花びら スタイ 型紙。 【育児】おしゃれで簡単!ドーナツ型ベビースタイの作り方|ゆるっとママLIFE

花びらスタイ(型紙と作り方のセット)ACー1922 型紙 子供服の型紙ショップ|ツクロ 通販|Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り・クラフト作品の販売サイト

花びら スタイ 型紙

こんにちは、ムーミーです。 私は趣味がハンドメイドで、時間がある時は息子のお洋服や小物をミシンで作っています。 子供が産まれるとミシンデビューしたいと考えるママも多いのではないかと思います。 ミシン初心者ママにおすすめなのが、ベビースタイです。 練習にもなるし、沢山あればとっても便利! いろんな形のスタイがありますが、今回は意外と簡単なのにすごくおしゃれにみえる 「ポンポンテープ付きドーナツ型スタイ」 の作り方をご紹介します。 【完成品】こんな感じを目指します!生地はお好みで。 (ポンポンテープ付けが少し難しそうであれば付けなくても可愛いです ) *今回は友人に作って欲しいと頼まれたので女の子っぽい生地にしました。 この記事は サクッと読める目次• 必要な道具• ミシン 私は30 年以上前に購入した母から譲ってもらった愛用の brother のミシンです。 今でもガンガン使っています。 ミシン針 普通地用の 11番の針 を使用します。 生地にあった針を使わないときれいに縫えなかったりとトラブルの原因になります。 目打ち 100 円ショップでも売ってます。 スナップボタンをつける時、穴を開ける為に使用します。 プラスナップ用ハンディプレス(無くても OK ) 今回はハンディプレスを使用してプラスナップをつけます。 ハンディプレスがない方は 「手でつけるだけのプラスナップ」 があるのでハンディプレスなくても大丈夫です。 リバーシブルに使えるので表裏で違う生地を組み合わせてもとってもおしゃれ。 ガーゼ以外の生地にも可愛い柄が沢山あるので、生地は自由に選んでみてくださいね~。 ただし、よだれがちゃんと吸収されそうで赤ちゃんの肌に優しい生地を選んでくださいね!! 生地選びはすごく楽しいので数時間はあっという間に過ぎてしまいますので、迷い過ぎないでくださいね~。 【今回購入した生地】 今回は表をガーゼで裏を綿麻コットンにしました。 ・シーチングエアータンブラー ( レトロピンク) ・さくらんぼ柄 (チェリーレッド)• スタイの作り方 1. 生地をカットする 型紙を印刷してカットする。 芯地を一番下にして 裏地、表地を中表に合わせて、3枚重ねて型紙にそってチャコペンで印(出来上がり線)をつける。 印から 1 cm縫い代分をとりカットする。 ポンポンテープをつける 裏地の表側に(ピンクの生地)にポンポンテープをつける。 仕上がり線にそってポンポンテープをしつけ糸で縫い付ける。 *慣れないうちは、ポンポンテープをしつけ糸でざっくり止めてずれないようにしていました。 ミシンでも縫い付ける ポンポンテープのしつけをした上からミシンで縫い付ける。 標準押さえだと、ポンポンが邪魔で上手く縫えないので私はファスナー押さえを使用しています。 そうすると縫いやすく、綺麗に仕上がります。 全体を縫う ポンポンテープが上手くついているか確認したら、芯地、表地(さくらんぼ柄)裏地(ポンポンを付けた生地)の順に重ねてマチ針でずれないように止めて、3枚一緒に縫い合わせる(返し口は4 cm 程縫わないでおく) 5. 縫い代に切り込みを入れる。 首回りなどのカーブが強い部分は切り込みを入れます。 この時に塗ったところをカットしないように注意してください! 6. 生地をひっくり返してアイロンで整える。 返し口のところも縫いやすいようにアイロンをかけておく。 返し口部分をミシンで塗って閉じる。 縫い目が見えるので、生地と同じ色の糸で縫う。 糸がなければ返し口部分だけなので、白でも大丈夫だと思います。 スナップボタンをつける 完成 ポンポンが上手くついているかなど確認する。 枚数と材料費 【購入した生地でできた枚数】 今回は表地と裏地を別にして2枚購入したので多めに作れました。 50cm なのでまんまるスタイは3枚しか作れませんでしたが、カットした残りの生地で花びら型スタイは3枚作れました。 【材料費】 さくらんぼ柄 ガーゼ生地50cm 税込540円 ピンクの生地50cm 税込561円 ポンポンテープ3m 税込447円(1m138円) 合計1,548円 6枚作れたので1枚当たり約258円 でできました。 ハンドメイドだと自分で選んだ生地で、可愛く沢山作れるので友達の子にお揃いで作ってあげても喜ばれます! 最後に うちの息子は1歳5ヶ月ですが、よだれの量が多くていつもだらだらタレてます。 現在でもスタイは必須アイテムなので、毎日最低2枚~3枚は変えています。 うちの息子は2歳~3歳ぐらいまでは必要だろうと思っています。 よだれがあまり出ない子でも赤ちゃんはご飯やおやつで、お口周りは必ず汚れるので、沢山あれば便利なのは間違いないです。 お洋服に合わせて作ったり、好きな生地の組み合わせで作ったりとおしゃれアイテムとしても活用できますよね! 是非、参考にしていただければ嬉しいです。

次の

【育児】おしゃれで簡単!ドーナツ型ベビースタイの作り方|ゆるっとママLIFE

花びら スタイ 型紙

こんにちは、ムーミーです。 私は趣味がハンドメイドで、時間がある時は息子のお洋服や小物をミシンで作っています。 子供が産まれるとミシンデビューしたいと考えるママも多いのではないかと思います。 ミシン初心者ママにおすすめなのが、ベビースタイです。 練習にもなるし、沢山あればとっても便利! いろんな形のスタイがありますが、今回は意外と簡単なのにすごくおしゃれにみえる 「ポンポンテープ付きドーナツ型スタイ」 の作り方をご紹介します。 【完成品】こんな感じを目指します!生地はお好みで。 (ポンポンテープ付けが少し難しそうであれば付けなくても可愛いです ) *今回は友人に作って欲しいと頼まれたので女の子っぽい生地にしました。 この記事は サクッと読める目次• 必要な道具• ミシン 私は30 年以上前に購入した母から譲ってもらった愛用の brother のミシンです。 今でもガンガン使っています。 ミシン針 普通地用の 11番の針 を使用します。 生地にあった針を使わないときれいに縫えなかったりとトラブルの原因になります。 目打ち 100 円ショップでも売ってます。 スナップボタンをつける時、穴を開ける為に使用します。 プラスナップ用ハンディプレス(無くても OK ) 今回はハンディプレスを使用してプラスナップをつけます。 ハンディプレスがない方は 「手でつけるだけのプラスナップ」 があるのでハンディプレスなくても大丈夫です。 リバーシブルに使えるので表裏で違う生地を組み合わせてもとってもおしゃれ。 ガーゼ以外の生地にも可愛い柄が沢山あるので、生地は自由に選んでみてくださいね~。 ただし、よだれがちゃんと吸収されそうで赤ちゃんの肌に優しい生地を選んでくださいね!! 生地選びはすごく楽しいので数時間はあっという間に過ぎてしまいますので、迷い過ぎないでくださいね~。 【今回購入した生地】 今回は表をガーゼで裏を綿麻コットンにしました。 ・シーチングエアータンブラー ( レトロピンク) ・さくらんぼ柄 (チェリーレッド)• スタイの作り方 1. 生地をカットする 型紙を印刷してカットする。 芯地を一番下にして 裏地、表地を中表に合わせて、3枚重ねて型紙にそってチャコペンで印(出来上がり線)をつける。 印から 1 cm縫い代分をとりカットする。 ポンポンテープをつける 裏地の表側に(ピンクの生地)にポンポンテープをつける。 仕上がり線にそってポンポンテープをしつけ糸で縫い付ける。 *慣れないうちは、ポンポンテープをしつけ糸でざっくり止めてずれないようにしていました。 ミシンでも縫い付ける ポンポンテープのしつけをした上からミシンで縫い付ける。 標準押さえだと、ポンポンが邪魔で上手く縫えないので私はファスナー押さえを使用しています。 そうすると縫いやすく、綺麗に仕上がります。 全体を縫う ポンポンテープが上手くついているか確認したら、芯地、表地(さくらんぼ柄)裏地(ポンポンを付けた生地)の順に重ねてマチ針でずれないように止めて、3枚一緒に縫い合わせる(返し口は4 cm 程縫わないでおく) 5. 縫い代に切り込みを入れる。 首回りなどのカーブが強い部分は切り込みを入れます。 この時に塗ったところをカットしないように注意してください! 6. 生地をひっくり返してアイロンで整える。 返し口のところも縫いやすいようにアイロンをかけておく。 返し口部分をミシンで塗って閉じる。 縫い目が見えるので、生地と同じ色の糸で縫う。 糸がなければ返し口部分だけなので、白でも大丈夫だと思います。 スナップボタンをつける 完成 ポンポンが上手くついているかなど確認する。 枚数と材料費 【購入した生地でできた枚数】 今回は表地と裏地を別にして2枚購入したので多めに作れました。 50cm なのでまんまるスタイは3枚しか作れませんでしたが、カットした残りの生地で花びら型スタイは3枚作れました。 【材料費】 さくらんぼ柄 ガーゼ生地50cm 税込540円 ピンクの生地50cm 税込561円 ポンポンテープ3m 税込447円(1m138円) 合計1,548円 6枚作れたので1枚当たり約258円 でできました。 ハンドメイドだと自分で選んだ生地で、可愛く沢山作れるので友達の子にお揃いで作ってあげても喜ばれます! 最後に うちの息子は1歳5ヶ月ですが、よだれの量が多くていつもだらだらタレてます。 現在でもスタイは必須アイテムなので、毎日最低2枚~3枚は変えています。 うちの息子は2歳~3歳ぐらいまでは必要だろうと思っています。 よだれがあまり出ない子でも赤ちゃんはご飯やおやつで、お口周りは必ず汚れるので、沢山あれば便利なのは間違いないです。 お洋服に合わせて作ったり、好きな生地の組み合わせで作ったりとおしゃれアイテムとしても活用できますよね! 是非、参考にしていただければ嬉しいです。

次の

型紙からスタイを簡単手作り!【無料】おすすめダウンロードをご紹介

花びら スタイ 型紙

「わ」とは? 型紙が半分なので、生地を二つ折にして型紙をあてて裁断。 二つ折にした時に、つながっている部分(これを「わ」とよんでいます。 )を型紙の「わ」の部分になるようにします。 接着キルト芯はザラザラした「糊(のり)」のついた部分がダブルガーゼの裏とくっつくようにして合わせ、「わ」をつくります。 (型紙が裏返しになってますが、「わ」の部分があっていれば問題ありません! 切っている間に生地がずれるといけないので、ゆっくり、丁寧に切ります。 生地を動かして、ハサミを動かさずに切った方が綺麗に切れますよ。 アイロンをかけるときは「クッキングシート」を使うと、接着芯の糊(のり)の部分がアイロンに着くのを防ぎます。 返し口は縫ってしまわないように、チャコペンシルや鉛筆などで印をつけておきます。 (写真には印が写っていません。 )かなりずれてる…。 ショック!• ミシンの場合のコツは、とにかくゆっくり縫う事!• カーブの部分は何度も押さえを上げて、なめらかなカーブになるように。 たくさんカーブがあるので大変ですが、あとでひっくり返した時に形がいびつにならないよう丁寧に!!• カーブの始まりの部分はしっかりと角度をつけると見栄えがいいですよ!• 手縫いの場合は、縫い幅をなるべく細かく縫うと、綺麗に仕上がります。 返し口はそのまま1センチ残しておきます。 裁断した時にずれてたけど、ここで切り落としてしまうのでなんとかなりました。 縫い目を切らないようにね!こうする事でよりカーブの部分がボコボコしません。 カーブたくさん、がんばって! このあと、余裕があればアイロンで縫い代を倒して押さえておきます。 時間がないときはひっくり返してからアイロンをかければOK。 今回私はそうしています。 丸みのあるところ、首の部分などは、細いヘラなどを入れてきれいに伸ばしてくださいね。 ほかのところもついでにアイロン。 私はいつも一往復縫います。 より安心です。 カーブなので少し形を気にしながら縫ってくださいね。 すると玉止めが目立ちませんし、玉止めから出る糸の処理も綺麗です。 留め具がいらず、布に穴をあけて両側からパーツを挟み、指で押さえてとめるだけ! 穴は「リッパー」で開けました。 目打ちでも大丈夫。 穴が開けれれればなんでもいいですよ!コンパスの針とかでもOK。 パーツをはめ込む方向は間違えないように!最後にきちんと留められるか確認。 プラスチックスナップボタンは、一度はめるとやり直しができません!慎重に。 今回使用した「ダブルガーゼ」「接着キルト芯」「プラスナップボタン(打ち具不要タイプ)」はネットでも購入できます。 「わ」にすると、どうしても「ダブルガーゼ4枚分」と「接着キルト芯」の厚みで、かなり「分厚い生地」を切ることになります。 ハサミも重いですし、「わ」になっている分、ずれやすいのは当然なんですよね…。 最終的になんとか縫い終わり、縫い代を切り落とすので問題はありませんでしたが、大きくずれると縫いにくくなってしまいますし、一部の生地だけ縫い代が足りない!なんてことにもなってしまいます。 裁断の失敗をを解決するためには、もう一枚型紙を準備してテープで貼り付け、「わ」をつくらない型紙にすることです。 そうすれば、裁断するときの厚みが半分になりますよね。 私はこれから「わ」で切らなければならない時は、生地全体の厚みを考えて切ることにしようと思います。 縫うときは、花びらの部分がはっきり出るように縫う必要がありますが、それ以外は難しい工程はありません。 こんなに可愛らしいスタイができちゃいます。

次の