クラッシー ログイン できない。 ログインができない場合

「ID(会員番号)とパスワードを確認して、もう一度ログインしてください」というエラーメッセージが出て

クラッシー ログイン できない

Cookie の有効化 ブラウザの Cookie が有効になっていることを確認するために、以下が必要になります。 ブラウザの Cookie を削除してみてください。 ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。 各種ブラウザでの Cookie とキャッシュの削除方法を知るには、ページをご覧ください。 プラグインの無効化 ログインの際に邪魔をしているがあるかもしれません。 すべてのプラグインを無効化してみましょう。 これで、プラグインが認識されなくなります。 テーマの無効化• 変更すると、 WordPress は にテーマを戻します。 ログインできたら、別のテーマに変更してください。 テーマ内の問題がどこにあるのかを探すには、テーマが有効化されている際にこのコードを実行してみてください。 ログイン画面用ファイルの新規作成 wp-login. php ファイルが壊れていたり、アップロードに失敗している場合もあります。 サーバから wp-login. php ファイルを削除し、新規ダウンロードした WordPress から再アップロードします。 ツールを使って上書きしただけの場合は転送が完了しないことがありますので注意しましょう。 wp-login. php を以下のように編集します。 case retrievepassword セクションで、以下のコメントを見つけます。 WordPress が使っているデータベースを開きます。 表示 をクリックします。 "admin" ユーザーの行にある編集アイコン(鉛筆マーク)をクリックします。 書かれた値を削除し、新しいパスワードを半角英数字で入力します。 保存を実行します。 ユーザー名 "admin" と、先ほど作成したパスワードでログインします。 新しいバージョンの WordPress では、パスワードが二重ハッシュ処理されています。 ただし、MD5 でハッシュしておけば、WordPress が自動的にパスワードをアップグレードしてくれるので心配はいりません。 パスワード関連の問題 パスワードが間違っている場合や、パスワードをなくしてしまった場合は、をご覧ください。 ユーザ名とパスワード欄では、大文字と小文字が別のものとして判断されますので注意しましょう。 サイト URL リダイレクト WordPress のアドレス URL が何らかの理由でリセットされてしまっている場合があります。 PHPMyAdmin などで WordPress データベースの wp-options テーブルの siteurl の値を確認しましょう(・英語)• その場合は、 siteurl を正しい値に修正します。 wp-login. php ファイルをテキストエディタで開き、以下の行を削除します。 php を使ってアドレスを変更できます。 domain. domain. php で以下の部分を見つけます。 "Headers Already Sent" エラーの解決 headers already sent というエラーメッセージが出る場合は、 の をご覧ください。 URL 設定の確認 ドメイン内ではブログを見られても、外から見られないという場合があります。 この場合、上記のを行ってもログインできないかもしれません。 もしそうなってしまったら、 wp-options テーブルの siteurl WordPress のアドレス URL と home ブログのアドレス URL の値を再確認し、ベースが 同一の利用できるアドレスであることを検証しましょう。 sample. com などです。 もうひとつ考えられる問題は、 wp-options テーブルの siteurl(WordPress アドレス URL)と home(ブログアドレス URL)が www なしの URL に設定されているにもかかわらず、www なしの URL から www ありの URL へ. htaccess を使ってリダイレクトをしようとしている場合です。 結果的に無限ループが作成されてしまいますが、これを防ぐ必要があります。 解決方法の1つとして、. htaccess のリダイレクトを一時的に無効にすることです。 リダイレクトの部分の行頭に を書くか、その部分を削除して再度ログインしてみてください。 上級ユーザーの方は、 wp-options テーブルの siteurl(WordPress アドレス URL)と home(ブログアドレス URL)をデータベースから更新してみるとよいでしょう。 ファイアウォールの確認 ファイアウォールには WordPress へのログインをブロックするものがあります(例: eTrust パーソナルファイアウォール)。 ファイアウォールを無効にして再度試してみてください。 それでもうまくいかない時は それでも問題が解決しない場合は、に投稿してみましょう。 その際、以下の内容を含めてください。 このページの方法を可能な限りすべて試したことの表明• (MySQL と PHP のバージョン他)• 使っているブラウザ• 問題が発生している WordPress のバージョン 最新英語版: ().

次の

mixiにログインできない

クラッシー ログイン できない

ログインできない場合、以下をご確認ください。 「ただ今このユーザはログインできません」と表示される場合は、をご確認ください。 1.パスワードを忘れた 以下よりパスワードの再発行をお試しください。 2.会員ID メールアドレス を忘れた 登録したメールアドレスをお忘れの場合は、ご本人様確認の上、メールアドレスの変更手続きを行わせていただきます。 お手数ですが、hontoお客様センターまでご相談ください。 所定の方法にてご本人様確認がとれない場合、変更手続きは致しかねますので、あらかじめご了承ください。 お急ぎの場合は、新規に会員登録してご利用ください。 お持ちのhontoカード(すでに旧登録に紐付けしたもの)は、新規の登録に紐付けできません。 書店で新しいhontoカードを入手して登録してください。 なお、新規アカウントに旧アカウントの登録情報(購入履歴、ポイントなど)は引き継げません。 あらかじめご了承ください。 3.入力した会員ID メールアドレス 、パスワードがちがうと表示される 入力内容に誤りがある可能性があります。 以下を参照の上、再度入力をお試しください。 「半角英数字」で入力してください• 大文字/小文字、全角/半角を間違えていたり、キーボードの[NumLock][CapsLock]がオンになっていないかご確認ください• メモ帳ソフトなどに文字を入力し、誤入力の箇所がないことお確かめください。 その後、文字をコピー&ペーストすると間違いを防止しやすくなります 上記で解消しない場合、パスワードの再発行を行ってください。 (「1.パスワードを忘れた」参照) 再発行したパスワードでも同じエラーがでる場合、メールアドレスが登録したものと異なっている可能性があります。 (打ち間違い、メールアドレスを変えた、忘れた、など) メールアドレスの確認・変更を行うか、または新規に会員登録を行ってください。 (「2.会員ID メールアドレス を忘れた」参照) 4.アカウントがロックされた(ただ今このユーザはログインできません) 連続してログインに失敗すると、セキュリティ保護のため、一定時間そのアカウントによるログインを停止します。 ロック中は「ただ今このユーザはログインできません。 お手数ですがしばらく経ってから再度ログインして下さい。 」と画面に表示されます。 ロックは1時間ほどで解除されますので、ロックされた場合は、以下の手順で再度ログインをお試しください。 1.1時間以上お時間をおく 2.パスワードを再発行して、再度ログインをお試しください• ロック中でもパスワード再発行はできますが、再発行後のパスワードでログインできるのはロック解除後 最後にメッセージが表示されてから約1時間後 となります。 また、ロック解除後に再度ログインに失敗すると、アカウントは即時ロックされた状態に戻ります。 どうしてもロックが解除されない場合、お客様センターでご本人様確認後にロックの解除を承ります。 以下よりご連絡ください。 正しく入力しているのにログインできない場合は、クッキーを有効にしてください。 クッキーが無効になっているとログインできない場合があります。 それでも問題が解決しない場合は、キャッシュとクッキーの削除をお試しください。 クッキーやキャッシュの設定方法は、お使いのブラウザのヘルプをご覧ください。

次の

「ID(会員番号)とパスワードを確認して、もう一度ログインしてください」というエラーメッセージが出て

クラッシー ログイン できない

Cookie の有効化 ブラウザの Cookie が有効になっていることを確認するために、以下が必要になります。 ブラウザの Cookie を削除してみてください。 ブラウザのキャッシュをクリアしてみてください。 各種ブラウザでの Cookie とキャッシュの削除方法を知るには、ページをご覧ください。 プラグインの無効化 ログインの際に邪魔をしているがあるかもしれません。 すべてのプラグインを無効化してみましょう。 これで、プラグインが認識されなくなります。 テーマの無効化• 変更すると、 WordPress は にテーマを戻します。 ログインできたら、別のテーマに変更してください。 テーマ内の問題がどこにあるのかを探すには、テーマが有効化されている際にこのコードを実行してみてください。 ログイン画面用ファイルの新規作成 wp-login. php ファイルが壊れていたり、アップロードに失敗している場合もあります。 サーバから wp-login. php ファイルを削除し、新規ダウンロードした WordPress から再アップロードします。 ツールを使って上書きしただけの場合は転送が完了しないことがありますので注意しましょう。 wp-login. php を以下のように編集します。 case retrievepassword セクションで、以下のコメントを見つけます。 WordPress が使っているデータベースを開きます。 表示 をクリックします。 "admin" ユーザーの行にある編集アイコン(鉛筆マーク)をクリックします。 書かれた値を削除し、新しいパスワードを半角英数字で入力します。 保存を実行します。 ユーザー名 "admin" と、先ほど作成したパスワードでログインします。 新しいバージョンの WordPress では、パスワードが二重ハッシュ処理されています。 ただし、MD5 でハッシュしておけば、WordPress が自動的にパスワードをアップグレードしてくれるので心配はいりません。 パスワード関連の問題 パスワードが間違っている場合や、パスワードをなくしてしまった場合は、をご覧ください。 ユーザ名とパスワード欄では、大文字と小文字が別のものとして判断されますので注意しましょう。 サイト URL リダイレクト WordPress のアドレス URL が何らかの理由でリセットされてしまっている場合があります。 PHPMyAdmin などで WordPress データベースの wp-options テーブルの siteurl の値を確認しましょう(・英語)• その場合は、 siteurl を正しい値に修正します。 wp-login. php ファイルをテキストエディタで開き、以下の行を削除します。 php を使ってアドレスを変更できます。 domain. domain. php で以下の部分を見つけます。 "Headers Already Sent" エラーの解決 headers already sent というエラーメッセージが出る場合は、 の をご覧ください。 URL 設定の確認 ドメイン内ではブログを見られても、外から見られないという場合があります。 この場合、上記のを行ってもログインできないかもしれません。 もしそうなってしまったら、 wp-options テーブルの siteurl WordPress のアドレス URL と home ブログのアドレス URL の値を再確認し、ベースが 同一の利用できるアドレスであることを検証しましょう。 sample. com などです。 もうひとつ考えられる問題は、 wp-options テーブルの siteurl(WordPress アドレス URL)と home(ブログアドレス URL)が www なしの URL に設定されているにもかかわらず、www なしの URL から www ありの URL へ. htaccess を使ってリダイレクトをしようとしている場合です。 結果的に無限ループが作成されてしまいますが、これを防ぐ必要があります。 解決方法の1つとして、. htaccess のリダイレクトを一時的に無効にすることです。 リダイレクトの部分の行頭に を書くか、その部分を削除して再度ログインしてみてください。 上級ユーザーの方は、 wp-options テーブルの siteurl(WordPress アドレス URL)と home(ブログアドレス URL)をデータベースから更新してみるとよいでしょう。 ファイアウォールの確認 ファイアウォールには WordPress へのログインをブロックするものがあります(例: eTrust パーソナルファイアウォール)。 ファイアウォールを無効にして再度試してみてください。 それでもうまくいかない時は それでも問題が解決しない場合は、に投稿してみましょう。 その際、以下の内容を含めてください。 このページの方法を可能な限りすべて試したことの表明• (MySQL と PHP のバージョン他)• 使っているブラウザ• 問題が発生している WordPress のバージョン 最新英語版: ().

次の