半 グレ 芸人 x。 【管理売春】半グレ集団とのトラブルで引退へ タレントは薬物付けにして客として提供、乱交…芸能人を取り巻く闇

薬物疑惑の「冠番組級芸人X」と「主演級女優Y」は誰なのか? 匿名掲示板にタレコミ相次ぐ

半 グレ 芸人 x

FRIDAYの直撃に笑顔で答える沢尻。 司法解剖の結果、女性の遺体からは相当量が検出され薬物中毒が死因だった。 麻薬や大麻を取り締まるのは、警察と厚生省厚生局麻薬取締部(通称:マトリ)だ。 両組織ともに捜査や逮捕などの権限があり、いわばライバル関係にある。 マトリは今年に入り「電気グルーヴ」のピエール瀧をコカイン、元KAT-TUNの田口淳之介を大麻で逮捕した。 しかし今月に入って沢尻容疑者や吉澤容疑者は共に警察組織によって逮捕。 これによりお株を奪われつつあるマトリは焦りを見せたのか11月中旬ころから本格的にターゲットを絞り動き始めたという。 「狙いは冠番組を複数持てるクラスの大物芸人Xです。 それも使用薬物はMDMA。 Xは最近でも何かと話題になっている人物で、もし逮捕されれば沢尻容疑者以上に日本中がひっくり返るはず。 麻取は警察に目に物を見せてやると躍起になってマークし始めています」(全国紙社会部記者) しかもそのXは、長期に渡ってMDMAを使用しているという。 「Xは既婚者で子供もいますが、女好きで有名で不倫疑惑が報じられたこともあった。 後輩芸人に複数の女を用意させ、MDMAを使って乱交パーティなどをよくやっていましたよ。 このパーティをするためだけに、渋谷区にマンションを借りていたほどです。 」(Xに近い関係者) テレビで複数の冠番組を持てるほどの人物が逮捕されれば各方面に多大な迷惑をかけることになる。 しかしXは、その立場を理解しながらも依存症から脱却できていないという。 「最近も都内のホテルに売人を呼び出し、MDMAを買ったそうです。 ただMDMAは尿検査で引っかかる期間が3日間ほどと短い。 そのため、所持しているところを逮捕しないと沢尻容疑者の二の舞になる。 YはMDMAではなく、もっぱらコカインを使用しているとか。 激やせが心配されたり、その不規則な言動が話題になったこともありましたね」(スポーツ紙記者) 来年東京五輪を迎えることで薬物などの犯罪を徹底的に摘発するという方針で警察も麻取も動いているという。 年末までに芸能人逮捕ラッシュはあるのだろうか。 引用元:.

次の

数年前に大ブレイクしたお笑い芸人のXとは誰?ビジュアルもよく人気な人物【TOCANA】

半 グレ 芸人 x

フライデー報道が発火点となった「 闇営業」問題が炎上を続けている。 最初の爆弾は、フライデーが、お笑いコンビ「 雨上がり決死隊」の 宮迫博之(49)、「 カラテカ」の 入江慎也(42)らが「特殊詐欺グループ」が主催する会合に参加していた事実を報じたことだ。 宮迫が自身の持ち歌を熱唱する動画は瞬く間に拡散・炎上し、宮迫らが当初否定していたギャラの受け取りを認めたことで、所属先の吉本興業が謹慎処分を下す事態にまで発展した。 しかし、追い打ちをかけるようにまたもやフライデーが、指定暴力団稲川会の大物幹部の宴席に沖縄出身の2人組「 スリムクラブ」が出席していたと報じ、騒動はさらに拡大することとなった。 そんななか、注目を集めたのがスリムクラブに「闇営業」を仲介したとされるものまね芸人、 バンドー太郎(48)の存在である。 「松山千春や和田アキ子の物まねを得意とする芸人で、スリムクラブとは別の営業先で一緒になった時に知り合ったようです。 騒動を受けてスポーツ紙のインタビューを受けたバンドーは、パーティがあったのは2016年8月だったとし、『(相手の)素性を知っていたら仕事は受けなかった。 もらい事故のようなもの』などと答えていました。 パチンコ店のイベントを仕切るプロモーターから宴席に出席できる芸人を探すよう依頼を受け、スリムクラブに声を掛けたという話です」(事情を知る芸能関係者) 騒動の拡大によって、吉本側は大崎洋会長が訪問先のタイ・バンコクで共同通信のインタビューに応じ、「本当に申し訳なく思うし、個人的には忸怩たる思いもある」と謝罪する異例の展開に。 火消しに躍起となっている吉本だが、事と次第によっては、会社の存続まで危ぶまれるさらなるスキャンダルが飛び出す恐れもあるだけに戦々恐々としているという。 「吉本とヤクザや半グレなどのいわゆる『反社』との付き合いは今に始まったことではない。 2011年に島田紳助氏が指定暴力団山口組幹部との交際が原因で引退を余儀なくされてからはコンプライアンスを強化。 社内の反社勢力の排除に努めてきたものの、まだ一掃には至っていないのが現状だ。 現役の大御所芸人の1人は、自身がオーナーを務める飲食店に某組織の幹部を招くなど、『黒い交際』をひそかに続けている。 さらに、テレビでレギュラー番組を複数持ち、司会も務めるレベルの関西系の人気芸人Xは、警察がマークする半グレ組織の幹部と国内のあるリゾート地で密会し、その時撮られた写真をネタに脅されているとの情報もある。 第3、第4のネタが飛び出す可能性があり、吉本にとっては、まだまだ余談の許さない状況が続きそうだ」(同) 芸能界にさらなる激震が走るのか。

次の

「M

半 グレ 芸人 x

漫才日本一を決める「M-1グランプリ」に連続出場し、関西では複数のレギュラー番組を抱えるなど、全国的なブレイクが期待されるお笑いコンビがいる。 まだ芸歴はそれほど長くはないものの、「ポスト千鳥」とまで言われる存在だという。 順調に売れっ子への階段を登り続ける彼らに良からぬ噂があがっている。 その原因は、ツッコミを担当するXの交友関係だ。 驚愕の「半グレ過去」について明かしてくれた。 「Xさんは、ある体育会系部活の人たちと仲が良かったですね。 学内でも、この部活の人たちのタチの悪さは有名でした。 例えば、バスで移動しているときに後輩の身ぐるみをはがして、何も身に着けていない状態で外へ突き飛ばしたり、裕福な家庭の同級生を見つけると、みんなで無理矢理おごらせたりと、とにかくメチャクチャでしたね」 学生時代は素行が悪くても、社会に出ればそれなりに更生して真面目になるのが大半だろう。 しかし、Xとつるんでいた卒業生はそうではないという。 Aさんが教えてくれた。 「約10年ぶりの同窓会があった時に、例の部活の方々も出席していたのですが、これが本当に大人だろうかと目を疑いました。 座敷席でタバコを吸って畳の上に灰を捨てるわ、店員に喧嘩を吹っかけるわ、卑猥な遊びを参加者に持ちかけるわと、まったく当時と変わっていませんでした」 Xは今もこの時の友人たちと交友関係を持っているとAさんは話す。 「コンビのYouTubeチャンネルを見ていたら、目隠しをされた芸人さんの頭をXさんがエアガンで撃つシーンがあったんです。 これが『大丈夫かな?』って思うくらい衝撃的で…。 いまだにXさんがそんなことを面白いと思ってしまうのは、今も高校時代の友達と付き合っているからだと思うんです。 以前の闇営業問題をきっかけに、そういうつながりは絶っていると思いたいのですが、何か事件になった際、Xさんと彼らが一緒に写る写真などが出回らないか、本当に心配ですね」 何が原因で足元をすくわれるかわからないのが芸能界の恐ろしさだ。 着実に売れっ子の道を歩むためにも、今のうちに旧友たちとの関係を整理するのが賢明ではないだろうか。 (近田ラリー).

次の