ソニー ペイメント サービス 株式 会社。 採用情報|決済代行のソニーペイメントサービス

決済代行のソニーペイメントサービス(スマートリンク)の評判は?

ソニー ペイメント サービス 株式 会社

提供元:有限会社フロッグマンオフィス オールインワンでネットショップをらくらくオープンできる高機能のサーバーインストール型オンラインショップ構築パッケージ• 提供元:Magento Inc 決済エクステンション提供元:株式会社パブリックデザイン 機能の豊富さ、カスタマイズ性にすぐれ、世界で最も利用されているオープンソース型オンラインショップ構築パッケージ• 提供元:株式会社日本情報化農業研究所 デザインとサイト構造の自由度の高さと低コストを特長とした、月商数十万円~数千万円程度のショップで導入実績のある、オープンソース型オンラインショップ構築パッケージ• 提供元:コルネ株式会社 WordPress公式プラグインで、安心・簡単、無料で本格的なECサイトが作れるショッピングカート。 デザインや機能カスタマイズの自由度も高く、コストパフォーマンスに優れる。 提供元:Drupal Association Drupalは、個人のブログから企業のサイトまで幅広く利用することができるCSM(コンテンツマネジメントシステム)の一つです。 CMSとしては、様々なチューニングを実現可能にするモジュールが多数あり、拡張しやすいため、高度なサイトを構築することもできます。 ECカート用決済代行サービス ASP 提供元:株式会社エンターテック 約8,000店舗以上の実績があるリーズナブルで高機能なオンラインショップ構築用のASPサービス• 提供元:株式会社FID 侍カートは化粧品や健康食品などの企業様向けの定期購入専門のECサイト構築システムです。 定期購入に特化したマーケティング・分析などの最新テクノロジーにより、 新規顧客獲得・LTVを最大化し、貴社のネットショップ開業を成功に導きます。 決済代行サービスに関するよくある質問• 「e-SCOTT」が選ばれる 4つの理由• 決済代行サービスを目的から探す• 決済の仕組みを知りたい• 契約・導入について知りたい• セキュリティについて知りたい• ECカート用決済 オープンソース型• ECカート用決済 ASP型• ソニーペイメントサービスについて• プレスリリース・最新情報•

次の

もう会社を辞めるなんて嫌! ソニーペイメントサービス株式会社 はブラックなのか判断基準はこれ!

ソニー ペイメント サービス 株式 会社

1993年 株式会社ソニーファイナンスインターナショナルにおいて売上一括代行システム「SCOTT」稼動開始• 1995年 SCOTTをベースにインターネット上の決済システムを構築・稼動• 1998年 インターネット上におけるシステム「e-SCOTT」を商品化• 2001年 主要クレジットカード各社とのダイレクトなネットワーク接続を実現し、クレジットカードデータ処理センター事業に着手 オーソリゼーションと同時に本人確認をサポートする、「」提供開始• 2004年 年間処理件数 5,000万件達成• 2006年• 株式会社ソニーファイナンスインターナショナルより決済代行事業について分社化• 株式会社スマートリンクネットワーク設立• 株式会社日本カードネットワーク EC決済事業を吸収分割• 株式会社ジェーシービー、株式会社日本カードネットワークが出資• 国際カードブランドが定めたグローバルなセキュリティ基準、PCI DSSに完全準拠• 2007年• 主要カード会社とのダイレクト接続が16社21ブランドとなり、対応クレジットカード2億枚突破• 年間処理件数、1億件突破• 三井住友カード株式会社、イオンクレジットサービス株式会社 現イオンフィナンシャルサービス株式会社 が出資 EC決済事業を吸収分割• 2008年• 「サービス」開始• 「オンライン収納代行()サービス」開始• 2009年 年間処理件数2億件、利用店舗数2万店達成• 2010年 「統合決済サービス e-SCOTT PLUS」開始• 2011年• 「e-SCOTT Smart」開始• 株式会社ソニーファイナンスインターナショナルからソニー銀行株式会社への株式譲渡により筆頭株主が変更• 2012年 取扱開始• 2013年 サービス・開始• 2015年 ソニーペイメントサービス株式会社へ社名変更 ソニーペイメントサービスの沿革ページです。 クレジットカード決済代行サービスならソニーペイメントサービス。 ネット上でのクレジットカード決済を安全かつ迅速に実現。 事業者様のニーズに合わせて、コンビニ決済、Pay-easy(ペイジー)銀行振込、キャリア決済など様々な決済ソリューションもご用意しております。 決済代行サービスはソニーペイメントサービスにお任せください。

次の

沿革|決済代行のソニーペイメントサービス

ソニー ペイメント サービス 株式 会社

ソニーペイメントサービス、通称「ソニーペイメント」は、元々は株式会社JCB系のグループが中心となり、 様々な企業が共同出資して作った会社です。 その頃は株式会社スマートリンクネットワークという社名でした。 そして、ソニー銀行が筆頭株主になり、現在のソニーペイメントサービス株式会社になりました。 結論から言えば、ソニーペイメントサービスは、 独自のネットワーク網や技術力によりセキュリティーが高く、大手企業に向いており、特に家電業界から支持されております。 本日は元決済代行会社出身の筆者が決済代行会社のソニーペイメントについて、他の評判サイトには決して書いていない、業界人にしかわからない評判と考察を解説します。 ソニーペイメントサービスの由来 冒頭でも述べたように、ソニーペイメントサービス社は、前身はスマートリンクサービスという社名で、主要株主が ・JCB(クレジットカードで有名なJCB) ・日本カードネットワーク(JCBの子会社) というJCBグループ中心です。 JCBは、大手のクレジットカード会社として有名ですが、日本カードネットワーク社はJCBの子会社で、クレジットカード業界のオンラインネットワーク網の回線業者です。 スマートリンクサービスという決済代行会社は、親会社の日本カードネットワークのシェアを増やすために生まれた決済代行会社でした。 少し話がややこしいので箇条書きで説明します。 (以下の過剰書きは理解しやすくするために相当ざっくり表記しています。 ) ・20年前からクレジットカードのオンラインネットワーク網の主流はNTTが母体の キャフィス。 現在も主流のオンラインネットワーク網。 ・JCBの子会社の日本カードネットワーク社もCARDNETというネットワーク網があるがCAFISにシェアのほとんどを奪われていた。 ・CARDNETのシェアを増やすべく、CARDNETを使う決済代行会社としてスマートリンクサービス株式会社を親会社のJCBとともに日本カードネットワーク社らが主要株主となって作る。 つまり、 ソニーペイメントサービスの前身のスマートリンクサービスは、JCB系の日本カードネットワーク社のネットワーク網「CARDNET」のシェアを増やすために生まれた決済代行会社なのです。 そして、 その技術を担当していたのが、共同出資したソニーなのです。 なぜスマートリンクサービスからソニーペイメントサービスに? 昔は数えるほどしか決済代行会社がなく、NTT系の独占市場のオンラインネットワーク網のCAFISのシェアに対抗するために、JCB系のスマートリンクサービスという決済代行会社が作られました。 つまり、時代とともにJCB側の意図が弱くなるとともに、一株主のソニーが金融強化に動いたために社名が変更になったのです。 ソニーペイメントサービスの特徴はシステムにある ソニーペイメントサービスは他社の決済代行会社とシステムやネットワーク網がが根本的に異なります。 それはソニーペイメントサービスの前身がCAFISとのライバル関係にあったため、なるべくCAFISのサービスを使いたくないという背景から、初期のシステムに大きな投資を行いました。 その結果、カード会社と直接、ネットワーク網を繋げたり、独自のセキュリティーサービスが生まれました。 具体的には下記のとおりです。 特徴1 回線の速さ 決済代行会社は、CAFISとCARDNETなどのオンラインネットワーク網を使って、決済データをカード会社に送っています。 下記に比較してみました。 ・欠点 ただし、早いと言っても、例えば0. 2秒という程度であり、カードを使う消費者目線からは、さほどのメリットはない。 特徴2:認証アシストによるセキュリティーの高さ ソニーペイメントサービスは、ソニー出身の技術者がいたため、技術力が高い会社です。 その恩恵により、認証アシストというサービスがあります。 通常クレジットカードは、 ・カード番号 ・カードの有効期限 だけで認識しますから、もし情報漏えいがあった場合、 カード番号と有効期限情報があれば、不正に買い物ができてしまいます。 しかし、認証アシストはクレジットカードの認証に、 名前も必要となり、カード番号が漏えいした場合にも、名前が必要となるためセキュリティーが強くなっています。 これは、ソニーペイメントサービスが、直接カード会社とオンラインネットワーク網をつないでいるからこそできるのです。 この技術により、ソニーペイメントサービスは家電業界に強いのです。 なぜなら、 家電業界はテレビやパソコンなどの家電は、あらゆる転売のルートがありクレジットカードの不正利用のターゲットになりやすいのです。 ですから セキュリティーの高いソニーペイメントは、家電業界には歓迎されているのです。 欠点 すべてのクレジットカードが認証アシストに対応しているわけではなく、カード会社によっては、対応していない場合がある。 不正がダントツに多いのは海外のカードにも関わらず、海外のカード会社に認証アシストが対応していない。 特徴3:CAFISの障害の時も、影響を受けない ほとんど全ての決済代行会社が使っている、カードのオンラインネットワーク網のCAFISに大きい障害が起きたときも、 独自のネットワーク網のソニーペイメントサービスは影響を受けることがありません。 欠点 ただし、CAFISは障害があっても落ちないような設計になっており、障害によって落ちるようなことは考えにくい。 裏をかえせばソニーペイメントサービスの独自の障害が発生する可能性があります。 またCAFISで障害があった場合は、 「これは仕方がない、カード業界全体の話だから」という言い訳ができますが、独自のネットワーク網のソニーペイメントサービスはその言い訳ができない。 ソニーペイメントサービスの会社の雰囲気は? インターネットの情報によると、2016年現在は社員数87名。 そのうち営業社員は7~8名だと思われます。 社内の雰囲気は、大手企業からの出向組が多いので、よくあるベンチャーなどの「営業!営業!」と激しい雰囲気ではなく、大手企業の社員という落ち着いた雰囲気です。 したがって年齢は高めでしたが、昨今はプロパーの社員の中途採用も行っているため、平均年齢も下がってきております。 ソニーペイメントサービスのサポート体制は? ソニーペイメントサービスの加盟店はそんなに多くなく、その加盟店のほとんどは大手企業です。 そしてソニーペイメントも大手に特化した体制でやっていますから、営業社員がそれなりにサポートしていると思われますが、元々、幅広くサービスしている会社ではないので、サポートの評判自体があまり聞くことがありません。 余談ですが、ソニーペイメントは元々、JCBやソニーの関連会社などの大手の顧客を優先的に回してもらったりしている背景があり、大手企業のフルスクラッチでつくるECサイトの案件に決済代行会社として入るこむこと多い会社です。 その反面、ECパッケージやECサイトのASP案件に決済代行会社としては、大きく遅れている印象でした。 しかし、ソニーペイメントのホームページを見ると、ECのASP会社との連携実績を大きく掲載しており、私のような業界関係者には不可解な印象でした。 ソニーペイメントサービスの料金は? そもそも、大手企業向きの決済代行会社であり、小さい事業者には高いでしょう。 ですからセキュリティーやシステムを重視する大手企業向きの料金体系です。 ソニーペイメントサービスのライバル会社は? やはり、大手企業をターゲットとする、 GMOペイメントゲートウェイとベリトランスの2社であるといえるでしょう。 ソニーペイメントサービスのパートナー戦略は? 他の決済代行会社が、ECサイトのリニューアルや新規導入などのタイミングで、決済の売り込みをECプラットフォームの会社と連携をとって行っているのに対して、一歩遅れている印象です。 ソニーペイメントは超大型の特殊案件(フルスクラッチのECサイト)が案件のほとんで、ECパッケージに重点を置いてなかったため、1件あたりの規模が大きい反面、加盟店数が少ないのです。 現在はその加盟店数が少ない反動で、もともと相性の良くないECのASPサービスにパートナシップを提携していますが、ソニーペイメントサービスの営業の人数も少ないため手が回らない印象です。 ソニーペイメントサービスのまとめ 決済代行会社は、会社による特色が少ない業界ですが、ソニーペイメントサービスは、その由来から特色が強いです。 ソニーペイメントサービスは、技術力が高く、セキュリティーが高いので、家電業界など、セキュリティーを重視する会社に向いています。 一方で、安くはないので、小さい事業者が決済代行会社として採用するには向いていないでしょう。 なお、ソニーペイメントで決済代行導入検討の方は、ソニーペイメント以外の会社からも一括問い合わせで、 複数社からアイミツをとってみてはいかがでしょうか?決済は一度導入してしまうと、 決済代行会社を変更するのは非常に面倒ですから、手数料を含め複数社から検討するのが良いでしょう。

次の