電話番号 ストレージ チェック。 シーゲートの問い合わせ先

電話の発信者番号は偽装できる?

電話番号 ストレージ チェック

252 ソマリア 370 リトアニア 371 ラトビア 423 リヒテンシュタイン 670 東ティモール 1.不正アクセスとは• PBXのDISA(ダイレクト・イン・サービス・アクセス)機能やリモート保守、転送機能などを悪用して国際通信などを不正に発信。 IP-PBXのセキュリティ対策が不十分な場合に、インターネット経由でIP-PBXにアクセスし国際通信などを不正に発信。 IP電話接続機器のセキュリティ対策が不十分な場合に、接続のためのIDやパスワードを不正に入手し国際通信などを不正に発信。 2.お客様側で必要な対策• IP-PBXソフトウェアを利用する場合は、最新のバージョンにアップデートするなどのセキュリティ対策を行う。 PBXなど機器やソフトウェアの設定状況を確認し、不要に外部からの接続ができる設定になっていないかを確認し、不要な接続環境は削除する。 「外部から接続する際のパスワード」および「各種設定や管理用のパスワード」について、第三者が推測しやすいパスワードや簡易なパスワードは設定せず、定期的にパスワードを変更する。 機器やソフトウェアのアクセスログを記録、保存するようにし、不審なアクセスの有無をチェックする。 利用しているPBXなど機器メーカ、保守ベンダ事業者などに相談する。 国際電話を利用しない場合は、国際電話不取扱受付センターに国際電話発信規制サービスの申し込みを行う。 3.ソフトバンクでの対策• お客様の国際電話料金が異常に高額となった事実をソフトバンクが確認できた場合、通常よりも早く請求書を発行して適正なご利用によるものなのかを随時ご確認いただきます。 お客様保護を目的として、ソフトバンクの各電話サービス・IP電話サービスから、当該不正アクセスで用いられた特定の海外の電話番号宛の発信を規制させていただくことがあります。 お客様保護を目的として、外部からの不正アクセスと疑われる通話が発生した場合、お客様の承諾を得る前に当該電話番号からの国際通話を規制させていただくことがあります。 4.本件に関するお問い合わせ 国際電話をご利用にならないお客様は、国際電話の利用休止のお申し出もできます。 詳細は下記までお問い合わせください。

次の

第三者による不正な国際電話接続について(ご注意)

電話番号 ストレージ チェック

「振り込め詐欺」で,110番や119番,家族の電話番号を発信者番号として表示させる偽装行為が増えている。 そのため,事業者は急きょ対策を講じた。 しかし,完全に防ぐのは難しい。 そこで今回は,この発信者番号偽装のしくみを見ていく。 発信者番号の偽装対策を講じたのは携帯電話事業者各社。 実は,携帯電話あての通話の発信者番号は,つい最近まで簡単に偽装できたのである。 このうち, 1 の自網内で発信した番号については,端末に割り当てた電話番号を発信者番号として表示させる。 偽装の余地はない。 問題になるのは, 2 のほかの事業者からの通話の場合である。 通信事業者間のインタフェースは,着信要求と同時に発信者番号を受け取るようになっている。 このとき受け取った発信者番号は,チェックしないのが原則だ。 発信者番号の偽装は,ここを突いて任意の番号を携帯電話に表示させていた。 海外には,任意の発信者番号を指定できる発信者番号指定サービスが存在する。 これは電話中継サービスの一種で,ここに電話して,相手に通知する発信者番号と通話先の番号をプッシュボタンで指定すれば,任意の番号を相手に伝えたうえで相手と通話できる。 発信者番号指定サービスがつながる海外の通信事業者は,発信者が送る発信者番号をチェックしない。 そのため,「110」などの番号を指定して,日本国内の携帯電話に電話をかければ,そのまま相手の端末に「110」を表示できた。 発信者番号指定サービスの料金は,日本国内の固定電話から携帯電話に発信する場合で,1分50円程度である。 問題を認識した携帯電話事業者は,3月に入って相次ぎ,海外からの発信者番号のチェックを厳しくした。 この対策により,従来の手口での発信者番号の偽装はできなくなった。 ただし,これで発信者番号偽装の危険性が一掃されたわけではない。 例えば,IP電話サービスのしくみを考えると,これからチェックの甘い発信者番号指定サービスが国内で提供される可能性はある。 しかも現状では,国内事業者からの発信者番号は互いに信じるのが原則なのだ。 実際のところ,国内の他事業者からの発信者番号をチェックするのは難しい。 発信者番号と発信してきた事業者の対応を検証しようとしても,実際には対応が崩れている。 同じ電話番号で事業者間を乗り換えたり,コールバック先を連絡するために実際とは違う番号を通知することがあるからだ。 海外からの発信者番号の偽装が,携帯電話へだけでなく固定電話への着信で起こる可能性もある。 NTT東日本の場合,国際通話の着信のうち,ISDNなどのデジタル回線から発信されたときは,そのまま発信者番号を着信端末に表示させる。 被害がなかったのは,「海外の発信者番号指定サービスがアナログ回線を利用していたから」(NTT東日本)。 デジタル回線を利用した発信者番号通知サービスが登場すれば,被害は避けられない状態だ。 ユーザーは,表示された電話番号をそのまま信じるのではなく,必要に応じて相手にかけ直すといった自衛策を講じたほうがよさそうだ。

次の

HPE StoreEasy 1660 64TB SASストレージ OID1010419203

電話番号 ストレージ チェック

スマホの動きが遅い、データ通信使用量の消費が多い• カメラが勝手に起動する• 不明な発信履歴がある、変な音が鳴る• 覚えのないアプリがインストールされている• データが消えている スマホの動きが遅い、データ通信使用量の消費が多い キャッシュを削除してもスマホの動きが重いということは、 「複数のソフトやプログラムが起動している」ということです。 一見しただけではわからないバックグラウンドで、ウイルスや悪いアプリがあなたの個人情報や通信データなどをせっせと外部へ送信している恐れがあります。 「ネットやアプリ起動していない時間なのに、データ通信をたくさんしている」場合は注意してください。 カメラが勝手に起動する スマホを触っていないのにカメラが起動すると、ウイルス感染の可能性があります。 不明な発信履歴がある、変な音が鳴る 海外などへ勝手に電話をかけられ、高額な通信料を請求するウイルスがあります。 「突然スマホから変な音が鳴り、不明な電話番号への発信を一定の間くり返していた」という感染ケースもあります。 覚えのないアプリがインストールされている 中国で流行した「YiSpecter」というウイルスでは、このような症状がありました。 インストールしたアプリはしっかり管理・整理しておくことが大切です。 データが消えている メールや画像、その他データを消した覚えはないのに、消えていることがあります。 その他• 電源が勝手に切れる、再起動する• 充電の減りが早い• アプリがすぐに落ちる• 操作していないのに勝手に動く…など ただ、これらは故障や劣化、アプリの起動しすぎによる症状の可能性もあります。 心配な場合は、ウイルススキャンやメーカーでの修理・チェックをおすすめします。 利用者が感染に気づかないうちに、様々な犯行をおこないます。 そのため、感染しても見た目にわかりやすい症状が出ることは少ないです。 特に最近のウイルスはどんどん進化しているので、感染に気づきにくくなってきています。 普段から、感染しないようスマホのセキュリティをしっかりすることが求められます。 スマホのウイルス感染とは関係ない症状 どのような目的があって、スマホをウイルス感染させているのかについて説明します。 個人情報を盗む 電話番号やメールアドレス、現在地情報、写真や動画などのプライバシー情報は業者に売ればお金にすることができるので、攻撃者がターゲットにしています。 クレジットカードや暗証番号などのデータを盗まれると、お金の絡む被害を受けることもあります。 盗聴、盗撮 カメラやマイクを勝手に起動させ、通話内容を盗聴されるなどのプライベートを侵害されることもあります。 遠隔操作 有料サービスへ勝手に登録されたり、特定の電話番号へ勝手につながれ、高額の料金を請求されたりすることもあります。 また、脅迫メール送信など犯罪の踏み台にされたりすることもあります。 踏み台にされたせいで誤認逮捕された事件もあります。 スマホを起動不能に(ランサムウェア) 本体を操作できないようにさせるウイルスもあります。 ロック解除と引き換えに、お金を要求されることもあります。 スマホをウイルス感染させないためには、下記で紹介することを意識しましょう。 怪しいサイトにはアクセスしない アダルトサイトなどは特に注意してください。 「芸能人の極秘画像」「現金プレゼント」などの誘い文句にも気をつけます。 また、よくわからないメールに貼ってあるリンクは絶対に押さないようにします。 ニセサイトにも注意です。 これらのサイトは、見た目が本物のサイトそっくりに作られています。 安易にIDやパスワードを入力してログインしてしまうと、個人情報を盗まれてしまいます。 動画再生アプリ、無料アプリをすぐにインストールしない 動画が再生できないからといって、急いで公式ストア以外からインストールしないようにします。 また不正アプリは無料で配布されることがほとんどです。 無料だからといって、すぐに不要なアプリをインストールしないようにします。 個人情報をかんたんに入力しない メールアドレスを登録するときなどは、捨てアドなどとよばれるフリーのメールアドレス(ヤフーやグーグルなどのフリーメール)を使うことがおすすめです。 よくわからないWi-Fiに接続しない 偽の無線LANアクセスポイントを用意し、そこへアクセスした回線の情報の不正傍受や不正アクセスする手口があります。 パスワードなしで使えるWi-Fiには注意してください。 外出先などでWi-Fiを使うときは、信頼できる回線にします。 OSのバージョンアップ、アップデートをする 更新すると、最新のウイルス対策がスマホに適用されます。 iOSなどは、常に最新の状態にしておきます。 ウイルスは、「感染する前に対策」することが必須です。 スマホも、パソコンと同じようにセキュリティに気をつける必要があります。 オススメのセキュリティソフト3選 ウイルスを添付されたファイルや怪しいサイトの判断を、自分で行うことは難しいです。 どうしてもウイルス感染の不安を払拭できない方には、ウイルス対策ソフトを利用を推奨します。 ウイルスバスター クラウド.

次の