オーナーズフィッシュ。 オーナーズフィッシュ

オーナーズフィッシュ

オーナーズフィッシュ

ドクターフィッシュというのをご存知でしょうか? 小さな魚で、水槽の中に足をつけると、寄ってきて足の角質を食べてくれるというものです。 5年ほど前に、テレビなどで取り上げられて一時脚光を浴びたので、ご記憶の方も多いと思います。 現在でも、水族館や旅館、スーパー銭湯などに設置されているようです。 このドクターフィッシュ事業をいち早く取り入れたのが、株式会社エコマネジメントなんです。 エコマネジメント社が、水族館などにドクターフィッシュをレンタルするという形での事業だったようです。 ところが、その後経営が悪化したようで、現在連絡が取れないのです。 貸し出すべきドクターフィッシュが経営悪化で供給できないというのなら、まだ実害は少ないかもしれません。 しかし、エコマネジメントの事業・収入源はそれだけではなかったのです。 合同会社オーナーズなる会社と提携して、「ドクターフィッシュユニット共同オーナー事業」を立ち上げていたのです。 これは、ドクターフィッシュの足湯設備を設置する設備の権利を買取って、レンタル先の施設から受け取ったレンタル料の一部を配当としてもらえるというものです。 出資して配当を受け取る・・・ よく聞くきな臭い話と似ています(爆) この共同オーナー事業に出資した方の話によれば、数回は配当があったようですが、その後途絶えてしまったとのことです。 途絶えた理由は、エコマネジメント社長の緊急入院なんですが、入院から1年以上たった今も全く配当は支払われていないようです。 配当の最低保証金として、月に87500円の支払いはパンフレットに明記されているんですげどね・・・ 困ったものです。 株式会社エコマネジメントと合同会社オーナーズの情報をお持ちでしたら、ぜひお寄せください。 お待ちしております。 かつてテレビに取り上げられたエコマネジメントの映像 株式会社エコマネジメントのホームページ 合同会社オーナーズのホームページ 合同会社オーナーズの経営者に関する板倉行政書士のホームページ なお、ドクターフィッシュの事業は、エコマネジメントやオーナーズだけではありません。 他の競合他社が現在も健全に、供給しています。 エコマネジメントのデタラメさは業界では有名でした。 訴訟も何件か起こされている噂もだいぶ以前に聞いたことがあります。 私も足湯の事業をしていますが始めるときに二年ぐらいかけて調べたら輸入・繁殖に初めて成功と言うのも嘘でした。 証拠はありませんが魚も輸入してたんじゃないかな? 代理店がいくつあるか知りませんが恐らく供給能力は国内生産では持っていないと推測されています。 悲しいことにドクターフィッシュについてはこのエコマネジメントがデタラメばかり広めています。 足湯ユニットの水が一週間持つと言っている代理店を私の顧客から聞いたことがあります。 銭湯でも週に2~3回はお湯を替えるのに信じらんない。 代理店にもお客様の応対は施設の従業員に任せて売上の半分以上を代理店が持っていくようです。 レンタルなら逆だと思うのは私だけでしょうか? ちなみに私は本当の日本で初めて輸入・繁殖に成功させた所(証拠もあります)から魚の供給を受けて魚の事を色々教えてもらいました。 エコマネジメントとはもう関わりたくないと伺っていますし、私の企業秘密にもなりますので名前は伏せさせて頂きます。 投稿: グライシン.

次の

マタマタ [爬虫類・両生類] All About

オーナーズフィッシュ

ドクターフィッシュの話です。 ドクターフィッシュのレンタル事業をしていた会社の一つが、でその社長が 永沼克芳氏です。 も残っています。 そのエコマネジメントの会社内で「 」を立ち上げ、共同オーナー制度で出資金集めをしたのが、 関義彦氏です。 昨年の平成22年8月頃、エコマネジメントの 永沼克芳氏が「 膵臓炎で緊急入院」したとのことで、共同オーナー制度に出資していた人への 配当がストップしました。 平成22年11月には、 出資したお金は全額返済すると永沼克芳氏は約束しましたが、 現在まで全く返金はされていないようです。 エコマネジメントの ホームページも更新が途絶 えています。 ホームページ記載のエコマネジメントの 住所にはすでに会社はなく、移転しています。 にもかかわらず 合同会社オーナーズの 関義彦氏は、 「 エコマネジメントを応援し、ドクターフィッシュ事業の更なる発展のために協力する」 「 合同会社オーナーズとしては、自社での独自運営も進めています。 」 「 新ドクターフィッシュ事業の展開を企画しています。 」 と言われるんですよ・・・ ところが、 合同会社オーナーズも移転してしまったのです。 同じように ホームページの更 新は途絶え、 連絡先がなんと携帯電話になってます。 これでは、エコマネジメントの 永沼克芳氏とオーナーズの 関義彦氏が、計画的に会社を倒産させて逃げたと思われてもしかたないですね・・・ 二人にはきちんと責任を果たしていただきたいものです。

次の

オーナーズフィッシュ (大阪市此花区|金魚店,熱帯魚店など

オーナーズフィッシュ

ドクターフィッシュというのをご存知でしょうか? 小さな魚で、水槽の中に足をつけると、寄ってきて足の角質を食べてくれるというものです。 5年ほど前に、テレビなどで取り上げられて一時脚光を浴びたので、ご記憶の方も多いと思います。 現在でも、水族館や旅館、スーパー銭湯などに設置されているようです。 このドクターフィッシュ事業をいち早く取り入れたのが、株式会社エコマネジメントなんです。 エコマネジメント社が、水族館などにドクターフィッシュをレンタルするという形での事業だったようです。 ところが、その後経営が悪化したようで、現在連絡が取れないのです。 貸し出すべきドクターフィッシュが経営悪化で供給できないというのなら、まだ実害は少ないかもしれません。 しかし、エコマネジメントの事業・収入源はそれだけではなかったのです。 合同会社オーナーズなる会社と提携して、「ドクターフィッシュユニット共同オーナー事業」を立ち上げていたのです。 これは、ドクターフィッシュの足湯設備を設置する設備の権利を買取って、レンタル先の施設から受け取ったレンタル料の一部を配当としてもらえるというものです。 出資して配当を受け取る・・・ よく聞くきな臭い話と似ています(爆) この共同オーナー事業に出資した方の話によれば、数回は配当があったようですが、その後途絶えてしまったとのことです。 途絶えた理由は、エコマネジメント社長の緊急入院なんですが、入院から1年以上たった今も全く配当は支払われていないようです。 配当の最低保証金として、月に87500円の支払いはパンフレットに明記されているんですげどね・・・ 困ったものです。 株式会社エコマネジメントと合同会社オーナーズの情報をお持ちでしたら、ぜひお寄せください。 お待ちしております。 かつてテレビに取り上げられたエコマネジメントの映像 株式会社エコマネジメントのホームページ 合同会社オーナーズのホームページ 合同会社オーナーズの経営者に関する板倉行政書士のホームページ なお、ドクターフィッシュの事業は、エコマネジメントやオーナーズだけではありません。 他の競合他社が現在も健全に、供給しています。 エコマネジメントのデタラメさは業界では有名でした。 訴訟も何件か起こされている噂もだいぶ以前に聞いたことがあります。 私も足湯の事業をしていますが始めるときに二年ぐらいかけて調べたら輸入・繁殖に初めて成功と言うのも嘘でした。 証拠はありませんが魚も輸入してたんじゃないかな? 代理店がいくつあるか知りませんが恐らく供給能力は国内生産では持っていないと推測されています。 悲しいことにドクターフィッシュについてはこのエコマネジメントがデタラメばかり広めています。 足湯ユニットの水が一週間持つと言っている代理店を私の顧客から聞いたことがあります。 銭湯でも週に2~3回はお湯を替えるのに信じらんない。 代理店にもお客様の応対は施設の従業員に任せて売上の半分以上を代理店が持っていくようです。 レンタルなら逆だと思うのは私だけでしょうか? ちなみに私は本当の日本で初めて輸入・繁殖に成功させた所(証拠もあります)から魚の供給を受けて魚の事を色々教えてもらいました。 エコマネジメントとはもう関わりたくないと伺っていますし、私の企業秘密にもなりますので名前は伏せさせて頂きます。 投稿: グライシン.

次の