バイトテロ 訴訟。 バイトテロやらかしたバカバイトに数千万円の損害賠償訴訟。その後どう

くら寿司もセブンイレブンもアルバイト店員の時給が安すぎるー繰り返される「バイトテロ」問題ー(藤田孝典)

バイトテロ 訴訟

「やばいやばい、これ絶対クビ!」。 牛丼店「すき家」の店内で、バイトが氷を投げ、調理器具を下半身にあてるなどして大騒ぎする動画が1月にSNSで拡散した。 運営するが把握したのは1月28日。 すぐバイトを退職処分とし、ホームページ(HP)上で「大変不快な思いをさせた」と謝罪文を公表した。 動画は当初、写真共有アプリ「インスタグラム」で24時間たてば投稿が自動的に削除される機能「ストーリーズ」を使って仲間向けに投稿されたが、短文投稿サイト「ツイッター」や動画投稿サイト「ユーチューブ」に転載されて一気に広まった。 会社の聞き取りに対し、バイトは「24時間で消えるから大丈夫だと思った」と説明したという。 傘下の「バーミヤン」では、バイトが2018年3月ごろに投稿した動画が19年2月になって「炎上」した。 中華鍋から上がる炎でたばこに火を付ける様子を撮影したもので、「この動画は事実か」などと苦情が寄せられた。 バイトがアイスクリーム用冷凍庫の中に入ったり、ピザ生地で顔を覆ったりする写真がSNS上に流された。 元小学校教員のITジャーナリスト、高橋暁子さんによると、スマートフォン(スマホ)の普及により、若者が仲間内で盛り上がるために過激な動画を投稿し合うことが背景にあるという。 以前はツイッターへの投稿が大半だったが、最近は若者に人気のインスタグラムにシフト。 「投稿を見ている仲間のネットリテラシーも低く、面白がって不用意に転載しているケースが多いのではないか」(高橋さん)という。 会社側の対応は厳罰化に向かっている。 ゴミ箱から取り出した魚をまな板に置く動画が問題となった「くら寿司」を展開するは、バイト2人に対し刑事、民事両面で法的措置の準備を進める。 HPで「多発する不適切行動とSNSの投稿に対し一石を投じる」とした。 18日には定食チェーンの大戸屋も、大阪府内の店舗でバイトの不適切投稿があり3人を退職処分としたと発表した。 問題が大きくなれば動画はネット上に残り続ける。 有本さんは「軽い気持ちの投稿が一生を台無しにすることもある。 企業側はバイトが過ちを犯さないよう教育する仕組みを構築することに力を入れるべきだ」と話している。 投稿したものは「SNSに文章を投稿」(45. 投稿経験者の18. 内容は「下品な言葉」や「他人や企業の悪口」などが多かった。 悪意のある投稿の理由については「人の意見に反論したかったから」が29.

次の

バイトテロリスト撲滅するには刑事、民事裁判するしかない、まあアメリ

バイトテロ 訴訟

くら寿司バカッター店員の末路 結局は家族が高額賠償金を負担か まあ、ツイッターではなくインスタグラム経由の動画らしいが。 引用するとこんな感じ。 バカに付ける薬はない!! 回転ずしチェーン「くら寿司」のアルバイト従業員が、ゴミ箱に捨てた魚を調理するような動画をインスタグラムにアップして炎上し、運営会社が6日、謝罪に追い込まれた騒動が拡大している。 運営会社は迷惑店員に法的措置を検討。 つい最近も「すき家」で同様の事件が起きたばかりだが、繰り返されるSNSへのおバカ投稿に、企業側はどんな防止策を取っているのか。 くら寿司、刑事訴訟&民事訴訟で報復 こういった事例に対し、採算が採れないからと泣き寝入りしていた多くの飲食店やコンビニエンスストアであったが、今回のくら寿司は採算度外視で「ええかげんにせいや!」と赤字裁判上等で、見せしめ(報復)の為、顧客および株主の信頼回復の為、そして抑止力となる前例を作る為に、刑事訴訟&民事訴訟に踏み切ったのである。 漢らしいぜ! くら寿司!! サイコーだ!! くら寿司!!!! 回転寿司ならば、僕はくら寿司を利用しているのでユーザーとして大歓迎だ。 ビール込みで1回で3000円くらい使う。 入店前にストロングチューハイで、ほろ酔いになってから洒落込むのが、僕のくら寿司道だ。 ちなみに株主ではない。 株主も激怒だろうなぁ、今回の件は。 スポンサーリンク くら寿司の声明がコレだ。 ぶっちゃけ、そのアルバイターおよび親類縁者の人生は、経済的にはほぼ終わったと形容して過言ではない。 どう転がっても刑事罰は逃れられないし、相応の賠償金も背負うだろう。 今までクビ(退職処分)のみで穏便に済ませてくれていたケースばかりなので、一部上場の大企業がこういった訴訟に出たケースは、日本では初だろう。 くら寿司が抱えている優秀な弁護士チームが、トータルして費用的に大赤字上等で、舐めた従業員のバイトテロに対し、法的制裁に動いた。 アルバイター側が用意できる国選弁護士じゃ、歯が立たないだろう。 これでバイトテロなどしない真っ当なアルバイターは安心して働ける。 この神対応からして、回転寿司のアルバイトはくら寿司を選ぶべきだ。 バイトテロを 故意に行い、かつ自分からSNSで世界中に拡散し、その犯罪によりくら寿司の信用(ブランド)を貶めたアルバイター達は、どう転がっても 刑事罰は逃れられないし、相応の賠償金も背負う運命となる。 僕はバイトテロを全面的に否定 業務上過失とか、悪戯とか、そんな言い逃れが通用するか、あんな巫山戯た真似。 ネットでは「自己破産すればオーケー」なんて勘違い発言もある。 けれど、現実には簡単に自己破産して借金チャラ、なんて認められなかったりするのは、あまり知られていない事実だ。 特に 犯罪行為による損害賠償債務は免責されないのである。 ご本人と親類縁者が完全に関係を断ち切らない限り、親類縁者にも返済義務が降りかかってくると思われる。 今時はアルバイト契約にも保証人が必要だから。 しかも実行者が服飾系専門学校生。 要するに、損害賠償は保護者(親族)にいく。 くら寿司も本気で多額の賠償金を回収しようとは思っていない(見せしめが目的)だろうから、本人および親類縁者に返済可能なローンを数十年単位で要求するのではなかろうか。 刑事訴訟も行う(自己破産での免責を許さない&支払い拒否をさせない為)ので、その辺は手加減しないと僕は考える。 大企業が本気になった。 実刑判決(強制執行がある)になると、 和解金を払わないとマジで 牢屋へGO!だ。 親類縁者全体に対して数億円。 一説で云われている通り、幸運にも数百万円で済むのならば、本人だけで無理なく返済可能だ。 払えません、は通用しない。 ンなに甘くないよ、大企業は。 債権をとっても怖い人達に二束三文で売り払って、闇金と同じくらいの取り立て(合法ラインのギリギリで)地獄へと誘う事だって可能だし。 それから損切りした株主からも個別に訴えられる可能性も。 当時の損切り額をダイレクトに請求される事になるだろうから、集団訴訟だったり個別でも積み重なれば、くら寿司からの損害賠償よりも金額的にヤバい。 次に給与から「手取りの25パーセント」を差し押さえとして容赦なく、給与振り込み口座から毎月強制で引き落とされる。 嫌ならば、日雇いの土方か、自分でビジネスして自力で金を稼ぐしかないだろう。 親兄弟の場合は、完全に縁を切るしかなくなる。 そうしないと、数十年単位で多額の請求とのお付き合いだ。 最低限のモラルすらなしでアルバイト、とはどういった心境(認識)で働いているのだろうか? 特に飲食関係で食品を粗末に扱う輩は。 勘違いしている人がいるが、被害を被った客は、場合によってはくら寿司を訴えるだろう。 客に対しての責任はくら寿司なのだ。 今回は、従業員(身分は関係ないが)によるテロ行為によって被害を被ったくら寿司が、実行犯を訴える、という構図である。 くら寿司が加害者に対する責任は、時給を払う事以外ない。 よって故意に営業妨害されたから、訴えるという次第だ。 改めて示された飲食業界の闇 ただ逆に炙り出された真実が、職人による料理ではなく、高校生や大学生のバイトに寿司を用意させていた件。 正直にいえば、人件費が安い従業員って、根本的にそういうレベルだと雇用側も理解して欲しい。 ネットだと故意による被害と過失による損失の区別すら分からない層がコメントしているが、実際、時給1000円にはこのレベルの人材が一定数は紛れているのだ。 たぶん。 きっと。 時給1000円だからね。 衛生的以外に大して責任を求めていない。 条件が合わなければ辞めれば良いだけ、という単純な話でもなく、そういった職場は素直に退職(逃げ)させてくれないケースもあるからなぁ。 最後に、一部とはいえアルバイターに擁護意見があるのに驚いた。 業務上の過失(ミス)ではなく、完全に故意だ。 それも恨み辛み等ではなく、SNSで目立つ為の愉快犯である。 この洒落になっていない行為(もちろん仕事でも業務でもなく、 単なる犯罪)に、くら寿司が悪いという声が出ている。 業務中の過失、イタズラだから大目に見ろ、なんて意見があるのだ。 いや、当のくら寿司も企業責任を認め、謝罪して改革を行うという声明を出しているのだが、そういった輩は故意にテロ行為を行った元アルバイター(解雇済み)を「従業員として」守れ、なんて主張している。 そういった人は、バイトでハウスクリーニングにきた人が、故意の悪戯で自分の家をメチャクチャにされても、給料の安いバイトで社員が監視していないから、と犯人(バイト)を赦すのだろう。 そしてハウスクリーニング会社がそのバイトを解雇して訴えても、会社ならば従業員を守れ、と主張するに違いない。 俺ならば、故意に自分の家をメチャクチャにした張本人を赦さないし、会社にも「クビにした上で、きっちりと訴えてくれ」と責任を追求するけどね。 追記)5月29日のニュース(産経WEST)より 「くら寿司」での不適切動画で少年ら書類送検 回転ずしチェーン「くら寿司」の店舗で撮影された不適切な動画がインターネット上に投稿された問題で、大阪府警少年課が 偽計業務妨害容疑で、動画を撮影するなどしたアルバイト従業員の少年らを 書類送検したことが29日、捜査関係者への取材で分かった。 飲食店やコンビニエンスストアのアルバイト従業員が不適切な動画をネット上に投稿する行為は、「バイトテロ」などと呼ばれて問題化しているが、投稿に関与した従業員が立件されるのは異例。 府警はネットへの投稿で店の営業を妨害したと判断したとみられる。 動画は大阪府守口市の店舗で撮影され、アルバイト店員が食材の魚をごみ箱に捨てた後、ふざけてまな板に載せようとする姿が写っていた。 店側は、問題の魚はその場で廃棄処分されており、客には提供されていないとしている。

次の

くら寿司元バイトら書類送検 動画投稿で業務妨害の疑い:朝日新聞デジタル

バイトテロ 訴訟

「やばいやばい、これ絶対クビ!」。 牛丼店「すき家」の店内で、バイトが氷を投げ、調理器具を下半身にあてるなどして大騒ぎする動画が1月にSNSで拡散した。 運営するが把握したのは1月28日。 すぐバイトを退職処分とし、ホームページ(HP)上で「大変不快な思いをさせた」と謝罪文を公表した。 動画は当初、写真共有アプリ「インスタグラム」で24時間たてば投稿が自動的に削除される機能「ストーリーズ」を使って仲間向けに投稿されたが、短文投稿サイト「ツイッター」や動画投稿サイト「ユーチューブ」に転載されて一気に広まった。 会社の聞き取りに対し、バイトは「24時間で消えるから大丈夫だと思った」と説明したという。 傘下の「バーミヤン」では、バイトが2018年3月ごろに投稿した動画が19年2月になって「炎上」した。 中華鍋から上がる炎でたばこに火を付ける様子を撮影したもので、「この動画は事実か」などと苦情が寄せられた。 バイトがアイスクリーム用冷凍庫の中に入ったり、ピザ生地で顔を覆ったりする写真がSNS上に流された。 元小学校教員のITジャーナリスト、高橋暁子さんによると、スマートフォン(スマホ)の普及により、若者が仲間内で盛り上がるために過激な動画を投稿し合うことが背景にあるという。 以前はツイッターへの投稿が大半だったが、最近は若者に人気のインスタグラムにシフト。 「投稿を見ている仲間のネットリテラシーも低く、面白がって不用意に転載しているケースが多いのではないか」(高橋さん)という。 会社側の対応は厳罰化に向かっている。 ゴミ箱から取り出した魚をまな板に置く動画が問題となった「くら寿司」を展開するは、バイト2人に対し刑事、民事両面で法的措置の準備を進める。 HPで「多発する不適切行動とSNSの投稿に対し一石を投じる」とした。 18日には定食チェーンの大戸屋も、大阪府内の店舗でバイトの不適切投稿があり3人を退職処分としたと発表した。 問題が大きくなれば動画はネット上に残り続ける。 有本さんは「軽い気持ちの投稿が一生を台無しにすることもある。 企業側はバイトが過ちを犯さないよう教育する仕組みを構築することに力を入れるべきだ」と話している。 投稿したものは「SNSに文章を投稿」(45. 投稿経験者の18. 内容は「下品な言葉」や「他人や企業の悪口」などが多かった。 悪意のある投稿の理由については「人の意見に反論したかったから」が29.

次の