夏 が 過ぎ 風 あざみ 歌詞。 少年時代 井上陽水 歌詞情報

少年時代 井上陽水 歌詞情報

夏 が 過ぎ 風 あざみ 歌詞

「少年時代」誕生秘話 まず、少年時代という曲についてご説明しましょう。 この曲は1990年9月にリリースされ、現在でも 井上陽水最大のヒット曲となっています。 もともとは、井上氏が荻野目洋子に提供するシングルのB面に使う予定で作曲したものの、その曲のできばえがよかったことに加え、 同名映画「少年時代」の主題歌の依頼が来たこともあり、自身でカバーし、シングルでリリースすることになったという経緯があります。 その映画「少年時代」は、藤子不二雄A氏の連載漫画が原作で、以前から藤子氏と飲み仲間として親交のあった井上氏に主題歌の依頼が入ったというわけです。 発売後 20 年たっても新 CM が続々と! そんな風にして誕生したこの曲ですが、ヒットにつながるには少々時間がかりました。 発売直後は、オリコンチャート最高20位だったものの、発売から1年後にソニーのCM曲に採用されたことでオリコンチャート4位まで上昇し、TV番組のテーマとしても使用されるなどしてロングヒットになりました。 2008年にはキリンビール、2013年には日本コカ・コーラ、そして2014年には健康家族と、 各社のCMに「少年時代」が使用されています。 また、井上氏が子ども時代を過ごした福岡県田川郡糸田町では、防災無線でこの曲のオルゴール音を流しているそうです。 この曲の魅力はいつまで経っても色あせないことがわかりますね。 えっ!ぜんぶ造語だったの!? ここまで少年時代という曲について述べてきましたが、いよいよ本題の3つの言葉についてです。 調べてみると、なんとこれらはすべて 井上氏による造語ということがわかりました。 どうりで、辞書を開いても載っていないはずです。 ちなみに、彼の楽曲には他にもたびたび造語が登場するようです。 それぞれの言葉に込められた意味を解説していきます。 風あざみ 植物のアザミを連想しますが、風あざみという種類は存在しません。 風が吹いてあざみをゆらしている情景を表現した言葉が 「風あざみ」なのです。 アザミは夏から秋に花を咲かせます。 夏が終わり、アザミの花を揺らす風に秋の気配を感じている情景が浮かびますよね。 夢花火 これは、夢で見たような花火、あるいは夢のようにはかない花火を意味します。 響きもとてもきれいですよね。 ちなみに、ナオト・インティライミにも 「夢花火」という曲があります。 二つの曲の関連性はわかりませんが、こちらの歌詞では「夜空に広がるユメハナビ」とカタカナ表記にしています。 宵かがり 宵とは、日暮れから間もない頃の時間です。 かがり火は、鉄のかごに薪などを入れて焚く火のことです。 夏には花火やお盆、祭りなど、夜のイベントが多いですよね。 そんな情景を「宵」「かがり火」という2つの言葉が連想させるわけです。 それにしても、いかにも昔からありそうな言葉に思えてしまいます。 ちなみに、井上陽水がインタビューでこれらの歌詞の意味を聞かれたとき、「響きのよさで作った言葉で、 意味ないんだよ。 」と答えたそうです。 それでこんなに情景を十分に表す言葉を作り出してしまうなんて、すごいセンスですね。 「少年時代」は、毎年聞きたくなる、そして時おりどこかで耳にする名曲です。 次にカラオケにいった時は歌声と一緒に、この 歌詞にまつわる話も披露してはいかがでしょう。

次の

風あざみとはどんな意味?夢花火、宵かがりも井上陽水の造語だった?

夏 が 過ぎ 風 あざみ 歌詞

井上が作詞作曲し、1990年にリリースされた『少年時代』。 彼はその中の歌詞「夏が過ぎ 風あざみ」の「風あざみ」について、「"鬼あざみ"という言葉は知ってましたから、風あざみもあるでしょう、みたいな感じで録音した」と回顧。 ちなみに「鬼あざみ」とは、キク科の植物「アザミ」の中でも、トゲがあるアザミを指す意味もあるそう。 井上は「一瞬、頭の片隅に、辞書でちゃんとそういう言葉があるかどうかチェックしたほうがいいのかなと、チラッとはかすめました」としながら、一方で「そんなことチェックしてどうすんのという気持ちがあった」と述懐。 造語であることを明かしていた。 そして、「僕の仕事は真実をお伝えすることではなくて、楽けりゃいい」と語っていた。 今年、活動50周年を迎えた井上。 これまでを振り返り、「この50年間、真面目にきちんと全力を尽くして音楽と戦ってきましたとは、とても言えない」と笑いを誘い、「相当いい加減なことをしたり、適当に休んだり、ひどい状態だった」と振り返った。 その上で、「そんな状態で応援していただいて、本当に申し訳なかった。 これから頑張ります!……ってウソだろ」と自分にツッコミを入れ、さらに笑わせていた。 《杉山実》.

次の

井上陽水 少年時代 歌詞

夏 が 過ぎ 風 あざみ 歌詞

戦時下の昭和19年に富山に疎開した東京の少年と 地元の少年の友情と葛藤を描いた作品です。 柏原兵三さんの小説を藤子不二雄Aさんが漫画化して、 これに山田太一さんが脚本を書きました。 監督は「 瀬戸内少年野球団 」の篠田正浩さんです。 小説「 長い道 」の柏原兵三さんは、昭和19年、 戦争疎開のため富山県入善町の上原小学校に転校します。 そして昭和34年から雑誌「 運河 」第5号から「 長い道 」の 連載を開始しました。 小説「 徳山道助の帰郷 」により 第58回芥川賞を受賞。 漫画「 少年時代 」の原作となっています。 おなじく漫画「 少年時代 」は、藤子不二雄Aさんの作品です。 昭和19年から20年まで富山県朝日町の山村に戦争疎開していました。 昭和50年に少年マガジンにて、「 少年時代 」を連載。 タイトル曲でもある「 少年時代 」は、井上陽水さんが 映画のために作詞作曲したものです。 陽水さん独特のあの歌声と、郷愁を誘う歌詞。 そしてやさしさと穏やかさが一体となった、 この時期になるとすごく聴きたくなる…一曲です。 私にとっては、この秋でも夏でもない… 中途半端な9月が哀しく感じられます。 「 夏が過ぎ〜、風あざみ〜 」舞台は戦時中の富山県。 雪深い北国に、東京から疎開のために一人の少年がやって来ます。 簡単なあらすじだけ書くと… 【 昭和19年10月、戦局が悪化の一途辿る中、 東京の小学5年生だった風間進二は、 富山に縁故疎開することになりました。 優等生タイプの進二は学校ではよそ者扱いを受けます。 そんな進二に、地元のガキ大将の武が近づいてきます。 徐々に打ち解ける二人なのですが、権力を誇示する武は 学校では進二に冷たく接するのだった。 …】 物質的には貧しいが、どこか美しい「 戦前の田舎 」を舞台に、 飛んだり、跳ねたりしながら、自分がわかっていったり、 いじめたり、いじめられたりしながらお互いを理解する少年達。 子供の頃の思い出が蘇る作品です。 ちなみに歌詞の「 風あざみ 」って良い響きなのですが、 そんな言葉は辞書にはありません。 井上陽水さんが、響きの良さで、自分で作った言葉だとか。 『 少年時代 』の歌詞に出てくる「 風あざみ 」とは、 どういう意味ですか?とインタビューで聞かれて 「 意味ないんだよ 」と答えたそうです。 あくまでも雰囲気が大切なのですね。 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 青空に残された 私の心は夏模様 夢が覚め 夜の中 永い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりに あわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 目が覚めて 夢のあと 長い影が 夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様 (井上陽水作詞・井上陽水、平井夏美作曲「少年時代」より) JASRAC許諾第J050912808号 この曲を聴くと、田んぼの道を必死に 手をふりながら走る武の姿を… 思い出して…涙がこぼれてしまいます。 Pi Po Pa 2. エミリー 3. ライバル 4. 最後のニュース 5. ギャラリー 6. 少年時代 7. フィクション 8. Tokyo 9. 夢寝見 10. 自然に飾られて 11. 長時間の飛行.

次の