんの声〈こうちクリニック胃腸科・内科〉

胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人

すわ くにお 東京大学医学部卒業。 マサチューセッツ総合病院、ハーバード大学などを経て、帝京大学教授。 医学博士。 専門は麻酔学。 著書として、専門書のほか、『パソコンをどう使うか』『ガンで死ぬのも悪くない』など、多数。 内視鏡検査による死亡事故発生率は、概数で0. 001パーセントつまり10万件に1件です。 それだけ見ると十分に低そうです。 でも、本当に低いでしょうか。 内視鏡検査による異常発見率は、大体1000件に1件程度とされています。 そうすると、「内視鏡検査1000件毎にがんが1例みつかり、10万件ごとに死亡事故が1例起こる」のです。 つまり「がんを100件発見するのに死亡事故が1件」という計算です。 いかがですか? これで割に合うでしょうか? この比率を、「がんを見つける対価だから仕方がない」と許すでしょうか。 それとも「危険率が高すぎるから受診を控えようか」と考え直すでしょうか。 こんなことを出発点に、内視鏡検査に関する事故を調べてみました。 韓国の内視鏡検査事故 「朝鮮日報」の記事がトップに検索されました。 というタイトルで、事件発生は2003年8月で、使った薬物はプロポフォル(静脈麻酔薬)です。 プロポフォルは麻酔科医の私は手術に使いますが、最近は手術の麻酔以外にも使用範囲が広がっており、日本でも少し話題になっています。 記事は、「最近、苦痛を伴わずに簡単に検査を受けられる『睡眠内視鏡(鎮痛剤と鎮静剤を少量静脈注射する意識下鎮静法を用いた方法)』による検査が拡散している中、検査中に死亡する事例が相次ぎ、こうした検査方法に対する不安を呼んでいる」とあります。 この事件について(韓国の)消化器内科の教授が「麻酔を使った手術に比べれば睡眠内視鏡の死亡率は高いとは言えない」と述べています。 彼の叙述自体は事実です。 しかし、「手術」と「検査」を並べて比較する論理には賛成できません。 先に述べたように、内視鏡検査1000件ごとにがんが1例みつかって手術になるのですから、「検査」の数は手術の数より1000倍も多い理屈です。 検査の死亡率が手術の死亡率と同一で当然ですか? ところで、冒頭の計算は概数なので実際のデータを探しました。 によると、1994年のデータとして、上部消化管内視鏡処置が630万件行われて、死亡事故47件、 死亡率は 0. 000741パーセントです。 上記の「10万件に1件」より少し低くて「13万5000件に1件」となります。 では「最新の日本消化器内視鏡学会の偶発症の調査では、全体で見ると、内視鏡検査の死亡率は0. 00084パーセント」とあり、死亡率は前記シンポウジウムの数値よりほんの少し高いものの基本的には似ています。 ところが、すぐその後に「出血、穿孔などの偶発症の頻度は0. 0018パーセント」とあって目を引きます。 受診数5500件に1件ですから、がん発見5件ごとにこのレベルの偶発症が1件発生する計算になります! 睡眠薬・鎮静薬・麻酔薬による死亡事故 次に、日本での事故例を探しました。 検査が6月8日で死亡は7月28日ですから2カ月弱の経過です。 これは医療事故による死亡の因果関係が明らかなので新聞が取り上げたと解釈します。 薬物の合併症による事故としては、。 使用した薬物は、ミダゾラムという睡眠薬の一種でフルマゼニルという拮抗薬を使用して覚醒させましたが、この拮抗薬の作用は短いことが知られ、「病院側の説明義務違反により起きた交通事故」という判決です。 内視鏡に使用した睡眠薬・鎮静薬・麻酔薬による死亡事故は必ず起こっているはずで、探したところ1つみつかりました。 で、胃カメラ検査を受けていた患者さんが、局所麻酔薬の投与を受けて内視鏡が挿入されてまもなく心肺停止状態となり、そのまま亡くなりました。 薬物使用時の問診義務・観察義務・ショック状態になってからの救命義務などを巡って争われました。 カルテがずさんで、記録が乏しく、おまけに改ざんとも判定されたようです。 判決が「アナフィラキシー」を原因とした理由がよくわかりません。 古い局所麻酔薬のプロカインはアナフィラキシーの頻度が高かったのですが、現用の局所麻酔薬ではアナフィラキシーの発生頻度は低く、あるいは他の薬物の作用かとも疑われます。 300行ほどの記事で、タイトルの通り医学部の緩和ケアをいかに教育するかカリキュラムと教科書の枠組みを提案し、その中の「生命倫理」の章で、DNRは尊厳死や安楽死の問題と並んで項目提示されています。 もっとも、DNRと尊厳死は法律面ですでに認められた概念と行為ですが、安楽死は日本では議論はされながら正規には認められていません。 教科書の構造の提案なので、DNRは位置づけだけで具体的な内容の記述はありません。 DNRには定訳がない 「これだけは知っておきたい内視鏡室のリスクマネジメント」という内視鏡事故を扱った本が、医師向けに出版されています。 編集者赤松泰次さんは、内視鏡診療部の専門家です。 本自体は読んでいませんが、構成はに詳しく紹介され、消毒の問題・薬物の問題・事件が発生した後の法的対応など詳しく検討しています。 内視鏡事故への考え方に議論は起こって当然な一方で、こういう本が出版されること自体、「内視鏡処置には事故がつきもの」と医師も考えていると解釈できます。 そうした医療事故は、特定の医師の能力が低い故に発生するのではありません。 「人間は間違いを犯す生物」だからで、ある確率で事故は必ず発生します。 前に、「PSA検査を受けるのは割に合わないから受けない」というアメリカの医師の主張を紹介しました。 1次検診として内視鏡検査が割に合うか、読者の方々も各自慎重に判断してください。 今回は「検診のみ」を問題にしていますが、本来はPSA検査に対する主張のように、その先の治療も加えて余命の延長などを計算して、割に合うか合わないか判定するのが合理的ではないでしょうか。 今回おじゃましたサイト.

次の

胃カメラで鎮痛剤を使用、副作用は?

胃 カメラ 鎮静 剤 死亡 有名人

検診の申し込みをする時に、「自己情報の開示」を すると良かったのです。 今からでも遅くはありませんから、ご自分の不安を 伝えることです。 そして、その不安に応じた検診をお願いされたらと 思います。 自身の例ですが、大腸カメラを人間ドックでお願い したのですが、カメラの挿入が痛くて痛くて途中で 止めて貰いました。 そうは言ってもドックで「要精検」とあり、放置し て置く訳にも行かず、別の病院に行って、それ迄の 経緯を話して再検診をお願いしました。 いろいろ準備して、対応して頂いたのですが、カメ ラの挿入が難なく入り、無事に終わりました。 不安や怖れがある時は、事前に相談することです。 私達は、勝手に想像して怖い怖いと恐れ戦くのです。 ユーザーID: 1412086159• 鎮静剤って意識不明になるやつ? 私は鼻からの内視鏡を入れたのですが、 注射か何かしたような気もしますが、よく覚えていません。 麻酔もうろ覚えなのですが、 始まる数十分前に鼻だったか喉にトロっとした薬を入れて 喉の方に流れたら自然に飲み込んでくださいと言われて それが麻酔だったようです。 でも、効きが遅くて 検査中はそこそこ感覚があったので嫌な感じでした。 検査が済んで会計を待っている頃が一番効いていたので そのくらいのときにやって欲しかったと思いました。 あとで聞いたら、病院によっては 全身麻酔でしてくれるところもあることを知りました。 局所麻酔だと何かあったときに本人に確認できるのと、 身体への負担は少ないので本当はその方がいいようですが、 寝ている間に済むならその方がいいですよね。 具合が悪いから検査を受けるのに、 そもそも検査自体が苦痛を伴うので負担に感じていまいます。 お近くの病院で、全身麻酔で内視鏡をしてくれるところがあるかどうか 調べてみてはいかがですか? ユーザーID: 3120428176• 健康ランキング• 鎮痛剤ありの経口でした >鎮静剤をして眠ってから喉の麻酔のスプレー出来たらいいなと思うんですが、実際鎮静剤を先にされた方がいたら、それで上手く行ったか教えて頂きたいです。 毎年一回、胃内視鏡検査を受けます。 喉が過敏で脆弱なので、鎮静剤注射で眠って行いますが、喉の麻酔は、注射前にやりますよ。 スプレーじゃなくて、喉の奥に流し込んでうがいをするようなタイプです。 いずれのタイプにせよ、患者が口を開けて上を向いて喉に薬がかかるような体位をとらないといけないので、注射してからではムリです。 そこまで、看護師に手間をかけさせるのは申し訳ないと思いませんか?「患者様かい」と院内で語り継がれることになりますよ。 >前処置が怖すぎてもうキャンセルしたいくらいです。 キャンセルすればいいじゃないですか。 医者から強制はされません(笑)。 ユーザーID: 4825839762• 胃カメラ20回はしています 毎年胃カメラで検診を受けています。 今まで2回ほど鎮静剤ありの胃カメラを受けてきましたが、落ち着かせる効果があるだけのものだと思います。 全く眠くなどならなかったですし、変わりません。 ただ鎮静剤(注射)を受ける場合は事前に車を運転して来ないように言われました。 注射後数時間、眼の反射か何か?がおかしくなるようで、運転は危ないから歩きか乗せて貰ってくるように言われます。 その後喉の麻酔をスプレーなり、コップ半分くらいの薬剤を飲んでするなりは、鎮静剤のあるなしに関係なく全く同じです。 私は、気分的にもどちらがどうと違いはないように感じてるので、鎮静剤のない方が運転で帰れるし好きです。 毎年同じクリニックで受けるようになったからか、ここ数年鎮静剤はしてません。 喉や口がしびれる感じは確かに愉快ではありませんが、話せないほどではないし、胃カメラを円滑に通すため必要だと聞いていますので、もう慣れました。 胃カメラ検診中も写される画像を確認出来ますし、「異常なし」の結果が出た爽快感は格別です。 病院なりクリニックなりでかなり違いがあるようですので、信頼出来る方々から胃カメラの評判を訊いて、よい所でお受けになるのが何よりだと思います。 ユーザーID: 9366132683• 飲み込みしなければならないので、眠った状態では検査しないと思います。 思いますって言われても困るよ(笑)。 事実として、私は毎年なので三十数回の胃内視鏡検査を受け、最初の2回は我慢に我慢をして受けたけど、あまりに嘔吐反応(中身は空だから出ないけどね)が酷いので、医者の方から麻酔を勧められ、以後は意識を失った状態(眠った)で受けました。 手順としては 1. 正気なうちに、胃の動きを止めるブスコパン注射を受け、「どろり」とした液体の薬を、上を見た姿勢で喉の奥に留めて麻酔をする(最近はスプレーもあるらしい)。 胃の中の泡を消すための薬を飲む。 ベッドに横たわり、マウスピースを咥える。 そして、(麻酔?)注射を受け、10秒もしないうちに意識を失う。 約2時間後目覚めて、検査が終わったことを知る。 患者にとっては「簡単、楽ちん」です。 しかし、検査後にベッドをしばらく占有することや、検査台からベッドへの移動に人手が複数必要だし、麻酔で意識が無い間は定期的に見回りをしないといけないので、医者は敬遠します。 特に、意識の無い、体重の重い人を、持ち上げ(転がし?)て移動させるのはタイヘンですのでね。 私は170センチで55キロしかないので、看護師さんにあまり嫌がられませんでした。 ユーザーID: 3163075189• 私も近々内視鏡検査をします 胃カメラ、同じ病院で3回しました。 最初の2回は、喉にスプレーして、すぐ(1分後)に睡眠剤を点滴に入れたので、ほとんど苦しくなかったです。 何も記憶に残らないように熟睡してました。 ところが、その病院が建て替えして手順が少し変わったのか、喉にスプレーした後、看護師が別室に準備に行かれ、4,5分後に戻って来て睡眠剤が入った思います。 (時計を見てないので、正確にはわかりません。 ) その間の4,5分が、長くて苦しかったです。 口にたまる唾を飲み込まずに脱脂綿に吐き出すように言われたけど、喉の状態が本当に苦しかったです。 次にする時は、喉にスプレーして、すぐに睡眠剤を入れるようにお願いしたいと思ってます。 ユーザーID: 9103119705• みなさんありがとうございました。 喉から胃カメラ 鎮静剤なし。 暴れました。 かなりの華奢体格(でも長身)の女性ですが体力・腕力もあるので複数の皆様で 抑えられました。 鎮静剤あり。 驚くほど 楽々でした。 経鼻 胃カメラ。 こちらは麻酔、鎮静剤 無関係に 当方の顔が小さく(頭はでかい)、鼻の孔も細い。 最初から懸念されましたが… なんと 鼻血。 もう1度は終わった後の夜、鼻のなかの違和感… 大きな鼻血の塊がゴソッと。 身長があるので、顔が小さくみえるのではなく、本当に顔が小さく、鼻孔が細い と思い知りましたね。 1週間位 突っ込まれた方だけ時々ひりっとしたし… 喉から胃カメラ 鎮静剤ありは ほぼ 何もなしです(直後から快調)。 一応 勤務先からの人間ドックでオプションとして 乳がん系、子宮系等々と胃カメラつけて(同僚が出来立てホヤホヤみつけてもらい、元気で働いている)もらうのですが、鎮静剤で喉から胃カメラが最良かと。 ユーザーID: 3327885173•

次の