東宝 映画。 TOHO THEATER LIST/一生に一度は、映画館でジブリを。『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ゲド戦記』シアターリスト

東宝オフィシャルサイト

東宝 映画

映画最大手の東宝は6月5日に約50日ぶりに営業を再開した(記者撮影) 新型コロナウイルスによる影響で4月18日から全国で営業休止していたTOHOシネマズ。 6月5日、51日ぶりに再開された東京都内のTOHOシネマズに足を運ぶと、金曜の夜にもかかわらず人影はほとんどなかった。 上映されている映画館はいずれも空席があるようだ。 夫婦やカップル、友人同士など2人以上で映画館を訪れている人がいないことも通常時とは異なることを感じさせる。 仕事終わりの人などで賑わうレイトショー上映が休止されていることや、新作映画が上映されていないことも客足が少ない理由だろう。 コロナが業界最大手の東宝を直撃 単にモノを買うのではなく、体験することに重きを置く「コト消費」の需要増を背景に大きく伸びていた映画。 2019年の興行収入は2000年以降ではもっとも多い2611億円を記録した。 だが、2020年はその好調が続かなかった。 東京など7都府県では4月7日から、全国では4月16日に発令された緊急事態宣言に伴い、多くの映画館が営業休止した。 中でも打撃が大きかったのは業界最大手の東宝だ。 2019年の邦画興行収入トップ10のうち、東宝の配給作品は「天気の子」や「名探偵コナン 紺青の拳」など7作品を占めた。 2020年2月期の東宝の業績は、営業利益、経常利益ともに過去最高を更新。 従来から人気コンテンツを独占しており、「(2019年も映画業界は)東宝の一人勝ちだ」(映画会社関係者)と他社からはうらやまれるほどだった。 しかし、新型コロナウイルスによって状況は暗転する。 映画の配給の延期や舞台の中止、映画館の休館などが相次ぎ、2021年2月期の業績予想を公表できないでいる。 東宝は6月から1年間、社長以下の役員報酬の減額にも踏み込んでおり、危機意識の大きさがうかがえる。 東宝は1932年の設立。 祖業は東京宝塚劇場であり、演劇や映画興行のイメージが強いが、同社の事業は大きく分けて3つある。 映画と演劇、それに不動産だ。 新型コロナウイルスはこのうち、映画と演劇を直撃した。 2020年2月期の営業利益のうち、映画事業が約6割、演劇事業が1割弱を占めており、その影響は計り知れない。

次の

映像・映画 企画・製作|シゴトを知る|東宝株式会社 新卒採用2021

東宝 映画

1930年代 [ ]• 1940年代 [ ]• 1950年代 [ ]• 1960年代 [ ]• 昭和シリーズ - 60年代はを始めとする8作品• 主演映画• 東京オリンピック• - 東宝始まって以来の最低記録の作品。 主演映画• シリーズ 1970年代 [ ]• - 『』と『』の再編集作品• 昭和ゴジラシリーズ - 70年代は『』を始めとする5作品• - 東宝特撮映画では珍しく、アニメと実写を合成した作品。 ・ゴールデンコンビの作品シリーズ• - 『』、『』、『』、『』の3作• 1980年代 [ ]• を中心とする - 2015年現在も継続。 35作品• シリーズ• シリーズ• - OVAの劇場公開、ルパンの声をが務めるなどキャストが一新されている。 - から配給委託• - 、から配給委託• - フジテレビと共同制作• 1990年 [ ]• 白いオオカミ 同時上映は「リトル・ポーラベア〜しろくまくん、どこへ」• 同時上映は「」• 同時上映は「」• 同時上映は「」 1991年 [ ]• 同時上映は「」• 同時上映は「」• 1992年 [ ]• との共同配給 R• 1993年 [ ]• 1994年 [ ]• 1995年 [ ]• 1996年 [ ]• 1997年 [ ]• 同時上映は「」• 1998年 [ ]• 1999年 [ ]• との共同配給• PG-12• 2000年 [ ]• との共同配給• PG-12• 2001年 [ ]• R-15• PG-12• R-15• 同時上映は「」 2002年 [ ]• 同時上映は「」• アスミック・エースとの共同配給• 同時上映は「」• 2003年 [ ]• 配給協力• 配給協力• が配給協力 PG-12• 同時上映は「」• 2004年 [ ]• PG-12• PG-12• PG-12• PG-12• 同時上映は「」 2005年 [ ]• PG-12• R-15• PG-12• 2006年 [ ]• PG-12• PG-12• PG-12• 2007年 [ ]• R-15• PG-12• 配給協力• PG-12• 2008年 [ ]• 配給協力• -第1章- 終わりの始まり• 2009年 [ ]• 配給協力• -第2章- 最後の希望• -最終章- ぼくらの旗• PG12• PG12• 2010年 [ ]• 配給協力• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• (前後編共にPG12)• PERFECT ANSWER• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• (アスミック・エースとの共同配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• (アスミック・エースとの共同配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給 2013年 [ ]• PG12• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• border:1 Ghost Pain• border:2 Ghost Whispers• 東宝映像事業部配給 PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• (アスミック・エースとの共同製作・配給)• (2部作)• 漸 ゼン ノ編• 爻 コウ ノ編• 東宝映像事業部配給• 2014年 [ ]• (東宝映像事業部配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• (東宝映像事業部配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• border:3 Ghost Tears• border:4 Ghost Stands Alone• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給 PG12• (アスミック・エースとの共同配給)• PG12• 東宝映像事業部配給• 2015年 [ ]• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• (と共同配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 前編 『終わりと始まり』• 後編 『勝者と敗者』• 東宝映像事業部配給• PG12• 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN• 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 青春の影• Beyond the Bottom• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給 PG12• 東宝映像事業部配給 PG12• 2016年 [ ]• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• (アスミック・エースとの共同配給)• 上の句• 下の句• 東宝映像事業部配給 ともにPG12• -衝突-• -衝戟-• 東宝映像事業部配給• (アスミック・エースとの共同配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部とS・D・P配給 ともにPG12• PG12• 東宝映像事業部配給 PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 第1章• 第2章• 第3章• 東宝映像事業部配給• 2017年 [ ]• 東宝映像事業部配給 PG12• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• (アスミック・エースとの共同配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• (との共同製作・配給)• 東宝映像事業部配給• (アスミック・エースとの共同配給)• (ギャガとの共同配給)• 東宝映像事業部配給• 才能とセンス• コンセプトの戦い• 東宝映像事業部配給• (アスミック・エースとの共同配給)• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 2018年 [ ]• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 決戦機動増殖都市• 星を喰う者• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給• オルタナ• プログレ• 東宝映像事業部配給• PG12• 2019年 [ ]• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給 PG12• Case. 1 罪と罰• Case. 2 First Guardian• Case. 3 恩讐の彼方に__• 東宝映像事業部配給• と共同配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• BRING THE SOUL: THE MOVIE 東宝映像事業部配給• アスミック・エースが配給協力• キミだけにモテたいんだ。 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給 PG12• 東宝映像事業部配給 2020年 [ ]• RADWIMPS「ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019 the Film」 東宝映像事業部配給• MAN WITH A MISSION THE MOVIE TRACE the HISTORY 東宝映像事業部配給• 東宝映像事業部配給• PG12• 東宝映像事業部配給 による独占公開• 東宝映像事業部配給• との共同配給• 東宝映像事業部配給• との共同配給• 2021年 [ ]• 東宝映像事業部配給• アニプレックスとの共同配給• (仮題)• との共同配給 近日公開 [ ]• 東宝映像事業部配給• アスミック・エースとの共同配給• 、との共同配給 時期未定 [ ]• と共同配給 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 4月3日より「版」、6月5日より「デジタルリマスター版」が上映された。 本作の初公開当時はで配給されていたが、6月26日より「」、「」、「」とともに「一生に一度は、映画館でジブリを」として東宝配給で再上映される。 出典 [ ] [].

次の

株式会社東宝映画公式ホームページ/会社概要

東宝 映画

東宝が自社で製作する企画やテレビ局や外部のプロダクションと共同で製作する数多くの企画の中から、年間のラインナップを「編成」するのが映画調整部です。 アニメーション作品、テレビ局製作作品、海外との共同製作作品、そして自社製作作品の4つを柱として、東宝の営業、宣伝の力を活かしてヒットを狙える作品を編成し、ジャンルやターゲットとなる客層など、さまざまな要素を考慮しながら、映画営業部と連携して、公開時期を決めていきます。 2019年公開の作品を4つの柱ごとに挙げていきますと、アニメーション作品としては、 『映画ドラえもん』『映画クレヨンしんちゃん』『名探偵コナン』『劇場版ポケットモンスター』『映画妖怪ウォッチ』などのシリーズアニメに加え、 『天気の子』『HELLO WORLD』などの作品がありました。 テレビ局製作作品としては、 『キングダム』『コンフィデンスマンJP』『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』『かぐや様は告らせたい』などの作品がありました。 海外との共同製作作品としては、 『名探偵ピカチュウ』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』がありました。 そして、東宝の自社製作作品としては、 『天気の子』『アルキメデスの大戦』『蜜蜂と遠雷』『屍人荘の殺人』などの作品がありました。 近年は、実写だけでなく、 『天気の子』『HELLO WORLD』など劇場用長編アニメの自社製作にも力を入れています。 映画製作において製作委員会方式が主流である現在、映画調整部は製作委員会各社との交渉窓口としての役割を果たしています。 映画企画室・映画製作室 映像作品の企画・制作を行うプロデューサーが所属します。 プロデューサーは、どんな観客に向けたどういう魅力を持つ作品を作るのか、といったコンセプトを立案し、あらゆる情報や人脈の中から企画の種を探してアイデアを練ります。 その企画が漫画や小説であればその映画化・テレビドラマ化権を取得し、監督や脚本家の選定、脚本推敲、キャスティング、撮影スケジュールの調整、撮影現場や編集作業の立ち会いという、企画・製作の全工程に責任をもって携わります。 プロデューサーは、企画を、ヒト・モノ・おカネを使ってビジネスに仕立てていく仕事だといえます。 管理室 映画企画部が制作する全作品の収支予算の管理を行います。 映像作品の制作において予算コントロールは重要です。 撮影の準備段階から作品が完成するまで、作品制作の費用を中心に管理します。 また、原作者、脚本家、監督などと契約を締結し、作品の制作・利用に必要な権利の取得も行います。 そのような中、音楽を核に映画・映像・演劇を含むライブエンタテインメントを、ジャンルを横断して能動的に企画立案する部署として、2018年にミュージック&エンタテインメント企画室は新設されました。 専任のメンバーだけでなく、各部からプロデューサーが参画しており、部署を横断し企画プロデュースを推進する部門として、さまざまな企画が進行中です。 若くして死ぬ』 『シン・ゴジラ』 『青空エール』 『君の名は。 』 『後妻業の女』 『怒り』 『何者』 『ボクの妻と結婚してください。 現在日本のほとんどの作品で採用されている方式が「製作委員会」です。 従来は1つの映画会社が製作費を全額負担して製作されていた日本映画ですが、1980年代に入り複数社での共同製作が増え、製作委員会という名称が使用され始めました。 製作委員会は、映画会社・テレビ局・出版社・新聞社・広告代理店・通信/インターネット事業会社など複数の会社により組成され、映画の製作費を分担して拠出することで、一本の映画を完成させ、共同で著作権を持ち合います。 また、製作委員会を構成する各社がそれぞれの「強み」を発揮することで、良い環境や条件で映画を製作することができるほか、作品のヒットに向けて宣伝面でも協力し合います。 現在、東宝で製作・配給される映画は製作委員会によって製作されるものがほとんどですが、2016年7月に大ヒットした『シン・ゴジラ』は東宝1社の資金による製作で、製作委員会を用いない成功例でした。

次の