ダイヤのa レビュー。 【レビュー】Kalita(カリタ)のダイヤミル、人気なの分かる。

ダイヤスイング525のレビュー

ダイヤのa レビュー

7点 さん [ネタバレあり] スポーツ漫画の中でもピカイチだと思います。 野球経験者にはそれぞれの選手の気持ちが痛いほど伝わるのではないかと。 とくに大所帯の野球部だった人はとくに! 大人数だからこそ生まれる選手たちの決断とか葛藤とか悔しさとかあるんですよね、、 なのでレギュラーだけでない周りの選手の想いや行動が描かれているところも リアルで引き込まれました。 そしてなんといっても主人公の雑草魂っぷり! こんな風にポジティブに割り切れないって思われるかもだけど 私は勇気と元気をもらいましたw(少なくとも私はね!) 胸が熱くなる漫画です。 ナイスレビュー: 0 票 [投稿:2014-05-23 22:54:02] [修正:2014-05-23 23:00:00] [] 8点 さん 甲子園を目指す漫画は結構あるけど頭一つ抜けてる感じがする。 作者が野球好きなのが伝わってくるし描写もリアル。 主人公の沢村が超うまいってわけでもないし むしろライバルが怪物 チームメイト一人ひとりのキャラも練られていて、沢村がいなくても大丈夫なくらいみんな魅力的。 青道以外のチーム同士の対戦も面白い。 話の展開もご都合主義みたいなことはないし、高校野球ならではの何があるかわからない展開 大物喰いなど もある。 刊行ペースも週刊誌なので速いんだけど、やはりスポーツ漫画だから読み終わるのが早く、次が待ち遠しくなる。 ナイスレビュー: 0 票 [投稿:2012-09-24 21:33:48] [修正:2012-09-24 21:33:48] [].

次の

「ダイヤのA」のレビュー / 漫画レビュー.com

ダイヤのa レビュー

「見えたトランプを覚えておいてね」 マジシャン(ジェシー・アイゼンバーグ)が、スクリーンの前で表(図柄の方)がちょっとだけ見えるようにパラパラとトランプを切ってみせる。 ひと山のトランプをざっと切るのに1~2秒くらいだったろうか。 そんなに凝視していなかったけど、ボクはダイヤの7だけが印象に残った。 マジシャンは観客の心理も先回りして心得ている。 「早過ぎてよく見えなかった?じゃあ、今度はもう少しゆっくりやるね」 パラパラっとトランプをめくる。 さっきよりはゆっくりだ。 それでもひと山のトランプを切るのに、3秒もかけていないと思う。 やっぱりダイヤの7が印象に残った。 スクリーンの中の観客に云う。 「近過ぎると見えない。 遠くに離れて見えるものがある」 え?ちょっと待って。 それなのに・・・? 彼の後ろのビルに、窓の明かりで大きく映し出される「ダイヤの7」の図柄。 こりゃあヤラレタ・・・ ボクだけじゃなく、この映像を観た人はすべて「ダイヤの7」が印象に残るように仕組まれているのだ。 じゃあトリックは? 普通のトランプは「ダイヤの7」だけで、残りは「トランプらしい図柄」だとか。 それじゃあよく見たらバレないかなあ? あのスピードでトランプを切ると、「よく見る」こと自体が人間の能力的に不可能なのかもしれない。 普通のトランプの山に、よく印象が残るように「ダイヤの7」だけを3枚くらい連続で入れていた? それともバラバラに「ダイヤの7」を何枚か入れておく? いや、それでも人によったら他のカードをしっかりと目にするかもしれないし・・・ ミソはたぶん、観客に「何が印象に残りました?」と確認しないことかな? ビルに「ダイヤの7」が映し出されて、大部分の観客が、「ああそういえばダイヤの7も強く印象に残ったわね」と思うことこそが大切なのかもしれない。 本当に、マジシャンは、見ている者の心をうまく弄ぶ。 で、弄ばれた方は悪い気はしない。 感動を覚える壮大なイリュージョン。 現実ではなかなか見れないモノを見せてくれるから。 だからみな、ライヴでマジック・ショーを観に行く。 この作品は映画でマジック・ショー。 撮影だったら、どんなトリックでも可能ぢゃん・・・ ピラニアの水槽から一瞬で脱出とか・・・ 撮影だからこそ可能? でもこの映画の撮影には、デビッド・カッパーフィールド、デイビット・クワン(誰か知りませんが・・・)、キース・バリーなどの特殊能力者たちが加わったというぢゃありませんか。 信じたいよね。 この映画で映し出されるイリュージョンのすべてが、ライヴのショーで可能だって。 おそらくピラニア水槽は可能だよ。 血(みたいな赤)で水槽の中を目くらましの状態にさせておいて・・・ シャボン玉の中での空中浮遊も・・・(たぶんあれは単なるワイヤーアクションだろうけど) 撮影技術ではなく、科学的に実証可能だって思いたい。 ラストのビルからダイブ・・・紙幣に変化っ! (流石にこれは無理か・・・!いやこれでもマジックでやれる?) ド派手なイリュージョンの連続に、鳥肌立ちっぱなし! これぞ映画の醍醐味ぢゃないだろうか。 感心しまくりです。 一見の価値あり。

次の

★るうむ プライズフィギュアレビュー★ : ラブライブ!サンシャイン‼ SSSフィギュア HAPPY PARTY TRAIN 黒澤ダイヤ レビュー[フリュー(プライズ)]

ダイヤのa レビュー

「見えたトランプを覚えておいてね」 マジシャン(ジェシー・アイゼンバーグ)が、スクリーンの前で表(図柄の方)がちょっとだけ見えるようにパラパラとトランプを切ってみせる。 ひと山のトランプをざっと切るのに1~2秒くらいだったろうか。 そんなに凝視していなかったけど、ボクはダイヤの7だけが印象に残った。 マジシャンは観客の心理も先回りして心得ている。 「早過ぎてよく見えなかった?じゃあ、今度はもう少しゆっくりやるね」 パラパラっとトランプをめくる。 さっきよりはゆっくりだ。 それでもひと山のトランプを切るのに、3秒もかけていないと思う。 やっぱりダイヤの7が印象に残った。 スクリーンの中の観客に云う。 「近過ぎると見えない。 遠くに離れて見えるものがある」 え?ちょっと待って。 それなのに・・・? 彼の後ろのビルに、窓の明かりで大きく映し出される「ダイヤの7」の図柄。 こりゃあヤラレタ・・・ ボクだけじゃなく、この映像を観た人はすべて「ダイヤの7」が印象に残るように仕組まれているのだ。 じゃあトリックは? 普通のトランプは「ダイヤの7」だけで、残りは「トランプらしい図柄」だとか。 それじゃあよく見たらバレないかなあ? あのスピードでトランプを切ると、「よく見る」こと自体が人間の能力的に不可能なのかもしれない。 普通のトランプの山に、よく印象が残るように「ダイヤの7」だけを3枚くらい連続で入れていた? それともバラバラに「ダイヤの7」を何枚か入れておく? いや、それでも人によったら他のカードをしっかりと目にするかもしれないし・・・ ミソはたぶん、観客に「何が印象に残りました?」と確認しないことかな? ビルに「ダイヤの7」が映し出されて、大部分の観客が、「ああそういえばダイヤの7も強く印象に残ったわね」と思うことこそが大切なのかもしれない。 本当に、マジシャンは、見ている者の心をうまく弄ぶ。 で、弄ばれた方は悪い気はしない。 感動を覚える壮大なイリュージョン。 現実ではなかなか見れないモノを見せてくれるから。 だからみな、ライヴでマジック・ショーを観に行く。 この作品は映画でマジック・ショー。 撮影だったら、どんなトリックでも可能ぢゃん・・・ ピラニアの水槽から一瞬で脱出とか・・・ 撮影だからこそ可能? でもこの映画の撮影には、デビッド・カッパーフィールド、デイビット・クワン(誰か知りませんが・・・)、キース・バリーなどの特殊能力者たちが加わったというぢゃありませんか。 信じたいよね。 この映画で映し出されるイリュージョンのすべてが、ライヴのショーで可能だって。 おそらくピラニア水槽は可能だよ。 血(みたいな赤)で水槽の中を目くらましの状態にさせておいて・・・ シャボン玉の中での空中浮遊も・・・(たぶんあれは単なるワイヤーアクションだろうけど) 撮影技術ではなく、科学的に実証可能だって思いたい。 ラストのビルからダイブ・・・紙幣に変化っ! (流石にこれは無理か・・・!いやこれでもマジックでやれる?) ド派手なイリュージョンの連続に、鳥肌立ちっぱなし! これぞ映画の醍醐味ぢゃないだろうか。 感心しまくりです。 一見の価値あり。

次の