アメリカ 中国 人 入国 拒否。 米国政府 中国からの入国を制限し2月2日に緊急事態宣言

空港で入国を拒否された外国人はどうやって帰国するんですか?乗ってきた...

アメリカ 中国 人 入国 拒否

1月31日 金 、コロナウイルスの大流行に対処するため、米国政府は最近中国へ渡航した履歴がある外国人および中国からの渡航者の入国を禁止すると発表しました。 アザー米厚生長官は新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、公衆衛生上の緊急事態を宣言。 過去2週間以内に中国を訪問した外国人の入国を禁止する方針であることを公表しました。 緊急事態宣言は米東部時間2月2日 日 17時に発令。 規制は米国民も対象となり、過去2週間以内に中国湖北省に滞在していた米国民は最大14日間にわたり強制的に隔離されることになります。 中国本土の他の地域から帰国する米国民についても、入国した空港で健康検査を行う方針であると発表。 中国から帰国した国民は衛生上のリスクを及ぼさないよう、最長で2週間の自宅待機が求められますが、米国民の家族や永住者は対象外となります。 アザー米厚生長官は次のように述べています。 「過去2週間以内に中国に渡航し、感染拡大のリスクがある外国人の入国を停止する措置に対し、トランプ大統領は署名をした。 これらの措置は米国民の安全を守るための賢明で的を絞った一時的な対応である」と説明しました。 さらに「入国者の検査に携わる衛生当局者の負担軽減や中国から帰国する米国民や永住者の手続きの迅速化、国民の健康と安全に重点を置いたリソース配分につながる」とも述べました。 中国ではこれまで新型コロナウイルスによる肺炎で少なくとも1万人以上の感染が確認されており、他21か国で約100件の症例を確認。 そのうち7件は米国であると報告されています。 参考元 : The New York Times.

次の

米国政府 中国からの入国を制限し2月2日に緊急事態宣言

アメリカ 中国 人 入国 拒否

安倍晋三首相は、3月14日の夕方、首相官邸で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた政府の取り組みに関して、「たった1人」で国民に向けて説明した。 その時間は、1時間足らず。 前日、米トランプ大統領が行なった記者会見は1時間を超え、多くの民間人を従えて「官民一体」の対策を打ち出したのと比べると、格段の違いだった。 ただし、安倍首相の決意は固く見え、目が虚ながら、こう訴えた。 「みなさんの活気あふれる笑顔を取り戻すため、一気呵成にこれまでにない発想で、思い切った措置を講じてまいります」 一気呵成というのは、いますぐにでも断固としてやりとげるということである。 そこで、疑問に思うのが、日本政府はなぜ、アメリカと同様に、欧州からの入国を拒否しないのか?ということだ。 アメリカ政府は3月11日に、アメリカ東部標準時間で3月13日午後11時59分から、アメリカへのEU26カ国からの入国を拒否すると発表した。 26カ国とは、オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス。 そして、3月15日、この26カ国にイギリスとアイルランドを追加した。 感染爆発が続くヨーロッパから、これ以上、ウイルスが入ってくるのを止める。 そのために入国を拒否して、アメリカ人の命と安全を守る。 そのためには、やむをえないと、アメリカ政府は判断したと言える。 ところが、日本は、いまもなお、ヨーロッパからの入国を拒否していない。 遅すぎたと批判されて、中国と韓国からの入国を拒否し、感染爆発が続くイランとイタリアの一部地域も拒否したが、それきり、どの国に対しても入国制限・拒否を表明していない。 記者会見で、安倍首相は、こう表明した。 「緊急事態を宣言する状況ではない」 「(日本は)なんとか持ちこたえている」 「WHOが今週、パンデミックを宣言しましたが、人口1万人当たりの感染者数を比べるとわが国は0. 06人にとどまっており、韓国、中国のほかイタリアをはじめ、欧州では13カ国、イランなど中東3カ国よりも少ないレベルに抑えることができています」 つまり、日本の感染防止策はうまくいっている。 そう、強調したのだ。 それなら、なおかつ、日本国民の命と安全を守るため、入国制限・拒否の対象国を広げるべきだろう。 中国、韓国、イランなどにはできても、フランス、ドイツ、イギリスなどにできない理由があるのだろうか? どこかに後ろめたさでもあるのか? 安倍首相と政府は、日本の感染爆発は防げている、医療崩壊を起こさないために検査数を絞ってきたことが功を奏している。 その結果、感染者数は世界のワースト10圏外になっている。 おそらく、このままいけば感染拡大を抑えられる。 そう考えているのだろう。 しかし、この認識は正しいのだろうか? 日本の感染者数は、検査して「確認された感染者数」であって、実際にはどれくらい感染者がいるのか、誰にもわからない。 死者が少ないのも、検査数が少ないのだから、ほかの原因による肺炎死にされている可能性がある。 これまで、クラスター追跡ばかりやり、より多くのサンプルを取ろうとしてこなかったのだから、すべては闇の中だ。 日本をこんな状態にしていて、しかも、感染拡大国からの自由な渡航を許している。 さらに、自国民の海外渡航を自粛しておらず、その結果、世界の多くの国から渡航制限・拒否にあっている。 すでに、東京五輪が開催できないのは決定的だ。 「中止か延期か」をいつ誰がどのように発表するかの段階に入っている。 安倍首相は「われわれとしてはIOCを含めた関係者と緊密に連携を取って対応していくことに変わりはない」と言ったが、「緊密な連携」とは、どうやって中止・延期を円滑に進めるかに関して緊密な連携を取っているということだろう。 ならば、もう東京五輪はいいから、いかにして国民の命と安全を守るかに専念してほしい。 「全国津々浦々、心をひとつに、まさにワンチームで現在の苦境を乗り越えていきたい」 「いかなる困難も力を合わせれば必ずや克服することができる。 打ち勝つことができる。 私は、そう確信しています」 そんな希望的観測より、具体的かつ強固な対策が必要だ。 このウイルスは手強い。 国民の命と安全より、医療崩壊を危惧して感染者数を絞ることを優先する政策をもうやめるときにきているのではないか。

次の

入国拒否についてです。今の状況でアメリカ人が日本に入国す...

アメリカ 中国 人 入国 拒否

一度入国拒否されると、一生ESTAでの入国が不可能に 一度入国拒否に遭ってしまうと、アメリカ大使館でビザを取得しない限り、現行の米国移民法では一生ESTA(ビザ免除プログラム)での入国ができなくなります。 これは、アメリカに入国して滞在する場合だけではなく、米国を経由して他国(例えばメキシコやカナダ)に行くこと場合も同様に、必ずビザが必要になってしまします。 したがって、今後も渡米が必要な方にとっては非常に大きな問題となります。 入国拒否に遭われた方々の状況を分析すると、大別して以下のような共通点があるように思います。 1.逮捕・犯罪歴など何らかのトラブル歴がある方のみが対象と思っていた 2. ESTAの使用方法を誤解していた 3.アメリカ経済に貢献している人間に対して入国拒否などあるわけがないと思っていた 入国拒否の理由になりやすい、長期滞在、頻繁な出入国 通常、入国拒否に遭われる方は、逮捕・犯罪歴がある方ではありません。 したがって、飛行機に搭乗することすらできないのです。 従って、「1.逮捕・犯罪歴がある方々が対象と思っていた」という考えは、誤った解釈であると言わざるを得ません。 次回は、「2.ESTAの使用方法を誤解していた」という項目について解説します。 弁護士法人イデア・パートナーズ法律事務所 所長弁護士 東京弁護士会所属 北海道大学理学部物理学科卒業 東京大学大学院理学研究科修了 北海道大学法科大学院修了 【主な役職等】 ・経営革新等支援機関(平成25年4月~現在) ・犯罪被害者支援委員会研修員(平成21年4月~平成22年4月) ・非弁護士取締委員会委員(平成25年4月~平成27年4月) ・住宅紛争審査会紛争処理委員(平成27年9月~現在) ・弁護士会の各法律相談等担当(知的財産権・ライセンス契約分野,遺言信託分野,住宅専門家相談,女性のための法律相談) ・中野商工会議所相談担当 ・足立区法律相談担当 民間企業(富士通)でシステムエンジニアとして勤務した後、平成20年に弁護士登録。 米国渡航、ビザ・永住権等の問題はもちろんのこと、日本の各法分野(相続、不動産、知的財産、交通事故等)についても明るい。

次の