おもち 食べ 方。 40代は「食べないと痩せません!」おなかから痩せる食べ方ルール4

餅の食べ方は地方によって色々!あの地域で食べられているのは?

おもち 食べ 方

お正月といえばやっぱり「おもち」! お正月休みに食卓に並ぶのはおせち、お雑煮、それから「 おもち」。 焼いたおもちに醤油をつけたり、きなこをまぶしたり……。 いろいろな食べ方で楽しむことのできるおもち、大好きな人も多いのではないでしょうか? 「定番のレシピは飽きてしまったから、もっといろいろな味を楽しみたい!」 そんな読者のために、ちょっぴり変わった おもちレシピを集めてみました。 おつまみや軽食にも。 簡単おもちレシピ 1:餅入り味噌汁 いつものお味噌汁に、焼きたてのおもちを入れるだけ! おもちの香ばしさとボリュームで、お味噌汁もごちそうに。 お餅を耐熱皿に並べて、材料を入れレンジで2分。 その後、グリルでこんがりと焼き色をつけたら完成です。 力うどんもカーボアップに最適の料理です。 お出汁の効いたつゆにうどんを泳がせ、焼いたおもちを入れましょう。 レンコンによって 糖の吸収がゆっくりになる、嬉しい効果もあります。 食事の〆にもおすすめです。 大根とニンジンのおろし、ネギを薬味に白だしをかけたシンプルなおもちレシピ。 スタミナがついておつまみにもなる一品です。 普通のおもちも、 トッポギ風にアレンジしちゃいましょう! ごま油とコチュジャン、焼肉のタレで本場の味に。 トマトもいっしょにレタスに包めば、フレッシュな味わいになりますよ。 見ためもお洒落な、 簡単オードブルのできあがり。 マスタードの風味で、ひと味ちがう大人の味に。 朝食にもぴったりのレシピです。 醤油・砂糖・みりん・水で味をつけて完成です。 ほっこりとした味わいのおやつができちゃいます。 中華風デザートのできあがりです。 いろいろなアレンジを楽しみながら、毎日おいしくいただきましょう! いつもの味に飽きてしまったときや、友達や親戚で集まるときは、ちょっぴり変わったレシピを楽しんでみてくださいね。 おもちレシピで、おいしいお正月を過ごしましょう!.

次の

喉に詰まらない餅の作り方・高齢者も安心の介護食餅 [食と健康] All About

おもち 食べ 方

王道は「磯辺焼き」!みんなの家では、お餅をどうやって食べている? 各ご家庭では、お餅をどのようにして食べているのでしょうか。 「ほほえみごはん編集部」では、お餅の代表的な食べ方である「磯辺焼き」「砂糖醬油」「きなこ餅」「あんころ餅」の中で、どのお餅の食べ方が人気なのかをアンケート調査しました! アンケートには100名以上の回答が集まり、磯辺焼きが全体の約4割、次いで砂糖醤油が約3割を占めました。 香ばしいのりと醤油の組み合わせは編集部でも人気が高い組み合わせ!砂糖醤油やきなこ餅も捨てがたい食べ方ですね。 種を取った梅干しを練って、お餅と海苔の間に挟むだけであっという間に出来上がり。 磯辺焼きの香ばしさに梅干しの酸味がアクセントとして加わり、より引き締まった味になります。 まず、磯辺焼きに鶏そぼろ(作り方は下記参照)を乗せます。 万能ネギを散らせば、腹持ちのよい主食にあっという間に早変わり! <鶏そぼろの作り方> 材料(作りやすい分量) ・鶏挽き肉 200g ・醤油 小さじ3 ・みりん 小さじ3 作り方:オリーブオイルをひいたフライパンで鶏挽き肉を炒め、火が通ったら、みりん、醤油の順に入れ味をつけます。 大根おろしにはアミラーゼというデンプンを分解する酵素が含まれているため、消化を助けてくれます。 「お正月に食べ過ぎてしまった……」という方にもぴったりのアレンジです。 きざみのりを散らして食べるのも美味。 砂糖醤油餅の上からしらすを振りかけてあげるだけで、磯の風味が加わります。 しらすにはタンパク質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので栄養価がアップ! さらに、チーズをかけてオーブンで1〜2分焼いてもよし。 大葉を組み合わせて、さっぱりと大人の味にしてもよし。 作り方はいたって簡単で、きなこ餅に抹茶の粉末を少量かけるだけ!甘いきなこ餠に抹茶のほろ苦さが加わり、ちょっぴり大人な味に仕上がります。 「きなこ餠は甘すぎてちょっと苦手……」という方にも、美味しく召し上がっていただけることでしょう。 そうするとお餅がトロンとして、ミルキーでコクのある味に仕上がるのです。 豆乳は栄養満点なので、健康にもいいのが嬉しいところ。 ぜひ一度試してみてください! もち巾着やもちフォンデュ!? キムチと納豆を入れたレシピをご紹介! <材料2人分> ・あぶら揚げ 2枚 ・納豆 2パック ・キムチ 30g ・ごま油 小さじ1 ・切り餅 1枚 ・ポン酢 お好み <作り方> 1. あぶら揚げを油抜きして半分に切り、袋状に開く。 このとき、お箸であぶら揚げの上の方を押すようにすると開けやすくなります 2. 納豆、キムチ、ごま油を混ぜ合わせる 3. お餅を詰めやすい大きさ(1cm程度の角切り)に切る 4. トースターで4〜5分。 フライパンならば10分〜15分焼いて、お餅が柔らかくなったら出来上がり。 子どもも大人もきっと喜ぶ!「カレー餅」 続いては、大人から子どもまで幅広い年齢層に人気な「カレー」を使ったアレンジレシピです。 スパイシーなカレーの味にもちもちとした食感が加わり、絶妙なハーモニーを生み出す餅料理。 バターを引いたフライパンでお餅が柔らかくなるまで焼く 2. ナッツの自然な甘みと香ばしさを味わえますが、砂糖をかけても美味しいですよ! ナッツ類は総じてビタミン、ミネラルに富み、栄養価も高いので、お子さんやご主人の健康にも気を遣わなければならないお母さんにとっては嬉しいところ。 ナッツの中でもおすすめなのが「くるみ」で、他のナッツに比べてまろやかな味が楽しめます。 <材料2人分> ・切り餅2〜3枚 ・お好みのナッツ 20〜30g ・砂糖(お好みで) <作り方> 1. 鍋にお湯を沸かし、切り餅を沸騰したお湯に入れて柔らかくする 2. お餅に砕いたナッツをまぶして完成。 あっさりとした和テイストな味わいになるので、体にもやさしいお餅料理です。 <材料2人分> ・切り餅 2枚 ・水150cc ・白味噌 大さじ1. 5 ・ごま油 大さじ1 ・オリーブオイル 大さじ1 ・無調整豆乳 大さじ2 ・塩 小さじ半 ・白すりごま(お好みで) ・好きな野菜や海鮮類など(フォンデュしたいもの) <作り方> 1. 鍋にお湯を沸かし、切り餅を沸騰したお湯に入れて、柔らかくする 2.

次の

食べても太らない人の特徴や習慣とは?脂肪をため込まない時間や食べ方があった!

おもち 食べ 方

みんな大好きな「餅」。 高齢者だって食べたいんです! 安心して食べられるお餅はちょっとした工夫で作れます。 病院では退院の前日に帰宅後の食事について家族を交えて話をすることがあります。 その中でも希望頻度が多いのは「お刺身」と「天ぷら」です。 ユニバーサルフードデザイン(UFD で「容易にかめる」「歯ぐきでかめる」相当の食べ物が食べられる人であれば、お刺身は筋のないやわらかい魚を選び、小さく切って適切な硬さに調整すれば食べられないことはありません。 天ぷらについても、やわらかい具材を選んで揚げ、出し汁に浸し衣を柔らかくした後、仕上げに細かく切れば、お刺身同様、安全に食べることができます。 UFDで「舌でつぶせる」「かまなくてよい」の場合は、お刺身は「叩き」のようなものを選べば食べられることもありますし、天ぷらは仕上げにミキサーにかければ食べられます。 ただし、どのような状態で食べていただくにしても、出し汁に浸してやわらかくするので、しょう油の塩分には気をつけたほうが良さそうです。 喉に詰まらない餅……窒息事故を予防する誤嚥リスクの低い餅の作り方 お刺身や天ぷらのようなアレンジしやすい食べ物であればいざ知らず、時として「お汁粉」というオーダーがかかるときがあります。 お汁粉と言えば、温かいあんこに餅を入れた、お正月の代表的な食べ物の一つ。 高齢者にとっては昔を思い出す懐かしい味なのでしょう。 しかしご存知の通り、「お餅」は毎年お正月になると窒息事故の報道が繰り返される危険な食材です。 「退院できるのに、食べたいものが食べさせてあげられない……」。 一緒に話を聞いている家族の顔が曇るのも無理はありません。 でも、大丈夫です。 せっかくお家へ帰れるんです。 おいしいお汁粉を安心して食べていただこうではありませんか! お汁粉と言えば、あんこもさることながら、やはり「お餅」が命です。 安全性から考えると、やはりそのまま「お餅」とはいきませんが、誤嚥リスクの少ないお粥を使ってアレンジしたお汁粉の作り方をご紹介します。 介護食のおかゆを使った「喉に詰まらない安全なお餅」の作り方 おいしいお餅が入っていなければ、お汁粉を食べた満足感は得られません。 UFD(ユニバーサルフードデザイン)で「容易にかめる」「歯ぐきでかめる」相当の食べ物が食べられる人であれば、「もち麩」や介護食の通販サイトで「(ふくなお)」や「(キッセイ薬品)」のようなものを購入すれば、好みの味付けで食べていただくこともできると思います。 UFDで「舌でつぶせる」「かまなくてよい」の場合は、お湯を入れればミキサーでつぶした状態のおかゆができる便利な商品が販売されています。 有名な介護食の商品としては、「粥ゼリーの素 宮源のお粥(宮源)」や「ぱぱのおもゆ(伊那食品工業)」などがあります。 どちらも良い商品ですが、お餅を作るには「宮源のお粥」の方がまとまりがよく、扱いやすい印象があります。 いずれもオンラインで購入できますが、は「宮源のお粥」「ぱぱのおもゆ」「やわらか福もち」が購入可能です。 「さっくりお餅」「やわらか福もち」「宮源のお粥」は、Yahooショッピングやamazonでも販売されています(2019年10月24日現在)。 高齢者も食べやすいお粥で簡単に作るお汁粉レシピ 「さっくりお餅」や「やわらか福もち」はすでに餅の形状になって販売されていますので、調理に特別な配慮はいりません。 しかし「ぱぱのおもゆ」や「宮源のお粥」など「お粥の素」を使う際は、お餅をつくる必要があります。 そこで、「お粥の素」を使ったレシピを紹介します。 レシピは「宮源のお粥」で表記しますが、「ぱぱのおもゆ」で代用も可能です。 いずれの商品を使う場合も、出来上がった餅のかたさのチェックは忘れずに行ってください。 宮源のお粥 20g• お湯 100~120cc• きれいなボールに宮源のお粥(粉状)20gを入れ、お湯を少しずつ加えながら、泡だて器でよくかき混ぜます。 一口大に丸めたら「お餅」の完成です。 完成したお餅をしるこ汁にいれれば、お汁粉の完成です。 汁が温かいうちにお餅を入れて食べて下さい。 しるこ汁は少しとろみがついていますが、普段、お茶などにとろみ剤を入れている人は餅を入れる前にとろみをつけて下さい。 しるこ汁にとろみ剤でとろみをつける場合、お茶などよりもとろみがつくのが遅いです。 とろみがつくまで10分以上かかりますので、気長に待ってください。 お粥の素で作ったお餅は時間が経っても固くなりにくいので、慌てずゆっくり食べましょう。 好きなものに関しては、どんなことがあってもがんばって食べてくれる人が多いようです。 普段の食事時間よりも多少長く、時間がかかっても昔食べたときの思い出が甦ってくるので喜ばれるはずです。 ただし、お汁粉1杯程度であれば15~20分以内には召し上がってください。 また、普通のお餅に比べるともちろん安全ですが、他の食品同様、 嚥下のレベルに応じて家族が見守るなどの注意はもちろん必要です。 お汁粉だけではない「お粥の素」のアレンジレシピ お粥の素は割と量があるため、1度買うとしばらく自宅に残っていると思います。 ですが、便利なことにお粥の素はさまざまな料理にアレンジすることができます。 やわらかく煮た野菜とだし汁に混ぜれば「お雑煮」に、しょう油あんやあんをのせれば「みたらし団子風」に、できあがった餅であんこを包めば「大福風」にもなります。 また、お湯のかわりにインスタントのしるこ汁と粥の素を混ぜてなじませれば「赤飯風のお粥」も作ることができます。 ただし、だし汁や塩分のつよい汁を加えると上手くゼリー状にならないこともありますので注意して下さい。 前述の通り、ご紹介した製品は「お湯を入れればミキサーでつぶしたおかゆができる」というものですが、このお粥や餅状ゼリーの素は寒天であるため、低温ではゼリー状になりません。 必ず、沸騰したての湯(最低でも70度以上)を使うようにして下さい。 毎年お正月になると、お餅を食べられない高齢者の見ていない隙をねらって、他の家族だけでお汁粉やお雑煮を食べているという家庭も少なくないのかもしれません。 通信販売でこれらの商品を調べると、少しお値段は張りますが、せっかくの行事。 みんなで一緒に楽しめるのなら、このくらいの贅沢はしてもいいのではないかと思います。 どうぞ素敵な家族団らんの時間をお過ごし下さい。 【関連記事】•

次の