テセウスの船の意味。 テセウスの船の意味に注目!タイトルの由来は何?

テセウスの船とは意味は?ドラマ化で気になるその由来

テセウスの船の意味

伝説 [ ] 誕生 [ ] テーセウスはアテーナイの王との王女の子とされる。 海神とアイトラーとの間に生まれた子であるという伝説もある。 テーセウスはトロイゼーンで育てられたが、16歳の時、アイゲウスに息子として認めさせるために、アテーナイに向かった。 アテーナイには安全な海路を取ることも可能であったが、テーセウスはあえて危険な陸路を選び、道中の山賊や怪物を討ち果たした。 ではを、ではを、クロミュオーンではと呼ばれた(クロミュオーンの猪)を、ではを、ではを、ヘルメウスでは山賊を倒した。 残虐な方法で人を殺めていたこの者達に対し、テーセウスはいずれも同じ目に遭わせて殺した。 道中、テーセウスが倒したプロクルーステースは「プロクルーステースのベッド(寝台)」(Procrustean bed)の逸話で有名である。 この山賊は旅人に寝台を勧め、大きな寝台より背が小さければ、旅人の手足を無理やり引っ張ることで殺してしまった。 また、小さな寝台から手足がはみ出せば、旅人の手足を切り落として殺してしまった。 そこから「無理矢理、基準に一致させる」という意味になった。 アテーナイでは、アイゲウスの妻がテーセウスを毒殺しようとしたが、テーセウスはこの陰謀から逃れ、身に着けていた剣とサンダルによって身の証しをたて、アイゲウスから息子と認められた。 そして、メーデイアはアテーナイから追放された。 ミーノータウロスの退治 [ ] ミーノータウロス伝説の舞台となったクノッソス宮殿 ミーノータウロスが幽閉されているラビュリントスは、名工によって築かれた脱出不可能と言われるであった。 しかし、ミーノース王の娘がテーセウスに恋をしてしまい、彼女はテーセウスを助けるため、彼に赤い麻糸の鞠とをこっそり手渡した。 テーセウスはアリアドネーからもらった毬の麻糸の端を入口の扉に結び付け、糸を少しずつ伸ばしながら、他の生贄たちと共に迷宮の奥へと進んでいった。 そして一行はついにミーノータウロスと遭遇した。 皆がその恐ろしい姿を見て震える中、テーセウスはひとり勇敢にミーノータウロスと対峙し、アリアドネーからもらった短剣で見事これを討ち果たした。 その後、テーセウスの一行は糸を逆にたどって、無事にラビリントスの外へ脱出する事ができた。 テーセウスはアリアドネーを妻にすると約束し、ミーノース王の追手から逃れてアテーナイへ戻るために、アリアドネーと共に急いでクレータ島から出港した。 による 所蔵 しかし、彼は帰路の途中、に寄った際に、アリアドネーと離別してしまった。 これは、アリアドネーに一目惚れした(/バッカス)が彼女をに攫ってしまったために、行方が分からなくなり、止むを得ず船を出港させたとも、テーセウスがアリアドネーに飽きたため、彼女を置き去りにしたとも言われている。 テーセウスは生贄の一人としてクレータ島へ向かう時、無事クレータ島から脱出できた場合には喜びを表す印として船に白い帆を掲げて帰還すると父王アイゲウスに約束していた。 しかし、テーセウスはこの約束を忘れてしまい、出航時の黒い帆のまま帰還した。 これを見たアイゲウスは、テーセウスがミーノータウロスに殺されたものと勘違いし、絶望のあまり海へ身を投げて死んだ。 その後、アイゲウスが身を投げた海は、彼の名にちなんでと呼ばれるようになった。 その他の冒険 [ ] アイゲウスの後を継いで王になったテーセウスは憐み深い王としてアテーナイを治める一方、の女王、あるいはをさらい妻としたり、皮を捜し求める探検隊()の冒険に参加したり、盟友とともにの王女と冥界の女王を誘拐しようとしたり、様々な冒険を行った。 冥界へ赴く以前は、アリアドネーの妹を妻とし、幸せに暮らしていた。 しかしある時、パイドラーは義理の息子を愛してしまう。 パイドラーはヒッポリュトスに想いを打ち明けるが、彼はこれを酷く非難する。 夫テーセウスへの発覚を恐れたパイドラーは、衣服を裂き「ヒッポリュトスから辱めを受けた」という遺書を残し自殺する。 テーセウスは憤慨し、に祈り息子ヒッポリュトスを殺害する。 その後、真相を知ったテーセウスは、妻と息子の死を深く嘆き悲しんだ。 晩年はペルセポネーを略奪するために長く国を留守にした隙を突かれて王位を追われ、の王のもとに身を寄せていたが、リュコメーデースはテーセウスに王位を簒奪されるのではないかと恐れ、彼を崖から突き落として殺してしまった。 の神託によって、テーセウスの遺骸はアテーナイに戻され、アテーナイの人々によって手厚く葬られた。 系図 [ ].

次の

テセウスの船|最終回の意味は?を考察!世間の評判は?

テセウスの船の意味

【テセウスの船】心と由紀はもう一度結婚する? 心がタイムスリップすることで、 未来は大きく変わってしまいます。 まずはタイムスリップ前と後での関係性のおさらいをします。 タイムスリップ前 タイムスリップ後 由紀の状況 出産後死亡 生存・週刊誌記者 由紀との関係性 夫婦 婚姻関係はなし 事件への思い 父・文吾の無罪を信じる 心に会って文吾を信じるようになる 関係性は違えど、由紀は 正義感に溢れる人物であることがわかりました。 タイムスリップしたことで婚姻関係がなくなり他人になったとしても、心の父親・文吾の無罪を信じてくれ、一緒に事件解決への手助けをしてくれました。 タイムスリップがあってもなくても、 心の支えになってくれる素敵な女性ですね。 原作ではどうなる? 原作では、心が「由紀という女性を紹介したい」と父・文吾に言うところで終わっています。 ですがこの話には心が2度目のタイムスリップをした後の、 第三の事件解決が大きく関わってきます。 2度目のタイムスリップ後、 心達の運命はどうなるのでしょうか? 原作を交えて解説します! 【テセウスの船】第三の事件解決 心と由紀の未来には、 第三の事件解決が大きく関わってきます。 第6話では心がみきおともみ合いになったあと、もう一度タイムスリップしてしまうところで終わりました。 心は事件の前にまた戻り、 もう一度事件を止めるチャンスを得たのです。 第三の事件で心は死ぬ? 第三の事件で心は事件を止めることができるのでしょうか? 簡潔に言うと 「事件を止めることができます。 」 原作では、心がタイムスリップした際に大人の 加藤 木村 みきおも一緒にタイムスリップしてきてしまいます。 タイムスリップ前のみきおは、自分と鈴の関係性に文吾が邪魔になると考え、音臼小学校無差別殺人事件を起こし文吾に罪を擦り付けます。 しかし、父親が死刑囚になってしまった鈴は以前の鈴とは別人のようになってしまいました。 そのことから、みきおは過去に戻った時に、みきおを鈴のヒーローにして 鈴との関係性を良好なものにしようとしたのです。 そしてタイムスリップしてきたみきおは、 事件の全容を知っている文吾と心を殺し、自殺することで事件をなかったことにしようと考えたのです。 タイムスリップしてきたみきおが文吾を殺そうとしたとき、心は 文吾を庇い亡くなってしまいます。 その後音臼小学校無差別殺人事件が起こることはなく、文吾が死刑囚になる未来はなくなり、事件を止めることができたのですが、タイムスリップしてきた心は死亡… では由紀との未来はどうなるのでしょうか? 【テセウスの船】心と由紀はハッピーエンド? 原作では、タイムスリップしてきた心は 第三の事件解決の際に文吾を庇い亡くなってしまいます。 しかし、お腹の中にいた心が生まれ、大人になったときに心が文吾に 「由紀という女性を紹介したい」と言い物語は終わります。 タイムスリップ前、心と由紀は婚姻関係にあったことを由紀に伝えていました。 このシーンは ドラマオリジナルストーリーとなります。 原作ではタイムスリップの事を知っているのは文吾だけです。 しかし、ドラマではタイムスリップの事実を由紀に伝えていました。 タイムスリップ前も後も、 心は由紀を支えてくれました。 そしてタイムスリップの話を聞いても信じてくれて、心を支えようとしました。 このときみたいに、心の底から笑い合って、幸せな気持ちで抱き合ってほしい。 ずっと心さんの歌のように思っていたけど、今日は由紀さんの歌のように感じた。

次の

テセウスの船の意味や由来をわかりやすく解説!ドラマとの繋がりは?

テセウスの船の意味

テセウスの船|最終回の意味は?を考察! TBS 日曜劇場「テセウスの船」 2020年3月22日 21:00 放送 の最終回には、正直1本とられました。 まさか「せいや(田中正志)」が新犯人だったとは思いもよりませんでした。 そしてあのハッピーエンドな結末ですよね。 皆さん幸せになりました。 ツイッターでは、 旦那氏、テセウスの船を最終回だけ見だす。 内容意味不明。 — 22G党 seechan0206 最終回個人的謎 1. 校長の息子出した理由は? 2. ラストの現代編の記憶はどうなってんの? 3. ラストの現代編のさつき先生とみきおどういうこと? 4. 過去編の心さんどうなった? 5. 色々な意見があって作者の方に聞かないと本当の部分はわかりませんが、まず、やはり「時系列」だと思います。 もうタイムスリップしている時点で、ファンタジーな世界です。 テセウスの船|最終回までのあらすじ タイムスリップする前の「時系列」は、連続毒殺事件の真犯人が、佐野文吾(父)だということで冤罪により投獄されています。 佐野家の家族(母)は、「あんな人はうちの家族でも何でもない」と、もう最悪の状態です。 主人公の佐野文吾の息子、心(しん)は由紀という女性と結婚をしていて幸せなはずでしたがその由紀さんも病気で亡くなってしまいます。 また、鈴(姉)は、佐野文吾の名前から逃れるために整形をして、みきお(せいやの共犯者)と一緒に暮らしています。 とにかく最悪の状態です。 ですが、ここから別の「時系列」が生まれます。 それは、病死する時に由紀から「お父さんの無実を晴らして」という遺言から心のこころが変わります。 それまで父を避けてきた心が犯人探しを始めました。 そのさなか、「この事件を解決しなさい」と言わんばかりに、音臼小学校の校庭で30年前にタイムスリップしてしまいます。 もうこの時点で、心は別の時系列へ投げ出されてしまいました。 そこでひと悶着ありながらまた現在に戻り、みきおが犯人であることが分かってしまうのです。 そして過去に戻った心は、みきおの動向をうかがい、父と一緒に証拠を見つけてみきおをとらえようとします。 そこで心さんはみきおが犯罪に加担していた「声」を録音し、警察に聞かせることで父の冤罪が晴れました。 そうしていると、共犯者がいることが分かり、その男こそが今回の真犯人であることが分かりました。 そして最終回、真犯人は心をだまし、佐野文吾を一人にしてナイフで腹部を刺す、という犯行に及んだのです。 せいやの母がたまたま入れたキノコが毒キノコだったということで、多くの人が亡くなりました。 せいやが佐野を憎んだ理由は、 ・その母を捕まえたのが佐野文吾だったこと、 ・「家族を大事にしろよ」という言葉 によって「妹がどれだけ苦しんで死んでいったか、何も知らないでふざけるな」ということでした。 その後心さんが気付いて、3人でもみくちゃになりながら、心さんが犯人を止めていると、はずみでナイフが心さんの胸に突き刺さり心さんはなくなってしまいました。 かなり長くなってしまいました。 テセウスの船|最終回の意味は? ・心さんを亡くしてしまったのは? その時系列では、同じ人間が2人いてはいけないというタイムトラベルのルールを守っていたのでしょう。 その時心さんの母親は、心さんを身ごもっていましたから。 ・校長の息子を出した理由は? これについては、前回の9回までに意味深な行動をとって伏線を張っていたのでそれを回収したんでしょうね。 ・ラストの現代編の状況 これは当然ながら、父親の冤罪が晴れましたので、もう普通の人ですから姉も父の名前を気にする必要はないですし、母親も普通と同じ状況ですよね。 ただ、由紀さんと出会うことは、どの時系列でも同じなようです。 また、内容としては同じ船に戻ってはいないですが、登場人物は同じですね。 みきおとみきおの先生も、一緒に働きながら暮らしているようです。 また母は、おなかの子、心が成長していくにしたがって、「あれーっ、あんた心さんにそっくりになっていくねーっ」と冗談を飛ばしながら生きてきたのかもしれません。 父の佐野文吾は、心さんの指輪を形見にしながら大変悲しかったと思います。 テセウスの船|最終回の評判は? それでは、「テセウスの船」最終回の評判を見ていきましょう。 犯人がせいやさん…考察あってましたー笑泣きながら最終回を見て終わるのしみシイナ…って思いながらもドキドキしながら見てました。 最後は幸せで笑顔で居て、感動しました。 6%、瞬間最高視聴率がラストの家族のシーンで21. 5% 最後の最後が瞬間最高視聴率なのもいいし、とにかく高視聴率!!この時代にすごい数字叩き出してるよ…… まさに有終の美。 既にテセウスロスです…。 のんでてもジム行っててもミュージシャンからもどこにいっても犯人誰なのってきかれて、直後に絶対言うなと言われ、予想をめちゃ言われる。 ご飯食べてても隣の席で犯人予想の会話が、聞こえてくる。 これこそクリエイターの真髄。 私も毎回ハラハラドキドキしてみていましたが、最終的にはハッピーエンドになってよかったと思います。 世間の意見は賛否両論ありましたが、私は、演技派ぞろいのこのドラマが好きでした。 特に竹内涼真さんと、鈴木亮平さんの熱演ぶりが印象に残っています。 とにもかくにも、主演者さんやスタッフの方々にありがとうございました、と言いたいです! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の