茨城 県 コロナ。 茨城県及び近県における新型コロナウイルス感染者について(8月13日更新)

【茨城新聞】新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

茨城 県 コロナ

茨城県は6日、県内で新型コロナウイルス感染者が新たに12人確認されたと発表した。 うちカラオケ店などの利用客では、新たに常陸太田市の60代無職女性と城里町の70代無職男性の感染が判明。 県はクラスター 感染者集団 の可能性もあるとして、那珂市のカラオケ店と城里町の居酒屋の店名を公表。 水戸市も同日までに従業員と客計4人の感染者が確認された市内の居酒屋の店名を公表した。 県内の累計感染者は356人となった。 県が公表したのは、那珂市戸崎のカラオケ店「カラオケはる」と城里町石塚の居酒屋「酒肴みむら」。 7月18~31日の利用客に保健所への連絡を呼び掛けた。 常陸太田市の女性は7月下旬に「カラオケはる」を利用。 同店を利用していない夫の70代無職男性も感染した。 城里町の男性は7月18日に「酒肴みむら」を利用していた。 東海村のカラオケ店を含む3店舗での関連の感染者は計6人。 また水戸市が公表したのは、同市白梅1丁目の「居酒屋ごじゃっぺ」。 7月13~29日の利用客に連絡を呼び掛けた。 高橋靖市長は「来店客が把握できない。 今後のことも考え、やむを得ず公表した」と話した。 那珂市の10代女子学生は、水戸市が3日に感染を発表した40代男性の店でアルバイトしていた。 下妻市の40代無職女性は、4日に感染が報告されたつくば市の40代女性の友人。 県によると、新型コロナ感染者のうち1人が6日までに自宅療養を終えた。 県内の退院・退所などは計233人。

次の

新型コロナ クラスターか、茨城県と水戸市が3店名公表 県内、新たに12人確認(茨城新聞クロスアイ)

茨城 県 コロナ

茨城県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について 新型コロナウイルス感染拡大防止のため,県の要請や協力依頼に応じて,施設の使用停止や 営業時間の短縮に協力いただいた中小企業・個人事業主の皆様に対し,協力金を支給いたします。 詳細はホームページ下部に掲載している「よくあるお問合せFAQ」を参照してください。 対象者・支給額 休業要請等の対象施設で事業を営む中小企業及び個人事業主であって,休業の要請等に全面的にご協力いただいた皆様に協力金を支給します。 休業要請等の対象施設 支給額 条件 支給額 自己所有 10万円 賃借している対象施設が1か所 20万円(上記+10万円) 賃借している対象施設が2か所以上 30万円(上記+10万円) 賃借しているとは貸主に金額を支払い,対象施設を使用していることです。 ) 県民センター(平日のみ),県税事務所(平日のみ),市町村(平日のみ),商工会議所,商工会,金融機関 申請書の提出方法 *新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため, 直接お越しいただいてのご提出はご遠慮ください。 *ご提出は 郵送にて受け付けております。 * 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。 6月30日(火曜日)の消印有効です。 休業要請及び協力金に関するお問い合わせ 開設時間9時~17時(土日祝日を含む毎日) 電話番号 029-301-5375 よくあるお問い合わせ その他 (1)申請書類を受理した後,その内容を審査の上,適正と認められるときは協力金を支給します。 支給する旨を決定したときは,後日,支給に関する通知を発送いたします。 (2)本協力金支出事務の円滑・確実な実行を図るため,必要に応じて対象施設の休業等の取組に係る実施状況や対象施設の運営等の再開の状況に関する検査,報告又は是正のための措置を求めることがあります。 求めに応じて頂けない場合には支給できないことがあります。 (3)本協力金支給の決定後,申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合,本協力金の支給決定を取り消し,協力金の返金及び加算金を求めます。

次の

【茨城新聞】新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

茨城 県 コロナ

関連記事: 茨城県のコロナウイルス最新ニュースは下の記事 4月6日時点の感染者数は64人 4月5日現時点での感染者数は64人に増えました。 前日からみて、プラス5人です。 水戸市で新型コロナの最初の感染が判明 31日、旧水戸保健所で 帰国者接触者相談センターに相談のあった方が、帰国者受診外来を受診。 その後、茨城県の県衛生研究所で検査を行ったところ、4月1日午後8時ごろに、新型コロナウイルスへの感染が判明しました。 水戸市内で新型コロナウイルスの感染者が判明したのはこれが初めてです。 現在は、男性の濃厚接触者を含めて、積極的な疫学調査を行っているところです。 20代男性のコロナ感染者について 新型コロナの感染が判明したのは、20代男性 居住地は水戸市内、職業は会社員、最近の海外渡航歴はないそうです。 家族構成は 妻20代と未就学児の子ども2人。 お子さんたち含め、家族に今日PCR検査を実施するとのことです。 家族はコロナウイルス陰性 4月3日の結果の結果の発表では、ご家族はいずれも陰性であったということです。 ただし、若干の症状は伝えられているため、今後も経過を観察するとのことです。 --4月4日追記 感染者男性の症状の経過と行動歴 男性は、3月25日に 38.5度の発熱、咳及び頭痛などの症状があったということです。 その時に近くのお医者さんを受診しましたが、26日 いったん解熱したので出勤。 その日の夕方から、28日まで発熱、 37.5度と咳の症状、その他、鼻づまり、味覚の障害があり、この時は水戸市外の医院を受診。 そこから、特定病院の受診を勧められて検査で確認されました。 感染が判明した男性は、現在入院中、症状は、水戸市長によると「軽い」とのことで、濃厚接触者の検査を実施するとともに、水戸市の方で行動履歴を調べるとのことです。 男性の勤務先は「水戸市内の会社」 この男性は、通勤は自家用車で通勤したということで、勤務先は市内の会社です。 会社名は、個人の保護のため、非公開となっています。 社内には、濃厚接触者に該当する人はいないということで、社内の消毒は実施済みだそうです。 保健所で他の社員の健康調査を行っているが、会社の閉鎖は現在のところはなく、また、ご本人は、自宅と会社以外には出かけていないということです。 ただし、今まで感染者が判明している茨城県内の施設とは接触がなく、感染ルートは不明となっているため、引き続き調査を行っていくということです。 以上、水戸市市長の記者会見より、要約しました。 水戸市のHPでも公表 コロナウイルス一例目 その後、水戸市のHPで、患者様の情報が下のように公開されました。 上記の記者会見よりも、正確であるとのご指摘をいただきましたので、下に転載いたします。 患者の概要• 年代:20代• 性別:男性• 国籍:日本• 居住地:水戸市内• 職業:会社員(所在:市内)• 最近の海外渡航歴:なし• 家族構成:妻(20代)、子2人(未就学児) 症状・経過、行動歴• 3月25日(水曜日):発熱38. 5度、咳及び頭痛、市内医受診• 3月26日(木曜日):解熱したため出勤(自家用車)• 3月26日(木曜日):夕方~29日(日曜日) 熱37. 5度 咳• 3月30日(月曜日):発熱37. 5度、咳、鼻づまり、味覚障害、市外医受診• 3月31日(火曜日):前日受診した市外医により茨城県中央保健所(旧水戸保健所)の帰国者・接触者相談センターに相談、発熱36. 5度、咳、鼻づまり、味覚障害• 4月1日(水曜日):帰国者・接触者外来を受診、検体採取、同日県衛生研究所においてPCR検査実施し、陽性が判明• 4月2日(木曜日):本人入院。 ご家族3人に対してPCR検査を実施したところ、すべて陰性。 同じ内容は、で、誰でもご覧いただけます。 php? 茨城県でクラスター発生 茨城県は、これまでの二か所でクラスターと言われる集団感染が起こった可能性について、公表しています。 取手市の病院、つくば市内の介護施設です。 取手市クラスター対策班の派遣を要請 茨城県は、取手市のJAとりで総合医療センターで、クラスター(感染者集団)発生の可能性が大きいとして、3月31日夜、国にクラスター対策班の派遣を要請しました。 つくば市の介護施設 介護老人保健施設アレーテル・つくば(つくば市)の入所者ら新たに4人の感染が判明。 県はアレーテルでもクラスターが発生した可能性に言及しました。 茨城県の感染拡大の経緯 茨城県内の感染拡大の経緯は、今わかる限り下のようになっています。 日立製作所の社員が一人目のコロナ感染 茨城県で最初に感染が確認されたのは30代男性、ひたちなか市の日立製作所の社員でイタリアに出張旅行をしていました。 日立製作所は直ちに建物を封鎖、続く感染者は確認されておりません。 海外旅行での感染 その後も、海外旅行に行った、つくば市と阿見町の男性、それぞれが、2人目と3人目でした。 東京への永寿総合病院で感染 4人目は、土浦市在住の、医療関係の社員で、東京で多数の感染者が出た永寿総合病院に勤務していました。 社交ダンスで感染 5~8人目は、つくば市のつくば記念病院の入院患者と、その家族、その家の家政婦さんです。 この家族の感染源は夫婦が揃って習っていた社交ダンスの講師ではないかとみられています。 この講師は、イタリアに滞在歴があります。 他にこのダンス講師にレッスンを受けていた人一名が感染が確認されています。 取手総合医療センターにクラスター対策班 その後は、JA取手総合医療センターで入院患者4名の感染確認、現在、クラスター対策班の派遣が要請されているところです。 同じセンター内での感染者の増加が予想されています。 つくば市の介護施設でもクラスターの可能性 さらに、つくば市のアレーテルという介護施設で、職員と入所者に現在、感染が拡大しています。 水戸市の男性についてはまだ不明 2日に新たに見つかった、水戸市の男性に関しては、感染ルートの予想は今のところはまだ伝えられておりません。 茨城県は感染者数が多い県に 全国の感染者数は、 3216人、退院者が 1091人です。 県別の内訳が、東京都が587人、最も少ない鹿児島県他が2人であるのに対して、茨城県の42人は、上から9番目、茨城県は中でも、感染者の多い方の県となっています。 以上、茨城県のコロナウイルス関連のニュース速報よりお伝えしました。 続報があれば追ってお知らせします。 マスク関連記事 茨城県内のマスク情報は、いずれの地域でも手に入りにくくなっているとのことです。 ただし、コンビニや、ドラッグストアなどでは入荷はあるとのことで、早朝から並んでいる人の姿が確認されています。

次の