どこでも ディーガ 持ち出し。 スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」~ディーガにためてスマホで楽しもう!

【BDレコーダー:ディーガの設定】スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の使い方

どこでも ディーガ 持ち出し

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」Ver. 0配信開始 パナソニック株式会社は、ブルーレイディスクレコーダー「おうちクラウドディーガ」向けスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」のVer. 0の配信を2019年9月30日より開始します。 さらに、スマートフォンで撮影した旅行や家族などの写真・動画をディーガに保存できるので、大切な家族の写真・動画を共有でき、テレビの大画面で楽しむことができます。 本アップデートにより、「おうちクラウドディーガ」に保存した写真を「どこでもディーガ」を用いてプリント注文することができるようになります。 注文した写真は株式会社キタムラが運営するカメラのキタムラもしくは株式会社ビックカメラ(以下ビックカメラ)の店頭で受け取ることができます。 さらにスマートフォンからの「新4K衛星放送」の録画予約にも対応しますので、気になる新4K衛星放送番組を外出先から録画予約することができるようになります。 他にも、スマートフォンから扱える「おうちクラウド機能」がさらに進化し、便利にお使い頂けるようになりました。 0でのアップデート内容】 1. 写真のプリントサービスに対応 本アップデートにて、「おうちクラウドディーガ」に保存した写真を簡単にプリント注文することができるようになります。 注文した写真はカメラのキタムラもしくはビックカメラの店頭で受け取ることができます。 写真・動画に付けられるメッセージは最大20文字で、写真の全体的な色味に合わせて、自然でマッチした背景と文字色で見やすく表示されます。 また、保存した写真はスマートフォンでいつでも見られるのはもちろん、リビングの大画面テレビで、家族みんなでお楽しみいただくこともできます。 「どこでもディーガ」から写真をまとめてアルバムの作成や、アルバムの消去が可能です。 さらに、写真送信時にまとめておきたいアルバムを指定できるので、離れて暮らす家族のディーガに送るときにもアルバムとしてまとめて送ることができます。 スマートフォン内に写真がなくても、今までためていた思い出を簡単な操作で気軽に友人にシェアすることができます。 ・ディスクの保存容量が一杯になって自動保存ができなかった場合 ・ドライブにディスクが入っておらず自動保存ができなかった場合 ・ディスクの汚れや傷などにより自動保存が実施できなかった場合 7.シーン一覧の表示内容を見易く改善 シーン一覧をコーナー単位でまとめ、トピックス内容を見やすく表示できるようになりました。 また、番組を見る前に試合結果や受賞結果のネタバレ防止のため、シーン一覧画面でのシーン詳細を隠す機能を追加しました。 HDD残量通知の設定カスタマイズ機能の追加 DRモードで固定されていた残量時間通知を変更できるようになりました。 スマートフォンアプリから不要な番組を録画一覧から削除をすることで、容量が足りずに録画ができないトラブルを防げます。 ディーガの内蔵ハードディスクの空き容量が気になるときにもすぐに操作できるので便利です。 ご注意:1~9の各機能はディーガの機種によってはお使いいただけない機能もあります。 詳しくはをご参照ください。 3以降、Android TM 5. 1以降に対応。 撮影動画はスマートフォンに持ち出して再生することをおすすめします。 90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。 放送制限により視聴できないチャンネルがあります。 ペアリング期限の更新は不要です。 「ディーガ」の使用状況によっては視聴できない場合があります。 「ディーガ」を日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。 ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。 IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。 「v6プラス」、「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。 共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。 LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。 パケット料金にご注意ください。 海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。 ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。 詳しくはサポートページ()を参照ください。 チャンネル録画の追加チャンネルを設定している場合、放送番組は本シリーズが電源オン中または録画中はリモート視聴できません。 また、録画番組は本シリーズが電源オン中はリモート視聴できません。 スタンダード会員(無料)の場合は毎週1回の通知となります。 スタンダード会員(無料)の場合は個別の削除のみ可能です。

次の

どこでもディーガから番組消去する方法は?

どこでも ディーガ 持ち出し

DVDレコーダーからホーム・エンターティンメント・サーバーに進化したディーガ DVDレコーダーと言われる商品が普及してすでに15年以上が経過しました。 ちまたではBlu-rayレコーダーに徐々に置き換わり、さらにネットワーク化も進みました。 今日では、「レコーダーに蓄積されたコンテンツを外で視聴する」という機能が驚くほど進化しとても使えるシステムになっています。 今回は、まだこの辺りの機能を使った経験が無い方のために、パナソニック・ディーガの宅外視聴機能について紹介します。 車内で利用すれば、地デジやDVDに代わるリアシートエンターティンメント?として、有効利用できるものと信じています。 従来の録画番組の持ち出し方法(cprm対応ディスク) かつて、自宅でDVDレコーダーのHDD部に録画した番組は、 CPRM対応DVD-Rに焼いてクルマで視聴するというのが唯一の手段でした。 もちろん、Blu-ray対応のカーナビを持っている方は、Blu-rayに焼いて視聴するというのもありでしょう。 特に小さなお子さんが後部座席に同乗している場合のロングドライブには、DVDは必須のアイテムでした。 従来の録画番組の持ち出し方法(SDカードにコピー) そして、SDやmicroSD カードに書きこんで持ち出すというシステムも後に登場しました。 SDに書きこむのに若干の時間を要しますが、カーナビやスマートフォン側に、そのフォーマットの再生機能を持つことが必須となります。 そして比較的大容量のネットワーク通信が利用可能となった現在、家に設置したディーガから、直接スマホなどに番組データをストリーミング配信して見ることができるようになりました! 無料アプリ「どこでもディーガ」でできること Blu-ray レコーダーであるPanasonic・ディーガを購入したユーザー向けに、同じくPanasonicから 「どこでもディーガ」と呼ばれるスマートフォンアプリがリリースされています。 これは、 ディーガに蓄積されたコンテンツを宅内もしくは宅外から視聴することができるビュワーで、以下の機能があります。 録画済み番組から持ち出しデータ作成を本体にリクエストして、スマホ内のデータとして保存(宅内のwifi環境で行う)• 持ち出し用データの再生(宅内/宅外)• その他、リモート(遠隔)でできることは、• 番組予約(宅内/宅外)• 録画番組の削除 (ディスクがいっぱいで録画できないときの手段としても有効です)• HDD内の音楽の視聴(ディーガの機種に依存)• HDD内の写真・動画を見る(ディーガの機種に依存) ということで、家にネットワーク接続されたディーガがあれば、どこにいても、ディーガで受信・再生できるものがほぼすべて、このアプリ経由で視聴できるのです。 これって、特にクルマのリアシートで視聴できる仕組みを作っておいたら、最強だと思いませんか? このシステムに必要なもの 1)対応ディーガ くわしくは、こちらの対応機器情報をご覧ください。 我が家に設置しているディーガは、昨年購入した2チューナーの5万円くらいで購入できる比較的な安価なタイプですが、特に問題なく使用しています。 どこでもディーガの視聴制限というのがあり、「同時動作の制限」「コンテンツによる制限」というのがあるようです。 くわしくはでご確認ください。 家に設置してあるディーガが、録画などでフル回転している状態ですと、リモート視聴は難しい場合が多いようですので、ご注意ください。 問題は、チューナーの数です! 例えば、2チューナーのディーガで、2番組を録画中は、外部視聴するときにチャンネルを自分で選択することができません。 要するに外部視聴用にチューナーの空きがあれば、いつでも好きなチャンネルを選択して見ることができます。 我が家では多くの場合、同時に1番組程度しか予約録画していませんので、多くの場合1チューナー空いているのです。 そのため、 チューナー数が多い機種程有利です。 (もちろん、多チューナー機は価格も高くなります。 ) パナソニックには6チューナーとか7チューナーという製品もありますが、3チューナーもあれば十分。 下記のモデルなら価格的にもリーズナブルで、おすすめです。 一応、要件としては、iOSなら9. 4以降の端末が必要です。 上記であれば、このアプリの動作を保証をしているというわけではありませんので、念のため。 3)ネットワーク環境 家庭での常時接続環境 ADSLでは若干帯域に問題が出るかもしれませんが、光ケーブルを利用している家庭は特に問題ありません。 我が家では、アップロード帯域があまり大きくないと言われるSoftban Airですが、ちゃんと宅外で視聴することができます。 映像データを送出する側のネットワーク環境と、映像を受け取る側のネットワーク環境が両方関係してきます。 (必要に応じ)ルーターのセキュリティ設定を変更 ルーターが、このアプリのデータコネクションを通さない場合には、きちんと通信できるように設定変更が必要です。 特定のポート番号や、指定のサーバーへのアクセスを許可してやる必要があります。 スマホ側のデータパケット契約 実は、これが一番の問題です。 ディーガ本体から送り出される映像のビットレートがいくつか選べるようになっています。 あまりに低いと画質も低下しますので、注意が必要です。 各モードと、1時間辺りのデータ量を紹介します。 ビットレート bps 1時間辺りのデータ量 3. 5Mbps(最高画質) 1. 5Gbyte 1. 5Mbps 675Mbyte 650kbps 286MByte 400kbps 176MByte 150kbps 66MByte 契約中のデータ速度、制限容量によって検討してみてください。 5Mbpsあれば、画面上の小さな文字もキレイに見えます。 650kbpsならば、5inch程度のスマホで見るには十分な画質です。 録画済番組の持ち出しをする場合 以下は持ち出しの場合のビットレート設定です。 高速なネットワークが使えない環境で、高画質で見たい場合には、「持ち出し」により家であらかじめスマホ内のメディアに保存しておくことで再生が可能です。 この持ち出し設定した番組を再生する際には、 ネットワークによるデータ通信を利用しませんが、スマホ内のデータ保存容量を圧迫します。 ビットレート/モード 用途 1. 5Mbps 720p 大きい画面で見るとき 1. 5Mbps 360p 動きの速い映像 650kbps 360p ドラマ等 150kbps 180p 容量節約 クルマで「どこでもディーガ」 スマホそのままで見るか、 大画面タブレットを使うか…、もしくは天吊りモニターなどに表示できるとよいのですが、ここは簡単にはいかなそうな模様…Chromeキャストなどでつなげることができるといいのですが…。 いくつか方法が考えられますが、これを使うと地デジだけではなく、BSやCSも見ることができます。 さらに、撮りためた放送番組も見ることができますので、現在のカーナビでは実現できないコンテンツを楽しむことができます。 格安SIMでも十分対応可能? 実際のところは、スマホの通信事情がもっとも心配なところだと思います。 そうでないとすぐにパケットがなくなってしまいますね。 筆者の場合ですが、 楽天モバイルのスーパーホーダイの低速モードを利用してこのどこでもディーガを使っています。 5Mbpsでは、伝送が追い付かずときどき映像が止まってしまいますが、650kbpsならば安定して視聴できます。 月額1,980円(高速モード2G付)、特に 1Mbpsの低速モードがかなり使えますので、この「どこでもディーガ」との組み合わせにも大活躍しています。 まとめ• 家にディーガを設置することで、宅外でもスマホを利用して、録画済み・放送中コンテンツを楽しめる• カーナビでは地デジとCPRM対応のDVDは利用できますが、どこでもディーガなら、BS、CS、録画済み番組もネットワークでリアルタイムに視聴可能• プランを選べば、格安SIMでも十分視聴可能• リアシートエンターテインメントに接続すれば、モバイル用の動画サービスに契約しなくても、たくさんのコンテンツが楽しめる 後ろにお子さんの乗せての長距離ドライブや、塾や習い事のお迎えで車で待つときなど、たいへん便利なシステムです。 NHKの講座番組などをなかなかゆっくり見る時間が無いときなどにも、これならちょっとした車内の時間を使って、見ることもできます。

次の

【BDレコーダー:ディーガの設定】スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」の使い方

どこでも ディーガ 持ち出し

A ベストアンサー BZT710の説明書などには、SD VIDEO規格準拠とか書かれていると思います。 ところがAVIC-T99にはそういう記述がありません。 ですから、そもそも対応していないんじゃないかと思います。 SD VIDEO規格自体は、日本式地デジ以前からあるので その用語の使い方が、厳密には運用されていない気がしますが たぶんSD VIDEO規格準拠という表現で CPRMへの対応を意味する場合があるように思えます。 そもそも、日本式の地デジ放送には、世界に類の無い 無料の地上波テレビ放送に、暗号化録画を義務付ける決まりがあります。 このため、海外に済む家族に日本のTV番組を送付しても 現地でCPRM対応DVDプレーヤーが普及していなくて再生できなかったりもするのです。 USBメモリーへのダビングに対応した家電が無く SDカード対応の家電だけがあるのは SDカードにも、著作権保護機能があり、USBメモリーには無いためです。 SDカードには、USBメモリーと同じような、単なるフラッシュメモリーとしての側面と 著作権保護機能のあるデータカードとしての側面があるわけです。 多くのカメラやオーディオ機器などでは、そういった著作権保護機能は使われず 単なるフラッシュメモリーカードの一種として、SDカードが使われています。 携帯電話などでも、著作権保護機能を使うのは、ごく限られた用途でだけです。 たぶんダメなんだと思いますが AVIC-T99のほうのメーカーに、SD-VIDEO規格準拠やCPRM対応について確認してみましょう。 カーナビ装置などでも、SD-VIDEO準拠製品の場合は 地デジやワンセグの録画機能がついていたりするんじゃないかと思います。 AVIC-T99は録画機能がありませんし、SD-VIDEO非対応なのだと思います。 こういった機能の理解は、カタログだけを見てもわかりづらく 日本特有の、地上波デジタル放送に課された、極めて厳しいルールを理解する必要があります。 つまり、できると書いていないからできないのだろう…と達観することです。 ダビング回数も10回に限定されるので、たとえば高校野球を録画しても ベンチ入りの全員にダビングして渡すことは不可能です。 高校サッカーに至っては、レギュラースタメンの11人に渡すことすら不可能です。 吹奏楽コンクールのような大人数では、二台で録画しておいても足りません。 外付けHDDに保存しておいても、本体を買い換えれば二度と再生できなくなりますし 自分用HDDを使っている子供が、大学進学で上京する際に HDDだけ持って引っ越しても、引越し先で再生する方法は一切ありません。 そういう不便なテレビ放送を強いられているのが日本の消費者なのです。 パイオニアの説明書に、警告が無いことは不親切かもしれませんが… 問題としては、日本式地デジの問題ですから、その点について 消費者センターなどに苦情を上げていく必要があると思います。 技術的には、CPRM解除ができれば視聴できるようになるのですが 日本では昨年、ご丁寧にCPRM解除行為を 違法行為として処罰する法整備が行われています。 そのため、このサイトでもCPRM解除については削除対象となることがあります。 子供の成長記録を熱心に保存している人も少なくありませんが こと、テレビ出演については、保存版として安心できる保存方法が存在していません。 反面、CPRM解除などにより、海賊版DVDなどを根絶できていないので 日本式地デジテレビ放送は、悪意あるものを妨げる効果はほぼ無く 消費者の利益を損ねるためだけのルールと言えます。 これが、将来的に撤廃されないのであればおかしいと思っています。 BZT710の説明書などには、SD VIDEO規格準拠とか書かれていると思います。 ところがAVIC-T99にはそういう記述がありません。 ですから、そもそも対応していないんじゃないかと思います。 SD VIDEO規格自体は、日本式地デジ以前からあるので その用語の使い方が、厳密には運用されていない気がしますが たぶんSD VIDEO規格準拠という表現で CPRMへの対応を意味する場合があるように思えます。 そもそも、日本式の地デジ放送には、世界に類の無い 無料の地上波テレビ放送に、暗号化録画を義務付ける決まりがありま... Q 録画したテレビ番組をSDカードに移してポータブル機で見たいと思っています。 (対応形式は【MPEG4 Part2】です。 264】は非対応。 ) どのようにしたら良いでしょうか? 元の番組は下記の3機で録画出来ます。 ・ジェイコムのCATVデジタルセットトップボックス、パナソニック製TZ-DCH8000 ・パナソニック製DVDデッキ、ディーガシリーズ DMR-BW750 ・NECデスクトップパソコン、ValueStarシリーズ VW500LG(OS:Vista、テレビ録画機能ソフトはSmartVision) 方法としては、パナソニックの2機はDVD-RWにダビングして、パソコンで【MPEG4 Part2】形式に変換してSDカードに移す。 パソコンは、SmartVisionで録画した番組データの形式を変換してSDカードに移す。 もしくはSmartVisionの録画データの変換が出来ない場合、新たに別の録画ソフトを入れて、それで録ったものを変換して移す。 (SmartVisionで録ったのを一旦DVD-RWにおとして、そのデータの形式を変換してSDへ、というのもあるにはありますが・・) 簡単に言うとこんな感じになるのではと思いますが、具体的にどんなソフトを使ってどのような手順でやれば良いのかが分かりません。 私の希望としては、SmartVisionで録ったのを使うと、パソコンに(自動で消えない)余計なデータが残ってしまいますし、SmartVisionのデータからSDにダイレクトに落とすのは無理そうなので、SmartVisionは出来れば使いたくないと思っています。 なので、パナソニックの2機で作ったディスクからどうにかするか、PCで別のソフトで録ってそれをSDへ、という形が望ましいです。 PCで録ったものをダイレクトにSDに移せれば一番手間がかからないのでしょうが、予算の問題もありますので、上記2つの方法それぞれについて、必要なソフトやお金がかかるかどうかなど知りたいです。 詳しい方がおられましたら教えて頂ければ助かります。 宜しくお願いします。 録画したテレビ番組をSDカードに移してポータブル機で見たいと思っています。 (対応形式は【MPEG4 Part2】です。 264】は非対応。 ) どのようにしたら良いでしょうか? 元の番組は下記の3機で録画出来ます。 ・ジェイコムのCATVデジタルセットトップボックス、パナソニック製TZ-DCH8000 ・パナソニック製DVDデッキ、ディーガシリーズ DMR-BW750 ・NECデスクトップパソコン、ValueStarシリーズ VW500LG(OS:Vista、テレビ録画機能ソフトはSmartVision) 方法としては、パナソニックの2機はDVD-... jpn. support. panasonic. digion. alpha. shtml ですが、このアプリを使えばお使いのスマホで番組をストリーミング再生したり 持ち出してスマホで再生できるようです しかし、持ち出しの際は事前にレコーダーで持ち出しの番組を作成する必要があります Q ワンセグの記録保存したファイルをパソコンで見たいのですが。 ワンセグを保存した時にできるMAI,SB1,PGIなどのファイルをパソコンで再生したいのですが、できません。 バイナリエディタでみると、MPG7とか、MPGmdxとかでるのですが、真空波動研では、未対応となります。 MOI,MOV001. SB1,PRG001. PGI や PRG002フォルダの MOV001. MAI,MOV001. MOI,MOV001. MPG,PRG002. PGI などです。 解読できるコーデックはありますか。 あるいは、どのようにしたら再生できるのでしょうか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー ワンセグもデジタル放送のはしくれなので、録画した番組は著作権保護されています。 データコピーはご法度なので、単にPCにデータをコピーして普通の動画再生ソフトで 再生しようとしても、再生は出来ないです。 他の機器で視聴できるような準備があるかどうかは、その録画した機器(やその機器を 製造しているメーカー)に依存します。 例えば、PC用のワンセグチューナでは、PCに録画した番組を、携帯電話で見られる ようにmicroSDカードにムーブする機能を搭載したものが結構あります。 製品に依存します。 ところが逆はほとんど聞いたことがありません。 例外として、DOCOMOのP903iTV (パナソニック)がありますが、 私もこれしか知りません。 この携帯には、携帯で録画したワンセグ番組を、PCで再生・管理するソフト 「SD-MobileImpact」が付属します。 市販ソフトではないのでこのソフトだけを入手することは不可能です。 (他機種の録画番組に対応するかどうかも分かりません) 上記の通り、録画機器を提供する側が、他の装置で再生する機能を提供するのが 普通なので、この場合携帯電話のサポート先に問い合わせるのが最初の行動です。 DOCOMOケータイは携帯電話のサポート先がNTTドコモなので、ドコモに聞けば いいのですが、、、auの場合携帯電話のサポート先はauではないのですか? もしauであれば、最初のauの窓口の方の対応は明らかな誤りで、もし携帯電話側に 用意が無いなら不可能だと回答すべきでした。 ただしSONYが別でソフトウェアを用意している可能性はありますので、 SONYにも聞いてみるのがいいと思います。 上記SD-MobileImpactのようなものを SONYが用意しているかも、ということです。 (ただSONYエリクソンのサイト見てみたのですが見つかりませんでしたので、 たぶん無いと思います。 売る気があるなら携帯電話のページに記載するはず だからです) 市販ソフトを探すなら、大手量販店でソフトウェアフロアで聞くのがいいと思います。 市販品が世の中に存在するのなら、店員さんが知ってると思いますよ。 データコピーはご法度なので、単にPCにデータをコピーして普通の動画再生ソフトで 再生しようとしても、再生は出来ないです。 他の機器で視聴できるような準備があるかどうかは、その録画した機器(やその機器を 製造しているメーカー)に依存します。 例えば、PC用のワンセグチューナでは、PCに録画した番組を、携帯電話で見られる ようにmicroSDカードにムーブする機能を搭載したものが結構あります。 例)BUFFALO社のちょい... ありがとうございました。 解決してよかったですね。 Videoモードは、ファイナライズ必須で、基本的には録画したレコーダーでしか再生できません。 一部、同一メーカーのレコーダーで再生できる場合もありますが。 DIGAに戻す場合は、劣化、実時間ダビングになります。 VRモードは、DIGAにDVDを入れたときにフォーマットをして使います。 VRモードは、レコーダーやPCでは殆どの場合ファイナライズしなくても再生可能です。 一部のDVDプレーヤーでは、ファイナライズしないと再生できません。 DIGAに高速、無劣化で戻す事ができます。 A ベストアンサー 検索したところ、androidのアプリ「Twonky Beam」で見られる可能性はあるようです。 google. twonkybeam 但し出来る出来ない色々報告あるようで、やってみるしかないという状況のようです。 tabroid. twonkybeam. haikaiold. chiebukuro. yahoo. kakaku. kakaku. kakaku. google. twonkybeam 但し出来る出来ない色々報告あるようで、やってみるしかないという状況のようです。 tabroid. twonkybeam. haikaiold. chiebukuro. yahoo. kakaku. kakak...

次の