五木 寛之 著書。 お勧め本

【大河の一滴】作家・五木寛之が伝えたいことは?テレビ出演した理由やTwitterの感想も紹介!

五木 寛之 著書

世の中は少しずつ新しい日常に移行しつつある。 とはいえ多くの人が手探りだ。 これからどうなるのか。 どう生きていけばいいのか。 混乱期の生き方のヒントが書かれ、当時もベストセラーとなり、今再び注目を浴びている『』(幻冬舎文庫、1999年刊)の著者・五木寛之さんに話を聞いた。 前後編でお届けする。 日本では緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだ大勢の人が非常に不安な思いで毎日を過ごしています。 五木さんは、この新型コロナウイルスがこれからの社会に与える影響をどのようにご覧になっていますか。 僕自身の仕事の関係から言うと、3月から9月までに入っていた講演や講義など12件がすべてキャンセルになりました。 これまで月に3、4回、地方に出かけて話をする仕事があり、それが一種の健康法でもあったんだけど(笑)、この新型コロナウイルスの影響ですべて飛びました。 この50年間でこんなことは初めてですね。 自分の生活スタイルも一変しました。 これまで僕は夜行性の人間だったんですよ。 だいたい夜の12時ぐらいから朝6時まで仕事をし、何かをつまんだりして7時に寝る。 起きるのは、午後の3時、4時。 そういう生活を何十年も続けていたんだけども、それが変わったんです。 今は、朝7時半か8時には必ず目が覚める。 それで起きて朝食をとり、近くの公園をブラブラ歩く。 帰ってきて風呂に入り、本読んだり仕事をしたりという生活です。 行きつけの食堂に新聞がそろっているから、この10年くらいほとんど読まなかった新聞にも目を通すようになりました。 それも朝日、毎日、読売、産経、日経、東京新聞と6紙読んで、時間が余るとスポーツ紙も読む。 読んだら結構面白い。 こんなふうに、もうすぐ88歳になるところで、生活が大転換したわけです。 コロナ以前は、夜中の12時に街に出ても、やっている店がいくらでもあったでしょう? 僕は、朝の3時、4時のジョナサンとかデニーズのようなファミレスを愛用していたんです。 以前はあるホテルの「トゥエンティー・フォー」という、24時間営業のカフェレストランにもよく行ってました。 今は閉じてしまったけれど、昔、六本木の青山ブックセンターは明け方まで営業していたんですね。 夜型人間にとって、夜はパラダイスでした。

次の

五木寛之 おすすめランキング (1711作品)

五木 寛之 著書

五木寛之[いつき・ひろゆき]氏 1932年福岡県生まれ。 教員だった父の勤務によって生後まもなく朝鮮半島に渡り、戦後日本に引き揚げた。 早稲田大学文学部ロシア文学科中退。 66年に『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年に『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、76年に『青春の門』で吉川英治文学賞を受賞。 81年から龍谷大学の聴講生となり仏教史を学ぶ。 2010年、長編小説『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。 このほかの主な著書に『風の王国』『作家のおしごと』など。 昭和の若者を描いた『青春の門』の連載を2017年、23年ぶりに再開し、今年9月に『新 青春の門』として刊行しました。 連載開始から足掛け50年になります。 どういう思いを込めたのでしょう。 週刊誌で連載を始めた頃は現代小説だったのが、いつの間にか歴史小説になってしまいました。 舞台は昭和36、37年ごろ、テレビやマイカーが普及し始めた時代。 成長期を前にした日本の青春期を描いています。 昭和の年表を見てもその時代の実感が湧かないんです。 戦後の流行歌を取り上げるテレビ番組を見ても、実際に町中や銭湯で歌っていたのは違う歌だったように感じる。 記述された歴史と実感の間に差があるということです。 例えば明治維新も本を読んで想像しますが、実際に生きていた元武士や庶民の感じた明治は我々のイメージと違っていたかもしれない。 自分が生きた時代の実生活を書きたいという思いから昭和にこだわっています。 表題の「青春」とは人間にとってどういう時代を指しているのでしょうか。 青春という言葉をタイトルに選んだ裏に逆説的な発想があるんです。 月並みな表現や手垢のついた形容詞など低く見られていた言葉を駆使して新しいものをつくりたい。 「エンターテインメント」という言葉もそうでした。 青春という言葉も当時は手垢にまみれ、「青春歌謡」や「青春歌手」など、甘っちょろい、恥ずかしいものだという意識があった。 そうしたアイロニー(皮肉)をひっくるめ、反語的なニュアンスで決めたタイトルなので、あまり真正面から青春小説として受け取ってもらうと僕の意図とずれてくるところがあります。

次の

五木寛之「コロナ後は三散の時代がやってくる」

五木 寛之 著書

てっきり小説だと思っていたのですが、実際 はエッセイなのですね。 私が特に気になったのは、以下の言葉。 「何も期待しないという覚悟で生きる。 」 「人はみな大河の一滴。 」 こういった言葉は、五木さんご自身の宗教観 からくる考え方なのかな。 仏教にも通ずる内 容も多いですね。 私はこの本を読んで、「生きる」ということ は、他人への感謝や謙虚な気持ちを持つこと だと感じました。 少なくとも、自分を過小評価したり不遜な態 度を取ることではない。 『大河の一滴』があれば、人生にも迷わない 気がします。 自分の生きる意味を見つけたい人にとっては 大きなヒントを与えてくれる一冊になると思 いますよ。 特に、病気のことを忘れた際に病気が治った 夫婦のお話や、子育てに関する内容が印象に 残りましたね。 私は現在30代なのですが、20代の頃に読ん だ時よりも五木さんの温かい言葉がグッと心 に残るんです。 年齢を重ねたことで、内容をより深く感じら れたのかもしれません。 物事は、プラスに捉えるだけでは駄目。 『大河の一滴』は、「マイナス思考」の重要 性を私に教えてくれた画期的な一冊です。 本作を読んでいるとそれがよく分かります。 私が特に印象に残ったのは、「死生観」につ いて。 死に対する五木さんの極めて的確で深い考え には、思わず感服しました。 私の思い描く内容と本作の内容に相違があっ たので、理解するまで時間がかかりましたが 何とか読了。 私のように内容が難しいと感じる方もいるか もしれませんが、諦めずに繰り返し読んでみ て下さい。 やがて、自分の中で腑に落ちると思うので。 五木さんの想いが詰まった本作を読んで、私 はそのように感じました。 正直、私は五木さんの考えに全て共感してい るわけではありません。 ですが、一つ一つの言葉を見ていると何だか 励まされるんです。 『大河の一滴』は、折に触れて読みたい一冊 ですね。 (感想はここまで) 【著作権上の問題により、感想は意味を変え ず書き直しさせて頂いています。 】 【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた だきました。 】 いかがでしたか? 以上、『大河の一滴』の感想をご紹介させて いただきました! 『大河の一滴』の気になるあらすじは? ここでは、『大河の一滴』のあらすじについ てご紹介します。 (あらすじは以下から) 「前向きな人生を送りたい!」 そう決意しても、次の日にはモチベーション が下がっている…。 あなたにもそんな経験があるのではないでし ょうか? それに対して、著者の五木寛之さんは次のよ うに述べています。 「人生は苦しみと絶望の連続。 だから、あき らめることからはじめよう。 」 「傷みや苦痛を敵視して闘うのはやめよう。 あのブッダや親鸞も、究極のマイナス思考か ら出発したのだから。 」 本作『大河の一滴』では、 『歎異抄』の心を 通して真の希望と生きる勇気を見出していき ます。 また、NHK「ラジオ深夜便」で話題になった トークエッセイも収録。 1932年、福岡県に生まれ、 戦後朝鮮半島から引き揚げる。 早稲田大学文 学部ロシア文学科中退。 66年に『さらばモスクワ愚連隊』で、小説現 代新人賞受賞。 67年に『蒼ざめた馬を見よ』で、第56回直木 賞受賞。 76年に『青春の門』で、吉川英治文学賞受賞。 81年より龍谷大学の聴講生となり、仏教史を 学ぶ。 ニューヨークにて発売された『TARIKI』は、 2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリ チュアル部門銅賞)に選出。 02年に、第50回菊池寛賞受賞。 09年に、NHK放送文化賞受賞。 10年に『親鸞』で、第64回毎日出版文化賞特 別賞受賞。 」 「世界一受けたい授業」での五木さんの前向 きなメッセージは、 今の時代だからこそより 心に刺さりますよね。 サザンオールスターズの 桑田佳祐さんも読ん でいる不朽の名著。 実際、桑田さんのソロ曲の中に 「大河の一滴」 という曲があるそうです。

次の