情熱エール。 【エール】恩師・藤堂清晴先生(森山直太朗) モデルは古関裕而恩師・遠藤喜美治先生

連続テレビ小説『エール』解説付き再放送直前コラム:志村けんが演じた作曲家・小山田耕作のモデル山田耕筰という人物

情熱エール

俳優の窪田正孝さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の第6週「ふたりの決意」(5月4~8日)の週間平均視聴率(世帯)が20. 4%(ビデオリサーチ調べから算出、関東地区・以下同)だったことが5月11日、分かった。 第4週「君はるか」(4月20~24日)の20. 5%、第5週「愛の狂騒曲」(4月27日~5月1日)の20. 8%に続き、3週連続で20%の大台をキープした。 第6週「ふたりの決意」では、福島に戻ってきた裕一(窪田さん)は、家族からの反対や留学の取り消しもあり、音(二階堂ふみさん)との結婚と音楽への道、それぞれを諦めそうになる。 その一方で音は、裕一を東京のレコード会社に売り込むと、福島までやってきて、裕一の音楽への情熱に再び火をともそうとする……という展開だった。 「エール」は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家・古山裕一と、裕一の妻で自らも歌手になる夢を追い続ける音の、音楽と共に生きる夫婦の物語。 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」や、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」などを手がけた福島県出身の作曲家・古関裕而(ゆうじ)さんと、その妻・金子(きんこ)さんがモデルで、男性主人公の朝ドラは2014年度後期の「マッサン」以来約6年ぶり。 主題歌はボーカルグループ「GReeeeN」の書き下ろし曲「星影のエール」で、語り(ナレーション)は声優の津田健次郎さんが担当する。

次の

朝ドラ『エール』モデル・古関裕而の情熱的な恋文「この26曲は私の貴女へ対する愛の結晶です」(婦人公論.jp)

情熱エール

NHKは3日、来年春にスタートする俳優・窪田正孝(30)主演の連続テレビ小説「エール」のヒロインが女優の二階堂ふみ(24)に決まったと東京・渋谷の同局で発表した。 二階堂は朝ドラ初出演。 2802人が参加したオーディションで選ばれた。 全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られる作曲家の古関裕而(こせき・ゆうじ)さんをモデルにした物語で、二階堂は歌手としても活躍した妻の金子(きんこ)さんを演じる。 会見に出席した二階堂は「この作品が朝ドラでやるという情報を知った時から、この作品に携われたらいいなと思っていたので、オーディションを受けさせてもらった。 (受かったと)昨日聞いて、本当なのかなと思って、ウソなんじゃないかと思って。 歩いていて落とし穴とかあったらどうしようかと思っていた」と喜びを表現した。 二階堂を起用した理由について、土屋勝裕チーフプロデューサーは「金子さんは最後まで自分の夢をあきらめなかった女性。 金子をモデルにした音さんを描いていく時に、力強さ、情熱があふれているところだったり、恋多きところを一番演じていただくにふさわしいのは二階堂さんだと思った。 オーディションで難しいことをやっていただいたが、そこに音さんがいるかのように感じた。 二階堂さんの他にいないと思った」と説明した。 朝ドラ通算102作目。 銀行に勤める福島の青年・古山裕一と豊橋に住む女学生・関内音が文通で愛をはぐくみ、電撃結婚。 音楽によって強く結ばれ、戦前・戦中・戦後を生き抜き、多くの名曲を生み出した少し気弱な夫と、たくましい妻が織りなす物語を描く。

次の

朝ドラ『エール』モデル・古関裕而の情熱的な恋文「この26曲は私の貴女へ対する愛の結晶です」(2020年5月9日)|BIGLOBEニュース

情熱エール

NHK連続テレビ小説「エール」に登場する音楽教師・藤堂清晴についてまとめます。 作曲家・古関裕而の恩師である音楽教師・遠藤喜美治先生がモデルになっていると考えられます。 生涯の恩師・藤堂先生との出会い 小学校の運動会が近づき、運動が苦手な古山裕一(石田星空)は憂鬱になっていました。 騎馬戦の練習で重さに耐えきれず崩れ、真面目にやっていないとして体育教師に平手打ちを食らってしまう裕一ですが、そんな裕一をかばうのが、赴任してきたばかりの教師・藤堂清晴でした。 5年生になると、そんな優しい藤堂先生が裕一の担任となります。 音楽教育に情熱を傾けていた藤堂は、作曲の課題で裕一が書いた楽譜を見るとすぐに裕一の類まれな作曲の才能を見抜きます。 藤堂は裕一の才能を伸ばすべく応援し、大人になってからも裕一の良き相談相手となるなど、裕一にとってかけがえのない恩師になっていきます。 裕一が大人になってからも良き相談相手となり、音楽の道を進む裕一を応援する。 劇中の裕一は村野鉄男、佐藤久志という盟友に支えられ音楽家の道を進みますが、森山自身も詩人で作詞家の御徒町凧という盟友とともに音楽の道を歩み、現在に至っています。 森山直太朗のドラマ出演歴は、 「HERO 第2シリーズ」(2014年・フジテレビ)の大西祐二役、 「心の傷を癒すということ」(2020年・NHK)安智明役に続くもの。 特に最近放送されたばかりの「心の傷を癒すということ」では、主演・柄本佑演じる精神科医の兄役を好演していました。 モデルは古関裕而恩師・遠藤喜美治 藤堂清晴は、古山裕一のモデル人物である古関裕而が少年期に大きな影響を受けた教師・遠藤喜美治と考えられます。 福島県師範附属小学校(現在の福島大学附属小学校)に入学した古関裕而は、3年生になると音楽教育に熱心だった遠藤喜美治が担任の先生になっています。 1918年(大正7年)に創刊された児童文芸雑誌「赤い鳥」(鈴木三重吉が創刊。 また、実際に子どもたちが自由に詩の創作や作曲を楽しむことなどを促した大正期の潮流。 「エール」劇中で藤堂先生は北原白秋の詩にメロディを付けるという課題を生徒に出しますが、これは雑誌「赤い鳥」の創刊に北原白秋が関わっていた流れを意識しての描写と考えられます。 作曲家としての目覚め 古関裕而は、遠藤から唱歌と綴り方の指導を受けると、音楽の楽しさに目覚め、作曲に大きな関心を示すようになっています。 10歳の頃からは授業だけでは物足りなくなり、自ら楽譜を買い求めるほどに作曲に夢中になったそうです。 この頃のことを、古関裕而は以下のように語っています。 「おとなしく目立たない存在だったが作曲となると夢中になるので、次第にクラスメートは詩を書いて私のところに持ってくるようになった。 頼まれるから人の分まで作る。 できると楽しい。 そんな繰り返しで知らずしらずのうちに作曲することに親しんでいった」 遠藤喜美治は後に上京し、忍丘高等女学校(現在の都立忍丘高校)で教員をしながら塾も経営していたそうで、同じく上京し作曲家となっていた古関裕而と交流があったそうです。 後に古関裕而は、遠藤喜美治の母校である福島県田村市の要田国民学校(現在の要田小学校)の校歌(作詞・遠藤喜美治、作曲・古関裕而)も作曲しています。 関連記事 ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の