井浦 新 ドラマ。 井浦新の若い頃やモデル時代がイケメンすぎるこの画像!市川実日子との貴重なショット!

井浦新のかっこいいメガネ画像まとめ!ブランドは?『健康で文化的な最低限度の生活』

井浦 新 ドラマ

小池真理子の最高傑作と評される第114回の直木賞受賞作『恋』を石原さとみ主演でドラマ化。 タイトルから多くの人が想像するのは、一組の男女の純愛を描いた恋愛ストーリー。 しかし、読者の想像を見事に裏切り、予想できない結末に向かって物語は静かに、やがて激しく疾走する。 舞台は、時代が多量のエネルギーを持っていた1970年代初頭の日本。 高度経済成長と安保闘争に沸く東京と、閑静な避暑地・軽井沢を舞台に描かれる友情、純愛、不義、三角関係、そして殺人…そのエキセントリックさにもかかわらず、震えるような切なさと救いを感じさせる重厚な読後感は、まさに直木賞受賞作の名に恥じないもの。 現代文学史上、特筆されるべき名作。 それがドラマとして映像化された今作がTBSチャンネルに登場する。 主演を務めるのは石原さとみ。 男女幅広い世代から絶大な人気を誇り、近年ますます演技力にも磨きがかかる石原が、女子大生、矢野布美子を熱演。 脚本・監督には「遺恨あり明治十三年最後の仇討」で第37回放送文化基金賞本賞を受賞した源孝志。 映画「TOKYO TOWER」、「大停電の夜に」など独特の美しい映像表現に定評があり、『恋』の持つ官能と純粋の織りなす魅力を最大に引き出している。 【ストーリー】 1972年(昭和47年)2月28日。 軽井沢で起こった連合赤軍浅間山荘事件に、日本人の目が釘付けになっていたあの日、事件現場からさほど離れていない静かな別荘地で、もう一つの殺人事件が起こっていた。 加害者は22歳の女子大生、矢野布美子(石原さとみ)。 被害者は、地元の電機屋のアルバイト青年と大学の助教授。 電気屋の青年は射殺され、助教授は下半身不随の重傷を負った。 事件現場には助教授の妻も居合わせたが、まるで貝のように固く口を閉ざして何も語らない。 やがて、その恋はひとりの青年・大久保勝也(斎藤工)の出現によって急速に崩壊していったのだった。 そして、布美子は事件の動機を一切語ることなく、全ての罪を受け入れた。 浅間山荘事件の陰で、社会欄の片隅に小さく取り上げられたこの事件は、痴情のもつれが原因の衝動殺人として処理され、やがて人々の記憶から消えていった。 しかし、事件から40年以上たった2013年、偶然この事件に興味を持ったルポライター鳥飼三津彦(渡部篤郎)は、矢野布美子を探し真相を探ろうとするが、長い服役を終え年老いた布美子(原田美枝子)は末期ガンを患っていた。 死を目前にした布美子は、ついに心の奥へと隠していた秘密を告白。 事件の背後に隠された運命的な悲劇と葛藤が、徐々に明らかになっていく…。

次の

井浦新、日テレドラマ初出演 超有能『公安部』刑事役に「大好物のヤバい香りがプンプン」

井浦 新 ドラマ

[c]2020『朝が来る』Film Partners 直木賞や本屋大賞を受賞した作家の辻村深月が手掛けた同名小説を映画化した『朝が来る』が6月5日 金 に公開となる。 このたび、『あん』 15 、『光』 17 の河瀨直美監督が実力派キャストをそろえた本作の特報、ポスタービジュアル、追加キャストが一挙解禁となった。 一度は子どもを持つことを諦めた栗原清和 井浦新 と佐都子 永作博美 の夫婦は、特別養子縁組というシステムを知り、男の子を迎え入れ、朝斗と名付けて6年間幸せに暮らしていた。 それが駄目ならお金をください」という電話がかかってくる。 一度だけ会ったひかりは心優しい少女だったが、訪ねて来た若い女には、あの日の面影は微塵もなかった。 彼女は何者で、なにが目的なのか? 実の子を持つことが叶わなかった夫婦、佐都子役を永作、清和役を井浦が演じ、望まぬ妊娠をし実の子を育てることができなかった少女ひかり役を蒔田、さらに栗原夫婦とひかりを引き合わせる浅見静恵役を浅田美代子が務める。 また、新たに山下リオ、森田想、堀内正美、山本浩司、三浦誠己、池津祥子、若葉竜也、青木崇高、利重剛らの参加も明らかとなり、実力派俳優たちが感動のヒューマンドラマを作り上げる。 このたび到着した特報では、実の子を持てず苦悩する佐都子や清和が、特別養子縁組によって希望に満ちた未来を手に入れる姿と、実の子を育てることができず、悲しみに暮れるひかりの対比が描かれる。 男の子を家族に迎え、3人で幸せな生活を送っていた栗原一家だったが、「子どもを返してほしいんです」という謎の女からの電話で雰囲気は一転し、不穏な空気が漂う。 「あなたは一体、誰ですか」と問いただす佐都子や、「お母さんはあなたではないと思います」と女に訴えかける清和。 一切女の顔が映しだされずに映像は終わるが、女の正体はいったい誰なのか。 謎が深まる印象的な特報となっている。 あわせて解禁となったポスタービジュアルには「あなたは、誰ですか。 」という意味深なコピーと、背中を向け、顔の見えない謎の女を見つめる栗原夫婦のただならぬ様子が収められている。 一方で下部には、柔らかい表情のひかり、愛おしそうに子どもを見つめる栗原夫妻、優しく微笑む浅見の表情も切り取られ、ひとすじの希望も垣間見えるビジュアルだ。 血のつながりか、魂のつながりか…現代の日本社会が抱える問題を深く掘り下げ、最後に希望の光を届ける。 そんな胸を締め付ける感動のヒューマンドラマの誕生を、ぜひ目撃して欲しい。 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

井浦新

井浦 新 ドラマ

小池真理子の最高傑作と評される第114回の直木賞受賞作『恋』を石原さとみ主演でドラマ化。 タイトルから多くの人が想像するのは、一組の男女の純愛を描いた恋愛ストーリー。 しかし、読者の想像を見事に裏切り、予想できない結末に向かって物語は静かに、やがて激しく疾走する。 舞台は、時代が多量のエネルギーを持っていた1970年代初頭の日本。 高度経済成長と安保闘争に沸く東京と、閑静な避暑地・軽井沢を舞台に描かれる友情、純愛、不義、三角関係、そして殺人…そのエキセントリックさにもかかわらず、震えるような切なさと救いを感じさせる重厚な読後感は、まさに直木賞受賞作の名に恥じないもの。 現代文学史上、特筆されるべき名作。 それがドラマとして映像化された今作がTBSチャンネルに登場する。 主演を務めるのは石原さとみ。 男女幅広い世代から絶大な人気を誇り、近年ますます演技力にも磨きがかかる石原が、女子大生、矢野布美子を熱演。 脚本・監督には「遺恨あり明治十三年最後の仇討」で第37回放送文化基金賞本賞を受賞した源孝志。 映画「TOKYO TOWER」、「大停電の夜に」など独特の美しい映像表現に定評があり、『恋』の持つ官能と純粋の織りなす魅力を最大に引き出している。 【ストーリー】 1972年(昭和47年)2月28日。 軽井沢で起こった連合赤軍浅間山荘事件に、日本人の目が釘付けになっていたあの日、事件現場からさほど離れていない静かな別荘地で、もう一つの殺人事件が起こっていた。 加害者は22歳の女子大生、矢野布美子(石原さとみ)。 被害者は、地元の電機屋のアルバイト青年と大学の助教授。 電気屋の青年は射殺され、助教授は下半身不随の重傷を負った。 事件現場には助教授の妻も居合わせたが、まるで貝のように固く口を閉ざして何も語らない。 やがて、その恋はひとりの青年・大久保勝也(斎藤工)の出現によって急速に崩壊していったのだった。 そして、布美子は事件の動機を一切語ることなく、全ての罪を受け入れた。 浅間山荘事件の陰で、社会欄の片隅に小さく取り上げられたこの事件は、痴情のもつれが原因の衝動殺人として処理され、やがて人々の記憶から消えていった。 しかし、事件から40年以上たった2013年、偶然この事件に興味を持ったルポライター鳥飼三津彦(渡部篤郎)は、矢野布美子を探し真相を探ろうとするが、長い服役を終え年老いた布美子(原田美枝子)は末期ガンを患っていた。 死を目前にした布美子は、ついに心の奥へと隠していた秘密を告白。 事件の背後に隠された運命的な悲劇と葛藤が、徐々に明らかになっていく…。

次の