インディゴ ライト。 インディゴライトトルマリン

インディゴライトの意味と効果

インディゴ ライト

インディゴで染められたジーンズ生地 藍色(あいいろ)は、のひとつ。 であるに由来するを由緒とする色である。 インディゴ( インジゴ、英: indigo)も同様。 純粋な藍の色は、わずかに緑みがかった青である(少し浅く染めると、図示した色に近い)。 しかし、藍色(インディゴ)は虹の7色の1つとして挙げられることが多く、その場合は、紫がかった青のことである。 のインディゴには、もっと紫に近い色が採用されている。 しかし、日本の伝統的な色としての「藍色」は、藍のみで染めた色ではなく、藍に少量の黄の染料を加え、緑がからせたものを指す。 藍のみで染めた色の伝統的な呼び名は、(はなだ。 花田と書くことも)だともいう。 しかし、縹は通常は、露草色(の花で染めた色)とも言われる、薄い青色である。 「」も参照 年間に外国から輸入された顔料であるはベロ藍と呼ばれた。 やのに見られる鮮やかな藍色は、インディゴではなくこのベロ藍によるものである。 藍色に関する事項 [ ]• 日本を代表する色として、藍色を「 ジャパンブルー」と呼ぶことがある。 イギリス人科学者・が日本にの衣類が多いことを見て呼び始めたのが始まりで、のチームカラーにも用いられている。 の伝統的な虹の色の区分には藍が含まれるが、などでは虹は6色である。 (を参照)• 上代の藍色は、色止めとして下地を等でく染めていたため、がかった色だった可能性がある。 「出藍の誉れ」、「青は藍より出でて藍より青し」というがある。 ともに弟子が師匠の能力や技量・知識を追い越す、優れているという意味。 近似色 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

インディゴライト~意味、原石

インディゴ ライト

送料について 配送料・全国一律800円。 18,000円以上のお買い上げで 300円!• 返品交換について 当社にて不備・不良等があった場合、送料当社負担にて良品交換または返品とさせていただきます。 商品到着後、3日以内にご連絡ください。 【返品・交換の条件】未使用に限ります。 【お客様都合の返品・キャンセルの場合】往復送料ともにお客様負担にてお願い致します。 以降のものは翌日発送(土日祝日の場合は翌営業日)となります。 消費税について 弊店は全て消費税込み価格でございます。 手数料はご負担ください。 Amazonアカウントでお支払いただけます。 個人情報に関して お客様からお預かりした大切な個人情報(住所・氏名・メールアドレスなど)を、裁判所や警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外、公開または第三者に譲渡することは一切ございません。 当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しておりますのでご安心してお買い物をしていただけます。 配送時間指定について ご指定時間にお届けするよう、運送会社に指示いたします。

次の

【楽天市場】宝石・ルース一覧 > トルマリン(Tourmaline) > インディコライト(Indigolite):直輸入価格のルース屋さん

インディゴ ライト

私がこの鉱物を知ったのは、例によってドイツで買った鉱物図鑑の写真でだった。 美しい藍色の石に Indigolith とあって、なんと読むやら分からないが勝手にインジゴリスと呼んで念がけた。 カナダ産のに通じる濃い青系のその色に惚れた。 なぜインジゴリスと呼ぶのかと暫く考えていたが、なにかの拍子にジーンズを青く染めるのに使うインディゴ(藍)に関係しているのでは?と思いついた。 そうして調べてみると、英語圏では Indicolite, Indigolite (こちらは近年の用法) などと綴られることが分かった。 和名は藍電気石。 なるほどネ。 Indigolith はの一種である。 緑やピンクの色を持ついわゆるマルチカラー種の中に、たまに頭部が青〜藍色になったものがあってブルーキャップ(青帽)と愛称されるが、この部分が Indigolith である。 着色は鉄イオンが関与しているというが、詳しくは知らない。 銅に起因するのネオン青と Indigolith の深い藍との間には素性の違いを感じるのだが、自在に色の変化を見せるリチア電気石だから、印象だけでモノを言うのはアヤうかろう。 新宿のショーでこの石を見つけたときは嬉しかった。 結晶形が現代高層建築風のブラジル産の標本。 まるでナイフを当てて柱面を削ぎ落としたように見えるが、まさかそんな手間をかけているはずはないので、自由成長ないし融蝕した形なのだと思う。 ちなみに電気石のへき開は、「なし」または「てんで不明瞭」である。 見た目ほとんど不透明な青黒い色だが、光に透かすと画像のように Indigolith らしい色と光が観察できる。 「どうだ!」と言いたい。 しかし青緑ないし緑青の石はかなり潤沢に見られる。 パライバのない昔から、青系トルマリンはこの国の特産品だったようだ。 最近はアフガニスタン産のインディゴライトが市場に出回るようになった。 平坦でよく整った三角式の頭部をもち、柱面の短いずんぐりした結晶が多いように思う。 透明度が高く、藍は濃く、なかなかいいものであるが、私はまだ手に入れてない。 縁がないというのか、不思議と見ている眼の前でほかの人に買われていったりする。 ある時など、標本商さんが迷惑顔のお客さんに押し売りしているのにゆき遭った。 チョー・オススメなのだ。 横取りするわけにもいかないから15分ばかり成り行きを見守っていたが、結局我が手をすり抜けた。 Indicolith の藍は深い海の色にも似るが、かの標本商氏にむける私の恨みはその海より深い。 鉱物愛好家の業である。 でも、いい標本を提供して下さったなら、さっぱり水に流そうが如何? cf.

次の