大崎 病院 東京 ハート センター。 有名医師を抱える心臓病の専門病院はなぜ倒産したのか|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

【週刊新潮】東京ハートセンター買収のさいたま記念病院不調は遠藤容子夫人が原因?倒産(破綻)か

大崎 病院 東京 ハート センター

患者の尊厳を重視した医療を追求する医療法人社団冠心会 大崎病院 東京ハートセンター(以下、東京ハートセンター)は医療サービスの透明化を目指し、IIJのクラウドサービス「IIJ GIO」を基盤にした、カリーナシステムのネットワーク対応手術映像記録・配信システム「ADMENIC Cloud」を導入した。 映像をもとに患者に対して手術内容を詳細に説明できるようになるとともに、病院間の情報共有や若手医師への指導・教育に活用することで、医療の質の向上が期待できるという。 「手術の可視化」で医療の透明性を向上 心臓病の専門治療病院として2005年12月1日に開院した東京ハートセンターは、国内最高水準の豊富な経験と実績を持つ医師・看護師によるチーム医療に加えて、ふんだんに実力を発揮できる環境も整っている。 同センターが目指すのは、患者の尊厳を重視した医療。 常に患者の立場に立ち、納得のいく説明と情報提供に努める。 「医療の透明性を高めることが、医師と患者の信頼感の醸成につながると思っています」と東京ハートセンターセンター長の南淵明宏氏は話す。 その一環として、同センターが取り組んだのが「手術の可視化」である。 手術中の様子を映像と音声で記録し、院内の数カ所でライブ映像として視聴できるようにした。 手術映像を第三者が確認することで、緊急時にも迅速なサポートが可能となる。 同時にLANを介して院内の画像サーバに送られる手術映像は、一定期間保管された後、クラウド上のストレージに転送され、堅固に長期保管される。 「患者に対して施術プロセスを説明する場合に利用したり、医師や看護師向けの手術例の研修などに活用することもできます」と南淵氏は話す。 この「手術の可視化」を支えているのが、カリーナシステムのネットワーク対応手術映像記録・配信システム「ADMENIC Cloud」とIIJのクラウドサービス「IIJ GIO」である。 クラウドの活用により柔軟なシステムを構築 同センターでは開院当時から「手術の可視化」を推進しており、手術室ごとに映像の録画システムを構築・運用していた。 しかし、年間の手術数は400件近くにのぼる。 従来のシステムはメディア記録であり、日々増え続けるメディア管理の容量を解決しなければならなかった。 そこで同センターでは、手術映像の記録を外部保管することを検討し、サーバが不要で、大容量のデータを長期間クラウド上のストレージに保管できるADMENIC Cloudを導入した。 ADMENIC Cloudは、記録した手術映像をIIJ GIO上に保管し、ネットワークを通して配信・管理する手術映像記録・配信システムである。 ネットワーク経由でリアルタイムに手術の様子を院内にライブ配信できる上、高画質のクリアな映像で手術の映像を記録、再生するとともに、クラウド上に安全に保管することができる。 また、クラウドサービスの導入はユーザーの負荷削減にも貢献している。 院内で映像データを長期保管するには、大容量ストレージの導入や管理が不可欠な上に、ストレージの追加や交換は避けられない。 しかし、クラウドサービスを利用することで、追加費用やメンテナンスコスト、管理費用を最小限に抑えることができる。 IIJのデータセンターは国内有数のバックボーンと直結されており、暗号化に加え、セキュリティ対策が堅牢なため、安全で確実なデータの長期保存が可能になった。 また、IIJ GIOが、国内データセンターをもつ"国産クラウド"という安心感も大きなポイントだった。 医療の安心感が高まり術後の治療計画に活用も ADMENIC Cloudの導入により、同センターは様々なメリットを実感している。 その1つが、紹介医師、医療機関が患者に対して手術説明をより分かりやすく行えるようになったことだ。 ADMENIC Cloudは多様なアクセス手段でIIJ GIOのストレージ上に記録された映像を視聴することが可能である。 「例えば、デスクトップPCや専用モニターの他、iPadなどのモバイル端末を使うことで、院内/院外の色々な場所で映像を視聴でき、手術後に患者に対して、実際の映像を見ながら、経過報告をすることも可能です。 特に、紹介元の病院と手術映像を共有して今後の治療計画に利用できる。 まさに究極の病診間連携です。 また、同業専門医間のピアレビューも容易で、形式ばった学会に参加して時間をつぶすよりずっと有益で、今後のトレンドになるでしょう」(南淵氏)。 クラウド上の映像データは、患者紹介元の病院との間で共有し、術後の治療計画の策定に役立てることもできる。 この点について、東京ハートセンターと連携するわかまつインターベンションクリニックの阿部亘院長は次のように話す。 「循環器内科専門の当院でも、心臓の解剖学的な部分に関して現実的に見ているケースは多くありません。 内科医としてイメージで見ることができる外科的映像は歓迎できますし、戻ってきた患者様の結果は勉強になり、大変有効な方法です。 また、現在の病院間連携システムは非常に高価で、民間病院で自ら構築するのは難しいので、iPadなど汎用なシステムとクラウドを利用して多くの病院が簡単に視聴できるのは、外科医だけではなく内科医にとっても大変勉強になります」。 また、過去の手術映像を若手の医師や研修生向けの教材として活用したり、学会での症例報告などに応用することも可能だ。 今後活用が進めば、心臓外科医間のピアレビューも常識になることが期待できるという。 運用管理上のメリットも大きい。 ADMENIC Cloudを構成するIIJ GIOはREST API型のクラウドストレージサービス。 これは映像を記録・保管するストレージに対して、HTTPSプロトコルで多様なAPIを提供するもの。 アプリケーションからダイレクトかつセキュアに様々な要求を行うことができ、処理の自動化などを可能にする。 この機能を活用し、院内サーバからストレージへの自動転送を実現しており、院内サーバに保管された手術映像は、手術当日中に再圧縮され、IIJ GIOストレージへ夜間のバッチ処理で転送される。 さらに、一定時間経過すると院内サーバのデータは自動削除されるなど、転送の自動化により、管理負荷は大幅に軽減されている。 東京ハートセンターはクラウドを活用することで、医療現場の透明性、患者と医師の信頼関係の醸成、病院間の連携、後進の指導、同業専門医間でのピアレビューなどを実践する方針だ。 IIJとカリーナシステムは今後も、手術映像だけでなく、アンギオやエコーCT映像などにもクラウドを活用したシステム対応を連携して検討し、ITによる医療の質の向上を支えていく。 導入したサービス・ソリューション.

次の

院長メッセージ

大崎 病院 東京 ハート センター

心臓病専門の「大崎病院 東京ハートセンター」(以下、大崎病院)経営の医療法人社団冠心会は8月27日に民事再生手続き開始決定を受けた。 冠心会は1994年3月に創業、同年9月に法人改組。 2003年7月に遠藤真弘氏が理事長となり、05年12月に大崎病院を開院した。 有名医師が所属するなど知名度は高く、開院から数年、約20億円だった年収入高は18年3月期で約41億100万円と約2倍に拡大した。 経営が不得手な医師は多いが、遠藤理事長は経営には全く関与せず、妻で常務理事の夫人が実権を握っていた。 だが、同氏も経営のプロではなく、07年には病院不動産オーナーへ家賃が遅延し、10年頃には同オーナーから2度も法的整理を申し立てられた。 この頃すでに夫人の乱脈経営や資金流出が指摘され、破綻への兆しは表れていた。 その後、病院不動産は別会社の手に渡り、同社にも昨年10月より家賃が遅延し訴訟へ発展。 そして、今年4月に週刊誌で夫人の資金流用疑惑が報じられ、急速に信用が収縮、実権者不在となり大崎病院は壊滅的な状態へ陥った。 5月には新規患者や新規手術の受け入れが停止となり、最低限の経費も足りない状況が続いた。 そうしたなか、以前から利用していた診療報酬債権のファクタリングで、資料によれば、23年7月分までの診療報酬債権を譲渡していたという。 ファクタリングなしには存続が不可能な状態になっていたが、一方で手数料の利率が高く資金繰り悪化の一因にもなった。 最終的に、訴訟中のオーナーが不動産を売却した別会社が7月31日に冠心会に対して破産を申し立て、その後、冠心会が再建の意欲を申立債権者に伝えたことで、申立債権者が破産を取り下げ、同債権者が民事再生を申請しなおすという結果になった。 開始決定後に理事長と理事が総入れ替えとなった冠心会。 今後新たな医療法人主導の下、再建を図る。

次の

プロフィール

大崎 病院 東京 ハート センター

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。 東京都品川区にある大崎病院 東京ハートセンターと、その傘下にある さいたま記念病院が話題になっています。 週刊新潮などによると、さいたま記念病院を買収した東京ハートセンターの理事長夫人である 遠藤容子氏が、 病院の経営資金を私的流用した疑いがあるといいます。 日本屈指の心臓専門病院である東京ハートセンター(東京・品川区)が、現在、経営状態の悪化に見舞われている。 事情を知る従業員によれば、その原因は、遠藤真弘理事長の妻で常務理事の容子夫人(62)の乱脈経営にあるという。 その事実が発覚したのは、東京ハートセンターが3年前に買収した「さいたま記念病院」の財務内容調査がきっかけだった。 小学館の子会社も出資したこの病院を舞台に、容子夫人には 5億円近い金額を私的流用した疑いが持ち上がっている。 別の病院関係者によれば、「小学館の子会社出身の理事らは、わざわざ容子さんが別口座を開いた銀行まで出向き、資金の流れを洗い出しました。 すると、 例えば、2017年6月30日にはフランスの高級ブランドのシャネルに、遠藤容子名義で2600万円が振り込まれていることがわかった。 容子夫人は証拠を残さないために、一旦、口座から現金で引き出し、それからシャネルの口座に入金していたのです」 容子夫人が大のシャネル好きだということは、病院内で知らない者はいないほどである。 大のブランド好きであるという容子夫人に関する証言が飛び出すなど、東京ハートセンターを取り巻く環境はここにきて一気に厳しくなってきています。 今回は、渦中にある東京ハートセンターとその傘下、さいたま記念病院、そして理事長夫人の遠藤容子氏を取り上げます。 さいたま記念病院の経営悪化は東京ハートセンター買収の遠藤容子夫人が原因?週刊新潮が報じる 上にも記載した週刊新潮の記事のなかでは、病院関係者の話として容子夫人の 豪遊っぷりが垣間見える証言がさらに記載されています。 「 彼女は小柄でぽっちゃりした感じなのですが、ほぼ毎日、その体型に合わせたシャネルのオーダーメイドのスーツを着て、夫である理事長と病院に出勤してきます。 理事長とは、再婚同士だと聞いたことがある。 2人の間には慶応大学の医学部に通う一人息子がいます。 夫婦共々、車はBMW。 でも、夫人の方が大型のBMWに乗っています」(前出の病院関係者) さらには、高級ジュエリーなどに1500万円以上の支出も確認されていることや、海外旅行への支払いの痕跡なども確認されている模様。 この他にも複数の私的流用と見られる証拠が見つかっていることから、病院側は理事長夫妻を 特別背任の疑いで刑事告発する構えも見せているといいます。 「 病院の有志で弁護士に相談し、病院の資金を私的流用したとして、日産前会長のゴーンと同じように、特別背任で訴えるつもりです。 とにかく、遠藤夫妻から一日でも早く経営権を取り上げなければいけないと考えています。 給料の遅配問題で、4月初め、労働基準監督署が調査に入りました。 雇われている医師や看護師が給料を貰えないことも深刻ですが、遠藤夫妻を排除して病院を立て直さないと、なによりも患者に1番の迷惑をかけることになってしまいますから」(前出の病院関係者) この報道に対して、容子夫人側の弁護士は以下のようにコメント。 「 東京ハートセンターとさいたま記念病院の間で精算をすべき金銭のやり取りが発生しているのは事実ですが、いずれも使途は明確であって、使途不明金ではありません。 そもそも、遠藤容子氏がさいたま記念病院の口座から私的に金銭を引き出したなどということはあり得ないと考えております」 さいたま記念病院との金銭取引が行われている事実は認めたものの、疑惑に関しては 完全否定。 東京ハートセンターの経営不振が容子夫人1人の原因であったかどうかは定かではありませんが、少なくともこの一連の報道によって東京ハートセンターならびに、傘下のさいたま記念病院の評判が下がることは間違いないでしょう。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 評判が悪くなるね。 退職する医師や看護婦も出てきて、資金繰りも悪化して一気に倒産するかも。 たぶん、リークした人は、病院を潰しにいっている。 よほど許せなかったのだろう。 BMW乗るのは別にいいけど、 心臓病の病院と規模の割に売り上げが少ない。 理事長夫人の横領というよりも病院の魅力や救急車受け入れ率の関係で売り上げが減っているんでしょう。 そこで職員の給与カットが起こって今回の告発というところでしょうか? 医療費は大半が税金で成り立っていることを忘れている病院経営者が多すぎる。 病院自体は一見そんなに稼いでなさそうに見えても、親戚に株式会社を作らせて、そこに莫大な利益誘導をして、株の配当で親族がガッポリ儲けいる病院は多い。 税金を貪る悪質な医療機関は徹底的に調べて欲しい。 これは恐らく個人の横領だと思うけど 多くの人が自分の住んでる地域で聞いたことある話だと思うが、 病院経営者によって組織的に診療報酬が悪用されていて、これが日本中で行われている。 まじめにやっている病院は資金のやりくりに大変苦労していて、その為もあって消費税増税を行うと言ってるが先に取り締まるのが先じゃないか。 金と票が流れてくるから取り締まれないのだろうけど 先端医療は保険点数も高いけど手術で使う機械なども高額なので純利益は少ないと思います。 見かけ上の売上が高くなるので素人は勘違いして気持ちが大きくなってしまったのかな。 一番もうけているのは町の2代目以降の内科です。 ほとんど利益。 収入20億、出費19. 5億と収入1億、出費1000万みたいな感じ。

次の