かつ さと。 『かつさと』と『かつや』どっちがうまいの?って、比べ物にならないよ。カツ丼マニアがチェーン店を食べ比べてぶった切る

「かつさと」と「かつや」のロースカツを比べてみた【豊田市】 │ 豊田市より発信

かつ さと

かつさとのクーポン 食べログ、ホットペッパーにクーポンはなし 食べログ、ホットペッパーなどのグルメサイトを調べてみましたが、 クーポンは見当たりませんでした。 ただし、クーポンは時期によっても配信状況が変わるので、利用する際に一度目を通しておくといいかもしれません。 各グルメサイトのリンクを貼っておくので、利用する店舗名を入力して検索してみてください。 ニュース、メニュー、電話注文、店舗情報の他にクーポンが配信されています。 対象となる店舗は、浜松西インター店、船越バイパス店、焼津店、浜北店、豊田町店、住吉バイパス店です。 (2018. 21時点)なぜ静岡限定なのかは分かりませんがすごくお得ですね。 初回登録で、すぐに使える 100円OFFクーポンがもらえます。 静岡のかつさとユーザーの方は必ず登録しておきましょう。 かつさとの割引、キャンペーン 【静岡エリア限定】来店スタンプを貯めて割引チケットをGET 公式アプリ内には 、店内で1回飲食をするごとにスタンプが1つたまる機能があります。 お店にあるQRコードをカメラで撮るだけで簡単にスタンプをGETできます。 スタンプが20個貯まれば500円分のチケットがもらえますよ。 お持ち帰り用スタンプカードを貯めて500円分の割引をGET かつやには、お持ち帰り専用の紙のスタンプカードがあります。 お持ち帰り500円ごとにスタンプが1個たまります。 20個たまれば500円引きのチケットとして使えます。 スタンプカードは発行店舗のみ使えます。 大食いチャレンジがある (引用:) かつさとでは大食いチャレンジが開催されています。 6人前のカツ丼を制限時間45分以内に食べきれば2,500円がなんと無料、さらに10人前にもチャレンジが可能になります。 かつさとのカツ丼は1人前でも結構ボリュームがありますが、自信がある方は挑戦してみても楽しいかもしれませんね... !実施店舗や詳細はをご確認ください。 静岡エリア限定のアプリでクーポンをGET• アプリ内のスタンプで割引チケットをGET• お持ち帰り専用のクーポンでスタンプを貯めて割引をGET• 大食いチャレンジ成功でカツ丼が無料に かつさとは静岡県民に優しいですね。 他県の方も、今後アプリの登場に期待しましょう。 ぜひお得に利用してくださいね! 【PR】外食費の節約にオススメのアプリ 無料のニュースアプリ、グノシーでお得なクーポンが配信されているのをご存知ですか? 丸亀製麺やガスト、吉野家、バーミヤン、ステーキガスト、ピザハットなど多くのクーポンがあります。 面倒な登録もなく、お店で注文する時に見せるだけでOKです。 外食をよくする方はダウンロードしておくと便利ですよ。

次の

かつさとでクレジットカードは使えるの?電子マネーやアプリなどおすすめの支払方法を紹介!

かつ さと

さっそくひろも認定、超ド級カツ丼ステーション「かつさと」に到着ー。 さすが看板もデカいですね。 隣ではこっそり堂が「春のパンツ祭り」を開催していましたが、ここはひるまず、嫁さんや彼女をうまくちょろまかしておきましょう。 腕の見せ所ですよ! 気を取り直して、嬉しさのあまり両手をヒヨコのようにピヨピヨさせながら、さっそく「かつさと」に入店ですー。 わー、もうどんぶりが飾ってあるー。 知らなかったのですが、この店では午前11時から午後4時30分までずっとランチタイムとのこと。 ランチメニューは、ジャンボ系だとソースかつ丼、味噌かつ丼、かつ丼の3種類。 あと各種定食とか、 通常サイズの丼ランチも。 丼ぶりには選べるセットが付きます。 オススメはキャベツ+ミニとん汁か、とん汁。 ランチ以外のメニューはこんな感じ。 かつ丼がいまどき500円というのがポイント。 定食もあります。 何度も来店してるんですが、 どうもなんとなーく、普通のかつ丼よりジャンボかつ丼の方がおいしい気がしているので、早速、ジャンボかつ丼ランチを注文。 やっぱりデカいなー! 実物はかなりデカくて面喰らうレベル。 割り箸と比べると分かりやすいかも。 お手元のスマホと比べてみてってば。 しかも、カツが分厚い!これには「かつや」もピーンチ! ほど良く脂身があり、ファーストフードとしては上質な豚肉です。 「かつや」もたじたじ。 薄いところでもこの厚さ。 実際どうかは知りませんが、なんか「かつや」より手作り感があるような。 たまごが半熟なのも分かってる感あり(他店でも半熟かは知らないけど!) キャベツにはドレッシングが付いて来ますが僕は使いませーん。 カツがデカくてお米が足らないなー!と嬉しい悲鳴を上げたくなるバランス感覚。 もう、「かつや」潰れてもいいわコレ…。 「卵料理を食べた、というよりも、肉料理を食べたなー。 」と思える食材のバランス感覚なので、衣ばかりで寂しい安価なかつ丼を良く食べる人には、大変喜しい肉の量と言えるでしょう。 というわけでヒーヒー言いつつも完食ー。 奥に同じサイズのどんぶりが見えますが、あれが相方のものだとは口が裂けても言わない約束になっています。 それくらい相方も「かつさと」を認めてくれているということで、喜ばしい限り。 ちなみにランチセットのミニとん汁には豚肉がこれでもかとIN。 ちなみに「かつさと」の一部店舗では、今どき大食いチャレンジなんかもやってます。 ジャンボかつ丼でもけっこう苦しい量なので怖くて試したことは無いですが、お腹に自信のある人は覚えておくと良いかもしれません。 ちなみに僕はかつ丼が大好きで、かつ丼というだけでめちゃくちゃ美味しい人なので、色々と脚色なりバイアスなりが掛かっているかもしれない事を、今のうちにお詫び申し上げておきますね。 関連情報:•

次の

かつさとのクーポン、割引、キャンペーン情報まとめ!お得に利用するならコレ

かつ さと

カツ丼好きのなんちゃって三重県グルメブロガーみたいな管理人です@決してブロガーとは名乗らないこだわり。 私、カツ丼が好きすぎて東京方面とかもリサーしてるんですが、あれですね、関東方面はやっぱり店も多いし「くあ~!この店行きてぇ!」っていうのが多いんですよ。 行けないけど。 名古屋も名駅から東区あたりに多いね。 カツ丼に限らずだけど、全国どこでもだいたい同じ味が食べられるチェーン店。 最近のチェーン店の質の高さは異常なくらい素晴らしいと思っているんだけど、読者の皆さん(いるのか?w)には今回は不本意かな?と思う気持ちもあるんですがチェーン店を食レポ。 いつの間にか三重県津市高茶屋にできていた「かつさと」にとんかつとカツ丼を食べに行ってきたのでここの報告します。 もちろん、 かつチェーンのかつやさんは給料日に毎月食べに行ってたけど、メジャーすぎるので食レポしていません。 そんで誤解がないようにもう一点付け加えておくけど、「給料日にかつやの安いランチをする」のではなく、家賃が引き落としできないクソサービスで自分で振り込まなければいけない仕様だったので、給料日に銀行まで振り込みに行ったついでに通り道にあるかつやでランチをしていた、というどうでもいいオチ。 わしはもうちょっとリッチな人間だ。 ちょっとだけやけど。 さて、いってみよう。 満席で待ち時間もできていた!ので期待値グググーンとアップするが めちゃくちゃ人が集まる立地条件ではないのに自分たちが入店したときには満席でございました。 その後から、ドンドンお客さんが来て街ができていました。 これは期待が上がりました。 かつやと同じスタンスで、カツ丼だけじゃなくってとんかつ、エビフライ、唐揚げ、エビフライからカツ乗せのカレー、親子丼からうどんまであるのでチョイスの幅が広めなところは子連れファミリーには嬉しいかも。 相方はとんかつ定食を頼んでいましたが、ここはとんかつレビュー一本で行きましょう。 こちらが注目のかつドーーーーーーーンっ。 うまい!!!!! って言いたいところなんだけど、微妙すぎてコメントがない。 まあ、このポイントはかつやもどっこいどっこいくらいかもですけど。 すごく肉厚でね。 ただ、どう見てもファースト一プレッションはこうだ。 カツとたまごのバランスが悪い• ご飯が少なすぎてとカツ・たまごのバランスが合っていない• 卵の半熟さがない• そもそも煮汁かかっていますか? の4点でございま~す!^^ まあ、これはあくまで見た目の話なんで、食べてみて上手ければそれでいいんだけども、別角度で見るとその「ふぁ?」っていう印象がより強調されるであろう。 これだ。 ご飯にタレがかかっている部分がありませんし、ご飯もペンペラ盛り過ぎてこれマニュアル通りやってる???って思うほど。 もちろん、カツをめくりあげればご飯にだし汁がついてはいましたが、もちろんつゆだくという次元ではなくご飯にタレがちょっと付いてるよ程度で、ご飯とカツとじとのコラボレーションとは当然言い難い。 前述のとおり、カツのボリューム・ジューシーさは申し分ない。 これがだめだったら本当網致命的。 卵の半熟さもないし、煮汁も少なくご飯に絡んでいないのでまるでダメダメだ。 上の見た目で判断した印象そのままで特記すべき味の感想があまりない。 カツは見た目通りサクサクでボリューミー。 価格を考えれば申し分ないけど。 煮汁自体はかつやよりも甘めの印象ですが、ナニブン量が少なすぎて自分の舌のセンサーで正確に判断できないというのが正直な感想です。 ご飯はふっくらとしていてここはかつやよりも美味しい印象。 だからこそもったいないと思うんですよ。 もうちょっと頑張ってほしい。

次の