奥 克彦 小和田 雅子。 皇室の秘密 雅子=股子は池田大作の子だった!?: くろたろう ごめんな!!

雅子と寝た男たち その2: くろたろう ごめんな!!

奥 克彦 小和田 雅子

経歴 [ ]• 1958年(昭和33年)1月3日、に生まれる。 1973年 卒業。 1976年 卒業。 1981年 政治学科卒業(外務公務員採用上級試験に合格)。 1981年4月 に入省。 1982年 英語研修(在イギリス日本国補として、にて在外研修)• 部に所属し、レギュラーとして活躍。 1985年 ツアーコミッティ委員• アジア局南西アジア課• 安全保障政策室• 1990年8月より、二等書記官• 在米国大使館一等書記官• 在外公館課• 会計課• 日米協力推進室長兼経済局アジア欧州協力室長• 経済局国際経済第一• 国連政策等を歴任。 1996年 国際委員会委員• 1999年 日本ラグビーフットボール協会総務委員会委員• 2001年10月より、。 2001年12月 外務大臣により官房機密費をめぐる疑惑を受け、処分(給与20%1カ月分自主返納)。 2003年4月 米国が復興人道支援室 を設立した直後からイラクに長期出張。 復興人道支援室(5月に連合暫定施政当局 に改編)と日本政府とのパイプ役を務め、日本のイラク復興支援の先頭に立って活動。 2003年11月29日 三等と共に北部イラク支援会議に出席するため、(イラク北部)に四輪駆動の軽防弾車で向かう途上を銃撃され殉職()。 享年45。 同日付で、に叙され、授与。 の称号付与。 2003年12月6日 で奥家・井ノ上家・合同葬がとりおこなわれ、総理大臣以下、総理大臣経験者、現職大臣、また各国大使などが参列した。 同期 [ ] 同期入省 [ ]• (14年国家安全保障局次長兼務・12年内閣官房副長官補)• (19年台北事務所長・17年大使)• (15年大使)• (19年大使・17年人権人道担当大使)• (17年大使・14年大使)• (17年大使)• (17年駐大使・15年大使)• (19年大使・16年大使)• (18年国際貿易・経済担当大使・15年大使)• (19年・17年大使)• (19年大使・16年大使・13年総領事・12年イラク大使)• (19年大使・15年大使)• (19年大使)• (19年大使・14-17年代表部大使)• (17年大使)• (15年大使)• (17年大使)• (20年大使・17年大使)• (14年会長・11年大使)• (15年事務局長)• (15年駐大使・12年総領事)• (19年総領事)• 同期留学 [ ] オックスフォード大学の留学同期にがおり、廣木がニューヨーク総領事を務めていた2012年には、奥の母校と付属高校との間で、総領事館を通じ姉妹校提携が結ばれた。 人物 [ ]• はであった。 小中学時代は野球、高校以降はラグビーに打ち込むかたわら、学業にも励む。 兵庫県立伊丹高校2年生の時に(於 東大阪)に出場。 3年生ではキャプテンとして活躍した。 政治経済学部政治学科の2年生までに在籍。 その時、に指導を受ける。 1978年8月(20歳)、公務員試験(外交官志望)に備えるためにラグビーを退部。 本人は退部したことを後々まで悔やんでいたという(『ラグビーマガジン』2004年2月号 奥大使追悼特集記事)。 研修留学したオックスフォード大では、日本人として初めてのレギュラー選手(ウィング)として活躍。 英国で120年以上の歴史を持つ英国伝統の会員制紳士クラブ「ギャリック・クラブ」(ロンドン市内)における日本人初の会員となった。 同クラブでは2003年12月8日 奥をしのぶ会が開かれた。 主催したのは、オックスフォード大で奥と共にラグビーをプレイしたレッジ・クラーク(英政界第3党・自民党幹部職員、45歳)。 日本ラグビーフットボール協会員。 2003年、イラクへ赴任。 イラク便り [ ] 奥は、2003年4月より死の2日前まで、「イラク便り」を71回(4月23日 - 11月27日)ホームページにて公開していた。 この中で奥はテロリズムに対し「自らの主張を満足させるために、他人の犠牲をいとわないという卑劣きわまる考え方に基づく行動だ」「暴力に訴える者は理由が何であれ、結局、支持を得ることができない」と批判を行っていた。 8月22日と24日のイラク便りは、8月19日の国連事務所(バグダッド北東部のカナール・ホテル)がの襲撃を受け、デ・メロ、クリス・ビークマンUNICEF次席代表を始め、多数の国連関係者が犠牲になった事件関連にふれている。 2004年1月、この「イラク便り」は本として出版され、印税は遺族の意向によりイラク復興支援事業に寄付された。 最期の同行者 [ ]• ジョルジース・スライマーン・ズーラ 25年間に渡ってにとして勤務した。 イラク北部北のカラムレス村出身。 2003年11月29日、奥大使、井ノ上一等書記官と共に銃撃を受け殉職。 享年54。 日本政府より、同日付でが授与された。 奥・井ノ上イラク子ども基金 [ ] 2004年8月27日、関係者(早大ラグビー部同窓のなど)は、奥・井ノ上のイラクに対する熱意を引き継ぎ、イラクの子どもたちを助けるための「奥・井ノ上イラク子ども基金」を立ち上げた。 関連項目 [ ]• イラク復興人道支援室 ORHA - 2003年5月 CPA に改編• ODA 参考資料 [ ]• 『外交フォーラム』No. 184(2003年11月号)寄稿「イラクの戦後復興における国連の役割」• 『外交フォーラム』No. 187(2004年2月号)特別追悼企画「奥克彦大使・井ノ上正盛書記官の志」• 『イラク便りー復興人道支援221日の全記録ー』 扶桑社 ; ; (2004年1月30日)• 清宮克幸『究極の勝利 ULTIMATE CRUSH』(講談社、2006年2月)• の英訳プレビュー (2006年9月出版)• 2004年3月6日放送のNHKスペシャル「奧克彦大使 イラクでの足跡」で放送されたインタビュー• 『ラグビーマガジン』2004年2月号 奥大使追悼特集記事 脚注 [ ]• (書き起こし)ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : 奥克彦氏の不審死の理由を問わず、アメリカに隷従せよと説く岡本行夫氏 外部リンク [ ]•

次の

月刊テーミスWEBサイト

奥 克彦 小和田 雅子

皇室の秘密 雅子=股子は池田大作の落胤だった!! 雅子=股子の母親は、小和田優美子。 創価学会会員であり、精神病院入院暦もある。 ・小和田一族はみんなスリムなのに、 雅子=股子一人だけデブ。 ・小和田一族は、イチオウ高学歴で 優等生なのに、雅子=股子一人だけ莫迦。 池田大作の女漁りは、超有名でした。 国会議員も都議会議員も総なめだったとか。 女信者の方から大作教祖様に 抱かれたくて群がりました。 女だけでなく、男も女房娘が 大作の御手つきになることを栄誉としました。 大作の手が付けば、 学会での地位が上がるからです。 大作と股子、よく似てます! ま、判断はあなた任せです。 皇室 もう一つの秘密 今、皇室の独裁者はミテコ皇后です。 宮内庁は、ミテコと小和田 恆(おわだ ひさし と 長官の風岡典創価学会員に牛耳られてます。 ミテコも小和田もチョンです。 ミテコの悪辣さに比べれば 股子なんて霞んじゃいます。 そして、ミテコまた不倫の子なんです。 母優美と西武の堤康次郎との。 優美はチョン系シナ人。 堤康次郎またチョンです。 これまた、判断は貴方しだいです。 堤康次郎存命の頃は、雑誌などに こういう記事を載せると恫喝されたそうです。 ミテコ本人が電話で脅しもしたとか。 股子の後ろにも、 ヤクザと繋がる部落民が居てます。 豚でもない皇室ではありませんか!! 皇室 も一つの秘密 いま、皇室の大問題は、 先日の生前退位です。 生前退位は、盆暗皇太子を即位させ 次いで愛子天皇を実現させようという ミテコの熱い熱い願望が発信源です。 ところが、この愛子。 明らかに知恵遅れです。 本来なら、養護学校に進むべきでした。 盆暗夫婦もその気でおったのでしたが、 希望した学校に断られたのです。 で、学習院に進学させ、 学習院を愛子の養護学校にしてしまいました。 愛子の知恵遅れに気づいたミテコは 愛子の影子を立てることにしました。 いま、愛子の影子は四人居るといわれています。 写真は、どうやら本命らしい影子と ホンモノの愛子です。 本命の素性は不明です。 ミテコも明かすわけがありません。 ホンモノの愛子はどうなるんでしょうね。 本命が天皇になり、 チョンの婿を取れば、 ミテコの皇室つぶしは成功です。 ホントの日本、なくなっちゃうなぁ! 関連記事!

次の

雅子様の若い頃が綺麗!外交官時代の画像や動画がヤバい!

奥 克彦 小和田 雅子

経歴 [ ]• 1958年(昭和33年)1月3日、に生まれる。 1973年 卒業。 1976年 卒業。 1981年 政治学科卒業(外務公務員採用上級試験に合格)。 1981年4月 に入省。 1982年 英語研修(在イギリス日本国補として、にて在外研修)• 部に所属し、レギュラーとして活躍。 1985年 ツアーコミッティ委員• アジア局南西アジア課• 安全保障政策室• 1990年8月より、二等書記官• 在米国大使館一等書記官• 在外公館課• 会計課• 日米協力推進室長兼経済局アジア欧州協力室長• 経済局国際経済第一• 国連政策等を歴任。 1996年 国際委員会委員• 1999年 日本ラグビーフットボール協会総務委員会委員• 2001年10月より、。 2001年12月 外務大臣により官房機密費をめぐる疑惑を受け、処分(給与20%1カ月分自主返納)。 2003年4月 米国が復興人道支援室 を設立した直後からイラクに長期出張。 復興人道支援室(5月に連合暫定施政当局 に改編)と日本政府とのパイプ役を務め、日本のイラク復興支援の先頭に立って活動。 2003年11月29日 三等と共に北部イラク支援会議に出席するため、(イラク北部)に四輪駆動の軽防弾車で向かう途上を銃撃され殉職()。 享年45。 同日付で、に叙され、授与。 の称号付与。 2003年12月6日 で奥家・井ノ上家・合同葬がとりおこなわれ、総理大臣以下、総理大臣経験者、現職大臣、また各国大使などが参列した。 同期 [ ] 同期入省 [ ]• (14年国家安全保障局次長兼務・12年内閣官房副長官補)• (19年台北事務所長・17年大使)• (15年大使)• (19年大使・17年人権人道担当大使)• (17年大使・14年大使)• (17年大使)• (17年駐大使・15年大使)• (19年大使・16年大使)• (18年国際貿易・経済担当大使・15年大使)• (19年・17年大使)• (19年大使・16年大使・13年総領事・12年イラク大使)• (19年大使・15年大使)• (19年大使)• (19年大使・14-17年代表部大使)• (17年大使)• (15年大使)• (17年大使)• (20年大使・17年大使)• (14年会長・11年大使)• (15年事務局長)• (15年駐大使・12年総領事)• (19年総領事)• 同期留学 [ ] オックスフォード大学の留学同期にがおり、廣木がニューヨーク総領事を務めていた2012年には、奥の母校と付属高校との間で、総領事館を通じ姉妹校提携が結ばれた。 人物 [ ]• はであった。 小中学時代は野球、高校以降はラグビーに打ち込むかたわら、学業にも励む。 兵庫県立伊丹高校2年生の時に(於 東大阪)に出場。 3年生ではキャプテンとして活躍した。 政治経済学部政治学科の2年生までに在籍。 その時、に指導を受ける。 1978年8月(20歳)、公務員試験(外交官志望)に備えるためにラグビーを退部。 本人は退部したことを後々まで悔やんでいたという(『ラグビーマガジン』2004年2月号 奥大使追悼特集記事)。 研修留学したオックスフォード大では、日本人として初めてのレギュラー選手(ウィング)として活躍。 英国で120年以上の歴史を持つ英国伝統の会員制紳士クラブ「ギャリック・クラブ」(ロンドン市内)における日本人初の会員となった。 同クラブでは2003年12月8日 奥をしのぶ会が開かれた。 主催したのは、オックスフォード大で奥と共にラグビーをプレイしたレッジ・クラーク(英政界第3党・自民党幹部職員、45歳)。 日本ラグビーフットボール協会員。 2003年、イラクへ赴任。 イラク便り [ ] 奥は、2003年4月より死の2日前まで、「イラク便り」を71回(4月23日 - 11月27日)ホームページにて公開していた。 この中で奥はテロリズムに対し「自らの主張を満足させるために、他人の犠牲をいとわないという卑劣きわまる考え方に基づく行動だ」「暴力に訴える者は理由が何であれ、結局、支持を得ることができない」と批判を行っていた。 8月22日と24日のイラク便りは、8月19日の国連事務所(バグダッド北東部のカナール・ホテル)がの襲撃を受け、デ・メロ、クリス・ビークマンUNICEF次席代表を始め、多数の国連関係者が犠牲になった事件関連にふれている。 2004年1月、この「イラク便り」は本として出版され、印税は遺族の意向によりイラク復興支援事業に寄付された。 最期の同行者 [ ]• ジョルジース・スライマーン・ズーラ 25年間に渡ってにとして勤務した。 イラク北部北のカラムレス村出身。 2003年11月29日、奥大使、井ノ上一等書記官と共に銃撃を受け殉職。 享年54。 日本政府より、同日付でが授与された。 奥・井ノ上イラク子ども基金 [ ] 2004年8月27日、関係者(早大ラグビー部同窓のなど)は、奥・井ノ上のイラクに対する熱意を引き継ぎ、イラクの子どもたちを助けるための「奥・井ノ上イラク子ども基金」を立ち上げた。 関連項目 [ ]• イラク復興人道支援室 ORHA - 2003年5月 CPA に改編• ODA 参考資料 [ ]• 『外交フォーラム』No. 184(2003年11月号)寄稿「イラクの戦後復興における国連の役割」• 『外交フォーラム』No. 187(2004年2月号)特別追悼企画「奥克彦大使・井ノ上正盛書記官の志」• 『イラク便りー復興人道支援221日の全記録ー』 扶桑社 ; ; (2004年1月30日)• 清宮克幸『究極の勝利 ULTIMATE CRUSH』(講談社、2006年2月)• の英訳プレビュー (2006年9月出版)• 2004年3月6日放送のNHKスペシャル「奧克彦大使 イラクでの足跡」で放送されたインタビュー• 『ラグビーマガジン』2004年2月号 奥大使追悼特集記事 脚注 [ ]• (書き起こし)ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : 奥克彦氏の不審死の理由を問わず、アメリカに隷従せよと説く岡本行夫氏 外部リンク [ ]•

次の