暑い日の夜ご飯 おかず。 暑い日の夕飯メニュー!簡単レシピで人気のものも紹介!

疲れていてもなんとかなる!5分以内で作れる「夕飯メニュー」6選

暑い日の夜ご飯 おかず

【10分でおかず】甘辛風味でごはんがすすむ!酢豚風の豚コマ炒め 調味料はスイートチリとケチャップの2つだけなのに、深みのある味わいの豚コマ炒め。 パプリカ、ピーマン、タマネギは小さめにカット。 豚コマには塩コショウと小麦粉をまぶしておきます。 フライパンで野菜をさっと炒めたら端の方に寄せ、空いたところで豚コマを炒めましょう。 ニンニクはみじん切り、長ネギは1cmの斜め切りに。 フライパンにごま油を入れニンニク、ネギ、鶏肉の順で炒めていきます。 鶏肉はあまり動かさず、両面をこんがり焼くのがポイント。 塩コショウで味を整え、器に盛ってレモンのくし切りをそえたら完成です。 アルミホイルに野菜を置き、その上にバターと鮭を乗せて包むようにホイルを閉じ、フライパンで蒸すだけ。 火の通りを良くするため、フライパンの蓋は閉めておきましょう。 ズッキーニを1cm幅の輪切りにして小麦粉と溶き卵をつけ、熱したフライパンで焼いたらできあがり! アクセントに刻んだ唐辛子か黒ゴマをのせると、より香ばしく仕上がります。 鍋に水とナンプラー、鶏がらスープの素、おろしショウガを入れて火にかけ、小さく切った小松菜、豆腐、カニカマを加えてさっと煮るだけ。 仕上げにお酢とゴマ油、コショウをかけたら完成です。 なめこと小松菜のエスニックスープ』 【5分で副菜】簡単なのに栄養バツグン!ほうれん草と豆のツナサラダ 冷凍ほうれん草を加熱し、水気をよく絞っておきます。 ミックスビーンズとツナ缶も、水分と油分を切っておきましょう。 ボウルでざっくり混ぜ、ポン酢と塩コショウで味を整えたら完成! 包丁も火も使わず、あっという間にできあがります。 材料(2人分) 冷凍ほうれん草 80g ツナ缶 小1缶(80g) ミックスビーンズ(水煮) 100g A ポン酢 小さじ1 塩こしょう 少々 『包丁も火も不要!ほうれん草と豆のツナサラダ』 時短でできて、栄養がとれて、食欲をそそるレシピたち 暑い日が続くと、疲れやすくなる>食欲がなくなる>栄養が不足する>さらに疲れやすくなる…という悪循環に陥ってしまいがち。 夏バテを自覚している時こそ「時短レシピ」でしっかりと栄養をとって、夏の後半戦を乗り切りましょう! キーワード.

次の

暑い日の夕飯メニュー!簡単レシピで人気のものも紹介!

暑い日の夜ご飯 おかず

スポンサードリンク 暑い日の夕飯のおかず 暑い日に食べるおかずはさっぱりしたもの、冷たいもの、元気を出すためにスタミナが出るものなど、色んな考え方がありますね。 ですが、サラダと冷やっこだけ…みたいなおかずだとそれはそれで物足りなさを感じてしまう夕飯になってしまいます。 ある程度、ボリュームのあるものも取り入れていきましょう。 お豆腐のサラダ 暑い日のとりあえず一品で心強い味方なのが、冷やっこ。 そのまま食べてもいいですが、サラダと合わせることによってサラダにボリューム感が出て、食べごたえが出てきます。 冷やっこだけではなく、時にはこうした他のお料理と組み合わせて食べてみてはいかがでしょうか? 2. 冷しゃぶ 豚肉を茹でて冷やした冷しゃぶ。 本当に暑い時期には助かるおかずですよね。 サラダと組み合わせて冷しゃぶサラダにして食べるのもよし。 冷しゃぶ単体でポン酢や酢醤油で食べるのもよし。 お肉なので元気もわいてきます。 ヘビーローテしちゃいましょう! 3. 鶏肉レモンステーキ お肉の中でも比較的サッパリと食べられるのが鶏肉。 今回はそんな鶏肉を焼いてからレモン果汁をふりかけて更にさっぱり感をだしたレモンステーキに。 暑い時期だけどがっつり行きたい。 でも暑い…って時にはピッタリです。 梅肉と大葉の肉巻き 食欲が出ない時期には梅干しや梅肉など口の中にキュッと味の刺激をもたらしてくれるものを食べると食欲も戻ってきます。 梅肉と大葉を使って肉巻きにすると、元気も戻ってきますし、進みにくかったご飯もスイスイいけちゃいますね。 ナスとひき肉のみそ炒め ここらで一発、ご飯でしっかり夏バテしない体に! と思う時はナスとひき肉のみそ炒めでがっつり食べてみませんか? ご飯も進みますし、食べごたえも十分。 最近ちゃんと食べれてないと思ったら時にはこうして思い切ったおかずを出すことも大切です。 水餃子 普通の餃子だとちょっと食べにくいと思っても水餃子ならスイスイ食べられます。 普通のお醤油やポン酢で食べるほかにも、カラシ醬油や生姜醤油などで食べるのもアクセントが効いてオススメ。 スープにして野菜と一緒に食べるのもいいですね。 とろろご飯 山芋をすって作るとろろ。 食欲がない時はとろろご飯にしてサラサラと食べるのもいいですね。 牛タンを一緒に作れば牛タンセットの出来上がり。 エネルギーもわいてきます。 夏の夕飯は簡単なものにしたい 夏の夕飯は食べる側だけが大変なわけではありません。 作る方だって暑い中夕ご飯を作るのは大変です。 簡単にできて食べる人も喜んでもらえる一品も紹介します。 海鮮丼 やっぱり夏と言えば冷たい海鮮の具が美味しい海鮮丼でしょう!暑い日でも食べやすいどんぶり飯ナンバーワンですね。 もちろん作るのも簡単。 火を一切使わずに作ることができるので、作り手にも優しいですね。• 夏野菜カレー 暑い時でもなぜか食べたくなるカレー。 せっかくならズッキーニやカボチャ、パプリカなどを取り入れた夏野菜カレーにすると季節感も味わうことができてオススメです。• ペペロンチーノ パスタも手軽にできる料理としては心強い味方です。 ペペロンチーノは作るのが簡単という理由の他に、食べる方もシンプルな味なので食べやすく、ピリ辛な唐辛子を入れれば元気もわいてくる一品になります。• 夕ご飯に食べるなら食べごたえがあり消化もしやすいうどんがオススメ。 うどんだけだと物足りないので、いなりずしや細巻きなどちょっとつまめるご飯ものを用意するといいですね。

次の

夏だからこそ食べたい料理&レシピ80選

暑い日の夜ご飯 おかず

【材料】• 冷凍うどん…2玉• 牛こま切れ肉…50g• 卵…1個• 水溶き片栗粉…小さじ1• 希釈しためんつゆ…300cc• Aみりん…大さじ1• A砂糖…大さじ1• A醤油…大さじ1• サラダ油…適量 【作り方】• フライパンにサラダ油を熱し、牛肉を炒めます。 肉に火が通ってきたら Aの調味料を加えさらに炒めます。 鍋にめんつゆを入れて火にかけ、沸騰したら冷凍うどんを入れほぐし再沸騰させます。 水溶き片栗粉を加え、ふつふつしてきたら溶き卵を加えます。 軽く混ぜ合わせ卵に火を通したら器に盛ります。 先ほど炒めた牛肉を盛り、お好みでねぎなどトッピングして完成です。 【材料】• さんまの開き…2尾• 小麦粉…適量• サラダ油…適量• ご飯…2膳• ししとう…お好みで• 山椒…お好みで• A醤油…大さじ2• Aみりん…大さじ3• A砂糖…小さじ1• A生姜(すりおろし)…1かけ 【作り方】• Aの調味料を合わせてタレを作っておきます。 さんまは2つに切り、タレに5分つけておきます。 5分経ったら、さんまを取り出し満遍なく小麦粉をはたきます。 フライパンに油を熱し、さんまを両面こんがり焼きます。 さんまが焼けたら残ったタレをまわしかけます。 弱火で煮詰め、タレを絡ませます。 ご飯の上にさんまを乗せ、お好みで焼いたししとうをトッピングしたら完成です。 【材料】• トマト…1個• ハム…30g• オリーブオイル…大さじ1• カレー粉…大さじ1弱• A水…150ml• A牛乳…100ml• Aにんにくすりおろし…1かけ• コンソメ…小さじ1• 醤油…小さじ1• バター…8g• パスタ…1人前 【作り方】• ハムは薄切り、トマトは皮をむきざく切りにします。 鍋にオリーブオイルを熱し、ハムを炒めます。 火を止めて、カレー粉を加えハムと絡めます。 トマト、 Aの材料を加えたら蓋をして煮ます。 沸騰したらコンソメ、バター、醤油を加えます。 パスタを加えたら、かき混ぜながら煮込みます。 煮込んでいる途中、水分が煮詰まってきたら分量外の水を加えます。 パスタが柔らかくなり、適度に汁気が飛んだら完成です。 【材料】• にら…1束• えのき…1袋• 豚肉薄切り(赤身)…200g• 春雨…30g• 春巻きの皮…10〜12枚• A酒…大さじ1• Aごま油…大さじ2• A醤油…小さじ1• Aオイスターソース…小さじ1• Aこしょう…少々• 片栗粉…適量• 水溶き小麦粉…適量• 揚げ油…適量 【作り方】• 豚肉を細切りにしてボウルに入れます。 肉に Aの調味料を加え、揉み込んで下味をつけます。 にらは根を落とし、3cmに切ります。 えのきも同様に切り、戻した春雨も3cmほどに切ります。 (2)のボウルににら、えのき、春雨を加えしっかり混ぜます。 しばらくなじませたらねぎを加え、片栗粉をなじませます。 具材を春巻きの皮で包み、止め終わりを水溶き小麦粉で止めます。 フライパンに1cmほど油を注ぎ、120度の温度で春巻きを揚げます。 両面こんがり揚げたら完成です。 【材料】• 生鮭…1切れ(100g)• 塩こしょう…各少々• バター…10g• A合わせみそ…大さじ1• A砂糖…小さじ2• A水…小さじ1 【作り方】• 野菜はそれぞれ、食べやすい大きさに切ります。 ボウルに Aの調味料を入れてよく混ぜ合わせます。 アルミホイルに切った野菜を広げ、生鮭を乗せます。 塩こしょうを振ってから、味噌を塗り、バターを乗せます。 アルミホイルをしっかり包み、フライパンに入れ、分量外の水200mlを注ぎます。 蓋をして弱めの中火で10分蒸し焼きにします。 蓋を開けてさらに水200mlを加え、5分ほど追加加熱したら完成です。 【材料】• 豚ひき肉…150g• 木綿豆腐…1丁(300g)• ごま油…大さじ1• オイスターソース…大さじ2• ケチャップ…大さじ1• 水…150cc• 水溶き片栗粉…水大さじ1・片栗粉大さじ1 【作り方】• ネギはみじん切り、豆腐は食べやすい大きさに切っておきます。 フライパンにごま油を熱し、ねぎ、生姜、にんにく、豚ひき肉を炒めます。 肉の色が変わったら、水、オイスターソース、ケチャップを加えます。 煮立ったら蓋をして弱火で7分煮込みます。 豆腐を加え、2〜3分中火で加熱します。 水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成です。 【材料】• ベーコン…3枚• A水…4カップ• Aトマト缶…1缶400g• Aトマトケチャップ…大さじ6• A砂糖…大さじ1• こしょう…少々• おろしニンニク…小さじ1• オリーブオイル…小さじ1• パセリ…お好みで 【作り方】• 野菜とベーコンは全て1. 5cm角に切ります。 鍋にオリーブオイルを入れ、中火でにんにくと(1)を炒めます。 全体に油が回るよう3分炒めたら、 Aの材料を加え強火で沸騰させます。 沸騰したら弱目の中火にし、人参が柔らかくなるまで蓋をして煮込みます。 8分ほど煮込んだら完成です。 【材料】• 鶏むね肉(室温に戻す)…300g• 砂糖…小さじ1• 塩…小さじ1• 酒…大さじ1• サラダ油…大さじ1• A酒…大さじ2• Aみりん…大さじ2• A醤油…大さじ3• Aおろしにんにく…小さじ1• 粗挽きコショウ…少々 【作り方】• 鶏肉の皮目にフォークで穴を開け、裏返して叩いて厚みを均等にします。 砂糖、塩、酒を揉み込み30分置いておきます。 キッチンペーパーで余計な水分を拭き取り、粗挽きコショウを振ります。 強火で鶏肉の皮目を下にして1分ほど焼きます。 焼き目がついたら裏返し、蓋をして弱火で10分焼きます。 鶏肉に火が通ったら一度取り出し、 Aの調味料を加えます。 軽く煮詰めたら鶏肉を煮からめて完成です。 【材料】• 豚バラ肉…100g• 卵…4個• もやし…1袋• 塩コショウ…適量• オリーブオイル…適量• とろけるチーズ…50g• ソース…適量• マヨネーズ…適量• 青のり・紅生姜…お好みで 【作り方】• 豚バラ肉は食べやすい大きさに切っておきます。 ボウルに卵を割り入れかき混ぜます。 フライパンで豚バラ肉を炒め、色が変わったらもやしを加えます。 塩こしょうを加え、炒めたら取り出しておきます。 オリーブオイルを熱したフライパンに卵を加え軽く混ぜます。 チーズ 4)を戻し入れたら卵で包み込みます。 お皿に盛り付け、ソース、マヨネーズ、青のり、紅生姜をのせて完成です。

次の