農水省 花 いっぱい プロジェクト。 農水省がホワイトデーに向け「花いっぱいプロジェクト」スタート イベニュー

花いっぱいプロジェクト(香川県拠点):中国四国農政局

農水省 花 いっぱい プロジェクト

令和2年3月6日 農林水産省 農林水産省は、新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花きの消費拡大を図るため、家庭や職場に春の花を飾って楽しむ「花いっぱいプロジェクト」を3月14日のホワイトデーを目前に控えた本日(3月6日)から始めます。 この機会に生活に彩りを加えてみませんか。 趣旨 例年、3月は卒業式や送別会等の各種イベントや、お彼岸需要により、花きの需要が最も高まる時期のひとつです。 しかしながら、本年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため卒業式や各種イベントが中止されること等により、最大の需要期に向けて生産された花きの価格が下落しています。 そこで、農林水産省では、「花いっぱいプロジェクト」として、家庭や職場での花飾りや花の購入促進の取組を実施します。 取組 1 フラワーバレンタインの取組の一環として、ホワイトデーに花を贈る花き購入施策を推進します。 2 胸ポケットに生花のコサージュを挿す取組を推進します。 3 イベント等の開催自粛で余剰になった花を産地の生産者と連携して販売します。 4 農林水産省公式Facebook、Twitter、BUZZ MAFF等を通じた「今週の花」発信や、家庭、職場等での花飾りや花贈りの事例の紹介、庁舎内等の花飾りを行います。 5 地方公共団体、関係団体に、庁舎内及び職場等での花飾りや公共スペースでの花展示等を呼びかけます。 <添付資料> (3月6日付け差し換え).

次の

「ホワイトデーに花束を」賛同広がる 花の消費落ち込みで農水省が呼びかけ: J

農水省 花 いっぱい プロジェクト

(出典:Facebook) 農林水産省(以下、農水省)の公式動画『BUZZMAFF』が、3月12日に動画を公開し、それがユーモラスで良いと評判になっています。 最近、某ウイルスが日本中を騒がせていて、学校がかなり早期の春休みを実施していますが、レジャー施設は軒並み休業。 日本の経済もどん底だというようなお先真っ暗なニュースばかりですが、この農水省の動画がほっこりくると話題になっています。 動画に出演したのは、農水省・九州農政局の白石さんと野田さんという方。 見た感じ、おそらく入社3~5年程度の若手だと思われます。 のちほど話題の動画は紹介しますが、管理人はのっけから微妙にいがんだネクタイに愛嬌を感じましたね 笑 今回この記事では、この話題の動画に出演している白石さん、野田さんについて実年齢などのプロフィールをまとめられないか、試みてみました。 動画の途中では、一般人向けに 『身近な人に、日ごろ伝えられない想いとともに、花を贈ってみてはいかがでしょうか。 』と呼びかけています。 農水省は国の省庁ですから、お堅いイメージがありますが、この動画の編集はそのイメージを覆すものでした。 ところどころに説明のための画像テロップが流れますが、それが表れては消えるたびに画面に花が増えていき、しまいには野田さんがサングラスをかけて頭の花輪が一礼とともにポタッと落ちてしまうところがウケたと評判でした。 こういうお堅い省庁なら、普通に呼びかけだけを行うものですが、この工夫はすごかった! そして、この動画の編集・企画の先陣を切ったのもこの白石さんと野田さんだとのことなので、この2人には拍手喝さいですね。 スポンサーリンク 農水省・九州農政局の白石さん、野田さんの年齢やwikiプロフィールは?どんな人なのか気になる! 農林水産省がYouTubeで、コロナの影響によって花の需要が急減しているって必死にアピールしてるからホワイトデーに是非、花束を。 (九州農政局 白石さん、野田さんをこはく総書記は応援しております) — こはく総書記 589pr 九州農政局さんとは以前に か~なりバチバチのバトルしたけど…これはヤバいぞ。 めっちゃおもろいやん。 白石くん野田くんもっとやれ。 俺も出させろ。 笑 【BUZZMAFF】農水省から皆様へのお知らせ — 土田 賢一 anen 動画の評判が良かったことから、出演していた白石さんと野田さんへの絶賛のコメントもすごかったですね。 となると、やはりこの2人がどんな人物なのかが気になるところで、いんたれスクエア管理人個人的にも総力を挙げて調べてみましたが、2人とも出身県の情報しかネット上に落ちていませんでした。 白石さん:鹿児島県 野田さん:福岡県 メチャクチャ気になるんです! だけど、下の名前(ファーストネーム)ですら分からないので、SNSから情報を吸い上げることもできませんでした。。 ただ、年齢はお顔の感じから、 だいたい25~30歳の間ではないかと思われます。 しかし、やはり一般人なため明らかになったのはせいぜい出身地ぐらいでした。 スポンサーリンク.

次の

農水省がホワイトデーに向け「花いっぱいプロジェクト」スタート イベニュー

農水省 花 いっぱい プロジェクト

令和2年3月6日 農林水産省 農林水産省は、新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花きの消費拡大を図るため、家庭や職場に春の花を飾って楽しむ「花いっぱいプロジェクト」を3月14日のホワイトデーを目前に控えた本日(3月6日)から始めます。 この機会に生活に彩りを加えてみませんか。 趣旨 例年、3月は卒業式や送別会等の各種イベントや、お彼岸需要により、花きの需要が最も高まる時期のひとつです。 しかしながら、本年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため卒業式や各種イベントが中止されること等により、最大の需要期に向けて生産された花きの価格が下落しています。 そこで、農林水産省では、「花いっぱいプロジェクト」として、家庭や職場での花飾りや花の購入促進の取組を実施します。 取組 1 フラワーバレンタインの取組の一環として、ホワイトデーに花を贈る花き購入施策を推進します。 2 胸ポケットに生花のコサージュを挿す取組を推進します。 3 イベント等の開催自粛で余剰になった花を産地の生産者と連携して販売します。 4 農林水産省公式Facebook、Twitter、BUZZ MAFF等を通じた「今週の花」発信や、家庭、職場等での花飾りや花贈りの事例の紹介、庁舎内等の花飾りを行います。 5 地方公共団体、関係団体に、庁舎内及び職場等での花飾りや公共スペースでの花展示等を呼びかけます。 <添付資料> (3月6日付け差し換え).

次の