エクセル 入力。 【エクセル】入力規則とは?使い方を例を用いて解説|Udemy メディア

繰り返しの入力を簡単に!VLOOKUP関数で入力ミスをなくそう!

エクセル 入力

季節の変わり目は体調を崩しがちなので休養をしっかり取りましょう。 さて、インターネットで何かの申し込みフォームを入力するとき、住所の欄で「都道府県」を1つ選択すると、となりに その県の市区町村の選択肢が自動で出てくることってありますよね。 これ、すごいなー。 便利だなー。 エクセルのプルダウンでも同じことがやりたいなーと思い、見つけたやり方です。 上の記事では、「プルダウンリスト」の設定方法を説明いたしましたが、今回はそれを少し応用してみたいと思います。 表を作成する たとえば、こういう感じの表を作成するとします。 この表のなかで、「ユニット(職種)」と「担当者」の2か所をプルダウンで選びたい! 選んだユニットと連動して、担当者の選択肢が変わるようにしたい!とします。 リストの元データに「名前」を付ける まず、選択肢の元となるリストを作ります。 ここで活躍するのが前回説明した 「名前」の機能です。 プルダウンリストは、「名前」を使って選択肢を設定すると便利なので、必要なリスト毎に名前をつけます。 まずは1つ目の「ユニット(職種)」リスト。 A1:D1のユニット名の部分を選択し、エクセルエリアの左上にある「名前ボックス」に「ユニット」と入力し、範囲に名前をつけます。 次に、2つ目の「担当者」リストは、「ユニット」のリストの数だけ「名前」を設定します。 今回は4つです。 まずは「ディレクター」です。 A2:A10に「ディレクター」という名前が付きました。 同様に、B1:B10、C1:C10、D1:D10をそれぞれ選択し、1行目のユニット名をつけていきます。 前回も紹介しましたが、「名前」機能の便利なところは、 タイトルの入力をすることなく勝手に名前をつけてくれるところです。 便利ですねー。 プルダウンリストを設定する さて、いよいよメインの表作成にうつります。 B列の「ユニット」欄には、メンバーの所属ユニットをプルダウンリストから選択できるよう設定します。 これで、B列のプルダウンリストには、「ユニット」という名前の範囲にある4種類のユニット名が出てくるようになりました。 次に、「担当者」欄では、選んだユニットによって、そのユニットに所属する個人名がプルダウンリストに出てくるようにします。 今回の目的である、担当者を動的にするために、 プルダウンの設定も動的にしましょう。 まず、C2のセルにプルダウンリストを設定します。 それだけ。 ただそれだけです。 B2でディレクターを選んだ場合 B2で選んだユニットに連動して、C2ではそれぞれ所属している担当者だけがプルダウンリストで選べるようになりました。 簡単ですねー。 B2でエディターを選んだ場合 4. プルダウンリストの設定をコピー これでプルダウンリストの連動が完成しました。 おまけ:INDIRECT関数を使う理由 さて、これでプルダウンリストの連動はマスターしました。 ここまでの設定を覚えれば問題はないのですが、なぜこんな関数を使うの?と思った方もいると思います。 C2のプルダウン設定のお話に戻りますが、プルダウンリストを連動させるには、「元の値」のところに表示させたいリストの「名前」を入力すればいいわけです。 ユニット欄のB2で選択したユニットが、そのユニットメンバーリストの「名前」とイコールなので、「元の値」欄に動的になるような記入をすれば、選択肢が動的になるはずですね。 B2で「デザイナー」を選択したら、C2の選択肢はデザイナー7人の名前……ではなく、「デザイナー」という1択になってしまいました。 なぜだーーー。 私はこの壁に激突したとき、困り果ててしまいました。 つまり、プルダウンの設定において、「名前」機能を使うことに問題はないのです。 困ったなあ。 そこで、いろいろ調べてたどり着いたのが、今回の 「INDIRECT関数」です。 INDIRECT関数は、指定される文字列への参照を返す関数です。 参考:INDIRECT 関数 さいごに 2つのプルダウンの連動方法についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。 思ったより簡単な設定でできるので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。 エクセルに関する記事はこちら•

次の

【エクセル基礎知識】Excelのデータ入力・編集が捗るワザ20選

エクセル 入力

セルへの入力値を制限したり、リストから選択して入力する機能が入力規則です。 「入力規制」と書かれる方がおられますが、Excelでは「入力規則」という名称になります。 セル選択時に日本語入力モードを変えることが出来るなど多くの機能があります。 スポンサードリンク• 入力規則のいろいろな使い方は もご覧ください。 キーボードでのエクセルへの入力は良く間違うものです。 エクセルではセルを選択した状態でキーを押すと上書で入力されます• 入力される値があらかじめ決まっている場合には、異なる値が入力されないように入力値を制限することができます。 【注意】入力規則を設定しても以下の方法で無効な値を入力できてしまいます。 他のセルの値をコピーして形式を選択して貼り付けで「値」を貼付ける。 計算式を入力する。 最初に入力した計算結果が入力規則に合致しない時は正常に機能が働くが、以降に合致しない値となっても機能は働かず不正な値が入力されてしまう。 マクロで値を入力する。 【設定例】月数の入力欄に1月から12月の 「1〜12の整数値」しか入力できないように入力規則を設定します。 設定するセルを選択します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択します。 [設定]タブを選択します。 「入力値の種類」で「整数」を選択します。 入力規則の解除に使います。• 「データ」で「次の値の間」を選択します。 最小値に「1」、最大値に「12」を入力しました。 これで、1〜12以外の値が入力できないようになりました。 ただし、セルを選択してもドロップダウンリストは表示されません。 ドロップダウンリストから選択するにはを参照してください。 条件を満たさない値を入力するとメッセージが表示され、条件を満たした値を入力するように促します。 これではどのような値を入力すればよいのか分からないので、「」や「」を組み合わせて利用します。 入力規則の設定範囲が分かっている場合• セル範囲を選択して、[データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 [設定]タブで[すべてクリア]ボタンをクリックして、入力値の種類を「すべての値」にします。 入力規則の設定範囲が一部しか分からない場合、同じ入力規則だけをクリアしたい場合• 入力規則が設定されたセル1つを選択して、[データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 [設定]タブで「同じ入力規則が設定されたすべてのセルに変更を適用する」にチェックを入れると、同じ入力規則が設定されているセルがすべて選択されます。 「すべてクリア]ボタンをクリックします。 どこに入力規則を設定しているか分からない場合• 「データの入力規則」にチェックを入れ、「すべて」にチェックを入れ実行します。 入力規則が設定されているセルが選択されるので、以降は上のA〜Bを実行します。 作成したシートを他人に使用してもらう場合、入力時にメッセージを表示して、入力するデータを指示することができます。 入力規則を設定したセルを選択します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 [入力時メッセージ]タブを選択します。 『セルの選択時にメッセージを表示する』にチェックが付いているのを確認します。 『タイトル』 『メッセージ』に適当な語句を入力します。 入力する人に分かるような言葉を入力します) [OK]ボタンをクリックします。 入力規則を設定したセルを選択すると下図のように表示されます。 【おまけ】表示されるメッセージの位置が邪魔になるなら、ドラッグして動かすことができます。 データの入力時になにげなく「13」としてしまいました。 すると、「この値は、このセルに定義されているデータの入力規則の制限を満たしていません」とのメッセージが出ます。 これで、【ピ〜ン】とくればよいのですが、分かりにくい場合、エラーメッセージを変えることができます。 入力規則を設定したセルを選択します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 [エラー メッセージ]タブを選択します。 【タイトル】と【エラーメッセージ】欄に、表示したい言葉を入力します。 すると、エラーメッセージが入力した言葉に変わります。 入力規則で入力値に制限をかけているものの、それ以外の値も入力できるようにしたい場合があります。 入力規則を設定したセルを選択します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 「エラーメッセージ」タブの「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」のチェックを外します。 日本語入力の設定• セルに入力する文字種が決まっている場合に、入力時にIMEの【入力モード】を変更することができます。 【ひらがな】を選択しておけば、日本語文字を入力するセルで、わざわざIMEの入力モードを【ひらがな】にしなくても、自動で変わります。 入力規則を設定したはいいけれど、どこに設定をしたか分らなくなった時、入力規則を設定したセルを捜す方法です。 「データの入力規則」にチェックを入れ、「すべて」にチェックを入れ実行します。 同じ入力規則を設定したセルを選択する場合は、『同じ入力規則』にチェックを入れます。 入力規則の変更• 入力規則を変更するとき、同じ入力規則を設定したセル全てを変更する方法です。 設定するセルを選択します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択します。• データの入力規則 ダイアログボックスが表示されます。 入力規則を変更します。 下の方の『同じ入力規則が設定されたすべてのセルに変更を適用する』にチェックを入れます。 名前を定義した範囲内のセルを挿入してから、データを入力すると、名前を定義した範囲も自動的に拡張されます。 名前定義した範囲の下のセルにデータを入力した場合は、名前を定義した範囲外になります。 Sheet2のA1:A3に下記のデータが入力してあります。 「名前」に「プリンター」と入力します。 [OK]ボタンをクリックします。 Sheet1のA1セルに入力規則を設定します。 [設定]タブの「入力値の種類」で「リスト」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 【確認】• この状態で、A1セルのドロップダウンメニューを開くと、2個の選択肢があります。 Sheet2のA4セルに『レーザー カラー 』 A5セルに『ドットインパクト』と入力します。 Sheet1のA1セルのドロップダウンメニューを開くと、4個の選択肢に増えました。 以上で、自動的にリストを拡張しているのを確認できました。 入力するデータが日本語と決まっているとき、セルを選択するとIMEが自動で日本語入力がオンにすることができます。 また、この逆も可能ですし、IMEを無効にすることもできます。 入力規則を設定したセルを選択します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 [日本語入力]タブで、日本語入力を「オン」にします。 入力規則• 入力作業で、重複データかどうかを確認しながら入力するのはちょっと手間がかかります。 入力時に前に入力してあるデータであったらメッセージが表示される方法です。 VBAに頼ることになりそうです• 操作手順• 重複データの入力を防ぎたいセル範囲を選択します。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 「データの入力規則」ダイアログの[設定]タブで「入力値の種類」で[ ユーザー設定]を選択します。 [エラー メッセージ]タブで、処理方法を設定して[OK]ボタンをクリックします。 上記の入力規則ではコピーした値に対処できないので、VBAを使ってみます。 A4に重複する値を入力すると、メッセージボックスで警告して入力できないようになりました。 [データ]タブの[データの入力規則]を選択して、データの入力規則ダイアログを表示します。 [設定]タブで「ドロップダウンリストから選択する」にチェックを入れると表示されます。 [ファイル」タブをクリックして、バックステージを表示して、[オプション]を選択します。 Excelのオプションで[詳細設定]を選択して、「オブジェクトの表示」で「すべて」にチェックを入れると表示されます。 入力規則で入力値に制限を加えているにもかかわらず、無効な値が入力できてしまいます。 無効なデータをチェックする方法• 下図は入力規則で入力値を「1〜12の整数」に制限してあるにもかかわらず、無効な値が入力された例です。 無効なデータが赤い楕円で囲まれます。 マークの解除は[入力規則マークのクリア]で解除できます。

次の

繰り返しの入力を簡単に!VLOOKUP関数で入力ミスをなくそう!

エクセル 入力

【エクセル】入力規則とは? どんなことができる? エクセルの入力規則とは、簡単に言えばセルに入力する数値のルール設定です。 任意のセルに対して入力規則を設定しておくと、そのセルには設定した条件に当てはまる数値以外入力できません。 条件に合わない数値が入力された場合、エラーメッセージが表示されます。 入力規則を用いると、 人為的なミスを防止できます。 例えば、人数など本来であれば整数しかありえない値を入力するセルに小数が入力された場合、正しい結果が算出されない可能性があります。 日付として入力する値には、特定の数列以外ありえません。 入力規則であらかじめ条件指定しておけば、こうした誤入力が防げます。 また、 同じファイルを使用する作業者の間で情報の共有も可能です。 小数点の位の指定や文字数の指定など、作業に応じたルールも指定できます。 入力時にメッセージを表示させることもできるため、複数人での意思疎通が容易です。 【エクセル】入力規則を使ってリストを設定してみよう ここでは、入力規則の中でも代表的な設定である「リスト」による条件指定の方法についてお話します。 まず、入力規則を設定するセルを範囲選択してください(こちらでは、基本的な「はい」「いいえ」を回答するセルを用意しました)。 その状態で、上部の「データ」メニューから「データの入力規則」を選択してください。 設定のフォームが表示されます。 今回は「入力値の種類( A)」から「リスト」を選択しましょう。 表示される「元の値( S)」のボックスに条件に当てはまる値を入力します。 今回の場合は「はい」「いいえ」をカンマで区切って入力してください。 入力が終われば「 OK」をクリックします。 これで入力規則が設定されたセルが完成しました。 今回は「ドロップダウン リストから選択する( I)」のボックスにチェックが入っているため、表示は以下のようになります。 入力時のメッセージや条件外の値が入力された際のエラーメッセージも設定可能です。 以下のようなエラーメッセージを設定してみましょう。 条件外の値が入力されるとエラーメッセージが表れました。 なお、設定した入力規則を解除したい場合は、入力規則のフォームから「すべてクリア」をクリックします。 【エクセル】入力規則で指定できること 入力規則でどんなことができるのか、イメージが湧いてきたと思います。 入力規則の「入力値の種類(A)」ではさまざまな条件を指定可能です。 以下では代表的な条件の例をご紹介します。 整数 整数のみ入力できます。 小数は入力できません。 小数点数 整数・小数のみ入力が許可されます。 リスト リストとして入力してある値以外は入力できません。 複数の値をリストに入れる場合は、カンマで区切ります。 日付 日付のみ入力が許可されます。 時刻 時刻のみ入力が許可されます。 文字列(長さ指定) 指定した範囲の文字数のみ入力が許可されます。 半角・全角を問わず 1文字としてカウントされます。 ユーザー設定 数式を利用して複雑な条件を指定できます。 【エクセル】入力規則を使った上級テクニック 応用編としてユーザー設定を用いた入力規則の方法をご紹介しましょう。 【エクセル】入力規則のユーザー設定のやりかた 「ユーザー設定」を選択すると数式を条件として設定可能です。 数式の結果が「 TRUE(真)」「 0以外の数値」「日付や時間」の場合のみ入力が許可されます。 以下ではユーザー設定の例を紹介します。 ISTEXT関数 「 ISTEXT関数」を使用すると、入力値をテキストに限定できます。 COUNTIF関数 「 COUNTIF関数」では、指定範囲のセルに入力された値と同じ値のみを許可します。 LEN関数、 LENB関数 LEN関数、 LENB関数を使えば入力値を半角のみ制限できます。 複数の条件を指定する 複数の条件を指定した場合、「 OR関数」を用います。 OR関数の中でそれぞれの関数をカンマで区切って入力してください。 いずれかの関数に当てはまる場合のみ、入力が許可されます。 【エクセル】入力規則を設定したセルの色を変えるには 入力規則とは直接関係ありませんが、入力値によってセルの色を自動的に変える設定もできます。 リスト式の回答結果などの分布を一目で確認したい際に便利です。 該当のセルを選択した状態で「ホーム」メニューから「条件付き書式」をクリックし、「セルの強調表示ルール( H)」を選択。 その後、「指定の値に等しい( E)」をクリックします。 表れるフォームで値と対応する色を設定しましょう。 最後に「 OK」をクリックしてください。 値によって自動的に色が変わるセルができました。 入力される情報の種類を統一できる入力規則。 複数人で同一のエクセルファイルを共有する際にはとても便利な機能です。 表計算では入力する数値がある程度決まっているケースが多いでしょう。 入力規則であらかじめルール設定しておき、ミスの防止や効率化につなげてください。

次の