さも スピッツ。 スピッツが好きだ!と思って生きてる|ゆい|note

サモエド | 一般社団法人 ジャパンケネルクラブ

さも スピッツ

この項目でまとめたこと• 飼育数• 体の特徴 歴史 「現存する犬種の中で最も美しい」といわれるサモエドは、シベリアやロシア北部に暮らしていたサモエド族に古くから飼われていた犬種です。 サモエド族と共に数世紀に渡って、トナカイの群れの移動やクマ狩りを手伝ってきました。 その後、20世紀初頭にアメリカに持ち込まれれ、ソリ犬として人気を博すことになります。 世界中の探検家に知られるようになったきっかけは、極地探検の成功によるものですよ。 飼育数 ジャパンケネルクラブによると、2018年時点でのサモエドの登録頭数は182頭です。 犬種全体の登録数が292,906頭なのでマイナーな犬種といえますが、ジワジワと人気が出てきている犬ですよ。 出典:ジャパンケネルクラブ「」 性格 必要なもの• サークル• 食器類• 首輪、リード• トイレ用品• ケア用品 これらのグッズが、サモエドの飼育に必要になります。 特にサークルは十分な広さを確保できる大きさのものを用意してあげてくださいね。 サモエドの食事について 食事量 体重で計算することもできますが、ドッグフードの裏面に記載されている量をあげれば大丈夫です。 おすすめドッグフード サモエドには「モグワンドッグフード」がおすすめです。 サモエドの飼育に向いている人• 家にいる時間が長い人• しつけや遊びのメリハリが付けられる人• 金銭的に余裕のある人• 一戸建てに住んでいる人 家にいる時間が長い人 とても甘えん坊で寂しがり屋な性格をしているので、たくさん構ってあげられる人や家にいる時間が長い人に向いています。 あまりかまってあげられない家庭ではストレスを溜め込んでしまうリスクが高まります。 しつけや遊びのメリハリが付けられる人 犬は、叱るときは叱る、遊ぶときは遊んでくれる人を自分よりも上の立場だと認めます。 しつけと遊びのメリハリが付けられる人に向いていますよ。 金銭的に余裕のある人 サモエドの抜け毛の量が他の犬種に比べて多いため、小まめなブラッシングや月一のトリミングが欠かせません。 飼育費用も高額になるため、金銭的に余裕のある人でなければ飼育は難しいと言えます。 一戸建てに住んでいる人 サモエドは吠え声が甲高く、声量もあるので鳴き声が響きます。 集合住宅でも飼育できないことはないですが、一戸建ての家に住んでいる人向きです。 飼育に関して知っておくべきこと 飼育に関して知っておくべきこと• 番犬にはならない• 室内で育てる犬• 抜け毛について 番犬にはならない 人懐っこく友好的な性格をしているので、泥棒対策などで番犬として飼うには不向きです。 室内で育てる犬 性格や毛質、体質などから総合的に考えると、人間の側での飼育が向いている犬種です。 大きさから屋外飼育向きと思われがちですが、皮膚の健康を維持するためにも室内飼育を心がけてください。 抜け毛について 抜け毛の多い犬種ですが、年に2回ある換毛期には大量の毛が抜けます。 普段は1日1回、換毛期は1日2回のブラッシングをしてあげてください。 愛らしい性格と美しい外見をあわせ持つサモエド サモエドは口を空けたとき、笑ったように見えるサモエドスマイルと呼ばれる表情が非常に愛らしいです。 穏やかで人懐っこい性格で飼育もしやすいので、初心者にもおすすめのペットですよ。

次の

スピッツ

さも スピッツ

概要 [ ] 1987年に結成し 、1991年にした。 1995年発売の11thシングル『』や6thアルバム『』のヒットを機に人気を獲得。 メジャーレーベルはポリドール時代から現在までユニバーサルミュージックの所属である。 1997年から大阪を中心とする関西圏で「」、2000年からは仙台で「ロックロックこんにちは! presents 新木場サンセット」といった、自身主催の音楽イベント(通称:レギュラーイベントと呼称される )を開催している。 バンド名の由来 [ ] スピッツは、草野が高校時代から温めていた名前で、「短くてかわいいのに、パンクっぽい名前である」ことから命名し、犬種のも由来となっており、「弱いくせによく吠える」といったパンクバンドの意味も込められている。 名前 担当楽器 生年月日 出身地 血液型 ( くさの マサムネ ) 、 1967-12-21 (52歳) ( みわ テツヤ ) ギター 1967-05-17 (53歳) ( たむら あきひろ ) 1967-05-31 (53歳) ( さきやま たつお ) 1967-10-25 (52歳) サポートメンバー [ ] 名前 担当楽器 在籍期間 明石敏子 、? - クジヒロコ - 来歴 [ ] バンド結成からインディーズ時代 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年4月) 1986年の春にでとが出会い、重音部に入部した。 先輩であり、後のとなったメンバーの演奏に刺激され、音楽ジャンルの異なるをやることを決意した。 ドラムにはサークル部員を迎えて「チーターズ」 を結成。 「」のパンク調や「」を風にしてアレンジして演奏していた。 途中からギターのメンバーを1人加え、バンド名を「ザ・スピッツ」と変更した。 ところが、このバンドは草野がの「」に打ちのめされて活動を休止した [ ]。 1987年に草野が東京造形大学からに再入学したことを期にバンド仲間と疎遠になり、ザ・スピッツは自然消滅となるが、草野と田村の仲は継続していた。 ある日、草野がで演奏することができる本格的なバンド活動の話を持ちかけた。 すると、田村は上京していた幼馴染のを誘い、三輪はで同じフォークソング部に所属していたを誘った。 こうして「スピッツ」を結成し、同年7月に文化服装学院の夏祭りで初ライブを行った。 その後、を目標に、新宿JAM 、渋谷ラ・ママ、などでのライブ活動を開始し、翌年からはホコ天でのライブを行った。 [ ]。 音楽評論家のは「インディーズ時代のスピッツを形容する表現は〈〉」であると述べている。 当時のバンドはTHE BLUE HEARTSの影響から抜け出せずにおり、渋谷ラ・ママのブッキングマネージャーから「ブルーハーツの二番煎じでは先は望めない」と指摘された。 また、草野もハンドマイクで暴れたり、観客を煽ったりするスタイルが自分に似合わないと感じ始めており、を意識してを持つようになった。 [ ]この時期にはすでに「恋のうた」や「ヒバリのこころ」などを制作している。 1989年になると新宿ロフトのイベントに出演するようになり、7月12日には新宿ロフトでのワンマンライブを行って300人を動員した。 同年12月からは新宿ロフトでのマンスリーライブ『鳥になっちゃう日』を開催し、翌年には新宿ロフトのインディーズレーベル・ミストラルから初の『』を発売した。 新宿ロフトに出演するようになった頃、多くのからの話が持ち掛けられる。 その中には、後にスピッツのディレクターとなる(当時)の新入社員であった竹内修もいた。 ところが、メジャー・デビューすることによって自分たちのビジョンが変えられてしまうことを恐れていたメンバーは、レコード会社の前に事務所を決めたいと提案し、当初はの個人事務所として設立していたを紹介してもらう。 1991年(メジャー・デビュー) - 1996年 [ ] 1991年、新宿シアターモリエールにて『"五千光年の夢" シアターコンサート Vol. 1』を開催。 ライブは東名阪ので同年9月のVol. 4まで全10公演を行った。 3月25日、ポリドールよりシングル『』と、アルバム『』を同時発売で。 翌月にはではアルバム収録曲の「ニノウデの世界」がのに選ばれたほか、『』では90年代型のとしてカラーで取り上げられるなどの注目を浴びるが [ ]、にはランクインしなかった。 その後、2ndシングル『』、オーケストレーションにを迎えた3rdシングル『』を発売し、2ndアルバム『』を発売。 初のホールツアー『CONCERT TOUR 1991 名前のないツアー』を開催した。 1992年、長谷川智樹を共同アレンジャーに迎えてオーケストラアレンジを施したミニ・アルバム『』を発売し、では一夜限りで弦楽奏者と共演したライブ『オーロラになれなかった人のために "蜜柑色の満月のもとで、まぼろしの物語を語ろう〜一夜限りの絵空事〜"』を開催した。 同年5月には公式の「スピッツベルゲン」 Spitzbergen が発足した。 同年夏にはツアー『"夏のお星サマ" ツアー』を開催した。 ツアー中に5thシングル『』を発売した。 1993年、3月から8月までの間にでマンスリーライブ『スピッツの春夏夜会』を開催。 また、初めて外部のとなるを迎えてのレコーディングを開始した。 6thシングル『』、4thアルバム『』を発売したほか、収録曲「」を7thシングルとしてし、初のオリコンチャート入りを果たした。 その後、ツアー『Spitz Crispy! Amazing Tour』を開催した。 同年夏には9thシングル『』を発売した。 5thアルバム『』は笹路正徳を再びプロデューサーに迎えて制作した。 また、収録曲「」を10thシングルとしてリカットした。 11thシングル『』がスピッツ初のオリコンチャートTOP10入りをすると、続く12thシングル『』もオリコンチャート初登場2位となり、ヒットした。 なお、『ロビンソン』はチャートに通算30週以上ランクインするとなり、になった。 スカンジナビア vol. では野外ライブ『レオマサマーカーニバル スピッツ "LUNA LUNA"JAMBOREE』を開催した。 6thアルバム『』はスピッツ初のオリコンチャート1位となり、ミリオンセラーとなった。 6thアルバム発売後は、翌年にかけて学園祭ライブを含むツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR "TONGARI '95-'96"』を開催した。 1996年、ドラマ『』主題歌に1994年発売の「空も飛べるはず」が起用され、再出荷したシングルがオリコンチャートで1位を獲得し、ミリオンセラーとなった。 また、13thシングル『』もミリオンセラーとなった。 14thシングル『』ではオリコンチャート初登場1位を獲得した。 7thアルバム『』発売後、翌年にかけてツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR '96-'97』を開催した。 1997年 - 2007年 [ ] 1997年、前年から続いているツアー中に15thシングル『』と4thアルバム『』収録の「」をドラマ主題歌起用に伴って新たにし、16thシングルとして発売した。 夏には野外ライブ『THE GREAT JAMBOREE '97』を開催したほか、スピッツ主催の音楽イベント『』を初めて開催し、恒例のイベントとなっていく。 その後、セルフプロデュースとなってアレンジャーに(当時)の棚谷祐一を迎え、17thシングル『』を発売した。 1998年は18thシングル『』、8thアルバム『』を発売した。 ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR '98 "fake fur"』にはとしてクジヒロコが初参加した。 ツアー中にはシングル『』を発売した。 1999年、元日に12cmCDでのEP盤『』を発売(2004年のスペシャル・アルバム『』発売に伴い製造中止)。 また、スペシャル・アルバム『』を発売し、「」をした。 ファンクラブ会員限定ツアー『Spitzbergen tour 1999 "GO! スカンジナビア vol. 2"』を開催した。 その後、バンドのサウンドを追求するため、セルフプロデュースによるレコーディングを行い、マイアミのエンジニア、 ()にを依頼するため、10月に渡米。 ロサンゼルスでは初の海外レコーディングを行い、マイアミでのミックスダウン後、再びロサンゼルスに戻ってを行った [ ]。 この時にマスタリングを担当したは、その後のスピッツに欠かせないエンジニアとなった。 ところが、同時期にがバンド側に無許可での発売を決定しており、メンバーにはマイアミでのミックスダウン直後、現地に向かった所属事務所の社長高橋信彦から直接伝えられた [ ]。 メンバーは『』の発売時、「ベストアルバムを出す時は解散する時」と公表していたため、公式ウェブサイトにお詫びの文章を掲載した。 こうしてベスト・アルバム『』は発売されたが、2006年1月に製造中止となるまでの間にチャートインを繰り返すとなり、累計売上枚数は200万枚を超えている。 2000年、をプロデューサーに迎え、シングル『』や『』、9thアルバム『』を発売した。 この年からは仙台でも『ロックロックこんにちは! 』を開催しており、恒例のイベントとなっていく。 2002年にはシングル『』『』を同時発売し、10thアルバム『』を発売。 また、スピッツの曲をした『』が発売された。 2004年、28thシングル『』を発売し、ファンクラブ会員限定ツアー『Spitzbergen tour 2004 "GO! スカンジナビア vol. 3"』を開催した。 また、スペシャル・アルバム『』を発売した。 ツアー中には30thシングル『』を発売した。 2006年、15周年を迎えてシングル・コレクション『』、『』を同時発売した。 なお、この発売を以って『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』を製造中止・廃盤とした。 同年7月には31stシングル『』を発売した。 また、スピッツの曲のイメージから製作された映画『』がYahoo! 動画で期間限定配信され、翌年には一部の劇場でも公開した。 2007年、ファンクラブ会員限定ツアー『Spitzbergen tour 2007 "GO! スカンジナビア vol. 4"』を開催したほか、結成20周年を記念してで『SPITZ結成20周年祭り』を開催した。 また、シングル『』『』、12thアルバム『』を発売したほか、メンバーが書き下ろした書籍『旅の途中』を発売した。 2008年 - 2017年 [ ] 2008年、34thシングル『』を発売。 仙台でのは10周年を記念して『ロックロックこんにちは! in 仙台 〜10th Anniversary Special〜』としてで開催した。 その後、35thシングル『』を発売した。 2010年、レコーディングしている新しいオリジナル・アルバムの発売前にツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2010』を開催した。 公式のチャンネルを開設した。 36thシングル『』を発売した。 in 仙台』は『ロックのほそ道』とタイトルを変更して開催していくことになった。 37thシングル『』を発売後、13thアルバム『』を発売した。 2011年、メジャー・デビュー20周年を記念したPV集『』 、LP盤『』の発売がの影響により延期となった。 ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR "とげまる2011"』は東日本大震災の影響やその影響によるの病気、急性ストレス障害 で中止になった公演の振替公演、それに加えて追加公演を行った。 同年夏には2度目となるアリーナツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2011 "とげまリーナ"』を開催した。 2012年にはスペシャル・アルバム『』を発売し、ファンクラブ会員限定ツアー『spitzbergen tour 2012 "GO! スカンジナビアvol. 5"』を開催した。 また、結成25年を記念してこれまで公式にリリースしてきた曲の一斉配信がスタートした。 2013年、38thシングル『』を発売。 また、14thアルバム『』を発売後、にて16年ぶりとなる野外単独ライブ『スピッツ 横浜サンセット2013』を開催した。 2014年、6thアルバム『』収録の「愛のことば」がドラマ主題歌に起用され、新たにした「」として配信限定でリリースした。 同年夏にはアリーナツアー『SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 "FESTIVARENA"』を開催し、バンド単独としては初の公演を行った。 2015年、横浜で2013年に開催した野外ライブを『スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-』として劇場公開し 、追加上映も行われた。 また、ファンクラブ会員限定ツアー『spitzbergen tour 2015 "GO! スカンジナビアvol. 6"』を開催したほか、配信限定シングル『』をリリースした。 同年末から翌年にかけては、1995年発売の6thアルバム『』をした『JUST LIKE HONEY 〜『ハチミツ』20th Anniversary Tribute〜』が発売された。 2016年には41stシングル『』を発売。 同年7月25日に15thアルバム『』を発売した。 2017年、結成30周年を記念したアリーナツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR "THIRTY30FIFTY50"』を開催。 シングル・コレクション『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』と『CYCLE HIT 1997-2006 Spitz Complete Single Collection』のリマスタリング盤、『』や3枚すべてを収録した記念盤『』(期間限定)を発売した。 また、とした()「SPITZ 30th ANNIVERSARY CAFE」が期間限定でオープンしたほか 、スピッツ初となるアートブック『スピッツのデザイン』 (当初は2017年11月末の発売予定が2018年2月に延期 )、ポータブルレコードプレーヤーを限定発売した。 2018年 - [ ] 2018年、によるラジオレギュラー番組『』が放送開始。 同年夏からファンクラブ会員限定ツアー『spitzbergen tour 2018 "GO! スカンジナビアvol. 7"』を開催した。 2019年、NHK連続テレビ小説『』主題歌に「」が起用された。 同年10月9日に16thアルバム『』を発売し 、同作を提げての全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020 "MIKKE"』を開催。 2020年、配信限定シングル『』をリリースした。 ディスコグラフィ [ ] シングル• (1991年3月25日)• (1991年6月25日)• (1991年10月25日)• (1992年8月26日)• (1992年11月26日)• (1993年7月25日)• (1993年10月25日)• (1994年4月25日)• (1994年7月20日)• (1994年10月26日)• (1995年4月5日)• (1995年7月7日)• (1996年4月10日)• (1996年9月9日)• (1997年1月29日)• (1997年4月23日)• (1997年11月27日)• (1998年3月18日)• (1998年7月7日)• (1999年4月28日)• (2000年4月26日)• (2000年6月21日)• (2001年5月16日)• (2001年10月11日)• (2001年12月12日)• (2002年8月7日)• (2002年8月7日)• (2004年1月21日)• (2004年11月10日)• (2005年4月20日)• (2006年7月12日)• (2007年4月18日)• (2007年8月1日)• (2008年11月5日)• (2009年8月26日)• (2010年6月23日)• (2010年9月29日)• (2013年5月15日)• (2014年7月15日)• (2015年4月15日)• (2016年4月27日)• (2019年6月19日)• (2020年6月26日) オリジナル・アルバム• (1991年3月25日)• (1991年11月25日)• (1992年9月26日)• (1993年9月26日)• (1994年9月21日)• (1995年9月20日)• (1996年10月23日)• (1998年3月25日)• 2000年7月26日• 2002年9月11日• (2005年1月12日)• (2007年10月10日)• (2010年10月27日)• (2013年9月11日)• (2016年7月27日)• (2019年10月9日) 出演 [ ] 映画 [ ]• スピッツ 横浜サンセット2013 -劇場版-(2015年3月21日) 劇場公開限定。 アンコール・追加上映も行った。 2020年5月15日、の影響により開催していた全国ツアーの公演延期等を受け、公式YouTubeチャンネルにてノーカットで公開した。 インターネット配信 [ ]• 」使用曲 運命の人 2014年 春の歌 「」CMソング フジテレビ系ドラマ『』主題歌 (カバー) テレビ東京系『』テーマソング 2015年 テレビ東京系『』エンディングテーマ 渚 「」CMソング 2016年 企業CMソング ロビンソン CMソング SUBARU「フォレスター」CMソング フジテレビ系ドラマ『』主題歌 2017年 スターゲイザー SUBARU「フォレスター」CMソング フジテレビ系『』テーマソング 映画『』主題歌 TBS『』オープニングテーマ 冷たい頬 TBS系ドラマ『』エンディングテーマ スパイダー さらさら 運命の人 2018年 スターゲイザー 『しろときいろ 〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』主題歌 「」WEB CMソング 2019年 NHK『』主題歌 「あなたの夢は、みんなの夢」篇 CMソング 受賞歴 [ ]• 『』優秀作品賞『』、ベストアルバム賞『』• 『』優秀アルバム賞『』• 第8回• 主題歌賞「」(ドラマ『』主題歌)• 第12回• 主題歌賞「」(ドラマ『』主題歌)• 第29回• 主題歌賞「」(ドラマ『』主題歌)• 『第11回日本ゴールドディスク大賞』ベスト5・シングル賞『』• 『第14回日本ゴールドディスク大賞』ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー『』• 『SPACE SHOWER Music Video Awards 08』BEST IMPACT VIDEO『』(監督:)• 『NexTone Award 2017』Gold Medal「」• 『NexTone Award 2018』Silver Medal「」 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2020年3月20日閲覧。 赤坂英人 2019年12月25日. Pen Online. 2020年3月20日閲覧。 2002年 スピッツ『名前をつけてやる 再発盤 』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2020年3月20日閲覧。 SPITZ OFFICIAL WEB SITE. 2019年5月10日閲覧。 PLUMCHOWDERlnc. 2017年11月22日. 2018年1月8日閲覧。 PR TIMES 2017年12月22日. 2018年5月29日閲覧。 ロッキングオン. 2020年5月16日閲覧。 ORICON NEWS 2017年4月14日. 2017年11月24日閲覧。 BARKS 2019年8月26日. 2020年5月16日閲覧。 grape. 2020年5月19日閲覧。 2017年7月2日. 2019年5月10日閲覧。 2018年5月27日閲覧。 2019年5月10日閲覧。 606-607. 2019年5月9日閲覧。 rockin'on. com. 2007年6月27日. 2019年5月8日閲覧。 ナタリー 2007年10月31日. 2019年5月7日閲覧。 2009年1月20日. 2019年5月7日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2009年10月15日. 2019年5月6日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2010年4月28日. 2019年5月6日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2010年5月5日. 2019年5月6日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2011年2月28日. 2019年5月8日閲覧。 rockin'on,com. ロッキング・オン 2011年3月23日. 2019年5月8日閲覧。 ナリナリドットコム. Narinari. com 2011年3月28日. 2019年12月30日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2011年7月25日. 2019年5月8日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2012年7月5日. 2019年5月6日閲覧。 BARKS 2013年9月18日. 2019年5月7日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2014年6月24日. 2019年5月8日閲覧。 BARKS 2014年7月10日. 2019年5月7日閲覧。 BARKS 2015年2月13日. 2019年5月7日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2015年5月21日. 2019年5月6日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2015年5月17日. 2019年5月8日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2015年4月10日. 2019年5月8日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2015年12月1日. 2019年5月8日閲覧。 com 2016年3月14日. 2019年5月19日閲覧。 音楽ナタリー 2016年5月9日. 2019年5月19日閲覧。 音楽ナタリー 2016年8月29日. 2019年5月19日閲覧。 BARKS 2016年8月29日. 2019年5月19日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2017年1月25日. 2019年5月8日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2017年6月14日. 2019年5月6日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2017年8月24日. 2019年5月6日閲覧。 2017年11月14日. 2019年5月10日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2017年6月23日. 2019年5月8日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2017年12月22日. 2019年5月8日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2019年4月1日. 2019年5月10日閲覧。 rockinon. com. 2019年9月7日閲覧。 2019年7月16日. 2020年4月30日閲覧。 音楽ナタリー 2019年7月26日. 2020年4月30日閲覧。 音楽ナタリー 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 ロッキング・オン 2019年9月16日. 2020年4月30日閲覧。 タワーレコード 2019年9月27日. 2020年4月30日閲覧。 2017年7月5日. 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2008年7月16日. 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2009年7月3日. 2019年5月7日閲覧。 プレスリリース , , 2010年5月31日 , 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2010年6月1日. 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2010年9月1日. 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2010年10月1日. 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2011年10月13日. 2019年5月7日閲覧。 PDF プレスリリース , 三井生命保険, 2012年5月15日 , 2019年5月6日閲覧。 BARKS 2013年3月29日. 2018年5月29日閲覧。 BARKS 2013年5月8日. 2018年5月29日閲覧。 ナタリー 2013年8月23日. 2018年5月29日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2013年9月30日. 2019年5月7日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2014年4月14日. 2019年5月8日閲覧。 ナタリー 2014年6月24日. 2019年5月7日閲覧。 BARKS 2014年6月24日. 2019年5月7日閲覧。 ORICON NEWS 2015年3月14日. 2019年5月7日閲覧。 BARKS 2015年4月10日. 2019年5月7日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2016年6月23日. 2018年5月11日閲覧。 2018年5月11日閲覧。 BARKS 2017年4月3日. 2019年5月7日閲覧。 ナタリー 2017年6月13日. 2019年5月7日閲覧。 ORICON NEWS 2017年10月3日. 2019年5月7日閲覧。 rockin'on. com. ロッキング・オン 2017年7月31日. 2019年5月6日閲覧。 ナタリー 2017年7月19日. 2019年5月7日閲覧。 BARKS 2018年2月16日. 2018年5月29日閲覧。 ナタリー 2018年2月16日. 2018年5月29日閲覧。 2018年6月6日. 2019年5月10日閲覧。 ナタリー 2019年2月19日. 2019年2月19日閲覧。 rockinon. com 2019年9月20日. 2019年10月15日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 BARKS 2008年3月16日. 2019年5月10日閲覧。 2019年5月7日閲覧。 NexTone. 2019年5月7日閲覧。 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• spitzmobile -• - チャンネル•

次の

サモエド | 一般社団法人 ジャパンケネルクラブ

さも スピッツ

スピッツ。 神経質で弱い犬ほどよく吠えると言われますが、いまだに不思議な名前だと思います。 日本経済の発展時での番犬として活躍したものが、性格が改良されて、今に至る経緯。 私がその名前を明瞭に認識しましたのは犬としてではなく、バンド名としてで、リアルタイムではまさしく「ロビンソン」というシングルの時でした。 高校のころ、進学校特有のほのかな虚無と倦怠感、そこで持て余していました自意識にこんがらがりながらも、FMでその曲をエア・チェック、いわゆる、カセットテープに録音して何度も聴き、発売日に今はもう見なくなりました短冊型の8cmシングルを手に入れました。 1995年のこと。 CDや日本の音楽シーンは好況で、小室系、ビーイング系、J-POP、ミスチルの社会現象化、色んな大きなうねりが起こる中で、彼らはやはり地味で、あくまで私の周囲でも聴いている人は少なかったのを憶えています。 『ハチミツ』 アート・スクール出身の詩的でどこか頽廃的でエロティックな歌詞と、分かりやすさとオルタナティヴを行き来するさま、基本はキャッチーなメロディーを軸に、あの草野マサムネさんの清涼感とだけでは形容できないような、不穏な透いた声。 あの方の声をそのまま、清涼感として捉えるには無理があると想いますのは、トム・ヨークの「声」がデフォルトでは決してない、そういうロックの雑味の中での歪みが見えるからです。 ほぼ確実に、意味形成性を為すと含意し、響きだけではないものということ。 聴き手の意味形成は音楽と実は、他の物が混ざり、メッセージを逸れるのではないか、と敷衍しますと、「歌のうまい」唄い手が必ずしも届く何かを持っている訳ではない、という倒錯も生まれ得ます。 「ロビンソン」でも、汎用できるかもしれない音楽言語とは微妙に差異があります。 想い出のレコード、河原の道を自転車で走るという四畳半的な日常に、ふとカール・ユングのシンクロニシティ(共時性)に近い概念、「同じセリフ 同じ時 思わず口にするようなありふれた魔法」で一気に、二人だけの国へ飛翔する訳ですが、そこで草野さんの声の《きめ》はやはりポイントなのだと感じます。 いまだに、「ロビンソン」という曲が本当にじわじわと100万枚を越え、気付けば、あっという間に巷間に拡がっていったというのはよく分からないところもあるのですが、発売日に買いましたシングルは時間差で色んな方に貸しましたり、巡ることになっていました。 実際のところは、今でもライヴでも後半の定番で、そのシングルに入っており、当初、A面になるとの意向でした「俺のすべて」が好きでした。 燃えるようなアバンチュール、という語韻的な響きが奇妙な歌詞。 そして、彼らの在り方が端的に顕れていると思われますブルーハーツから影響、要は、根はパンクに溢れた天邪鬼な精神性が溢れました、これまでどおりの彼らともいえただからです。 社会的にマイノリティのために音楽があるとしたら、おそらく小文字の美学を追求していきながらも、危うくも姿勢がブレないところがスピッツというバンド名に集約されているのかもしれません。 ブレイク前後に大阪のメルパルク・ホールという場所でのライヴに行きましたが、演出、MCから派手さもないといいますか、至って普通のロック・バンド然とした素朴な佇まいでした。 それは今、大きな規模で観てもライヴ・ハウスで観てもほぼ変わりません。 また、スピッツを語る際には、ボーカルの草野氏の、描写される詩の体系は欠かせないでしょう。 ポール・ヴェルレーヌ、アルチュール・ランボオ、シャルル・ボードレールなどの詩を日本語訳で触れたときの滑らかな背徳と、日本語の幻像に拘った有様には、亡き心理学者の河合隼雄氏が、日本人に潜む母性の構造や集合的無意識のカット・アップだけでは日本人の心性とは遠心性を孕んでしまうのではないか、という問いを再考させてもくれるようなところがあります。 彼らは積極的に「社会」の中に居ながらも、生物としてエロスとタナトスに引っ張られる音楽で、無産、頽廃さえも刺激します。 エロスとは深く潜りましたら、生命力であり、タナトスに含まれます退行の衝動もそういうものなのかもしれません。 生命力とは誰かを蹴落とすことなのかとの問いへの背進も見受けられます。 振り返りますに、初期の彼らは大いなる無為を歌っていました。 アート・パンク的な要素が強い1991年のファースト・アルバム『スピッツ』では武骨なバンド・サウンドをベースに幻惑的なフレーズが行き交います。 1991年には犬のスピッツも神経質でよく吠える犬として先進化する社会でよそ者の扱いになりつつあり、1,000頭を割り込んだと言われます時期です。 『スピッツ』で、もはや、彼らは発展的な何か、意味そのものを諦めているかのような、対・世界への意思が放棄されているような要素があります。 『名前をつけてやる』 自省、好戦性、他者への閉じたような切実な願望、シュールな暴力的詩性。 それでも、今でも歌われますメジャーデビュー・シングル曲「ヒバリのこころ」では「僕らこれから強く生きていこう 行く手を阻む壁がいくつあっても」というストレートな表明がなされるという捻じれ。 ヴィジュアル的にも浪人生のように線の細く華やかさとは少し無縁のような今で言います草食系みたいな四人のシルエット、メンバー自身がライド歌謡(注:ライドとはUKのバンドでシューゲイジング・サウンドを鳴らしていました)とその後、言っておられたように、その言葉は良い意味ではなく一部メディアでは援用されましたり、フリッパーズ・ギターなどの存在によります洋楽的センスをスマートに咀嚼する瀬にて、同年に510組がメジャーデビューしたバンド・ブームの中でも目立たなかったのは想うだに余りあります。 ゆえにでもないでしょうが、多数の作品と模索を重ねる軌跡がその後も見てとれます。 マイ・ペースに自分たちの音楽性を更新してゆきながら、もっと多くの人に愛されるポップネス、華やかさを意識しだしたともいわれます1993年の『Crispy! 』では、それまでにない躁性と分かりやすさが地表化していますが、やや無理をしたともいえないでもない箇所も散見されます。 シンセ、ホーンが彩りを加え、拡がりを増しました音楽語彙に、特異な草野さんの日本語詩が折衷された奇妙な質感があったものの、今聴き直しましても、その変化の展開が急速だったのかもしれません。 明日の朝 僕は船に乗り 離ればなれになる 夢に見た君との旅路は かなわない (「君が思い出になる前に」) 劇画的でフィクショナルだと致しましても、具体性を増した語彙にはその後の彼らを思いますと、表現の幅ではなく、無比の固有性を付与したということも言えるのではないでしょうか。 だからこそ、当時におけます原点回帰みたく5作目のオリジナル・アルバム『空の飛び方』でいよいよ巷間の評価は高くなり、それまでにないセールスに結実します。 バンドとは、やむを得ぬ状況で変節、休止、脱退も起きてしまう有機組織体であり、オリジナル・メンバーでずっと続けられるというのはなかなか難しくも、彼ら、草野マサムネさん、三輪テツヤさん、田村明浩さん、崎山龍男さんの並び、サポート・メンバーの方が入りましても、基本はバンドとしての佇まいと程よい関係性、空気感がいつもステージから感じられるのは微笑ましくも、強固な紐帯も可視できます。 詩・曲はメインに草野さんが書かれますが、ライヴでは誰かだけが突出しているという訳ではなく、スピッツはやはりあの四人だということ。 ただ、運命共同体というのではなく、あくまで、バンドとしての立ち姿があの、四人、そんな感じがします。 『フェイクファー』 そこで、冒頭に巡りますが、「ロビンソン」のブレイク、その後の「チェリー」、「空も飛べるはず」のリバイバル・ヒット、社会現象的な規模で愛されるようになり、過去作も聴き返されるようになるなど、1990年代半ばのJ-POPシーンの好況の内側に成功者(/外れ者)として在り続け、巷間への訴求性は増していながらも、1996年の『インディゴ地平線』、1998年の『フェイクファー』というアルバムには明らかに苦悩の痕が残ってもいます。 現実的、直截的な描写とオルタナティヴな尖りが矯められてしまったかのような曖昧さといえましょうか。 曖昧さも彼らの良い点ですが、やはり、エロスとタナトスに引き裂かれる極端なところも魅力である中、ブレイクの余波でマイ・ペースが崩されてしまったような気も致します。 その中、1998年の「冷たい頬」というシングルの1曲は私にとりましてはいまだに衝撃の強いもので、歴代のシングルの中では隠れている方ともいえますが、リリカルで繊細なメロディーに紡ぎ上げられる何か、にはスピッツでしか表せないものがあったという想いがあります。 そこでの二人は、「ロビンソン」のときの「二人だけの国」ほどの壮大性もなく、あくまで二人だけのルールで、それ以外を阻害するほどの残酷なまでの境界線も敷きながら、その背後の覚悟に準拠されてもいます。 この翌年、1999年の元旦にリリースされました『99ep』内の「魚」という曲では、「コンクリートにしみ込む 冷たい陽とさまよう ふるえる肩を抱いて どこにも戻らない」と悲壮なまでに吐露されていますように。 『おるたな』 当初から、小さな午後でうたた寝をしていたいことやせわしない世における無為と愛、性的何か、脳内での妄想を現前させてきた彼らですから、「ロビンソン」以降のイメージを自ら以前に引き戻すかのような気配がありました。 シングルで入っていながらも、アルバムに収録されていなかったり、提供曲やオマージュを捧げる曲のセルフ・カバーやレア曲を集めましたシリーズが1999年の『花鳥風月』から始まります。 これは、その後も2004年の『色色衣』、2012年の『おるたな』と続き、決して、オリジナル・アルバムに遜色のない、むしろ、都度の意図が明確に可視化出来ます内容になっています。 さて、激動の90年代を越えました彼らはメジャーデビュー、下積み、ブレイク、模索と一気に多くのものを経験しましたディケイドといえましたが、00年代にてそれまで/これからの分岐、ときにこれだけのポピュラリティを保持したバンドとしては意欲的な試行という歩みが見られます。 2000年の「ホタル」でシーンに、再び還ってきましたとき、安心感と不安定さ、同時に音響の妙が明らかに違っている節があり、それは当時、スクーデリア・エレクトロのメンバーでありました、プロデューサーの石田ショーキチ氏やエンジニアとして寺田康彦氏の手腕にも依り、その「ホタル」を経ての「メモリーズ」で一気に野心的な舵取りを切ります。 スピッツのトレードマークとも称されます草野さんの歌声に徹底的にエフェクト加工を施し、ほぼ語呂だけで無意味ともいえます歌詞、ザラッとしたオルタナティヴ・ロック、おおよそ、シングル向けじゃない曲ともいえました。 見えそうなとこでハラハラ あなたのために蝶になって 右手に小銭ジャラジャラ あなたのために蝶になって 気の向くままにフラフラ あなたのために蝶になって 飛んでいけたなら・・・ (「メモリーズ」) 初期からの曲に「鳥になって」という曲がありましたが、ここでの「蝶になって」とは示唆深く、浮遊、漂流するための00年代に対しての自己対象性があったといいますと、穿ちすぎかもしれませんが、「ロビンソン」や「チェリー」の誰ものための耳触りの良い心優しいバンドではなく、天邪鬼なバンドとしての原基を取り戻そうとしたとも換喩出来る可能性はあります。 経ての、同年9枚目のオリジナル・アルバム『ハヤブサ』は現在にも繋がってきますスピッツの底意地が刻印されましたエッジの尖った内容になっており、生々しさも大事にされています。 このアルバムから軽快な「8823」は今でも、ライヴの定番です。 ストーキングの唄から、捻じれたラブソング、被害妄想めいた独白、壮大で実験的なものまで、やりたい放題といった感じでして、この『ハヤブサ』が作られた/作られない、できっとスピッツの評価軸、歴史とは変わってしまっていただろう転機作になっています。 「8823」に込められた想いは草野さんのみならず、スピッツにとっての新たな「ヒバリのこころ」のような感慨も受けました。 あの塀の向こう側 何もないと聞かされ それでも感じる 赤い炎の誘惑 誰よりも速く駆け抜け LOVEと絶望の果てに届け 君を自由にできるのは 宇宙でただ一人だけ (「8823」) 『三日月ロック』 さらに、君を「不幸」にできるのは宇宙でただ一人だけ、というフレーズ反転、クズと呼ばれても笑う、という箇所までの鮮やかな疾走/失踪。 ストリングスを豪奢に取り入れました曲やより汎的に届きやすい曲も増えたことは確かですが、例えば、2004年の「正夢」では解散しましたUKのバンド、オアシスのような大陸的で雄大なメロディーでゴージャスなアレンジながら、愛の縁に立ち、恋愛下のトランシーな精神状態を指して、「ずっとまともじゃないってわかってる」気持ちを歌っています。 ずっと、まともではなかったスピッツはそう分かりながら、続いてゆきます。 ここで、スピッツは「ロックロックこんにちは!」というイベントを主催していることを記しておこうと思います。 「ロックロックこんにちは!」とは、都度、スピッツが主体となって運営し、彼ら自身が興味深いアーティストやバンド、仲の良い人たちを招聘することが多いイベントですが、記念的なものを含めて、ほぼライヴ・ハウスのサイズでしか行なわれません。 過去には、くるり、クラムボン、POLYSICS、GRAPEVINE、奥田民生氏、syrup16g、ORANGE RANGE、フジファブリック、いきものがかり、サンボマスター、ザ・ボウディーズなど多岐に渡るメンツが揃っていますが、どことなく馴れ合いの意味を避けるようなオルタナティヴ性の強いフックアップが行なわれています。 私もこのイベントは何度も足を運び、印象深かったのは、2006年の大阪、泉大津での10年目を祝っての野外でのものでした。 奥田民生氏、KRAVA、ジェイク・シマブクロ、真心ブラザーズ、吉井和哉氏、レミオロメン、ミスターチルドレンといったビッグ・ネームと並びながら、それぞれがスピッツという存在へそれぞれのリスペクトを見せ、フラットにライヴを行ない、トリをおさめたスピッツもあくまで自然体で気負いのないパフォーマンスでした。 しかし、完全に国民的ロック・バンドと評されるようになってから以降のミスターチルドレンがあれだけ、何かしらのアウェイ性を持っていたライヴというのは奇妙でもありました。 スピッツの本案ではない、代案性(オルタナティヴ)の滲み方がはっきりと感じ得ました瞬間だったかもしれません。 『とげまる』 録音作品とライヴの未分化が進んでゆくのが00年代後半です。 まるでアルバムはライヴでの再現するためのスケッチ集のように、同時に、ライヴの一回性で新曲を発表し、これまではイベント以外では行われませんでしたアリーナ公演もついに2009年に為されることになり、ライヴ・ハウスをメインにするがゆえに、それまでファン以外チケットが取れなかった彼らを多くの方が観られるようにもなりました。 DVDと付属の形ですが、ライヴ盤も出るようになってきたのがこの頃からです。 2010年の『とげまる』というアルバムに関しましては、先行シングルの展開、ライヴ・ヴァージョンでの収録曲の披露など独自の戦略性が見え、現場とダイレクトな衝動を優先するロック・バンドとしての本懐に立ち返った、そんな印象も受けます。 キャリア的にはもう十分に大御所であるのに、どことなく覚束ない足もと、さらには、名前どおりに神経質に吠える裏での弱さに付随した頑なな職人のような佇まいは変わらずに。 『さらさら/僕はきっと旅に出る』 こう記してきましたら、スピッツとは、サザンオールスターズ、ミスターチルドレンなどと並べられてもいいかもしれなくても、似ているようで特異なのは、「ロビンソン」然り、シンガロングを求めるというより、拒む、つまりは個人が各々の胸の内に彼らの唄を噛みしめる、そんなところがいまだに、あるからです。 だからこそ、アリーナ公演でも大熱唱が起こる訳でもないのは彼ららしく、ただ、その場に居ました一人ひとりにはどこかの彼らの、どの時期かのどの曲を大事に、大事にしているような気も致します。 頑なにマイ・ペースで変わらないバンド、と一部では評されます。 しかし、この短い文章の筆致内で感じ取られたら幸いですが、細かく変わってゆくことで軸が在るのだという気がします。 この春に届けられました新しい曲の「さらさら」でも、切なく凛然と、スピッツとしか言いようのない曲になっていますが、詩は「あかりちゃん」などと同系統の明らかに今の日本の状況への慮りが色濃く出ています。 きっと、その後のアルバム、ライヴでは「さらさら」も一部分であるのでしょうが。 最後に、「さらさら」と以下の初期のこの曲の歌詞との結び目が長い歳月を越えたメビウスの輪のように私の中で、解釈が浮揚します。 違う角度から、再確認のように彼らのことに対しての認識の補助線になりましたら、この原稿を通じ、多くの方々に、白い花と陽光が降りやまない日々が続きますように、ささやかな願いを添えます。 大阪府出身。 今春は桜を多く観ましたり、環境変化に追われる中で過ごしながら、ワインが美味しくなってきました。 新しい眼鏡をスペア含めて、何個か買おうと悩み中ですが、つい掛けやすい眼鏡に回帰してしまいます。 音楽では、ヴァンパイア・ウィークエンドとフェニックスの新譜が素晴らしかったです。 こんな時代こそ音楽は必要だな、と心から思います。

次の