ワールドトリガー まとめ。 ワールドトリガー

【ワールドトリガー】掲示板のネタ書き込みが秀逸すぎる

ワールドトリガー まとめ

いつでもブレードを出し入れ自由、重さもほとんどゼロで、手以外のところからブレードを出したりできるし、トリオンの調節によってブレードの形や長さも変えられる、 そのかわり耐久力が低いから受け立ちとかすると結構簡単に折れたりもする。 守りに入ると弱い攻撃専用のトリガー。 総合力では間違いなくトップの結束鳥が、加えてトリオンを消費して専用のオプショントリガーを使うこともできる。 拡張できることを考えるとかなり攻撃力の高いトリガーになっている。 孤月専用オプション「旋空」 (ワールドトリガー 7巻参照) トリオンを消費して瞬間的にブレードのリーチを拡張する。 振り回せるブレードは先端にいっくほど速度と威力が増す。 また、トリオンを噴出して刃の動きを加速する専用オプション「スラスター」がある ガンナー用トリガーは全部で4種類あって、それぞれ特色が違う。 スナイパー用トリガー 射程距離を重視した長距離戦闘トリガー。 全部で3種類ある。 バランスが良いのでランク戦ではこのトリガーが 1番多く使われている万能型。 男側が非常に早く目標に命中させやすいトリガー。 その分威力が低く、盾などに防がれやすい。 手数で勝負する。 対人戦ではオーバーパワー気味なので主に大トリオン併用として使われることが多い。 オプショントリガー バックワーム (ワールドトリガー 3巻参照) レーダーに映らないようになるマント。 使用中は少しずつトリオンを消費する。 テレポート (ワールドトリガー 3巻参照) 範囲は決まっているが、瞬間移動できるトリガー。 かなりのトリオンを消費する。 カメレオン (ワールドトリガー 4巻参照) トリオンを消費して風景に溶け込む隠密トリガー。 スタアメーカー (ワールドトリガー 9巻参照) 弾丸が命中した場所にマーカーを付けることができる対隠密戦闘などで有効。 まとめ.

次の

【ワールドトリガー】太刀川隊のメンバー・チーム戦術・強さまとめ|ワールドトリガー戦略室

ワールドトリガー まとめ

ソロポイント45,961を誇るNo. 1アタッカー太刀川慶と七色の弾丸を操るNo. 1シューター出水公平を擁するなど、その実力は折り紙つき。 有力スポンサーの息子であり入隊時には「自分をA級部隊に入れろ」と条件をつけた唯我尊もチームメンバーであるが、出水にして「A級の中で間違いなく最弱」とお荷物認定を受けている。 クセの強いメンバーがそろっているがチームレベルの強さはまだまだ未知数。 太刀川は対ガロプラ戦、出水は対アフトクラトル戦で他部隊のメンバーと器用に連携する姿も見られるなど技術力の高さは十分伺えるが、そこに唯我を投入した場合、どのような化学反応が起きるのか。 風間隊相手には囮にされる予感。 【ワールドトリガー】太刀川のチーム戦術• 出水が撹乱して太刀川がトドメ? 太刀川隊2人以上でのチーム戦闘描写がないため、戦術部分については不明瞭だがいくつかの証言や事実からその戦法を紐解いてみたい。 まずは嵐山の「A級1位の出水なんかも自分が追い込んで味方に獲らせる戦法がうまい」というセリフ 第107話。 この証言と太刀川の圧倒的ソロポイントを重ねて考えると、やはり出水が弾幕で援護・撹乱、太刀川がトドメを刺すといった戦術が浮かんでくる。 上記の基本戦術だけで近〜中距離では向かうところ敵なしだろう。 問題は遠距離のスナイパー陣だが、ここは唯我を囮役として放つことであぶり出しと索敵を実行しているのかもしれない。 カメレオンを装備した唯我に接近を許すもA級スナイパー陣に近距離で撃ち負けるも索敵には成功、とかね。 A級ランク戦を心待ちにしたい。

次の

【ワールドトリガー】最新話ネタバレまとめ!

ワールドトリガー まとめ

いつでもブレードを出し入れ自由、重さもほとんどゼロで、手以外のところからブレードを出したりできるし、トリオンの調節によってブレードの形や長さも変えられる、 そのかわり耐久力が低いから受け立ちとかすると結構簡単に折れたりもする。 守りに入ると弱い攻撃専用のトリガー。 総合力では間違いなくトップの結束鳥が、加えてトリオンを消費して専用のオプショントリガーを使うこともできる。 拡張できることを考えるとかなり攻撃力の高いトリガーになっている。 孤月専用オプション「旋空」 (ワールドトリガー 7巻参照) トリオンを消費して瞬間的にブレードのリーチを拡張する。 振り回せるブレードは先端にいっくほど速度と威力が増す。 また、トリオンを噴出して刃の動きを加速する専用オプション「スラスター」がある ガンナー用トリガーは全部で4種類あって、それぞれ特色が違う。 スナイパー用トリガー 射程距離を重視した長距離戦闘トリガー。 全部で3種類ある。 バランスが良いのでランク戦ではこのトリガーが 1番多く使われている万能型。 男側が非常に早く目標に命中させやすいトリガー。 その分威力が低く、盾などに防がれやすい。 手数で勝負する。 対人戦ではオーバーパワー気味なので主に大トリオン併用として使われることが多い。 オプショントリガー バックワーム (ワールドトリガー 3巻参照) レーダーに映らないようになるマント。 使用中は少しずつトリオンを消費する。 テレポート (ワールドトリガー 3巻参照) 範囲は決まっているが、瞬間移動できるトリガー。 かなりのトリオンを消費する。 カメレオン (ワールドトリガー 4巻参照) トリオンを消費して風景に溶け込む隠密トリガー。 スタアメーカー (ワールドトリガー 9巻参照) 弾丸が命中した場所にマーカーを付けることができる対隠密戦闘などで有効。 まとめ.

次の