いつの間にか隙間空いた心が満たされてく 歌詞。 piapro(ピアプロ)

piapro(ピアプロ)

いつの間にか隙間空いた心が満たされてく 歌詞

Intro feat. -ヤホーで検索チェホソ- 2. 時間が許す限り俺たちは Caan Stop Dance 絞り出せ! 満ちてくる力で Let Mi Si Yu Blood Claat Hands 炙り出せ! Little Sound Boy Fire & Babylon Shot up! Hey Hey Yu Know Mi a Se! 体中に流れてくるこれは何だ? 3. 1です 速攻!! LEGEND feat. PETER MAN -Special Vibes Mix- 作詞:Shuhei Tottori・CHEHON 作曲:BURN DOWN  それは昔があるから今がある だってそりゃそうぶっといから伝わる 今も昔も境目なく 全てはいい音楽である だって俺にすればBeenie Man Bounty Capleton Ken Boothe GregoryにMighty Diamond All de entertainer dem a like a diamond 音は止まらんSweet sense come around で見てみろいまとなっちゃ 世界中が輪になって 週末になると決まって この時を待って ブリブリにどんギマって 今でも語り継がれてくLegendはこのReggae So mi tell dem 覚めない想いはいつまでもReggaeで残すLegend Mi tell dem Mi a PETER MAN along side deejay CHEHONで起こすLegend Wi tell dem 俺等を救う神からのプレゼント 見届けてやるでこの目で わずかな人口の島が生んだ 素晴らしき Roots & Culture 数々のアーティストが残した Musicの可能性のアンサー 刻まれた歴史の1ページをめくりめくる Deejay Steady Freddieの息子がオケ作り PETER MAN CHEHONの描くStory やっぱりさすがやで 次に次に受け継がれるわけで 時間は前にしか歩かれへん けど俺ら4つ打ちはハズされへん 今でも語り継がれてくLegendはこのReggae So mi tell dem 覚めない想いはいつまでもReggaeで残すLegend Mi tell dem 誰にも真似でけへん事で俺らが起こすLegend Wi tell dem 俺等を救う神からのプレゼント 受け止めてやるよこの手で 出したり抜いたり 全部出したりでたまにわざとズラしたり 音の波間に 片足はまり 偶然の間がそこで生まれたり 人は誰でも いつ生まれても その時代に残せ名前だけでも その為にも もっと燃やせ派手にラガに生きる俺らの魂へ 音楽が操り出すパーセンテージはかなり無限大で どんな物や出来事でも歌詞に代える Wi a 愚連隊で 言葉ってのは人の心伝える最高の方法で よく考えてみりゃ This reggae music むちゃくちゃヤバくねぇ ヤバいから世界中で今大ヒット ベース音が揺らすで大陸を ストリートの時代をリード 色あせへんてどんな時代も 今でも語り継がれてくLegendはこのReggae So mi tell dem 覚めない想いはいつまでもReggaeで残すLegend Mi tell dem Mi a PETER MAN along side deejay CHEHONで起こすLegend Wi tell dem 俺等を救う神からのプレゼント 見届けてやるでこの目で 今でも語り継がれてくLegendはこのReggae So mi tell dem 覚めない想いはいつまでもReggaeで残すLegend Mi tell dem 誰にも真似でけへん事で俺らが起こすLegend Wi tell dem 俺等を救う神からのプレゼント 受け止めてやるよこの手で 6. 1000のバイオリン 作詞:真島昌利 作曲:真島昌利  ヒマラヤほどの消しゴムひとつ 楽しい事をたくさんしたい ミサイルほどのペンを片手に おもしろい事をたくさんしたい 夜の扉を開けて行こう 支配者達はイビキをかいてる 何度でも夏の匂いを嗅ごう 危ない橋を渡って来たんだ 夜の金網をくぐり抜け 今しか見る事が出来ないものや ハックルベリーに会いに行く 台無しにした昨日は帳消しだ ヒマラヤほどの消しゴムひとつ 楽しい事をたくさんしたい ミサイルほどのペンを片手に おもしろい事をたくさんしたい 揺篭から墓場まで 馬鹿野郎がついて回る 1000のバイオリンが響く 道なき道をブッ飛ばす 誰かに金を貸してた気がする そんなことはもうどうでもいいのだ 思い出は熱いトタン屋根の上 アイスクリームみたいに溶けてった ヒマラヤほどの消しゴムひとつ 楽しい事をたくさんしたい ミサイルほどのペンを片手に おもしろい事をたくさんしたい ヒマラヤほどの消しゴムひとつ 楽しい事をたくさんしたい ミサイルほどのペンを片手に おもしろい事をたくさんしたい 7. RHYME LIFE 作詞:CHEHON 作曲:C. Marsh・D. Harrisingh・C. Harrisingh  Rhyme Life Hey だいぶNice 走り出すVoice つなげてくPipe Yeh 可愛いあいつはKing Size 五感を刺激させ握るMic Yeh Rhyme Life Hey だいぶNice 売り上げ枚数よりライブ回数 飛び道具は言葉細工 いつも夢見心地の俺がいる Yo Yo 楽しみたい生きてる間そんな事を考えてる毎晩 今日も目ざめたことに感謝 また一日始まりだ 一分一秒己の財産 大事にしていきたい価値観 年々かわっていく立場 けどいつまでたっても俺ガキだ 時に降ってくる災いが 間違ってるなら逆らいな いらっしゃい関西 ここナニワ 日々 自分との戦いだ Anyway 俺にはこれしかないわ びっくりするくらい時間さいた あり得ない程の存在感 Rhymeが与えてくれる快感 Rhyme Life Hey だいぶNice 走り出すVoice つなげてくPipe Yeh 可愛いあいつはKing Size 五感を刺激させ握るMic Yeh Rhyme Life Hey だいぶNice 売り上げ枚数よりライブ回数 飛び道具は言葉細工 いつも夢見心地の俺がいる Yo Yo 夢を追いかけて働いた数々の失敗や頭痛 笑われるのなんてのは恥だって言ってるヤツよりかはましだ 悔しい日は枕で泣いた 酔いすぎて便器にゲロ吐いた 何人かのBも抱いた 経験を生かして歌詞を書いた 遊びで始まり本気で終わる 切れ味増す為に学ぶ語学 たまには丸くたまには尖る 娯楽のようでハイリスクの賭博 Rhyme Life Hey だいぶNice 走り出すVoice つなげてくPipe Yeh 可愛いあいつはKing Size 五感を刺激させ握るMic Yeh Rhyme Life Hey だいぶNice 売り上げ枚数よりライブ回数 飛び道具は言葉細工 いつも夢見心地の俺がいる Yo ごっついの撒いて立腹し Bad Mindからすぐに脱出し 真新しい世界を発掘し Yo say mi never S P 肩書きとか かったりい 負けてもリベンジ勝ったらいい One Time 命は待ったなしこの先も中途半端無し Again ごっついの撒いて立腹し Bad Mindからすぐに脱出し 真新しい世界を発掘し Yo say mi never S P 肩書きとか かったりい 負けてもリベンジ勝ったらいい One Time 命は待ったなしこの先も中途半端無し Rhyme Life Hey だいぶNice 走り出すVoice つなげてくPipe Yeh 可愛いあいつはKing Size 五感を刺激させ握るMic Yeh Rhyme Life Hey だいぶNice 売り上げ枚数よりライブ回数 飛び道具は言葉細工 いつも夢見心地の俺がいる 8. Skit feat. TONY the WEED 10. 韻波句徒 作詞:CHEHON 作曲:ZURA  ragga... All de massive & crew what you gonna do? understand mi no like babylon burn 4 season don't stop run tune soon rock you so evryting good またはじまる これ味がある そこに愛があるから神がかる 鳴り止まぬからあしからず 勝ち上がるたびに 価値上がる 頭からつま先までの 衝撃のイナズマ 俺たちの耳をくすぐる音のイタズラ 実りに実った禁断の果実の味覚が うまければ うまいほどそれはやばくなるんや husha go like a thunder volt 時代を変えるために今アクション ヤガ yaw 12345beatと連動する心拍音 難問ばかりのダンジョンみたいな関門ぬければ感動 折れない心を持つのが must 爆音の韻波句徒 mr. C pon de mic これは韻を踏んだ唄の話 最近増えた子供だましに邪魔させない為立ち上がり just come real rider 参上 乗りこなして行くいかしたversion こだわってやってきたhard core つらぬき初めて商売繁盛 きいたらわかる いきなりはまる お金かかる分 気持ちもあがる たまに笑かす 下手すりゃ泣かす 中身が無いのは役立たず 普通じゃ感じぬものがある 何が普通か逆に分かる 眠っていたものを呼び覚ます 人生かえる使命はたす 頭からつま先までの 衝撃のイナズマ 俺たちの耳をくすぐる音のイタズラ 実りに実った禁断の果実の味覚が うまければ うまいほどそれはやばくなるんや husha go like a thunder volt 時代を変えるために今アクション ヤガ yaw 12345beatと連動する心拍音 難問ばかりのダンジョンみたいな関門ぬければ感動 折れない心を持つのが must 爆音の韻波句徒 学校では学べない脳に焼きついてはなれない ものさしでは計れない 3ヶ月後にはもうかかせない ルーズだが決してなまけない あなどれないレゲエのアドレナリン バビロンシステムにはやられない俺らの持つエナジー ハードルが高い程かき立てられる衝動 年寄りから若い者 一人残らずshow me a motion つれてくで深いとこ POSITIVEにさせる効能 未だかつてないほど ひっくり返せる伝家の宝刀 頭からつま先までの 衝撃のイナズマ 俺たちの耳をくすぐる音のイタズラ 実りに実った禁断の果実の味覚が うまければ うまいほどそれはやばくなるんや husha go like a thunder volt 時代を変えるために今アクション ヤガ yaw 12345beatと連動する心拍音 難問ばかりのダンジョンみたいな関門ぬければ感動 折れない心を持つのが must 爆音の韻波句徒 出会いは重低音の胸騒ぎ 発信元はナニワ大阪Japan 人生は一回きりのつなわたり 罠ばかりをこえ出口をぬければアンダーグランド これは洗脳じゃなく耳を占領 でもそれだけじゃCDは売れない現状 だがストリートは常に戦場 力を見せつけろ いけ韻波句徒 パンダに乗った犬に気をつけろ さあ火をつけろ 頭からつま先までの 衝撃のイナズマ 俺たちの耳をくすぐる音のイタズラ 実りに実った禁断の果実の味覚が うまければ うまいほどそれはやばくなるんや husha go like a thunder volt 時代を変えるために今アクション ヤガ yaw 12345beatと連動する心拍音 難問ばかりのダンジョンみたいな関門ぬければ感動 折れない心を持つのが must 爆音の韻波句徒 11. CODE NAME ABC feat. ARM STRONG, BIG BEAR 作詞:ARM STRONG・BIG BEAR・CHEHON 作曲:JUNIOR  ABC 煙巻きおこす激震地帯 Uno ready now Give mi vibes Street Survivalで磨く心技体 ABC 歩いて来た道を信じたい 迫り来る近未来 スタイル貫いて切り開く新時代 ほな Aから攻めてもええかな Tuffなラガ道貫くA型 常に右肩上がりのええ肩 全部俺らにまかせばええがな BIG BEAR my time わびさび響かす叫び Realで過激な言葉選びでBadにPon de beat C we a musical assassin 斬新かつ斬り口は新しい 男だろ! 始まりの合図鳴らし もう一回サビから頭だし ABC 煙巻きおこす激震地帯 Uno ready now Give mi vibes Street Survivalで磨く心技体 ABC 歩いて来た道を信じたい 迫り来る近未来 スタイル貫いて切り開く新時代 黙ってたらどうもこうも 行かないからどこでも 踏み外せば人生の底でも 決して折れないCOCOLO カラカラな喉潤したいから Deejay Deejay まだまだHotter Hotter モノマネ技じゃ消えていく罠 見せつけたるReal ラガな技 この体 少々のトラブルじゃ動じんからな Tuffer thanな仲間とこの音が宝 ならば戦えるだから ABC 煙巻きおこす激震地帯 Uno ready now Give mi vibes Street Survivalで磨く心技体 ABC 歩いて来た道を信じたい 迫り来る近未来 スタイル貫いて切り開く新時代 Follow wi 太陽の沈む頃に 共にHeart火傷するほどに Yay you me ライターの火を灯し 音に乗り込み上げる狼煙 間違って散らばる邪魔な誇り を掃除してく俺らの誇り おのずと結果は鰻上り 手にする時代を俺らのものに My gun set on 完了 Let's go 日本 列島 揺るがし 連動 広がるGate でも気をつけろ 余所見してっと 速攻でDead ABC 煙巻きおこす激震地帯 Uno ready now Give mi vibes Street Survivalで磨く心技体 ABC 歩いて来た道を信じたい 迫り来る近未来 スタイル貫いて切り開く新時代 12. 初心 HASE-T Remix 作詞:CHEHON 作曲:CHEHON・Blood-l  いつになれば満たされるのだろう この胸が 気がつけば築きあげたものさえ疑い始めた その訳は 自分の腕かとまた頭を抱えた どうすれば どうすればとその度に巻き戻した 子供の頃に描いたビジョンと今を重ねて見れば微妙 無駄に増える大人の事情に巻込まれて我を見失いそう 暗い道 迷う最中 あとには戻れぬこの体 簡単に口にした no サレンダーも本物の壁に打ち壊された なぜだ見つけられない答えが 俺の限界もここまでか もう駄目だと心が負けた 弱点ばかりを補っていた NO SIR どん底で気がついた そうだ 得意な所伸ばせば ようやく暗闇に光さした 満足より継続の明日 いつになれば満たされるのだろう この胸が 気がつけば築きあげたものさえ疑い始めた その訳は 自分の腕かとまた頭を抱えた どうすれば どうすればとその度に巻き戻した いつものように椅子に腰掛け 立ち上る煙はどちらへ 力のなさに怒り込み上げ 追いかけてる理想に問いかけ いかんせん俺たちは未完成 そら思う様にはいかんねん ハンディーなんてあってないもので 反省できれば大器晩成 ところが落とし穴はそこだ さぼったら置いてかれる世の中 行き場なくし酒に溺れた へたれになるのだけはご免だ 愚かなその場しのぎの心は 諸刃の剣の様なもろさ 音は嘘をつかないものさ なら go now OPEN THE DOOR いつになれば満たされるのだろう この胸が 気がつけば築き上げたものさえ疑いはじめた 好きにすれば 風の声が新しい道をひらいた いつの日にかとあの日の思いが迷いをふりほどいた 誰にもいつか訪れる最期 何もできぬまま終われないよ 闇を抜けた出口はこの場所 妥協は捨てた 覚悟を決めた ここから新しい START いつになれば満たされるのだろう この胸が 気がつけば築きあげたものさえ疑い始めた その訳は 自分の腕かとまた頭を抱えた どうすれば どうすればとその度に巻き戻した いつになれば満たされるのだろう この胸が 気がつけば築き上げたものさえ疑いはじめた 好きにすれば 風の声が新しい道をひらいた いつの日にかとあの日の思いが迷いをふりほどいた 13. FLOWER ROAD -花道- 作詞:CHEHON 作曲:BURN DOWN  たいがい意思の強い男なら 自分の道は自分で決めるわな Next Level目指すPower 絶対Bad Mindには負けるな Life Timeそれは片道 戻れないあたりきしゃりき 自分の思いを形にして 味わう喜び悲しみ だいたいどこでも坂道 その中で一花咲かしに Because 生きた証に 飾ったる男の花道 みんなそれぞれにある生活 それと同じ数だけの性格 誰かが貧乏だれかが贅沢 映し出す時間は Caan play back 進んでいく都市開発計画 失われていく古い文化 権力利用したとんだ迷惑 Tell mi what freedom? あたり前にここに一人一人命燃やすストーリー かなりやばい事があったり 険しい道のりやけどやっぱり 向かい風に立ち向かい 強くなり守るものを守り 南風に夢を押し込み 最後は通す一本の筋 Life Timeそれは片道 戻れないあたりきしゃりき 自分の思いを形にして 味わう喜び悲しみ だいたいどこでも坂道 その中で一花咲かしに Because 生きた証に 飾ったる男の花道 成功挫折いろんな波風 自分の体と目で確かめ 若いうちにたくさんの恥かけ そこで編み出せMyさじ加減 本能的にこだわる勝ち負け 基本を保ちあとははみ出せ 馬鹿にした奴の頭かちわれ 希望を持って明日へ 新しい時代移り変わり 上がり下がり激しい中に 優しい厳しいいろいろ学び 連れに親に女に感謝し 花火のように 派手にかまし 終わり来るまで上がりっぱなし つまり感じるこの生きがい 全て詰め込み残すHistory Life Timeそれは片道 戻れないあたりきしゃりき 自分の思いを形にして 味わう喜び悲しみ だいたいどこでも坂道 その中で一花咲かしに Because 生きた証に 飾ったる男の花道 どの世界も厳しい当然 嫌いじゃない何かに挑戦 クリアしていくかなりの条件 Mi get オリジナルの表現 弱い心を断った少年 あの日流した涙のせいで いつまでも冷めない情熱で力に変えていく証明 Life Timeそれは片道 戻れないあたりきしゃりき 自分の思いを形にして 味わう喜び悲しみ だいたいどこでも坂道 その中で一花咲かしに Because 生きた証に 飾ったる男の花道 15. BABY DON'T CRY 作詞:CHEHON 作曲:Dr. OUTLAW -Album Ver. - 作詞:CHEHON 作曲:JUNIOR・Burrell Cordel  働かないなんて事はないけど マイナスな事はしたくない 俺ら何色にも染まらない はまる型が見つからない どこまでも突き進んで行くMy Road 横風を札束で打ち返そう Come back again 何年経っても Still hard core そうさ俺ら浪速アウトロー 高学歴よりこうなるべきと 動き出した革命児 ノーマルよりアブノーマル寄りのスタイルで唸る拡声器 生ぬるい事は好まない ウルトラマンよりバルタン星人 この音楽核兵器でまた全国駆け巡り 金も無くあてもなく 死ぬのは柄じゃなく 見てろやこっから這い上がってやる この音は絶え間なく 時はまたとなく こよなく娯楽を愛する天邪鬼 アウトロー はみ出した無法者 アウトロー ただでは終わらんぞ アウトロー 叩き上げアンダーグラウンド From west エリアのYoung blood アウトロー 毎度アニョハセヨ アウトロー ぶっ飛ぶ思考回路 アウトロー かかって来い上等 最強で最高の不良共 道をさえぎる者には話ない 金儲けばっかりの裏社会 うざったいマジでくだらない けれど神様は誰も恨まない 磨きをかけろ男の 小物大物よりも本物 邪魔者達が手が出ないほど外角低めにコントロール ワンパク野郎の反発 常識を覆す感覚 ジオン軍達がガンダムに勝つ事ができるほどWonderful 例えるならばここにベギラゴン 唱えた程にそこはDanger Zone だからcho cho cho de too muchて 偽物野郎にヘキサゴン アウトロー はみ出した無法者 アウトロー ただでは終わらんぞ アウトロー 叩き上げアンダーグラウンド From west エリアのYoung blood アウトロー 毎度アニョハセヨ アウトロー ぶっ飛ぶ思考回路 アウトロー かかって来い上等 最強で最高の不良共 試練は常にあるのかもしれん 人生はいつでもJudgement けど俺らにはないで賞味期限 なら納得いくまでShow me again おきまりのドンギマリの 年がら年中Pon de beat ならBad man いただきストリートから渾身で投げるストレート どこまでも突き進んで行くMy Road 横風を札束で打ち返そう Come back again 何年経っても Still hard core そうさ俺ら浪速アウトロー 金も無くあてもなく 死ぬのは柄じゃなく 見てろやこっから這い上がってやる この音は絶え間なく 時はまたとなく こよなく娯楽を愛する天邪鬼 アウトロー はみ出した無法者 アウトロー ただでは終わらんぞ アウトロー 叩き上げアンダーグラウンド From west エリアのYoung blood アウトロー 毎度アニョハセヨ アウトロー ぶっ飛ぶ思考回路 アウトロー かかって来い上等 最強で最高の不良共 17. みどり ボーナス・トラック.

次の

あの夏に咲け

いつの間にか隙間空いた心が満たされてく 歌詞

2019年6月1日から始まった3年振りのワンマンツアーが、本日7月21日に横浜で終了する。 2ヶ月弱の間に10本。 週に1~2本のゆったりしたペースで週末に開催されていたため、仕事を休むことなく参加することができた。 本日を除いて。 10本のうち9本観たのだから最後も観たい気持ちと、チケットが当選しなかったし見つからなかったのだから、生配信でも観れるし、明日も仕事があるのだし、と諦めモードの間を行き来する。 すぐにTwitterで検索してしまう。 あと3時間ほどで開演。 新幹線に乗れば、充分間に合う。 開演が早いから今日中に帰ることもできる。 諦められない気持ちをなんとか落ち着けようとする。 画面越しに観るのもいつもと違って新鮮だろう。 メンバーが見えないなんてこともないだろう。 いや、でも、同じ空間でその場で演奏された音を直接スピーカーから浴びる感覚も捨てがたい。 cinema staffを初めて観たのは、当時彼らが所属していたレーベルのイベントだった。 他の所属バンドを観たくて、まだ心斎橋にあったときのクアトロに行った。 ステージと客席後方の小さなスペースを使い、10バンドくらいが交互に演奏していたと記憶する。 初めて観たcinema staffは、生真面目な印象でとにかく声が心地よいと感じた。 爆音の演奏の隙間を縫って聴こえる声に必死に耳を傾けた。 これまで好きなタイプの歌声のバンドばかりを観ていたつもりだったが、全く私の好みとは違う、その声に一瞬で惹き込まれていた。 あの、見つけてしまったというような不思議な感覚は後にも先にも味わったことがない。 その日は出ていなかったが、同じレーベルの先輩バンドのTシャツをメンバーのひとりが着ていたことも、その感触を後押ししていたかもしれない。 あれから10年近く経つ。 関西で観れるときはライブハウスへ行き、シフトが出ればすぐライブ日程を確認した。 今も変わらず、私の耳はあの歌声を待ち望んでいる。 聴けば、深く染み渡り、確実に満たされていく。 救われる。 昨年、cinema staffはインディーズデビュー10年を祝って多くのライブやツアーを企画し、それに加え恐らく誘われたライブ、イベント、フェスなどもほとんど断らずに出ていた。 アルカラとスプリットCDを出し、10数本のツアーをすると同時に、東名阪クアトロ対バンツアーを4ヶ月連続で行い、合間にフェスにも出ていた。 年末に、飯田の喉の不調でしばらくライブが行えないと発表されても、正確な期間が発表されなかったこと以外はあまり驚かなかった。 ところどころ掠れてしまう声を聴くのは、本当に悔しかったし、かなしかった。 せっかく望まれて出演したライブで、自分たちの周年を祝う場で、思ったように歌えないという葛藤や後悔は想像するのも痛ましい。 その結果、数本のライブをキャンセルしたり中止したりして、安静の日々を送らなければ、歌えない日々を乗り越えなければいけないなんて、とても耐えられない。 私自身がライブを観れないこともつらかったが、歌えない期間がいつまでなのかわからないほどに疲弊していた原因がライブだということを考えることが、本当につらかった。 複数のバンドが出るイベントは、辻が他のバンドのサポートギタリストとして参加したり、年末のイベントにはライブ映像が流されたりと、完全にキャンセルになった訳ではなかったが、それも理解してくれる出演バンドやスタッフがいたからこそできたことだった。 同じイベントに出ていたアルカラは空いたシネマの時間も出演し、サポートした辻の代わりに稲村が状況を説明したり、スプリットCDを出したことに対するお返しだと話したり、感謝を口にしていた。 アルカラとのツアーに関しては、延期にしたというのに、まるで違うお祭り騒ぎのような代替イベントを仕立て上げて、かなしい状況だというのに笑いの溢れる空間に変えてしまった。 これまでシネマが築き上げてきたものを、別の形で目の当たりにする貴重な体験ばかりだった。 3ヶ月の休養を経て、ライブ活動を再開する。 と同時に発表されたのが、進撃の巨人のエンディングテーマを担当することだった。 ライブで新曲を披露する。 明るく覚えやすいサビ。 オーシャンと繰り返されるそれがエンディングテーマかと思っていたら、アニメ放映が始まった日に流れた曲は静かなピアノ曲だった。 タイトルが「Name of Love」と発表されていたから、オーシャンと歌っていた曲ではないことも予想できたが、前回6年前のエンディングテーマだった「great escape」のような激しい曲を想像していただけに、その振り幅に驚いた。 MVでは飯田がピアノを演奏している。 休養期間にピアノを猛練習したという。 そして、綺麗な海の映像が印象に残る。 私は、進撃の巨人についてあまり知らない。 赤い巨人が人間を食う漫画だというくらいの認識しかなかった。 今回のワンマンツアーは、「Name of Love」リリースツアーである。 MCで進撃の巨人について、簡単に解説をしてくれていた。 壁に囲まれた世界で暮らす村人たちは壁の外の世界を知らない。 ただ、壁の外には大きな塩水の湖があると知って、海に憧れる、海を目指す物語だ、と。 「great escape」にも壁という言葉が使われているが、そういう意味だったのか。 私たちの日常を思い返すときも、その壁はすぐそこにいつの間にか迫っているではないか。 カップリングの「OCEAN」「さらば楽園よ」もアニメのタイアップが決まってから書き下ろされた新曲で、進撃の巨人のために合計で10曲作ったという。 いくら好きな漫画でも、そこまで熱意が持続できるかと問われれば、私はとてもできないと即答するだろう。 使われるのは1曲とわかっているのに、全く違うタイプの曲を断続的に生み出していたかと思うと、言葉は少し悪くなるが、無駄が多いとか生産性が低いとか、思わざるを得ない。 ほんの少しも、手を抜かず、気を抜かず、最善を目指したとしても、やはり生真面目な損な性分を抱えていることに苦笑が漏れてしまう。 初日の渋谷公演後にセットリストが公開された。 今回のツアーはほぼ同じセットリストなので、新曲が最初と中盤とラストに配置されているのは変わらない。 また、進撃の巨人と同じように海をテーマにした曲が多めに組まれていることもわかりやすい。 岐阜で結成されたcinema staffにとっても、海は憧れだったのだろうか。 海が見えるところを描写した歌詞は、海のない、生まれ育った岐阜を出てどこかに向かう途中、または向かった先にある景色だろう。 そこで誰かと言葉を交わす。 話をしたいと切望する。 海はコミュニケーションの場であるのかもしれない。 唯一、自分を解放する場に海が選ばれているのかもしれない。 日常と切り離した場所で誰かと対峙する。 または、自身に問いかける。 少し遠回りをしたけれども、彼らは彼らなりに熟考を重ね、今日を迎えている。 思う通りにいかなかったこともあるだろう。 それをバネに、毎日を着実に一歩ずつ進んできたんだろう。 <僕が探してるものはきっとそこにあるだろう。 あなたのようには歌えないかもしれないけれど、 まだやれるよ。 また会えるよ。 > 「シャドウ」 その成果がようやく花開く気がしている。 本日の生配信を多くの人が目にすることを、更に先に進んでいくcinema staffに私は期待していたい。 私の心を癒してくれたように、これからも勇気付けてくれる存在でいてほしいと願う。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の

【 隙間の 】 【 歌詞 】合計115件の関連歌詞

いつの間にか隙間空いた心が満たされてく 歌詞

2019年6月1日から始まった3年振りのワンマンツアーが、本日7月21日に横浜で終了する。 2ヶ月弱の間に10本。 週に1~2本のゆったりしたペースで週末に開催されていたため、仕事を休むことなく参加することができた。 本日を除いて。 10本のうち9本観たのだから最後も観たい気持ちと、チケットが当選しなかったし見つからなかったのだから、生配信でも観れるし、明日も仕事があるのだし、と諦めモードの間を行き来する。 すぐにTwitterで検索してしまう。 あと3時間ほどで開演。 新幹線に乗れば、充分間に合う。 開演が早いから今日中に帰ることもできる。 諦められない気持ちをなんとか落ち着けようとする。 画面越しに観るのもいつもと違って新鮮だろう。 メンバーが見えないなんてこともないだろう。 いや、でも、同じ空間でその場で演奏された音を直接スピーカーから浴びる感覚も捨てがたい。 cinema staffを初めて観たのは、当時彼らが所属していたレーベルのイベントだった。 他の所属バンドを観たくて、まだ心斎橋にあったときのクアトロに行った。 ステージと客席後方の小さなスペースを使い、10バンドくらいが交互に演奏していたと記憶する。 初めて観たcinema staffは、生真面目な印象でとにかく声が心地よいと感じた。 爆音の演奏の隙間を縫って聴こえる声に必死に耳を傾けた。 これまで好きなタイプの歌声のバンドばかりを観ていたつもりだったが、全く私の好みとは違う、その声に一瞬で惹き込まれていた。 あの、見つけてしまったというような不思議な感覚は後にも先にも味わったことがない。 その日は出ていなかったが、同じレーベルの先輩バンドのTシャツをメンバーのひとりが着ていたことも、その感触を後押ししていたかもしれない。 あれから10年近く経つ。 関西で観れるときはライブハウスへ行き、シフトが出ればすぐライブ日程を確認した。 今も変わらず、私の耳はあの歌声を待ち望んでいる。 聴けば、深く染み渡り、確実に満たされていく。 救われる。 昨年、cinema staffはインディーズデビュー10年を祝って多くのライブやツアーを企画し、それに加え恐らく誘われたライブ、イベント、フェスなどもほとんど断らずに出ていた。 アルカラとスプリットCDを出し、10数本のツアーをすると同時に、東名阪クアトロ対バンツアーを4ヶ月連続で行い、合間にフェスにも出ていた。 年末に、飯田の喉の不調でしばらくライブが行えないと発表されても、正確な期間が発表されなかったこと以外はあまり驚かなかった。 ところどころ掠れてしまう声を聴くのは、本当に悔しかったし、かなしかった。 せっかく望まれて出演したライブで、自分たちの周年を祝う場で、思ったように歌えないという葛藤や後悔は想像するのも痛ましい。 その結果、数本のライブをキャンセルしたり中止したりして、安静の日々を送らなければ、歌えない日々を乗り越えなければいけないなんて、とても耐えられない。 私自身がライブを観れないこともつらかったが、歌えない期間がいつまでなのかわからないほどに疲弊していた原因がライブだということを考えることが、本当につらかった。 複数のバンドが出るイベントは、辻が他のバンドのサポートギタリストとして参加したり、年末のイベントにはライブ映像が流されたりと、完全にキャンセルになった訳ではなかったが、それも理解してくれる出演バンドやスタッフがいたからこそできたことだった。 同じイベントに出ていたアルカラは空いたシネマの時間も出演し、サポートした辻の代わりに稲村が状況を説明したり、スプリットCDを出したことに対するお返しだと話したり、感謝を口にしていた。 アルカラとのツアーに関しては、延期にしたというのに、まるで違うお祭り騒ぎのような代替イベントを仕立て上げて、かなしい状況だというのに笑いの溢れる空間に変えてしまった。 これまでシネマが築き上げてきたものを、別の形で目の当たりにする貴重な体験ばかりだった。 3ヶ月の休養を経て、ライブ活動を再開する。 と同時に発表されたのが、進撃の巨人のエンディングテーマを担当することだった。 ライブで新曲を披露する。 明るく覚えやすいサビ。 オーシャンと繰り返されるそれがエンディングテーマかと思っていたら、アニメ放映が始まった日に流れた曲は静かなピアノ曲だった。 タイトルが「Name of Love」と発表されていたから、オーシャンと歌っていた曲ではないことも予想できたが、前回6年前のエンディングテーマだった「great escape」のような激しい曲を想像していただけに、その振り幅に驚いた。 MVでは飯田がピアノを演奏している。 休養期間にピアノを猛練習したという。 そして、綺麗な海の映像が印象に残る。 私は、進撃の巨人についてあまり知らない。 赤い巨人が人間を食う漫画だというくらいの認識しかなかった。 今回のワンマンツアーは、「Name of Love」リリースツアーである。 MCで進撃の巨人について、簡単に解説をしてくれていた。 壁に囲まれた世界で暮らす村人たちは壁の外の世界を知らない。 ただ、壁の外には大きな塩水の湖があると知って、海に憧れる、海を目指す物語だ、と。 「great escape」にも壁という言葉が使われているが、そういう意味だったのか。 私たちの日常を思い返すときも、その壁はすぐそこにいつの間にか迫っているではないか。 カップリングの「OCEAN」「さらば楽園よ」もアニメのタイアップが決まってから書き下ろされた新曲で、進撃の巨人のために合計で10曲作ったという。 いくら好きな漫画でも、そこまで熱意が持続できるかと問われれば、私はとてもできないと即答するだろう。 使われるのは1曲とわかっているのに、全く違うタイプの曲を断続的に生み出していたかと思うと、言葉は少し悪くなるが、無駄が多いとか生産性が低いとか、思わざるを得ない。 ほんの少しも、手を抜かず、気を抜かず、最善を目指したとしても、やはり生真面目な損な性分を抱えていることに苦笑が漏れてしまう。 初日の渋谷公演後にセットリストが公開された。 今回のツアーはほぼ同じセットリストなので、新曲が最初と中盤とラストに配置されているのは変わらない。 また、進撃の巨人と同じように海をテーマにした曲が多めに組まれていることもわかりやすい。 岐阜で結成されたcinema staffにとっても、海は憧れだったのだろうか。 海が見えるところを描写した歌詞は、海のない、生まれ育った岐阜を出てどこかに向かう途中、または向かった先にある景色だろう。 そこで誰かと言葉を交わす。 話をしたいと切望する。 海はコミュニケーションの場であるのかもしれない。 唯一、自分を解放する場に海が選ばれているのかもしれない。 日常と切り離した場所で誰かと対峙する。 または、自身に問いかける。 少し遠回りをしたけれども、彼らは彼らなりに熟考を重ね、今日を迎えている。 思う通りにいかなかったこともあるだろう。 それをバネに、毎日を着実に一歩ずつ進んできたんだろう。 <僕が探してるものはきっとそこにあるだろう。 あなたのようには歌えないかもしれないけれど、 まだやれるよ。 また会えるよ。 > 「シャドウ」 その成果がようやく花開く気がしている。 本日の生配信を多くの人が目にすることを、更に先に進んでいくcinema staffに私は期待していたい。 私の心を癒してくれたように、これからも勇気付けてくれる存在でいてほしいと願う。 投稿いただいたコメントはロッキング・オンが公開可否審査を行った上で掲載します。 コメントの前に、かならずを読んでください。 音楽文事務局が不適当と判断したコメントについては掲載しない場合がございます。 また、一度掲載されたコメントも、音楽文事務局の判断で削除させていただく場合がございます。 ご了承の上ご利用ください。 コメントの掲載基準や掲載可否についてのお問い合わせにはご対応いたしかねます。 ご了承ください。 利用規約に違反している可能性があるコメントを見つけた際は、当該コメントの「…」ボタンより「報告する」を押してお知らせください。 お知らせいただいたコメントは1件ずつ確認し、対処いたします。 犯罪予告や名誉棄損、侮辱、信用棄損、業務妨害罪などに該当する場合など、コメントの内容によっては警察に通報する場合があります。 本コメント機能はベータ版となります。 予告なく終了する場合がございます。 ご了承ください。

次の