ドコモポケットwifiレンタル。 ドコモのポケットWi

ドコモのWiFiレンタルでおすすめは?国内利用料金を徹底比較!

ドコモポケットwifiレンタル

国内ドコモ公式のモバイルwifi ポケットwifi はおすすめ? 10日間使うだけでなんと15,000円です。 mobilerental. html ドコモ docomo のレンタルwifi ポケットwifi の本当の口コミ・評判 ドコモのポケットWifiも高いため、口コミも当然こうなります。。 結局インスタはタブレットにアプリ入れ起動してます。 wifi考えなきゃな〜ポケットwifiはどうなんやろ。 ドコモのポケットwifiは高いからな〜。 他のレンタルwifiショップで借りようという人もいるでしょう。 その方がましです。 ドコモ回線は一応あります。 詳しくはこちらの記事をみてください。 ただ各社ともどちらかというとサービス終了の流れになっています。 また、回線でいうと、ドコモでもではなくau wimaxかソフトバンク回線かの選択肢が一般的です。 1日~1ヵ月程度借りたい場合はこちらの記事をみてください。 ドコモ回線にするメリットは特別にありません。 2ヵ月以上借りたい場合はこちらの記事をみてください。 ドコモ docomo のレンタルwifi ポケットwifi で無制限プランは? 無制限プランを探すなら、au wimaxやソフトバンク回線がおすすめです。 こちらの記事がおすすめです。 スマモバよりwimaxの方が料金が安いです。 また、前日・前々日・3日前で利用通信総量が3GB以上となった場合、上り下りともに200kbps以下に速度低下します。 wimaxは3日10gbです。 動画などを利用すると3gbは超える場合があります。 200kbpsでは楽天などで買い物をすることも難しいレベルになり、ネットが繋がらないとぼやくことになるでしょう。 やはりWimaxの方がおすすめになってしまいます。 スマモバの口コミや評判などもちゃんとチェックしてみましょう。 スマモバのLTE使い放題プラン使っているんだけど、使いすぎて制限かかった後がひどすぎる。 スマモバの被害をネットで見てたら、総務省は動くの遅いなという印象。 改善されるのかね? 光通信は離職率が酷くて、ノウハウも蓄積されず、仕事がまわってないという噂はよく聞く。 解約処理の遅れも、人手不足なんじゃないかな。 — ソクラテス Zivic123 ついに行政指導か、、スマモバ苦情がひどいようですね。。。 最良の組み合わせはレンタルwifiと格安simです。 wifiをレンタルすると、この時点で通信容量の不便さは解消されますから、それに加えてlineモバイルやDMMモバイルの格安simの最安プランで電話をあわせて使うことです。 snsの利用が多い人はsnsの通信量が無料なlineモバイルがおすすめです。 dmmはポイントは、dmmポイントがもらえます。 そのポイントがたまると漫画などの電子書籍をなんでも購入できます。 どちらかにするかは生活スタイルにあわせてお好みでいいでしょう。 dmm mobileもline mobileもワンコイン 500円 ぐらいからはじめられます 注:電話端末にするともう少しかかります。 スマモバも今後、サービスの改善に期待しましょう。 ファミレスで使えるdocomo wifi ドコモ wifi とは? お店で使えるdocomo wifi ドコモ wifi があります。 他にもwi 300みたいなものですね。 しかし、結局、格安simやレンタルsimがお手軽です。 lineモバイルのソフトバンク回線、フジワイファイのfuji simのソフトバンク回線 電話回線は使えませんが大容量で格安です があります。 docomo wifi ドコモ wifi を辞めた理由 docomo wifiはファミレスなどで使えて便利なのですが、単純に料金の問題です。 docomo wifiは他社端末と契約できるようなことは書いてあったのですが、価格が違うようです。 docomo Wi-Fiのみをご利用になりたい場合は、以下のサービスプランはご契約できません。 「docomo Wi-Fi月額プラン(月額1,500円)」でのご利用となります。 nttdocomo. wi 300を辞めた理由 公衆無線lanのwi 300はプランが劣化していました。 申し込みページに赤字で下記のように書かれていました。 ご利用予定のSSID名をご確認のうえお申し込みください。 それらが月額では使えず、毎回100円かかるらしいです。 使えるのは下記のものだけです。 予備知識ですが、clubが付いているのはセキュリティ保護されています。 au wifiは他社携帯と契約できない au wifiは他社携帯と契約できません。 softbank wifiは使いたいところで使えず softbank wifi ソフトバンク wifi はファミレス系が弱いため最初から検討しませんでした。 simカードは差し替えて使います、結構、そのような使い方をしている方がいます。 というわけで格安simにしました。 docomo wifi ドコモ とsoftbank wifi ソフトバンク とau wifiの比較 今回は導入を見送りましたが、一応比較しておきます。 au wifiはガストやジョナサンなどのすかいらーく系列はすべて使えます、 softbank wifiはマクドナルドがすべて使えます、 docomo wifiも結構いいです。 公式サイトでは、デニーズなどファミレスとラインナップが少なめです。 ただ、実際は多くのガストやジョナサンなどでファミレスで使えます。 ただ他者端末はやはり値段がネックですね。 海外でドコモ docomo のレンタルwifiは? 「docomo 海外パケ・ホーダイ」、「docomo 海外1dayパケ」、「docomo パケットパック海外オプション」などがありますが、「イモトのwifi」やクラウドsim、あるいはプリペイドsimを使う人が多いようです。 「イモトのwifi」などほかのレンタルwifiについてはこちらの記事をみてください。 クラウドsimはこちらの記事をみてください。 プリペイドsimはこちらの記事をみてください。

次の

ドコモのポケットWiFiの料金まとめ!無制限で利用するおすすめの方法

ドコモポケットwifiレンタル

【最新】新料金プランでドコモのポケットWiFiがおすすめになった理由 手軽に利用できるポケットWiFiを検討しているけれど、• ドコモのポケットWiFiって良いの?• ドコモのポケットWiFiより、他に良いポケットWifiってある? と思っているあなた。 ドコモは大手通信会社NTTのグループ会社だから安心だと思う反面、料金が高いというイメージを持っているのではないでしょうか? 実は、少し前までは、筆者もドコモでポケットWiFiを契約することをおすすめしていませんでした。 しかし、 2019年6月からドコモの料金プランが新しくなり、一概に「ドコモのポケットWiFiはダメ!」と言えなくなってきたのです。 そこで今回は、ドコモの新料金プランについてご紹介すると共に、• どのような人にドコモのポケットWiFiがおすすめなのか• ドコモ以外におすすめのポケットWiFiはどれか について、詳しく解説します。 この記事を最後まで読めば、ドコモのポケットWiFiが自分に合っているのかどうかがわかり、自分に一番合ったポケットWiFiを申し込むことができます。 ぜひ、チェックしてみてくださいね。 mobile(SoftBank)の登録商標です。 この記事では、「持ち運び可能なWi-Fiルーター(モバイルWi-Fiルーター)」を「ポケットWiFi」と称しています。 【結論】ドコモのポケットWiFiは一概に高いとは言えない! ドコモと言えば「高い」というイメージを抱きがちですが、本当にそうなのかを最初に確認しておきましょう。 ドコモのポケットWiFiの料金は、他社と見比べた場合には一見高く見えますが、様々な条件を含めて比較すれば一概に「高すぎる」とは言えません。 実は、 ドコモは2019年6月から新料金プランを提供しており、従来のデータプランは新規受付を終了しています。 ドコモの新料金プランでは、スマホもポケットWiFiも「ギガホ」または「ギガライト」のいずれかを選ぶシンプルな形に変わりました。 そして、もしスマホとポケットWiFiの両方をドコモで利用したいという場合は、「データプラス(月額1,000円)」というプランを追加すれば、スマホとポケットWiFiでデータ容量を分け合うことができます。 また、 ギガホプランでは、データ容量が月30GBまでで、それを超過した場合でも1Mbpsで通信が可能です。 ソフトバンクやY! mobile(アドバンスモードなし)が、7GB/月で超過時の制限速度128kbpsとなっていることを考えると、2,000円~3,000円の差は人によっては気にならないかもしれません。 一方で、auやY! mobile(アドバンスモードあり)、WiMAXが、4,380円~4,880円でデータ容量無制限である点も見逃せないでしょう。 また、ドコモやソフトバンクでは、それぞれスマホとのセット利用が可能となっているため、スマホとポケットWiFiを別々に契約するより安くなるというメリットがあります。 ただし、 データ容量はスマホと分け合うことになるので注意が必要です。 これらを踏まえて、 ポケットWiFiのみを契約する場合、筆者が一番おすすめするのは、料金とデータ容量の点でメリットのあるUQ mobileのWiMAXです。 各社の比較の詳細については、以下の表をご覧ください。 それ以外の割引などは適用していません。 参照: 各社の料金について把握できたところで、ポケットWiFiをドコモで契約するべきなのはどのような人なのかについて、次章でくわしく見ていきましょう。 ポケットWiFiをドコモで契約するべき人 筆者は、ドコモユーザーでなければドコモでポケットWiFiを契約すべきではないと考えます。 具体的に言えば、次の2点に当てはまるドコモユーザーであれば、ドコモでポケットWiFiを契約すべきです。 利用料を抑えたい人• 月に30GBの通信で足りる人 その根拠について説明しますね。 新料金プランでドコモのWiFiは安くなった 冒頭でも触れましたが、ドコモは2019年6月から新料金プランとなり、以前の料金(9,700円)に比べると3,000円近くも安くなりました。 下表のように、他社と比較しても高額すぎるとは言えず、選択肢のひとつとして十分検討に値すると感じます。 ただし、以下の表はポケットWiFi単体で契約する場合の料金です。 でもご紹介したように、ドコモとソフトバンクについては、スマホとのセット利用もできます。 その場合は、利用料合計額を安く抑えられる反面、データ容量がスマホとの合算となるため、他社との詳細な比較は難しいと言えます。 参照: ドコモでWiFiを契約する際の料金プラン ドコモでポケットWiFiを契約する場合は、以下の2パターンが選択できます。 ポケットWiFi単体で契約する場合:「ギガホ」または「ギガライト」• スマホ(ドコモ)にポケットWiFiを追加する場合:「ギガホ」または「ギガライト」+「データプラス」 ドコモのスマホを利用していない場合は、ポケットWiFi単体での契約となるため、• ギガホ(30GB/月、6,980円/月)• ギガライト(~7GB/月、2,980円~5,980円/月) のいずれかを選ぶことになります。 一方、ドコモのスマホで「ギガホ」または「ギガライト」を契約している場合は、月額1,000円の「データプラス」を申し込めば、ポケットWiFiが利用できます。 つまり、 ドコモユーザーであれば、月々のスマホ料金に1,000円をプラスするだけでポケットWiFiが使えるため、ポケットWiFiの利用料はぐっと安く抑えることができます。 ただし、 データ容量は、スマホとポケットWiFi両方の消費量が合算されることに注意が必要です。 スマホとポケットWiFi合わせても30GBで十分足りるという人にはもちろんおすすめですが、30GBを超えた場合でも1Mbpsで使えるため、利用コンテンツによってはそれほどストレスは感じないでしょう。 ポケットWiFiをドコモで契約するべきでない人 ドコモでポケットWiFiを契約すべき人について理解いただけたかと思います。 では、反対にドコモでポケットWiFiを契約すべきでない人とは、どのような人でしょうか。 筆者は、次のような人は、ドコモでポケットWiFiを契約しないほうがよいと考えます。 ひとつずつ説明します。 月額料金が高い 前章でも触れましたが、ドコモのスマホやタブレットなどを利用している場合、「データプラス(1,000円/月)」を追加契約すれば、ポケットWiFiが利用できます。 その点で言えば、ドコモユーザーがドコモでポケットWiFiを契約するのは「高い」とは言えません。 しかし、スマホ・タブレットとポケットWiFiのデータ使用量が合算されてしまうため、全部合わせて30GBという容量はネックともなり得ます。 容量が不満であれば、ポケットWiFiを単独契約するという選択肢もありますが、そうすると新たに「ギガホ(30GB/月、6,980円/月)」または「ギガライト(~7GB/月、2,980円~5,980円/月)」の契約が必要となります。 これは、他社に比べるとやはり「高い」と言わざるを得ません。 それ以外の割引などは適用していません。 参照: 無制限プランがない 先ほどの比較表を見てもわかるように、ドコモの料金プランにはデータ容量無制限のものがありません。 データ容量を超過した際の制限速度は他社より速い1Mbpsなので、SNSやサイト閲覧などは問題なく行えるものの、動画の視聴には若干ストレスを感じるでしょう。 5Mbps そのため、動画の視聴やオンラインゲームなどを思いっきり楽しみたいという人にはおすすめできません。 選べる端末が少ない 画像引用: ドコモのポケットWiFiは現在2機種が発売されており、今秋発売予定の1機種を合わせても3機種からしか選ぶことができません(2019年7月現在)。 一方、au、Y! mobile、UQ WiMAXは6機種から選ぶことができます(auとUQ WiMAXはホームタイプ含む)。 色々な端末から選びたい人には、ドコモのポケットWiFiは物足りなさを感じるかもしれません。 ドコモを含むWiMAX(ポケットWiFi)を徹底比較、おすすめなのは? ここまでの内容を踏まえて、再度、どのポケットWiFiがおすすめなのか?を比較検討してみましょう。 ドコモ以外のポケットWiFiでおすすめなのは、料金とデータ容量の点から、Y! mobile(アドバンスモード)とUQ WiMAXの2つです。 そこで、ドコモを含めたこれら3社について比較してみました。 結論からお伝えします。 ドコモユーザーでデータ容量が無制限でなくても良い場合はドコモのポケットWiFiがおすすめ• それ以外はUQ WiMAXがおすすめ Y! mobileもUQ WiMAXも月額料金・データ容量(無制限)・通信制限条件などは同じです。 ただし、Y! mobileのデータ容量無制限は、AXGP・TDD-LTE提供エリアでのみ可能なアドバンスモード通信のみで、使用エリアによっては「無制限」の恩恵にあずかれない場合もあります。 これに対して、UQ WiMAXは通信可能エリアであれば常にデータ容量無制限となり、高速通信が楽しめます。 このような理由から、筆者はY! mobileよりUQ WiMAXをおすすめします。 - UQ WiMAX「W06」 Y! 参照: なお、UQ WiMAXを契約する場合は、GMOとくとくBB経由がお得です。 GMOとくとくBBでは高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているため、実質月額料金をもっとも抑えることができるからです。 後述の「」でくわしくご紹介していますので、チェックしてみてください。 WiMAX(ポケットWiFi)を比較する際の4つの重要ポイント 前章までで、自分に合いそうなポケットWiFiの目処がついたのではないでしょうか。 しかし、まだ迷っている人、他のポケットWiFiも含めてよく検討したい人もいるかもしれません。 そこで、ここでは、どのポケットWiFiが良いかを比較検討する際に、押さえておくべきポイントをお伝えします。 ポイントは次の4点です。 ひとつずつ説明しますね。 データ容量がたくさん使えるか いつでもどこででもインターネットを使いたいからこそ、ポケットWiFiの契約を考えますよね。 しかし、あっという間にデータ容量を使い切ってしまい、高速通信が利用できなくなってしまうのは困ります。 ちなみに、1GBのデータ容量で利用できる各コンテンツの目安は以下の通りです。 たとえば、月に動画を28時間視聴すれば7GBに達してしまうため、ソフトバンクのように7GB/月までしか使えないポケットWiFiだと使いものになりません。 そのため、 どのポケットWiFiにしようか迷った場合は、無制限プランがあるものを選ぶことがおすすめです。 今までにもご紹介したように、 無制限プランがあるのはau、Y! mobile、UQ WiMAXの3社だけ。 しかし、auは月額料金が高め、Y! mobileは無制限の対象となるアドバンス通信ができるエリアが狭いというデメリットがあるため、いずれもおすすめできません。 速度制限は厳しくないか 速度制限の内容は、選ぶプランや会社によって変わってきますが、無制限プランでない場合はデータ容量を超えて使った場合にかなり低速になるなど、速度制限が厳しい場合が多いです。 ただし、ドコモに無制限プランはありませんが、データ容量を超過したときの制限速度が1Mbpsと比較的高速であることが特徴と言えます。 ドコモ ソフトバンク au Y! 今まで見てきたように、一番月額料金が安いのはWiMAXですが、プロバイダによって割引額などに違いが見られます。 そこで、UQ、au、GMOとくとくBBの3社でどの程度の違いが出てくるかを調べてみましたのでご覧ください。 下の表を見ると一目瞭然ですが、 キャッシュバックのあるGMOとくとくBBでWiMAXを契約するのがもっともお得です。 以前はドコモがもっとも広かったのですが、最近は各社ともそれほど大きな差はないため、あまり気にしなくても良いでしょう。 ただし、出張などで頻繁に訪れる場所があるのであれば、そこを十分にカバーできているかを確認しておくと安心ですね。 また、ひとくちに高速通信と言っても、各社の製品スペックはさまざまです。 以下に、各社の受信最大速度をまとめましたので、参考までにご覧ください(2019年7月現在)。 これを見ると、ドコモがもっとも速いですが、実は最大速度の数値はあまり気にする必要はありません。 なぜなら、これらの数値はあくまで理論上のものであり、高速通信ができるエリアは限られていること、例え高速通信可能エリアであっても周囲の環境や時間帯によって大きく異なってくることなどが理由としてあるためです。 つまり、最大受信速度や高速通信可能エリアの点で言えば、各社ともそう差異はないと言えます。 ドコモ au SoftBank Y! mobile UQモバイル 受信最大速度 1288Mbps 867Mbps 988Mbps 972Mbps 867Mbps 参照: 【再結論】無制限ならUQ、足りるならドコモ 画像引用: 再度になりますが、ここまでの内容を踏まえた上で言える結論は、以下の通りです。 無制限で利用したい、ポケットWiFiの利用料金を安く抑えたい人はUQ WiMAX• ドコモユーザーで30GB/月(速度制限時も1Mbpsで通信可能)でも十分な人はドコモ あなたはどちらに当てはまりますか? 1番お得にWiMAXを使い始めるなら「UQ WiMAX」を「GMOとくとくBB」から申し込もう! 画像引用: ここまで読んでUQ WiMAXでポケットWiFiを契約しようと決めたあなたにぜひお伝えしたいのが、UQ WiMAXは「GMOとくとくBB」から申し込むということ。 なぜなら、GMOとくとくBBは他のどこよりも特典内容がお得だからです。 GMOとくとくBBでUQ WiMAXを申し込んだときの特典は、次の3つ。 ひとつずつご紹介します。 最大37,100円キャッシュバック キャッシュバック金額は機種によって異なります。 各機種のキャッシュバック金額は以下の通りです(2019年7月現在)。 機種 スペック(下り速度) 本体価格 キャッシュバック金額 W06 1. 参照: おすすめの機種はスペックの高い「W06」ですが、高額のキャッシュバックを狙いたいのであれば、「W05」でも良いでしょう。 端末代&専用クレードル代&送料がすべて無料 各端末代や専用クレードル代は先ほどの表の通りですが、これらも「GMOとくとくBB」から申し込めばすべて無料です。 さらに、全国どこでも送料無料で届けてくれるのも嬉しいですね。 月額料金がお得 UQ WiMAXの「UQ Flatツープラス ギガ放題」プランは、「おトク割」+「長期利用割引」が適用されて月額4,380円(税別)です。 これが「GMOとくとくBB」で申し込むと、• 最初の2カ月:3,609円(税別)• 3か月目以降:4,263円(税別) となるため、ずっとお得が続きます。 画像引用: GMOとくとくBBはキャッシュバックが受け取りづらい UQ WiMAXは「GMOとくとくBB」で申し込むととてもお得だと言うことが分かってもらえたと思います。 ただし、1点注意して欲しいのが、 「GMOとくとくBB」はキャッシュバックが受け取りづらいということ。 「GMOとくとくBB」で申し込む前に、以下の記事でキャッシュバックの受け取り方についてチェックしておくことをおすすめします。 まとめ• ドコモは2019年6月から新料金プランとなった 各社の料金は以下の通り。 それ以外の割引などは適用していません。 参照:.

次の

ドコモ海外パケ放題とWiFiレンタル比較

ドコモポケットwifiレンタル

近年、ポケットWi-Fiを端末を購入して月額料金を払うのではなく、端末をレンタルして使用するという人が増えています。 端末代金がかかりませんし、 契約期間の縛りがないケースが多いので解約料金もかかりません。 さらに、最近では LTE使い放題なるサービスを提供するレンタル会社が増えてきています。 いずれにせよポケットWi-Fiレンタルの需要は確実に伸びており、それに伴ってレンタルサービスを提供する会社も増えています。 とはいえレンタルサービスを提供する会社が多いせいで、 正直どこがお得なのかが分からないという人もいるでしょう。 そこで当サイトがポケットWi-Fiのレンタル会社を比較して紹介したいと思います。 是非参考にしてください。 海外でレンタルポケットWi-Fiを利用したい人はの記事を参考にしてください。 レンタルWiFiのメリット レンタルWiFiのメリットは何と言っても「契約期間の縛りがない」「違約金がない」という点です。 スマホ、光回線、ケーブルテレビ、ポケットWi-Fi 購入タイプ など、あらゆるインターネット回線で必ずと言っていいほど2年以上の契約期間が設定されており、期間中に解約をすると1万円を超える違約金が発生します。 しかし、例えば単身赴任の期間中だけ一時的にポケットWi-Fiを使いたいという人や、日本に一時帰国している数日間だけポケットWi-Fiを使いたいという人にとって契約期間が設定されているのは都合が悪いです。 そういう人たちにとって契約期間の縛りがないレンタルWiFiは非常に大きなメリットであると言えるでしょう。 レンタルWiFiのデメリット 当たり前の話ですが、レンタルWiFiはあくまでも一時的に借りるだけなので端末は最終的に返却しなければなりません。 もしレンタル中に端末を紛失したり故障させたりすると2万円近くの弁済金を支払う必要があります。 そのための補償オプションというのを各社用意しているはずなので不安な人はオプション利用を検討しましょう。 レンタル会社のプラン 無制限プラン 最近では「 LTE使い放題」なるサービスを提供するレンタル会社が増えてきています。 ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアは基本的に一部のヘビーユーザーによって帯域が圧迫されるのを嫌がるので月間7GB制限を儲けております。 そしてキャリアはヘビーユーザーが嫌いなのでもちろんLTE使い放題プランなんてものを提供している会社はありません。 しかし上記の通りポケットWi-Fiのレンタル会社ではLTE回線の使い放題サービスを提供する会社が増えています。 レンタル会社はそもそもキャリアの回線 ほとんどがソフトバンク回線 を使ってポケットWi-Fiのレンタルサービスを提供しているのですが、なぜLTE使い放題プランをキャリアには提供出来ないのにレンタル会社には提供できるのか。 そこはかとない疑問が残りますが、いずれにしてもレンタル会社ならLTE使い放題プランが契約出来るのは間違いないので使える手は使いましょう。 日数別プランは例えば海外に住んでいる人が日本に 一時帰国したり、あるいは 海外の友人が日本に遊びに来たりした場合にオススメのプランです。 しかし一方で日数別プランは往々にして 1ヵ月以上使うと容量別プランよりも割高になってしまうケースが多いので、日数別プランはあくまでも短期で利用する場合にのみ利用を検討しましょう。 無制限プランを選びたい人があえてFUJI WiFiやNOZOMI WiFiを選ぶメリットはないので、 FUJI WiFiを選ぶ場合は 10GB~50GBプランを、 NOZOMI WiFiを選ぶ場合は 1週間プランや2週間プランを選びましょう。 もし 1ヵ月も使わないという人たちはWiFi東京レンタルショップ、WiFiレンタルどっとこむ、グローバルモバイルの 1日プランがおすすめです。 SAKURA WiFiは非常にコスパが高くてオススメなんですが、 初期費用が他社に比べて割高です。 STAR WiFiはSAKURA WiFiよりも事務手数料が1,000円安いですが、やはり他社に比べると割高感は否めません。 2ヵ月以上使うという人ならSAKURA WiFiやSTAR WiFiがオススメですが、1ヵ月で解約をするならFUJI WiFiの方がお得です。 注意点 SAKURA WiFiやSTAR WiFi、FUJIWiFiなどで「無制限」プランが提供されていますが、どれだけ使っても完全に制限がかからないかというとそういうわけではありません。 明確に何GBまでという制限はありませんが、通信会社の判断によって「 異常な通信利用量のヘビーユーザーである」とみなされた場合には制限が発生する場合があります。 まとめ 以上が当サイトのおすすめするレンタルWiFiです。 内容をまとめると.

次の