膀胱炎 市販薬 おすすめ。 [医師監修・作成]膀胱炎の治療法:抗生物質は必要?漢方薬や市販薬は効くのか?他にも上手な治し方はあるのか?

膀胱炎の症状・原因・治し方を泌尿器科医が解説。市販薬は効く?

膀胱炎 市販薬 おすすめ

膀胱炎とは、膀胱の機能や形には問題がないのに一時的に細菌に感染して起こる単純性膀胱炎が一般的です。 単純性膀胱炎は市販薬で治すことが可能です。 それ以外にも、膀胱自体に異常がある場合や病気が原因となって、膀胱炎を発症している場合がありますが、その場合には市販薬では解消することはできません。 単純性膀胱炎以外の膀胱炎の一部例は以下の通りです。 間質性膀胱炎 膀胱粘膜が萎縮する病気で、 頻尿や下腹部痛などがあります。 腎盂腎炎 膀胱では止まらず、膀胱より奥の腎盂(腎臓の一部で、尿が集まる場所)に細菌の感染が進行している状態です。 腎臓にも炎症が起きていて、 発熱や腰痛、感染に伴い腎臓周囲の痛みを感じます。 体調不良や吐き気、嘔吐などの症状が現れる場合もあります。 病院の処方薬と市販薬の違い 病院では「抗生物質」が処方される 病院では尿検査を行い、細菌を特定して抗生物質が処方されるのに対して、 市販薬は体の機能を高めて細菌を早く出すように働きかけてくれます。 市販薬は、一般的に生薬を主成分とし、その抗菌や利尿作用・血流改善などの力を使い、膀胱内にいる菌を押し流していく力を高めます。 そのため、一気に殺菌する抗生物質(クラビットやフロモックス)とは違います。 また、抗生物質は医療機関のみで処方されます。

次の

膀胱炎は市販薬で治せる?病院へ行くべき症状とは

膀胱炎 市販薬 おすすめ

うちの奥さんは若い時から慢性的な膀胱炎に悩まされている。 そんな時は、一度トイレに入るとなかなか出てこないのである。 朝は困るぞ! ワシも若い時に膀胱炎になった事がある。 その時はえらい目に合ったな! そこで、膀胱炎の市販薬を特集してみた。 水をたくさん飲む? よく膀胱炎になると細菌を排出するために、水をたくさん飲みなさいと、お医者に指導されるが薬も飲まずに水ばかり飲んでも意味などない。 ちゃんとお薬を飲み、水もたくさん飲むのだ、すると回復が早まる。 やはり抗生剤が一番効果的である。 ボーコレン:小林製薬 ボーコレンは漢方薬の五淋散(ゴリンサン)と言うものが使われている。 膀胱や尿道の腫れが引き、尿が良く出るようになる。 雑菌を出してしまうのだ。 ボーコレンの効能 頻尿、排尿痛、残尿感、尿のにごり 腎仙散(ジンセンサン):摩耶堂製薬株式会社 この膀胱炎のお薬も有名である。 ボーコレンよりこちらの方が効くという事を奥さんも言っていたな。 似た様な薬なのになんでだ?値段もボーコレンより安いぞ。 こっちの方がボーコレンより効くな。 クラビットの足元にも及ばないが。 効能 腎炎、ネフローゼ、腎盂炎、膀胱炎、ムクミ、尿利減少 15種類の生薬が含まれている。 膀胱炎 市販薬、腎仙散の値段(定価) 12包:1,500円 18包:2,000円 93包:9,600円 使用方法 成人(15歳以上)1回 1包 1日3回 これも楽天でも販売しておる。 ボーコレンと腎仙散(ジンセンサン)の違い 気になったので調べてみた。 ボーコレンの生薬の種類 腎仙散(ジンセンサン)の生薬の種類 1 茯苓(ブクリョウ) 茯苓(ブクリョウ) 2 沢瀉(タクシャ) 沢瀉(タクシャ) 3 地黄(ジオウ) 芍薬(シャクヤク) 4 芍薬(シャクヤク) 地黄(ジオウ) 5 山梔子(サンシシ) 山梔子(サンシシ) 6 車前子(シャゼンシ) 車前子(シャゼンシ) 7 オウゴン 桂皮(ケイヒ) 8 甘草(カンゾウ) 防已(ボウイ) 9 当帰(トウキ) 茅根(ボウコン) 10 木通(モクツウ) 接骨木(ニワトコ) 11 滑石(カッセキ) キササゲ 12 蒼朮(ソウジュツ) 13 茵陳蒿(インチンコウ) 14 ウワウルシ 15 猪苓(チョレイ) ほう、腎仙散の方がボーコレンより生薬の種類が多いのだな。 ボーコレン11種類、腎仙散15種類、多けりゃ良いというものでもないけどな。 緑で書かれた生薬までは同じである。 ボーコレンは、五淋散(ゴリンサン)と同じだからな。 腎仙散は、オリジナルの調合をしているのだな。 我社のボーコレンの口コミと効き目 ボーコレンを飲んで少し良くなったかな〜!とおもったら、また痛みがぶり返して、結局は抗生剤をお医者さんで処方してもらう羽目になったわよ。 二度手間だったわ、なかなか治らないし即効性はない。 というのが印象かな。 他の人たちには「なんで、マツキヨなの?病院じゃない!」と口を揃えて言われてしまった。 だって、月末で忙しいからしょうがないじゃない! 膀胱炎の気配がしたら早めに飲む もう、膀胱炎が慢性化しているから、何となくわかるんです。 なのでそんな気配がしたら、早めにボーコレン飲んでます!大体、2日くらいで膀胱の違和感が無くなります。 それと風邪を引いた時にも膀胱炎になりやすいので飲んでいます。 ボーコレンなど市販の薬は、軽い膀胱炎しか効果が望めない。 膀胱炎がなかなか治らなく熱ぽいのでお医者さんに行ったら、 「なんで早く来ないんですか。 」と怒られてしまった。 そんなにひどくなってると思わなかったぁ・・。 腎盂腎炎(じんうじんえん)とは? 膀胱炎より上の器官(腎盂)に細菌が回ってしまい炎症を起こすということです。 膀胱炎の症状に似ていますが、腎盂腎炎(じんうじんえん)の場合は、高熱と震えが来るのです。 もっと細かく言うと、「夕方頃から夜にかけて熱が上がりだし、朝には熱は収まりますが、また夕方に熱が上がります。 そんな事が繰り返されます。 そうなると入院も必要になります。 入院期間は2週間程度です。 高齢者などは、症状出にくく、発熱もしない場合もあるので用心したほうが良いですね。 膀胱炎!放置はダメですね。 腎盂炎から敗血症になる恐れも! まれですが、腎盂腎炎などが感染症を起こしている場合は、そこから血液中に病原体が入り込み、重い全身症状を引き起こす場合があります。 膀胱炎の市販薬 効き目比べ クラビットジェネリック:レボクイン 今は、個人輸入で海外から安く市販で購入する人が多い。 医者に行く手間が省けて処方箋がいらないのが理由である。 おまけに消費税も送料もかからないというのが魅力である。 覚えおいて損はないだろう。 難点は、届くのに1週間から10日くらいかかるのが玉にギズである。 香港かシンガポールから届くことが多い。 年末のクリスマスの時期は航空便が混雑するのでその時期は少し時間がかかる。 こんな小包である。 かなり怪しげな小包だが英語表示なので中身に何が入っているかは受け取った人でもわからない。 安心といえば安心である。 格安なクラビットジェネリック:レボクイン! 値段は安いし、容量も多い!スーパージェネリックだな。 00 送料・消費税込 100錠も入っている。 かなりお買い得な事がわかるであろう。 ワシの奥さんは、膀胱炎に苦しんでおるのでレボクインの1箱に100錠という容量は助かると喜んでいた。 まるで市販の風邪薬のようだ。 市販では買えない抗生剤でこんなに入っているのは、この薬しか見た事ないぞぃ。 新ルルAゴールドs 100錠 でさえ通販で2,000円はするのだ。 小売希望価格は2,462円である。 大した変わらんではないか。 詳細は自分て確認してください。 不精している訳ではないぞ面倒なだけだ。 備えあれば憂いなし。 病院で処方した場合のお薬のお値段(クラビット) ツムラ五淋散エキス顆粒 医療用 「石淋(せきりん)・気淋(きりん)・膏淋(こうりん)・労淋(ろうりん)・血淋(けつりん)」淋が多いな。 淋と言うのは水が滴る。 という意味でもある。 五淋散は、お医者でも処方してくれる。 値段だけで言えば3割負担なので安上がりである。 お医者で処方の五淋散(ゴリンサン)の価格 薬名 1日の使用量(g) 単位薬価 1日当たり 1日薬価(10円) 30日分 五淋散(ゴリンサン) 7. 5 11. 7 87. 量が!ボーコレン少なすぎないか?当たり前だがお医者さんで処方した方が安いな。 検査料は含まないので参考程度にして下さい。 膀胱炎の市販薬について、薬剤師の妹、曰く 「一般的には膀胱炎の原因は、なんであれ細菌(大腸菌が多い)での炎症。 炎症には抗生物質が一番効果的でしょ。 漢方は、なかなか効かないし、というか即効性がないのであまり処方しないよ。 」 「でも、漢方薬好きの患者さんがたまにいるけれどそれは稀だよ。 」 「そうだよなぁ〜。 まさか、お医者に薬の指示するなんて、いい根性してるよな。 」 まあ、行きつけの先生ならそんな事も、出来るだろうが・・。 初めてでは、嫌な顔されるな。 という事でなかなか難しいぞぃ。 素直に抗生剤がおすすめだな。 市販薬でよく見る第2類医薬品とはなんだ? ボーコレンも腎仙散も第2類医薬品である。 「副作用等により日常生活に支障をきたすほどの健康被害が生じる おそれがある医薬品」 ということである。 かなり心配性である。 薬価とは? 要するに薬の値段のことだ。 うちの奥さんが月末から月初めに忙しくなるのはこの計算の為だ。 これが病院の収入となる。 それ以外に処方せん料や調剤料、指導管理料が含まれる価格になる。 膀胱炎になる人は、慢性化の人が多い! 市販の抗生剤で治るのだが、その原因まで治すわけではない。 すぐに膀胱炎になる人は、体質や細菌などに膀胱が感染しやすい。 という事になる。 根本的に治すには西洋医学のお薬では治らないのである。 なりやすい!という事であればじっくり時間をかけて漢方で治す事が大事である。 そういう考え方をすれば西洋医学の薬では病気は一時的にしか治らない。 なかなか治らないのだが根本を治す東洋医学の漢方薬。 こりゃ!なかなか難しいな。

次の

もしかして膀胱炎かも?膀胱炎の治療薬、予防方法を解説

膀胱炎 市販薬 おすすめ

膀胱炎とは、膀胱の機能や形には問題がないのに一時的に細菌に感染して起こる単純性膀胱炎が一般的です。 単純性膀胱炎は市販薬で治すことが可能です。 それ以外にも、膀胱自体に異常がある場合や病気が原因となって、膀胱炎を発症している場合がありますが、その場合には市販薬では解消することはできません。 単純性膀胱炎以外の膀胱炎の一部例は以下の通りです。 間質性膀胱炎 膀胱粘膜が萎縮する病気で、 頻尿や下腹部痛などがあります。 腎盂腎炎 膀胱では止まらず、膀胱より奥の腎盂(腎臓の一部で、尿が集まる場所)に細菌の感染が進行している状態です。 腎臓にも炎症が起きていて、 発熱や腰痛、感染に伴い腎臓周囲の痛みを感じます。 体調不良や吐き気、嘔吐などの症状が現れる場合もあります。 病院の処方薬と市販薬の違い 病院では「抗生物質」が処方される 病院では尿検査を行い、細菌を特定して抗生物質が処方されるのに対して、 市販薬は体の機能を高めて細菌を早く出すように働きかけてくれます。 市販薬は、一般的に生薬を主成分とし、その抗菌や利尿作用・血流改善などの力を使い、膀胱内にいる菌を押し流していく力を高めます。 そのため、一気に殺菌する抗生物質(クラビットやフロモックス)とは違います。 また、抗生物質は医療機関のみで処方されます。

次の