銚子 電鉄 マスク。 目標は定年まで働くこと!銚子電鉄唯一の女性車掌の毎日|話題のまずい棒についても聞いてみた

銚子電鉄 「お先真っ暗セット」で新型コロナウイルスに対抗|NEWSポストセブン

銚子 電鉄 マスク

雨にぬれた緑のトンネルを進むの列車(本銚子~笠上黒生間) 6月13日、14日の土日、梅雨に入った千葉県内は曇りや雨の天気でした。 まだ県から出る旅行は控えた方がいいわけで、「県内で雨が似合うところ……」と考えた時、思い浮かんだのがの付近の風景でした。 前回の記事で、付近の緑のトンネルで撮影した時に「並外れた超望遠レンズがいるかなあ」的なことを書いていました。 その後、特別相当の出費でレンズを買ってしまいましたので、その試運転も兼ねて出かけることにしました。 小雨の中、銚子へ 14日の銚子の天気予報は、終日曇りで正午前後に雨マーク、降水確率は30~50%でした。 なので、少なくとも午前中は天気が持ってくれることに期待し、もし雨がひどくなれば撤収するつもりでした。 千葉駅で銚子行きの列車に乗り換えたのですが、銚子に行くにはのルートと、を経由するルートがあります。 駅に停まっている経由の列車の方が先に出発するのですが、こちらの方が時間がかかるため、後から発車する経由の列車の方が先に着くという罠があります。 事前に時刻表を見ておくのがいいですね。 ただ、は基本的に木々の間を分け入って進んでいくのに対し、は沿いの広々とした田園風景の中を進んでいく部分が多いのです。 時間のことを気にしなくていいなら、車窓重視で選ぶのも手です。 家を出た時からずっと、傘をささなくてもまあ大丈夫な程度の小雨が降り続いています。 銚子に着いてもやっぱり雨でした。 は4月11日以降、対応で朝夕に減便しており、今は終日1編成が往復するダイヤになっていますが、この日の運用は渋い青色の編成でした。 この編成が雨の風景に一番似合うと思うので、いい編成が来てくれた、という感覚です。 雨の というわけで銚子から3駅、で下車。 まだ小雨が降り続いています。 列車は終点の外川まで行き、折り返して戻ってくるので、30分以上時間があります。 とりあえず、待合室に潜り込んでいろいろと撮ってみます。 窓には、駅の横にある小学校の生徒さんの作品がステンドグラス風にはめ込まれています。 黒板に手書きの時刻表。 のいくつかの駅で見ることができます。 室内にはも置かれています。 外はまだしとしとと雨が降っていますが、外の方も頑張って撮ってみます。 駅舎の外のライト。 夕暮れになって暖色に点灯するとまたいい雰囲気になるんです。 同じく駅舎の外にも取り付けられている時計。 は、日テレの企画でリニューアルされる前は古き良き日本のローカル線の駅舎という感じだったのですが、レンガを貼り付けた外観、そしてオシャレな装飾物によって非日常的な空間が生み出されていて、素敵なリニューアルになっていると思います。 駅付近には紫陽花などの花も咲いているので、それらも撮ってみました。 この駅では、銚子行きの上り列車がやってくるのを待って撮影しました。 こういう構図で撮りたかった、という感じで撮ってみたのですが、列車の手前に枝葉がかかってしまったんですね。 下に、2週間前にほぼ同じ場所で撮った写真を再掲しますが、この時はこんな枝葉を気にする必要はなかったはずなのです。 きっと、この2週間の間に何らかの形で垂れ下がってしまったのだと思います。 そんなわけで、列車がもっと手前に来たところで撮影したカット。 何を主題にするかによるんですが、木々のどこまでも鬱蒼とした感じは薄れるものの、その中を走る列車を主題にするという意味ではこれも悪くないと思います。 立ち位置を横に変えたら何とかなるかな、と思い、次の上り列車でリトライしたのがこちら。 あまり何ともなりませんでした。 これ以上何とかしようとすると、ホームから線路上に身を乗り出すことになるので、さすがにそれはすべきではないと思います。 あとは考えられるとすればしゃがんで撮るなど、カメラの高さを変えてみるとかでしょうか。 の西側へ 1本目の上り列車を撮った後、で折り返してくる下り列車を撮るために、駅を出て西へ向かいます。 道路沿いにはやはり梅雨らしい風景が見られました。 この、踏切とも呼びにくい、でも何か線路を渡れそうな道がある場所。 ここだと線路際から列車を撮影できます。 2週間前に同じ構図で撮ろうとして、列車に思いっきり枝がかぶってしまったのですが、今回は位置を微調整することでいい感じになったと思います。 この付近にはがあります。 古めかしい鳥居がいい雰囲気です。 へ 次に訪ねたのは、本銚子から銚子行きの列車で1駅の。 この付近の線路際に紫陽花が咲いていたのを車窓から見ていました。 付近に電柱などがあり、構図を考えるのが大変でしたが、なんとか形になったかなと思います。 付近の緑のトンネルを抜けてくるところを、の横の踏切あたりから撮ることもできます。 この日は交換用バッテリーと充電器を忘れてしまい、この辺でカメラの電池が切れてしまったので、あとは付近で昼食をいただいて帰ってきました。 紫陽花の時期の銚子は初めてだったので、また新しい銚子の姿を見ることができ、半日とはいえとても楽しめました。

次の

銚子電鉄 「お先真っ暗セット」で新型コロナウイルスに対抗(2020年4月26日)|BIGLOBEニュース

銚子 電鉄 マスク

銚子電鉄の「お先真っ暗セット」 銚子電気鉄道株式会社、通称「銚子電鉄」といえば、超ローカル線でありながら、度重なる経営危機を、運賃外収入を得ることで乗り越えてきたことで知られている。 法律で定められた車両点検費用を賄うための費用として、ぬれ煎餅を買おうという呼びかけがネットに広がったことを記憶している人も多いだろう。 そして、新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、もちろん銚子電鉄も直撃している。 ライターの小川裕夫氏が、新商品「お先真っ暗セット」を抗コロナウイルスとする攻めの営業についてレポートする。 * * * 新型コロナウイルスの猛威が止まらない。 感染拡大に歯止めをかけるべく、4月7日には安倍晋三首相が記者会見を開き、緊急事態を宣言。 同宣言により、東京都・大阪府を含む7都府県が対象地域に指定された。 それでも、日を追うごとに1日の新規感染者数は右肩上がりを続け、新型コロナウイルス禍は国民を恐怖に陥れている。 事態を重く見た政府は、4月17日に緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大した。 密閉、密集、密接の「3密」を避けるように呼びかけられ、急速に在宅ワークへの切り替えが行われているため、通勤する人が減少している。 しかし利用者が減少しても電車の運転本数を減便したら、電車の混雑は解消しない。 満員電車は感染拡大の原因でもある。 そうした事情から、首都圏の鉄道各社は利用者が少ないのに減便できなかった。 一方、通勤ラッシュが生じない地方の鉄道会社は、外出自粛を受けて減便を決行した。 運転本数を削減することで経費削減に努めている。 しかし、運行本数を減らしたからといって、削減できる金額は小さい。 車両・駅などの維持管理費を大幅に削減できるわけではないからだ。 そうした事情から、地方の鉄道会社は生き残りに必死だ。 地方の鉄道が苦境に陥っている中、銚子電気鉄道が孤軍奮闘している。 千葉県銚子市に約6. 4キロメートルの路線を有する銚子電鉄は、これまでにも何度も経営危機に瀕してきた。 廃線やむなしの声が出るたび、銚子電鉄は卓抜なアイデアで危機を乗り越えてきた。 千葉県の片隅で走る銚子電鉄が全国に名前を知られるようになったきっかけは、2006年に車両の点検費用を捻出できない事態に直面したときだった。 鉄道会社が所有・運行する車両は、定期的に保守・点検することが法的に定められている。 これは、乗客の安全を確保するうえで当然といえるが、そうした保守・点検作業には莫大なメンテナンス代が必要になる。 銚子電鉄は、これらの費用が不足した。 その際、ブログに「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです」と記述。

次の

銚子電鉄 「お先真っ暗セット」で新型コロナウイルスに対抗

銚子 電鉄 マスク

「電車なのに自転車操業」と言ってはばからず、「マズイんです! 経営状況が…」と「まずい棒」を売り出すなど自虐ネタで知られる銚子電鉄(千葉県銚子市)が新型コロナウイルスの直撃で、本当にマズイ状況になっている。 観光客が8割を占める鉄道は閑散。 もうひとつの柱である「ぬれ煎餅」や「まずい棒」も観光客激減で大苦戦。 ユニークな企画で経営危機に立ち向かってきた銚電が大ピンチだ。 乗客ゼロで銚子〜外川間6・4キロを走る列車も出ている。 11日から計画運休がスタートし、本数を3割減らしたが、「銚電の場合、間引き運転しても密になることは全くない」(柏木亮・取締役営業戦略担当)。 3密とは無縁にもかかわらず、コロナ禍は直撃した。 銚子のシンボル「犬吠埼灯台」は、安倍首相が2週間の自粛を要請した2月末に見学中止となった。 「地球の丸く見える丘展望館」「銚子ポートタワー」も今月1日から臨時休館した。 観光客の動きが止まったところに、銚子の隣、東庄町の障がい者福祉施設で集団感染が発生した。 犬吠埼温泉のホテル、旅館に入っていた予約は風評被害で軒並みキャンセルになったという。 「銚電は8割が観光客です。 ゴールデンウイーク前、鉄道会社にとって一番いい時期なのに誰も乗っていない」(柏木取締役)。 銚電の経営は、銚子〜犬吠の往復運賃(700円)とお土産のぬれ煎餅(450円)で成り立っているという。 観光客激減で共崩れとなり、「本当にヤバイです」と柏木取締役は言う。 賞味期限が5月3日に迫った「まずい棒」は倉庫に1700袋もたまった。 「想定外の出来事で、まずい棒が在庫の山。 本当にまずい」とSNSで発信したところ、「助けて!一日のきっぷ売上が4480円なの」「まかせろ」のハッシュタグが付いて拡散。 善意の購入申し込みが相次ぎ、17日に完売した。 しかし、賞味期限切れとなる商品はこれから毎月出てくる。 緊急事態宣言を受け、竹本勝紀社長は「このままの状況が続けば、会社は1年もたない」と話した。 しかし、柏木取締役は「現在はもっと逼迫(ひっぱく)している」という。 しかし、そこは「日本一のエンタメ鉄道」。 「私たちは絶対にあきらめない」として「鯖威張るカレー(サバイバルカレー)」を発売したのに続き、20日からは、銚子のおばさんたちお手製の「サバイバルマスク」を売り出す。 タイトルこそ自虐めいているが、本当の銚電のサバイバル戦争だ。 途中2度の解散を経て、48年、現社名で再出発した。 銚子〜外川間6・4キロを22分で結ぶ。 全10駅。 昭和の高度成長期は年間約150万人の乗客がいたが、車の普及、沿線人口の減少で現在は約35万人。

次の