ナットレイ はたきおとす。 【ナットレイ育成論】HAいのちのたま持ち、超攻撃型ナットレイ/対策と弱点も解説|ポケモット

【ポケモン剣盾】ナットレイの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ナットレイ はたきおとす

ナットレイの育成論 ナットレイの育成論は大きく分けて2つ存在します。 こだわりハチマキ、とつげきチョッキ型• 性格:ゆうかん• 特性:てつのとげ• 持ち物:こだわりハチマキ or とつげきチョッキ• 努力値:HA252 D4• 性格:のんき• 特性:てつのとげ• 持ち物:たべのこし• 努力値:HB252 D4• 残りは攻撃か防御に振ることになると思いますが、育てたい型によって性格も決めておくと良いでしょう。 高い耐久で迎え撃つ重戦車型にしたい方は『ゆうかん』を、鉄壁ボディプレスのコンボを狙いたい方は『のんき』を選んでおくと良いと思います。 テッシードは夢特性も『てつのとげ』であり、ナットレイに進化したタイミングで『きけんよち』に変化します。 知らず知らずのうちに夢特性の個体を育ててしまっているケースもあるので、ナットレイの特性が『てつのとげ』になっているかよく確認するようにしましょう! ナットレイの持ち物は構築と相談しよう! ナットレイはその優秀な種族値とタイプで、炎タイプの攻撃以外であれば大抵の攻撃を1発は耐えることができます。 攻撃を耐えた後に高火力の『ジャイロボール』で反撃できる『こだわりハチマキ』、 特殊受けとして運用しやすくなり、また不意の炎技にもある程度対応可能になる『とつげきチョッキ』、 『てっぺき』や『やどりぎのタネ』を駆使して居座ることを目的とするケースで強力な『たべのこし』 このあたりの持ち物を構築と相談しながら持たせることになると思います。 努力値はHA、またはHBに特化するのがおすすめ! 鉄壁ボディプレス型ではなく、『こだわりハチマキ』や『とつげきチョッキ』を使った型を採用する場合には低い攻撃を補うためにHAベースで努力値を振ることになるでしょう。 『ジャイロボール』の最大威力は150もあるため、攻撃を伸ばしておく恩恵は大きいはずです。 一方、ナットレイをボディプレス主体の型にするのであれば、火力と耐久を両立できるHBに特化するのがベストになるでしょう。 おすすめの技 ナットレイのおすすめの技を紹介します。 ジャイロボール 最大で威力150にもなる『ジャイロボール』はナットレイと相性の良い技で、鉄壁ボディプレス型でも採用されることがあります。 最遅である 素早さ実数値『22』の個体を用意できれば、相手の素早さが『132』以上のときに威力150を発揮できるようになるので、この技を採用する際は素早さのなるべく低い個体を厳選するようにしましょう! パワーウィップ 草技には命中安定な『タネばくだん』や『タネマシンガン』もありますが、威力の高い『パワーウィップ』がおすすめです! 『だいもんじ』と『かえんほうしゃ』のような微々たる違いであれば、好みで命中安定のものを選べば良いのですが、 『パワーウィップ』は威力120、命中85 『タネばくだん』は威力80、命中100 と、僅かな命中難と引き換えに威力が1. 5倍も違うとなると、さすがに無視できないでしょう。 また、もう1つのメインウエポンである『ジャイロボール』が命中100の技なので、ナットレイの草技は『パワーウィップ』で問題ないと思います。 ボディプレス ナットレイは防御の種族値が『131』もあり、『てっぺき』も覚えるため『ボディプレス』ととても相性が良いです。 防御に努力値を振っていなくてもそこそこの火力が期待できるので、『とつげきチョッキ』を持たせた場合などでも採用していける技となっています。 てっぺき 『てっぺき』を採用する場合は『ボディプレス』とセットで採用すると良いでしょう。 耐久の底上げと同時に『ボディプレス』の火力も上げられる一石二鳥の強力なコンボとなります。 ナットレイの弱点の1つである『かくとうタイプ』は物理技に集中しているため、『てっぺき』を積むことにより炎技以外で致命傷を負うことがほとんどなくなるのも強みと言えるでしょう。 やどりぎのタネ 『やどりぎのタネ』は鉄壁ボディプレス型における回復のリソースとして相性の良い技です。 命中が少し不安定ではありますが、それを差し置いても採用する価値のある技と言えるでしょう。 まもる ダブルバトルで『まもる』を使いながら、隣のポケモンで炎技を使うポケモンを処理するルートを取っていけると強いです。 『やどりぎのタネ』や『たべのこし』とも相性がよく、通称「やどまも」と呼ばれるコンボも狙っていけるため、シングルでも採用の余地がある技となっています。 はたきおとす 相手の持ち物を無効化できるようになる『はたきおとす』も魅力的です。 技スペース的にも、チョッキ型で採用する場合にはほぼ採用することになるでしょう。 ステルスロック ナットレイはガラル地方では希少な『ステルスロック』を覚えるポケモンの1匹でもあります。 シングルで起点作りを狙っていく型を考えている場合は採用していくと良いでしょう。 ナットレイの対策 ナットレイは炎タイプが4倍弱点なので、炎技を当てていくことが重要になります。 炎タイプの技を積極的に採用する 『マジカルフレイム』や『かえんほうしゃ』、『ほのおのパンチ』など、炎技は多くのポケモンに配られているため、これらの技を積極的に構築に取り入れておくと対処が楽になります。 技の構成を少し意識するだけで簡単に対策できるので、構築のパワーをほとんど落とすことなく自然に組み込めます。 『おにび』を当てる ナットレイの特攻の種族値はわずか『54』しかないため、ほとんどのナットレイは物理型であることが想定できます。 ナットレイに『おにび』を入れて「やけど状態」にすることで、こだわりハチマキやチョッキ型は機能停止に追い込めますし、鉄壁ボディプレス型であっても『たべのこし』の回復量を相殺できるため、かなり対処しやすくなります。

次の

【単体考察】ナットレイ【ダブル】

ナットレイ はたきおとす

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるナットレイの育成論と対策について掲載しています。 ナットレイのおすすめ技や性格、厳選方法や、やどりぎ・はたきおとすといったタマゴわざ遺伝の流れについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 目次• 高い防御と特性のてつのトゲを活かして物理アタッカー、特に接触技を使用するポケモンに対して強く出られます。 豊富な型から読まれないポケモン 耐久ポケモンとしても複数の型があり、耐久型だけでなくアタッカーとしても使われるポケモンです。 最大威力150の一致技を持つため耐久をしつつも相手のポケモンに圧力を掛けられる点が優秀です。 環境に多い物理アタッカーを受けつつ有利な状況を展開していく型となっています。 また、ゴツゴツメットを持ちダメージソースとする型も一定数いるので特殊アタッカーで処理するのがベストです。 ほのお技で突破 耐久が高いポケモンなので4倍弱点を的確に突いていきたいです。 今作ではめざパがなくなってしまった代わりにめざパより威力の高い「マジカルフレイム」を取得したポケモンが多いのでこちらで対策をしましょう。 特攻実数値108の不一致マジカルフレイムで確定2発 特攻実数値117の不一致マジカルフレイムで確定2発 素早さの低いポケモンがおすすめ ナットレイは最遅調整をすることで素早さ22とかなり遅いポケモンです。 どれぐらい遅いかというと レベル15のメッソンよりも遅いです。 その遅さから放たれる一致ジャイロボールはかなりのダメージになります。 トリル下でなければ基本的にこちらが先に動けるので上記のほのお技を覚え、素早さの低いブリムオンがおすすめです。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は特攻、素早さを除く4V。 素早さはできることなら0の個体を厳選したいところです。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。 ナットレイのやどりぎ・はたきおとす両立チャート ナットレイを育成する上で、、といったメジャーなわざがタマゴわざとなる点には注意が必要です。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【ポケモン剣盾】ナットレイの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ナットレイ はたきおとす

入手方法はレベルアップのみで、ゲーム中で野生の個体に会う事は出来ない。 金属ののような身体を持つポケモンで、鋼の表面には太いトゲが幾つもついている。 頭の天辺からは先端が鉄の爪になった3本の蔦が生えており、振り回して叩きつけると大岩も粉砕できる破壊力を持っている。 モチーフはテッシード共々と思われる。 みんなが待ち望んでいた との複合タイプを持つポケモンで、ポジション的にはに似ているが、一部の点ではフォレトスよりも強力。 ちなみに『BW』当時はゲーム中では他のトレーナーが一切使用しないので、図鑑が埋まらず知らなかったプレイヤーもいたとか。 普段はの天井に張り付き、下を通る獲物に向かってトゲを打ち込み襲い掛かる。 攻撃対象が獲物なので恐らく肉食で、植物だがやってくることは巣を張らない蜘蛛のソレ。 「」も覚えるので、待ち伏せしている間は地中 天井 からも栄養を取れるのだろう。 何気に110kgもある体重を天井にぶら下がる形で支え続けることが可能な持久力と、その体重を地上では持ち上げる力を持っている結構パワフルな奴である。 無論、移動も可能であり、触手を動かして手足の代わりにすることもある。 『BW』では屋内でも屋外でも天井に張り付いたグラフィックになっていたが、『XY』等の3Dモデルでは地面に張り付いた姿になっている。 なお公式イラストは前者。 アニメーションは触手の張力を利用した体当たりで、当たると非常に痛そうである。 は全体的にがかった体色がに変わる。 ゲーム上の特徴 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 74 94 131 54 116 20 ぼうぎょ種族値"131"、とくぼう種族値"116"と弱点の少なさに相応しい耐久型のステータスを持つ。 耐性の多さに優れるのに弱点は 4倍 と 2倍 しかない。 そこにくさタイプは状態異常の粉技・やどりぎのタネ・キノコのほうしが無効、はがねタイプはを無効するというタイプの特徴も合わさって、タイプだけでもかなり優秀な個性を持つ。 特性は殴ってきた相手のHPを削る「」。 この特性はの「」と全く同一の効果だが、ナットレイの耐久力のおかげでサメハダーのそれと同一とは思えないほどの効果を発揮する。 また、耐久に秀でているポケモンではあるが何気にこうげき種族値も94あり、習得技も「」「」「」「」「」など高威力で安定してダメージを与えられるものや優秀な追加効果を持つものが揃っている。 特化最大威力の「ジャイロボール」は の「」と同等の火力指数を持つ。 「」や岩タイプ技をあまり覚えないこと、「」が「ジャイロボール」と相性が悪いこともあり、Zワザ前提だが「」も選択肢に入る。 これにより「」を持って奇襲しても強い。 耐久と火力を兼ね備えているのでかなり強力。 余談だが何故かは分からないが特殊技は「」や「」も撃てる。 くさででんき技を覚えるのはでんきタイプを併せ持つを抜けばかなり珍しい事例。 はがねタイプは機械的なポケモンなら撃てる事も多々あるが・・・。 補助技も技マシンで「」「」、タマゴ技で「」「」「」と優秀なものばかりで 全く無駄が無い。 しかしなぜか「」を覚えられず、開発途中は性別不明だった可能性が窺える ちなみに同作で逆にが居る。 なお第8世代になり、ようやく「メロメロ」を習得できるようになった。 すばやさの種族値はたった"20"しかないが、ここまで低いともはや一種の長所。 高火力のジャイロボールはもちろん、でも活躍ができ、「」とのシナジーも抜群である。 ただし、この場合やることがバレバレすぎてを無償降臨させてしまうこともしばしばある。 このような性能から、登場当時から現在に至るまで対戦環境での使用率がかなり高く、こいつの為だけに 特殊アタッカー「」炎を採用するトレーナーも多い。 素早さをVにできなかった第6世代ですら高速アタッカーにめざ炎を採用するトレーナーが多かった辺りこいつがどれだけ脅威であったか窺い知ることができる。 別名めざ炎ホイホイ。 相性が良いポケモンも多く、BW初期ではブルンゲルとの組み合わせで名を馳せ、現在もノーマル、いわ、ドラゴンなどの半減を買われて様々なポケモンとの組み合わせが散見される。 しかも第7世代では特に強いフェアリーの代表格である カプの主力技を複合したタイプだけで全て半減するという個性まで持った。 ここに来て、草タイプの耐性が改めてこのポケモンのお陰で日の目を見たのである 半減出来ないエスパーとフェアリー技も鋼タイプで半減する。 一方で同タイプのが登場したものの、あちらは役割が違うのであまり気にしなくても良い。 更に第8世代にて、なんと技一覧から めざめるパワーそのものが消滅。 どうやっても誰も彼も覚えることができなくなってしまった。 そのため剣盾においてナットレイをどうにかするには ・ほのおタイプのポケモンを出す ・ほのお技を覚えたポケモンを出す ・なんとかゴリ押す くらいしかまともな対抗策が無くなってしまった。 2倍弱点のかくとうタイプですら対面で嫌な顔をするというのに、環境の変化がこうも追い風になろうとは・・・。 ちなみにこれだけ優秀なポケモンでありながら、合計種族値は 489しかない。 最終進化形としてはお世辞にも高いとは言えない数値で、ポケモンにおいて重要なのは種族値の合計よりもその配分とタイプと習得技だという事がよくわかる一例である。 は泣いていい。 なお、ナットレイ同士のミラーマッチになった場合、めざパ炎がないとお互いに有効打がなく泥仕合確定となるので注意。 「はたきおとす」があれば多少は違うが互いに互いを傷つけ合うこと請け合い。 ところが第8世代ではを習得し、幾分良くなった。 隠れ特性は「きけんよち」。 死に特性とまでは言わないが、通常特性の方が圧倒的に便利である為まずお目にかからない……のはよいのだが、入手方法がかなり鬼畜で XYのフレンドサファリ限定(BW時代には隠れ特性存在していない)かつ テッシードから進化させないと隠れ特性かどうか分からない(テッシードの隠れ特性は通常と同じ「てつのトゲ」)というとんでもないハードルが待ち構えている。 もちろん孵化した時も同じで、「進化させないと隠れ特性かどうか分からない=孵化した後レベルを 39も上げないと分からない」という頭が痛くなる仕様。 殆どのプレイヤーはこの特性をバトルで使うことがないだろうので狙って孵化することはないだろうが、フレンドサファリで高個体値のテッシードを捕まえてから孵化する場合は要注意。 を持つ トレーナーが稀にGTSやミラクル交換で隠れ特性をばらまくため、 親に使おうと思った他人産個体や、XYのサファリ産個体は 必ず一度進化させてそいつが隠れ特性でないかどうかを確認すること。 でないとせっかくいい個体値のテッシードが生まれても 進化させたら「きけんよち」でしたということになりかねない。 関連イラスト pixivision• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 19:33:42• 2020-07-18 19:33:04• 2020-07-18 19:32:22• 2020-07-18 19:32:18• 2020-07-18 19:32:17 新しく作成された記事• 2020-07-18 19:30:47• 2020-07-18 19:21:14• 2020-07-18 19:19:19• 2020-07-18 19:16:21• 2020-07-18 19:05:50•

次の