忸怩 たる 思い と は。 「忸怩たる思い」の意味と読み方!類語やよくある誤用の例文も紹介

「忸怩たる思い」とは?言葉の意味や使い方の例文・類語も解説

忸怩 たる 思い と は

教授の部屋を出たときには、僕は 忸怩 じくじたる思いでいっぱいだった。 そしてその時にも、僕はこんなことを考えていたのだった。 … 乾くるみ『リピート』 より引用• 内心、忸怩たる思いだが、全体のスケジュールを考えると仕方なかった。 俺が言えた事ではないなと、志貴は忸怩たる思いで唇を噛んだ。 止まれないところまで来てしまった。 … 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』 より引用• やはり幾ばくかの罪悪感があるのだろう。 おれのようなフリーターとの取引に応じてしまったことに、 忸怩 じくじたる思いがあるのかもしれない。 … 中野順一『セカンド・サイト』 より引用• そんな俺の忸怩たる思いなど知るよしもないアリスは、俺とは別の理由によって再び長い沈黙を続けていた。 今彼女は、魂に刻み込まれた神聖教会への忠誠と、数時間前に会ったにすぎない薄汚れた侵入者の言葉を心の天秤にかけているのだろう。 松岡が博多に赴任したせいもあり、暑中見舞いや年賀状は交わし合っているものの、事実上、交渉が絶えてしまった。 お互いに、とくに松岡の方に 忸怩 じくじたる思いがあったのもたしかだ。 勝田を通じて杉本派に属していた筈の松岡が、掌を返して合併阻止派の成瀬側についた。 … 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』 より引用• そして、その行為を実行するのは他ならぬ自分自身なのだ。 いくら領主の命令だからといっても、 忸怩 じくじたる思いに駆られていることは間違いなかった。 元々、この派遣軍には離反者が現れるための要素がたっぷりと存在したのである。 … 児玉ヒロキ『イット』 より引用• 目の前をメタル・エイジの戦車が歓声を上げて進んで行くのが見えた。 彼らがガッツポーズをするたびに 忸怩 じくじたる思いが込み上げてくる。 休戦とはいえ、誰が見てもゲリラの勝利だった。 … 池上永一『シャングリ・ラ 下』 より引用• 僕はこれに推薦文を書いている。 三通り書いたのだが、うまくいかず、 忸怩 じくじたる思いをする。 以前、向田さんの『小説新潮』巻頭カラーグラビアに附した僕の短文は、やや会心の出来に近く、向田さんに「原稿の書き方を教えますから、あれは生原稿で読んでください」と伝言してもらった。 … 山口瞳『還暦老人ボケ日記』 より引用• そのままじいっと見ていると、巴はちらりと顔を覗かせて厨房をうかがい、李里と視線が合うと、さっとまた顔を隠した。 表情に 忸怩 じくじたる思いが 滲 にじんでいるのを見て取って、李里はちょっと気が晴れる。 ガニメデから料理がヘタだとは聞いていた。 … 谷川流『電撃!! イージス5 第02巻』 より引用• 三万円の祝儀が崇ったのだなと長者丸一郎は、急に恥ずかしくなっていた。 大地主の 末裔 まつえいたるものがなんたる銭惜しみをしたものかと、 忸怩 じくじたる思いであった。 数年がたち、その相撲取は大関になった。 … もりたなるお『土俵に棲む鬼 相撲小説集』 より引用• 断ることができるとはいえ、患者が捜査協力しなければならない制度には篠原さんも 忸怩 じくじたる思いがあるのだろう。 目を伏せる姿は、ジレンマに苦しんでいるように見えた。 … 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』 より引用• 小文に嗅がれたい匂いではない。 忸怩 じくじたる思いを抱きながら手早くシャワーを浴び、電車に飛び乗った。 … 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』 より引用• そんなリンネの今一番の関心事はおしゃれで、『時砕き』にふさわしいコスチュームとポーズを求めては鏡の前でイメージを練る日々だが、残念なことにいまだそれを披露する機会は得ていない。 本人も 忸怩 じくじたる思いがあるのだろう。 … 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』 より引用• このような一幕の後で、護堂は自己嫌悪に陥りながら眠りについたのだ。 またやってしまったと、 忸怩 じくじたる思いであった。 そして今朝、部屋にやってきたエリカとアンナから新聞の束を渡された。 … 丈月城『カンピオーネ! 01 神はまつろわず』 より引用• その間、横浜支店の林融資課長からは三度、次長の佐々木に督促の電話があった。 宮田が直接、長谷部に連絡してこないところに、事情を知っている両者の 忸怩 じくじたる思いがある。 この日、長谷部が手洗いから戻って来ると、女子部員の飯島靖子がおろおろしている。 … 山田智彦『銀行 男たちのサバイバル』 より引用• そのことも、フォイゾンに、エレを手放せなくさせていた。 が、エレをいつまでも戦場においていてはいけない、という内心 忸怩 じくじたる思いもあった。 ふっきれないのである。 … 富野由悠季『オーラバトラー戦記 11 ハイパー・ホリゾン』 より引用• そして運がいいのか悪いのか、世間では誰もおれのことを堅気だとは思っていない。 そういう世間の評価に対しておれ自身 忸怩 じくじたる思いがなくもないが、だからって三十九年間もつき合っている自分の体質と、そうかんたんに別れられるものではない。 わざとらしく、音をたててカーテンを開けた亜由子に、顔を手で覆って、おれが言った。 … 樋口有介『風の日にララバイ』 より引用• 事も無げに語る 豪軍 ホージュンを前にして、 濤羅 タオローは内心、忸怩たる思いを禁じ得ない。 虚淵玄『鬼哭街』 より引用• 出羽ヶ嶽の心情に 忸怩 じくじたる思いだったが、自分の心底はひた隠すよりなかった。 駿河興造は、たしかに出羽ヶ嶽に相撲を取り続けなさいといった。 … もりたなるお『金星 相撲小説集』 より引用•

次の

忸怩たる思いの意味とは?語源や類語と使い方や誤用の例文も

忸怩 たる 思い と は

スポンサーリンク 「忸怩たる思いです!」 普段の会話ではあまり耳にしませんが、テレビの政治家のおわびの会見などでは耳にする言葉です。 この「忸怩」という漢字の 読み方がわかりずらいんです。 さらに普段の会話で使いわない言葉だけに「忸怩」と言われても、 意味がわからないという人も多いと思います。 今回の記事では、テレビのおわびの会話などでしか耳にしない「忸怩たる思い」の読み方とその意味。 そして「忸怩」という言葉の 類語。 さらに実際にあなたが「忸怩たる思い」という言葉を正しく使えるように、 使い方と 誤用を 例文で紹介しています。 この記事を読んで、あなたも「忸怩たる思いです!」と普段の会話で使ってみませんか。 忸怩たる思いの読み方 この忸怩という漢字がすらりと読めたあなた! さすがです! 「忸怩たる思い」は「 じくじたるおもい」と読みます。 忸怩たる思いの意味 「忸怩」は 「じくじ」と読みます。 「じくじ」と読み方がわかっても、どんな意味の言葉なのかピンときづらいですね。 そんなときは漢字の意味を探っていきましょう。 忸怩の忸の意味 忸は音読みでは「ジク」「ジュウ」と読みます。 そして訓読みでは「 はじる」「なれる」と読みます。 この訓読みの「はじる」は「恥ずかしく思う」という意味になります。 ですので忸怩の忸と言う漢字は、「恥ずかしく思う」という意味で使われているんです。 忸怩の怩の意味 怩は音読みでは「ジ」と読みます。 そして訓読みでは「 はじる」と読みます。 この訓読みでの「はじる」は「恥ずかしく思う」という意味になります。 忸怩たる思いの意味 忸怩の忸も怩もともに、「恥ずかしく思う」と言う意味の漢字です。 言葉として「恥ずかしく思う」という漢字を重ねている忸怩。 「恥ずかしく思う」とは誰でもない、自分のことを恥ずかしく思うということなんです。 なので、忸怩たる思いの意味はこうなります。 忸怩たる思いの類語• 慙愧に堪えない• 自責の念にかられる• 自己嫌悪のかられる• 汗顔のいたり• 痛恨の思い• 残念無念• 苦々しい思い• 胸が張り裂ける思い• 悔やんでも悔やみきれない 忸怩たる思いの類語で「慙愧に堪えない」といのはちょっと難しい言葉ですね。 「慙愧」とは 「自分の行動や考え方をかえりみて恥ずかしく思う」という意味の言葉です。 なので、「慙愧に堪えない」とは「自分の行動や考え方をかえりみて恥ずかしく思い、反省する」という意味の言葉なんです。 あと「汗顔のいたり」とは、 恥ずかしくて顔に汗をかいてしまうということです。 なので、「とても恥ずかしい、恥じ入る」という意味の言葉になります。 日本は恥の文化ともいわれます。 ですので、自分をかえりみて反省するという意味の言葉は探せばもっとたくさんあるんですよ。 使い方 せっかく難しい言葉の意味や類語を知っても、実際の会話で使えないと意味がありません。 そこで、「忸怩たる思い」という言葉の使い方を例文で紹介していきます。 この言葉を政治家などがテレビで使うのは、こういうことを言っているんです。 私が正しいと思い行ったことではおりますが、 結果として無駄に税金を使ってしまい、忸怩たる思いでございます。 自分の能力を過信した結果、会社に多大な損害を与えることになり社長として忸怩たる思いです。 私がいたらなかったばかりに、お取引様の信用を失うような結果になり忸怩たる思いでございます。 彼は見た目は平気な顔をしているが、心の中は忸怩たる思いなんだよ。 景気回復のために行った政策が失敗に終わり、忸怩たる思いです。 すなおに、「もうしわけありません。 」とか 「反省しています。 」と言えばいいのに、あやまっていても自分のプライドを守るために使っているようにも感じませんか。 自分の非を素直に認めないときに使う都合のいい反省の弁にも聞こえてしまいます。 誤用 「忸怩たる思い」は「じくじたるおもい」と読みます。 言葉はその読み方の音(おと)で、言葉の意味を間違って感じとるときがあります。 「じくじ」と音を聞けば、爽快(そうかい)なさわやかな感じには聞こえません。 あなたは「じくじ」と聞いてどんな感じに聞こえますか。 なにか心の中がすっきりとせず、心の中がもやもやしている感じに聞こえませんか。 ですのでこんなふうに誤用してしまうことがあるんです。 誤用の例文• 私の意見が間違っているかもしれないと思うと忸怩たる思いだ。 みんなが私の考え方に反対するなんて忸怩たる思いがする。 どうしていいかわからず、忸怩たる思いだ。 私は正しいのになぜ私が移動させられるんだ。 まったく忸怩たる思いでがまんならない。 これら、誤用の例文は自分の行動や考え方を反省し恥じるという正しい意味では使っていません。 誤用の例文は、「腹が立つ」「むしゃくしゃする」「考えがまとまらずに、悩む」「怒りが収まらない」という意味で「忸怩たる思い」を使っています。 いっけん正しい使い方のようですが、誤用なんです。 自分のことをかえりみて、恥ずかしく思い反省するという意味で使うのが正しい使い方です。

次の

「忸怩たる思い」とは?意味や使い方を例文つきで徹底解説!

忸怩 たる 思い と は

忸怩たる思いの意味とは?語源も 忸怩たる思いの意味とは「自らを恥じ入る気持ち」 忸怩たる思いの意味とは、自分を恥じ入る気持ちにかられること、そしてその気持ちのことです。 「忸怩」という言葉自体に、「恥じる」、「照れる」、「深く恥じ入る様子」という意味があります。 自分の過去の行動や発言を振り返ってみて、とても恥ずかしく反省したいような気持ちになることがありますよね。 それを表現しているのが「忸怩たる思い」です。 日常の何気ない場面ではほぼ使われず、記者会見や正式な謝罪場面など、フォーマルな場面で使われます。 恥ずかしく、情けなく、そして深く反省しています、申し訳ありません、といったニュアンスで使われます。 恥ずかしく思っているので誠意を見せたい、そんな意図が見える言葉となっていますよね。 語源は「恥じる」意味から 忸怩たる思いの語源は、「忸怩」という言葉が「恥じる」という意味を強調していることに由来します。 「忸」は、訓読みをすると「はじる」、「なれる」というような読み方ができます。 「恥ずかしい」という意味と「慣れる」という意味があります。 「怩」は、訓読みをすると「はじる」と読むことができ、意味はそのまま「恥じる」です。 どちらの漢字にも「恥じる」という意味が含まれていることから、強く恥じ入っている、という意味合いが「忸怩」という言葉には含まれており、忸怩たる思いの語源となっています。 忸怩たる思いを政治家がよく使っているな、というふうに思っている方は多いのではないでしょうか。 難しい響きで実際に何を意味しているのかわからずにテレビを見ていた人も、自らを恥じ入っているというニュアンスがおわかりいただけたでしょう。 忸怩たる思いの使い方の例文(政治家の謝罪)• ・秘書が予算をどのように使っているかということを把握していなかったのは私の管理不行き届きであり、非常に忸怩たる思いでおります。 ・議員の名誉を傷つけるような不適切な発言をいたしましたことは、謝罪すべきことであり、私自身忸怩たる思いです。 ・議員の質問通告に関し生じている一連の状況について関係各所にご迷惑をおかけしたことは忸怩たる思いでございます。 ビジネスでも目上の人たちに対してや公の場に際しては「忸怩たる思い」という重みのある言葉を使うことはありますよね。 忸怩たる思いの使い方の例文(ビジネスでの失敗)• ・このプロジェクトを立ち上げたからには期限までに遂行すべき任務を終えられず、忸怩たる思いです。 ・私どもの不手際により、そちらに多大なご迷惑をおかけしたことは忸怩たる思いでございます。 ・我が社の製品に欠陥がございましたことにより、多くのお客様に不快な思いをさせてしまったことで忸怩たる思いにかられております。 目上の人に対して、失礼なことをしてしまったなと後から反省することはありがちですよね。 そういった時にも忸怩たる思いは使えます。 忸怩たる思いの使い方の例文(目上に対しての失礼)• ・新入社員の時に課長に何かと楯突いていた記憶を呼び起こすと、忸怩たる思いにかられる。 ・先輩の親切をそっけなく断ってしまったことに忸怩たる思いを抱いている。 ・社長への無礼を承知で進言してしまったことを思い出すと忸怩たる思いである。 小説などでよく出てくる言い回しとして、自分の心情を表す言葉としても「忸怩たる思い」という表現方法を用います。 忸怩たる思いの使い方の例文(自分の心情として)• ・職員室を出た後は、僕は忸怩たる思いでいっぱいだった。 ・彼は、俺に言われたっていい気はしないだろう、と忸怩たる思いで唇を噛み締めた。 ・彼らが勝利に喜んで大声を上げるたびに、私は忸怩たる思いでいっぱいになるのだった。 自分が忸怩たる思いであることは自分の心情なので表現として使いますが、人の心情を予想するものとしても使うことができます。 忸怩たる思いの使い方の例文(人の心情として)• ・彼女の顔からは忸怩たる思いを読み取ることができ、相当落ち込んでいるように見えた。 ・父にも忸怩たる思いがあるのだろう。 ・弟は忸怩たる思いにかられたから、彼女に強く強く謝罪をしたのだ。 忸怩たる思いと同様に、深く反省している気持ちを表す表現として、「至らない点」という言葉については関連記事をご参考に読んでみてくださいね。 ビジネスシーンでの使い方もよくわかりますよ。 謝罪会見の内容などから、この人は悔しいと思っている、と勘違いなさる人も多いでしょう。 ですが、悔しいという意味で使うのは誤りです。 忸怩たる思いの誤用例文(悔しい)• ・あんなにテスト勉強を頑張ったのに、60点しかとれなかったのは忸怩たる思いだ。 ・練習の成果を出せずに格下の高校に破れてしまったことは、忸怩たる思いです。 ・父の忸怩たる思いを考えると、なんとしてでも勝ちたかった。 悔しいという意味でも誤用なのですが、それと同時に憤りというニュアンスを感じている方も多いようです。 しかし、自分を反省している意味であり、そこに怒りはありません。 忸怩たる思いの誤用例文(腹立たしい)• ・彼がいつも遅刻ばかりしてくるから私の仕事が増えて、本当に忸怩たる思いだよ。 ・いくら注意しても直さない子供には忸怩たる思いがある。 ・納得のいかないことばかり言われて、忸怩たる思いがこみあげてきた。 「じくじたるおもい」という響きが、「ぐじぐじ」「うじうじ」といった響きと似ているため、うじうじ悩んでいるのだと勘違いしてしまう方も多いようですが、そういった意味は含みません。 忸怩たる思いの誤用例文(うじうじ悩む)• ・彼女にふられてしまって、忸怩たる思いである。 ・内定がひとつももらえなかったからといって、忸怩たる思いにひたる必要なんてないんだ。 ・君は、君がずばっと私に言ったことによって私が忸怩たる思いでいるなんて、考えもしないんだろうな。 悔しいや腹立たしいと思っている方は、プラスしてイライラする感情も含まれていると勘違いなさっているのではないでしょうか。 ですが、イライラという感情も意味としては含みません。 忸怩たる思いの誤用例文(イライラする)• ・いつまで経っても約束の場所に来ないから、本当に忸怩たる思いだよ。 ・早く決めてほしいのになかなか決められない君にはいつも忸怩たる思いでいます。 ・元彼をひきずって次の恋に進めない彼女には、本当に忸怩たる思いがある。 こちらは「じくじたる」という響きが「しくじる」に似ていることから勘違いしている人が多いようです。 ですが、しくじって恥ずかしい、という意味もないので間違いです。 忸怩たる思いの誤用例文(しくじって恥ずかしい)• ・またしくじって失敗しちゃって、本当に忸怩たる思いだよ。 ・ピアノの発表会では、大勢の人が見ている前で緊張して弾き損じてしまい、忸怩たる思いでした。 ・社長の経歴紹介で出身大学名を間違えて言ってしまい、忸怩たる思いから顔が真っ赤になってしまいました。 忸怩たる思いの正しい使い方をしてスマートな印象を 忸怩たる思いの意味、語源、使い方、誤用表現についてご紹介しました。 私たちは普段、忸怩たる思いという言葉を政治家の記者会見や、企業での公の場でくらいしか耳にすることはありませんよね。 たまにしか聞かない言葉ですから、意味は正確に覚えておきたいものです。 忸怩たる思いの意味とは、自らを深く恥じ入る気持ちですが、反省を形にしなくてはならない時がありますよね。 関連記事で始末書の書き方をご紹介しています。 反省文との違いなども記載されていますので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

次の