生理 体重 減る いつから。 生理がこない原因はなに?遅れている時の対処法や遅れる原因を知る方法を紹介

生理前の体重増加はいつ戻る?食べ過ぎても大丈夫なの?

生理 体重 減る いつから

生理が近づくと、女性の人は太りだすという話を聞いたことや、実際に体験したことがある人も多いのではないでしょうか。 生理前になると、イライラしたり不安になったりすることはよくあります。 食事も量も増えてしまって、食べ過ぎたことにまたイライラしてしまう、、、そんな悪循環に陥ってしまって後悔を繰り返している人もいるはずです。 特にダイエットの時期などはこの生理前の体重の増化が関係して上手くダイエット効果が感じられず以上に食事制限を行ってしまうことなどが原因で生理不順や栄養不足などの問題につながってしまう可能性もあります。 今回は、生理前に太ることについての記事を書いています。 生理前に太るのってどうしてなの!?その詳しい原因やタイミングについて知りたい方や自分が太るのは異常なのだろうかなど、そんな悩みをお持ちの方は是非読んでみてください! この記事の目次• 生理前に太りだす時期について 生理前に太るというのは、よく聞くんだけれど、実際に体に変化があるのっていつくらいからなの?という疑問をお持ちの方も少なくないはずです。 生理は主に、3つの周期から成り立っています。 生理開始の10日前〜生理が始まる時期というのが一番太りやすくなります。 月経前症候群(PMS)の時期 特に生理前の時期には月経前症候群(PMS)という、生理の前の身体のホルモンのバランスの変化などが影響して身体に様々な異常症状が発生する時期があります。 この時期には頭痛や、身体のむくみや下半身のだるさなどの多くの症状に加え体重の増加も発生します。 この症状は生理が始まると徐々に軽減していきます。 この月経前症候群(PMS)の問題は生理前の2週間〜生理開始くらいまでの期間に継続的に発生します。 一般的な人では10日前〜1週間程の期間に発生しやすい問題になります。 この働きは女性ホルモンの増減などが関係し身体に影響を及ぼしている問題と考えられているもので、個人差が大きくあり全く症状のない人も居ます。 症状のひどい場合は症状は多岐にわたり、身体症状を始め、肌症状、精神症状、持病の悪化、血糖値の変化などの多くの問題が引き起こります。 生理前に太る原因について 生理前に太る原因を把握することで、太ることを予防できます。 自分がなぜ生理前に太ってしまうのかを知っておきましょう。 また太ってしまったとしても、一時的に体重が増加してしまっているだけでまた元の状態に戻る問題でもあるということを知っておき冷静に対処していきましょう。 体が様々な成分を溜め込もうと働くため 生理が近づくことで、体の体質が変化して水分や栄養分などを蓄えようと働く体になるために、太る場合があります。 生理が近づくと、ホルモンバランスが変化してしまい、黄体ホルモンの分泌量が一時的に多くなります。 黄体ホルモンの分泌が増えると、生理により起こる出血などで体のエネルギーが不足しないようにと、栄養分や水分を体に溜め込む体質になります。 そのため通常の状態であれば、体外に排出される量よりも、多くの成分が体にプラスされるため、体重が増えることがあります。 また、むくみや便秘を同時に起こすこともあります。 個人差はありますが、平均的に2キロ前後太ることが一般的なようです。 しかし、これは生理前の一時的な現象であるPMS(月経前症候群)であるために、生理が始まると徐々に元の体重やスタイルに戻るので、あまり不安になる必要はありません。 逆にこの時期に痩せてしまうことのほうが身体の機能としては問題なので注意しましょう。 この時期にどんなダイエット方法を行ったとしても食い止めることは難しいことを知っておきましょう。 食欲が促進されるため こちらも、生理前に起きる月経前症候群により、一時的に食欲が旺盛になってしまい、いつもよりも多くの食事量を食べてしまい太ることがあります。 これは、黄体ホルモンである 「プロゲステロン」の分泌が活発になるためです。 これを黄体期と言います。 プロゲステロンが分泌されると、体内の血糖値が低下してしまいます。 そうなると、血糖値を安定させようと体が働くために、 「アドレナリン」の分泌量が多くなり、食欲が増してしまうのです。 アドレナリンには、 食欲促進効果があるためです。 また、月経前症候群により情緒不安定になってしまい、ストレスを感じる人が多くいます。 そのために、甘いものを食べて気分を落ち着かせようとし、ケーキやお菓子などをたくさん食べる人もいるのではないでしょうか。 こういったことが原因で、体重が増加して太ってしまう人は多くいます。 生理前に食欲が旺盛になってしまうことを把握しておけば、我慢できる場合もあるので、食べ過ぎには十分注意しましょう。 もしこの問題で体重が増加してしまっている場合は生理が終わっても落ちない体重の変化になりますので、注意しましょう。 運動不足になるため 生理前になると、集中力の低下ややる気の低下などが現れることが多くあります。 それにより体を動かすのが面倒になってしまい、運動不足になってしまうことも太ってしまう原因になります。 ホルモンバランスの変化により、ただでさえ新陳代謝が低下して、余分な水分や老廃物が溜め込まれている状態になっています。 一時的なものだからといって放置するのではなく、生理前のむくみを避けるために、なるべく体をテキパキと動かして少しでも、無駄なものを体に溜め込まないようにしましょう。 またホルモンのバランスの変化により代謝の低下も引き起こり、体内の水分と塩分のバランスが崩れることでもむくみが引き起こりやすくなります。 代謝が低下すると脂肪分が燃焼されにくくなるので結果的にむくみが発生しやすくなり太ってしまいます。 生理前に太るのを予防する方法 では、太りやすい生理前の時期をなんとかやり過ごす方法を紹介します。 もちろん無理をするのは禁物ですが、自分のできる範囲で予防してみましょう! もし体重が増えてしまっても、生理が終わった時に元の状態に戻るために出来ることや生理中や生理前から始められるむくみ対策などの方法を紹介しますので是非参考にしてみてください。 食事を意識する 生理前の食事を意識することで、体に余計に溜め込んだものをうまく排出できる場合があります。 まずは、食べる方法についてです。 通常であれば、1日3回お腹が空いたら食事を行います。 しかし、生理前の空腹の状態は、食欲が増してついつい食べ過ぎてしまうことが多くあります。 なので、空腹状態を作らないようにするのがポイントになってきます。 難しいかもしれませんが、少ない量の食事を何回かに分けて食べたほうが、食べ過ぎてしまうのを防ぐことができます。 さらに、食べるものも意識してみましょう。 生理前にぜひとも食べたいのが、PMSに有効とされている 「ビタミンB6」水分などの排出を促進する効果のある 「カリウム」セロトニンを作成する 「トリプトファン」の3つの成分です。 (ビタミンB6) にんにく・まぐろ・きな粉・かつお・塩シャケetc• (カリウム) にぼし・するめ・ひじき・のり・ピスタチオetc• (トリプトファン) たらこ・ぶり・ナチュラルチーズ・ゴマetc 以上になります。 これらをバランスよく摂取するようにしてください。 また、甘いもの動物性脂肪の多いものは、脂肪分が多かったり、食欲を促進する効果があるのでなるべく避けるようにしてください。 食事をする際は、噛む回数を意識的に増やしてみましょう。 噛むことで満腹感を感じる満腹中枢を刺激することができます。 運動をする 体のむくみが発生して太る原因にもなります。 むくみを解消するために、運動を行うことも解消法として効果的だといえます。 運動を行うことで、血行を良くし、新陳代謝を高めることができます。 代謝が良ければ、体に余分に溜め込んだ水分や老廃物を排出する力が高まるので、水分による体重増加を防ぐことができます。 また、運動をすることで、PMSの症状を緩和することができます。 ストレスを発散する効果もあるので、イライラして食べ過ぎるのを防ぐ効果も期待できます。 さらに、生理前になると 「セロトニン」の分泌が少なくなってしまうのですが、運動をすることでセロトニンの分泌を促すことができます。 セロトニンが分泌されれば、イライラしたり落ち込んだりすることが少なくなるので、生理前でも落ち着いて生活することができます。 激しい運動は必要ありません。 ジョギングやランニングなどの有酸素運動を、1日30分〜1時間行うだけで十分です。 実際に効果が現れてくると、運動するのが楽しくなってくるはずです!根気強く頑張りましょう。 入浴する 生理前に太るのを防ぐために、シャワーではなくしっかり入浴するという解消法もおすすめです。 入浴をすることで、血行を促進し新陳代謝を高めることができます。 運動の時と同じく、体のむくみを解消するには、入浴をするのが一番効果的なのです。 入浴をしてリラックスをしているときは、手足にたまったむくみを排出しやすくなります。 ふくらはぎやのマッサージなどを積極的に行いましょう。 オススメは、あまり温度を高くせずに、ぬるま湯に長時間浸かるようにすることです。 少しづつ体温を上げることで、副交感神経を優位にできるので、リラックス効果を高めることができます。 むくみの解消方法は、や、に詳しくかいてあるので、読んでみてください。 豆乳ダイエット方法 生理前に起こる月経前症候群(PMS)の溜め込みの問題を防ぐために出来る有効なダイエット方法があります。 生理前にもどうしても体重を増やしたくないと言う人におすすめなのがこの豆乳を使った豆乳ダイエット方法になります。 豆乳には大豆サポニンや大豆イソフラボンと呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンに似ている働きをする成分が含まれています。 この成分が身体の女性ホルモンの足りていない働きを補ってくれて、水分量の調整や余計な水分などの蓄えすぎを防いでくれます。 豆乳には無調整豆乳と調製豆乳が存在しますが、若干無調整豆乳がイソフラボンなどの数値は上回っていますが殆ど変わりません。 調整豆乳の方が味が調整されて飲みやすい、無調整豆乳は健康に良さそうな味がするくらいです。 また豆腐などの原材料でもある大豆製品ですのでカロリーも非常に低い点も最適な理由ですね。 飲む量について この豆乳を生理前の体重の変化や体調の変化が起こるタイミングに合わせて1日200ml程の量を目安に飲むと効果があります。 もし便秘などの問題がある場合は合わせて食物繊維を多く含んでいる野菜やイモ類や根菜などを多く食べると腸内のお通じも良くなり更に溜め込みの問題は回避されるでしょう。 大豆類、きなこや豆腐や納豆や豆乳などにも食物繊維は含まれていますがイソフラボンは摂りすぎると乳がんや子宮がんなどの問題を引き起こすことにも繋がるので1日70mg〜75mgの摂取量を超えないように注意しましょう。 生理を利用したダイエットについて 上記で生理の周期について紹介しました。 実は、生理が終わってから次の排卵日が始まるまでの時期は、体が元の状態に戻ろうと働いているために、新陳代謝が活発になダイエットにむいている「痩せやすい時期」だといえます。 この時期に、運動やトレーニングを行うと通常の状態の時よりも高い効果を得ることができます。 ただし無理な食事制限を行うと、体の調子を元に戻せなくなり、負担がかかることがあります。 食事制限でダイエットを行うよりも、運動などの脂肪燃焼をメインとしたダイエットを行うようにしましょう。 女性ホルモンの周期を利用した女性ホルモンダイエットも有効ですのでしっかり身体の仕組みを理解してダイエット方法を行っていきましょう。 その他の生理のトラブルにサプリを 生理のトラブルといえば、肌荒れやイライラなど様々です。 そういったトラブルを改善するために、専門的なサプリメントなどを試してみましょう。 ルナベリーは、女性の生理前症候群(PMS)に特化した商品です。 ビタミンやカルシウム、イソフラボンなど、女性に嬉しい成分を多く配合して生理前のトラブルを抑制する効果が期待できます。 また、120日間の返金保証もあり、何の効果も得られない場合は全額返金されるのも嬉しく、リピート率も非常に高い商品です。 マカってなに?と思う方もいると思います。 マカは南米で使用される野菜の一種で高い栄養成分を含んでおります。 自分に不足している成分を把握して適切なサプリメントを選ぶことが出来るので、ピンポイントで効果を得ることができます。 生理前の症状には個人差があります。 人それぞれのPMSを改善するために開発されたアロマオイルです。 症状に合わせて成分を変更しているので、自分に合ったものを選ぶことができます。 リラックス効果もあり、アロマ好きにはたまらない商品です。 生理に特化したアイテムです。 毎月トラブルに悩んでいたり、症状をなんとかしたいと考えている人はぜひ試してみましょう。 まとめ 生理前に太る原因 ・ホルモンバランスの変化により、体にむくみが発生するため ・食欲旺盛になって、食べ過ぎてしまうため ・運動不足になって、新陳代謝が低下してしまうため 生理前に太るのを防ぐ方法 ・食べ方や食べるものを意識してみる ・運動をして代謝を良くする ・入浴をしてリラックスをする 以上が今回の記事のまとめになります。 生理前に太るのは、月経前症候群が主な原因です。 一時的なものなので心配する必要はありません。 しかし、食べ過ぎてしまった場合の体重増加は、後を引くことになるので、食事のとりすぎには気をつける必要があります。 運動や入浴などを普段の生活に取り入れることで、太るのを防ぐことができるうえに、ストレスを溜めるのを防ぐことができるので、一石二鳥だといえます。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の

体重はいつから減る?ダイエット開始後の痩せるタイミングとは

生理 体重 減る いつから

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 生理後はホルモンバランスの変化で痩せやすい時期ですが、なかには生理後なのに体重が減らない、または増えると悩んでいる人もいます。 痩せやすいはずなのに太ってしまうのは、一体どうしてなのでしょうか?今回は生理後に太る原因と、体重増加を防ぐための対策、むくみが現れたときの解消法などをご説明します。 生理後に体重が増えることもある? 女性の体調は生理周期によって左右されますが、体重も同様で、体重が増えやすい時期と増えにくい時期があります。 これには、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と「エストロゲン(卵胞ホルモン)」という、2つの女性ホルモンが関係しています。 プロゲステロンは、妊娠に備えて体に栄養や水分を蓄えようとする働きがあるホルモンです。 そのため一般的に、プロゲステロンが多く分泌される排卵後~生理前には、体重が増えやすくなります。 プロゲステロンの分泌が落ち着き、逆にエストロゲンの分泌が増えだすと、体に栄養や水分を溜め込む必要がなくなり、脂肪が燃焼しやすくなります。 そのため生理後~次の排卵までは、体重が減りやすくなるといえるでしょう。 ただ、生理後は本来体重が減りやすい時期なのに、体重が増加してしまう、または減らないという人も少なくないようです。 その詳しい原因については、次の章でご説明します。 生理後に太る・体重が減らない原因は? 前述のとおり生理後は体重が増えにくいはずですが、それでも太る、または体重が減らないという場合は、主に以下3つの原因が考えられます。 エストロゲンの影響 エストロゲンは皮下脂肪に働きかけ、女性らしいふっくらとした体を作り出す作用もあります。 そのため生理後は、脂肪がつきやすい時期ともいえます。 いくら代謝が良いとはいえ、食事の量を増やしたり、偏った食事を摂っていたりすると、脂肪が増加して体重も増えてしまいます。 ホルモンバランスの乱れ ホルモンバランスが乱れていると、生理後もプロゲステロンの分泌量が多くなり、太りやすくなってしまうことがあります。 女性ホルモンの分泌量は、過度のストレスや不規則な生活習慣など、ちょっとしたきっかけで乱れてしまうのです。 生理が終わったことからくる解放感 生理前や生理中は月経前症候群(PMS)や生理痛の影響で、食欲がなくなってしまう人もいます。 そのような人の場合、生理が終わった開放感から、生理後に好きなものを好きなだけ食べてしまう、ということもあるようです。 生理後は代謝が高まるとはいっても、それ以上に食べ過ぎてしまっていると、体重は当然減りませんし、場合によっては増えてしまいます。 関連記事 生理後に体重が減らない・増えるときはどうする? 生理後に体重が減らない、または増えてしまうという人は、まず「生理後の自分の体重をどうしてコントロールできていないのか」についての原因を知ることから始めましょう。 原因がわかると、おのずと生理後に体重が増えないための過ごし方がみえてきます。 例えば開放感などからついつい食べすぎてしまっていたという人は、食事量を適量に戻してみたり、不規則な生活が続いていた人は、できるだけ生活リズムを整えてみましょう。 なぜ太るのか考えてみたけど思い当たる原因がない、または生活を改善しても体重の増加が止まらないというときは、女性ホルモンが大きく乱れていたり、甲状腺の病気が隠れていたりする可能性もゼロではありません。 また食べ過ぎが止められないときは、過食症も疑われます。 病院を受診して症状を伝え、適切な検査や治療を受けることもおすすめします。 関連記事 生理後に太ったときの体重の減らし方は? 生理後に体重が増えてしまい、増えた分を減らしたいというときは、下記のような方法に取り組んでみるのがいいでしょう。 ただし、体に負荷をかけすぎてしまうと逆にホルモンバランスが乱れ、太りやすい体になってしまう可能性もあるので、無理は禁物です。 食生活のリズムを整える まずは食生活のリズムを改善して食べ過ぎを抑えましょう。 忙しさから朝食や昼食を抜いている人は、1回の食事量が多くなりがちです。 また、よく噛んでゆっくり食べることも大切です。 よく噛むことで満腹中枢が刺激され、食べる量を抑えられますよ。 食事内容を見直す 食事のリズムだけではなく、食事内容も見直しましょう。 スウィーツやスナック菓子もできるだけ控えてくださいね。 便秘やむくみが気になる人は、水分をしっかりとることも忘れずに。 体が冷えないよう、常温の水か白湯を飲むのがおすすめです。 運動量を増やす 生理後は代謝が上がっているので、脂肪が燃焼しやすい時期です。 ウォーキングやランニング、ヨガなどの有酸素運動を行って、脂肪を燃焼させましょう。 筋力がつくと脂肪燃焼が加速されるので、スクワットや腹筋運動などの筋力トレーニングを取り入れるのもおすすめです。 運動するためのまとまった時間が取れないときは、通勤時に目的地の一駅前で降りて歩くようにしたり、階段を使ったりするだけでも、日常的に運動量を増やすことができますよ。 ストレスをためない ストレスが溜まるとホルモンバランスの乱れを引き起こすだけでなく、暴飲暴食にもつながります。 ダイエット中は特にストレスを溜めないように心がけましょう。 ストレスを全く感じなくするのは難しいと思うので、趣味の時間や友達と遊ぶ時間を確保するなどして、こまめにストレスを解消してくださいね。

次の

食事制限は何日後(いつから)体重が減る?

生理 体重 減る いつから

筋トレ効果の出る時期とは? そもそも筋トレはどれくらい続ければ効果が出るのでしょうか。 筋トレの効果といってもいろいろあります。 筋肉が大きくなることに重きを置く人や、脂肪が減ることに重きを置く人。 筋肉が大きくなった効果を実感したい人は大体3か月程度を目安にしましょう。 また、脂肪が減った効果を実感したい人は1週間程度を目安にしましょう。 筋肉はいろいろな部位に分かれいるので、1日に全部の筋肉を鍛えるのは難しいです。 そのため、筋肉が大きくなったと実感するには時間がかかります。 脂肪は鍛えれば鍛えるほど燃焼してくれるので、比較的早く目に見えて減少がわかるということです。 筋トレの効果が出ないのはどうしてか? 筋トレを続けているにも関わらず、なかなか効果がでない・・・。 そんな人には、ある共通点があります。 無理に重くしてしまうと、ケガをするもとになるだけでなく、正しいフォームで行うことができず、鍛えたい個所とは異なる場所を鍛えてしまう場合もあります。 無理のない範囲で、正しいフォームで何回も行うほうがずっと効果があります。 姿勢が悪いというのは、正しいフォームで行われないというだけでなく、体重のかけ方も変わってきます。 正しい姿勢というのは、顎が出ないように肩を張りヒップが上がるように立ちます。 普段から意識して、正しい姿勢で立つようにしましょう。 その考え方はよくありません。 人それぞれ筋肉量の差はありますが、それは筋肉の個所によっても同じです。 腕の筋肉量は少ないけど下半身は筋肉量が多いという方やその反対の方もいます。 自分の限界の回数を記録し、それを元に毎日調節していきましょう。 大体3分程度を目安に次の筋トレに行いましょう。 時短にもなりますからね。 なかなか効果が出ないという方は大きな筋肉を狙って鍛えると効果が早くなるかもしれません。 筋トレで体重は減るのか?いつまで頑張ればいいの?まとめ いかがでしょうか。 筋トレを行う上でどれくらいの期間行えばいいかは、自分のなりたい体と現状を把握して、目安にしてみてください。 せっかく理想に近づいたのに、辞めてしまってはもったいないので、回数が減ってもいいので継続することをおすすめします。 2020年6月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30! exports? module. document? b a,! 1;return! a "object"! type a a. nodeType n. isWindow a return! call a. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! ownFirst for b in a return k. i[j. eval. replace p,"ms-". nodeName. call v. childNodes ,v. childNodes ,E[v. childNodes. length]. length? apply a,I. a 1! ownerDocument b:v! getElementById f return d;if j. apply d,b. getElementsByClassName return H. apply d,b. nodeName. getAttribute "id"? test k? apply d,w. parentNode. length;while e-- d. nodeName. nodeName. ownerDocument a. documentElement;return!! ownerDocument a:v;return g! documentElement? top! addEventListener? addEventListener "unload",da,! 1 :e. attachEvent "onunload",da ,c. appendChild n. createComment "" ,! test n. getElementsByClassName ,c. appendChild a. getElementsByName! getElementsByName u. getById? find. getElementById a ;return c? filter. find. ID,d. filter. find. getElementsByTagName? getElementsByTagName? getElementsByTagName a :c. qsa? find. test n. appendChild a. querySelectorAll "[selected]". length q. length q. querySelectorAll ":checked". length q. push ":checked" ,a. length q. push ". createElement "input" ;b. setAttribute "type","hidden" ,a. appendChild b. setAttribute "name","D" ,a. querySelectorAll ":enabled". length q. push ":enabled",":disabled" ,a. push ",. matches o. webkitMatchesSelector o. mozMatchesSelector o. oMatchesSelector o. call a,"div" ,s. call a,"[s! push "! test o. test o. contains? nodeType? d 1! nodeType! contains? contains d :a. 0;return! compareDocumentPosition-! ownerDocument b? 1:k? 1:e? -1:f? 1:k? parentNode g. parentNode h. ownerDocument a! call a,b ;if d c. disconnectedMatch a. document. ownerDocument a! ownerDocument a! attrHandle[b. call d. attrHandle,b. toLowerCase? e a,b,! p :void 0;return void 0! f:c. attributes! specified? slice 0 ,a. push f ;while e-- a. textContent return a. slice 0,3? a[3] ea. CHILD. test a[0]? null: a[3]? indexOf " ",c. length-b -c. slice 0,b ,a. replace ba,ca. nodeName. className void 0! slice -c. slice 0,c. nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:q. uniqueID] l[m. uniqueID] l[m. pop if h? nodeName. uniqueID] l[m. pseudos[a] d. setFilters[a. toLowerCase ] ea. e b :e. setFilters. hasOwnProperty a. toLowerCase? textContent b. innerText e b. test a "" ea. replace ba,ca. lang:b. getAttribute "xml:lang" b. nodeType ;return! location. hasFocus n. type a. nodeName. parentNode. selectedIndex,! nextSibling if a. nodeType? slice 0,i-1. type? find. 1:Math. random. push f :e. slice 0 ,j. relative[j[1]. find. ID k. matches[0]. slice j. shift. value. needsContext. test a? 0:j. matches[0]. test j[0]. splice i,1 ,! p,e,! split "". sort B. l,m ,c. compareDocumentPosition n. firstChild. c return a. toLowerCase? firstChild. firstChild. nodeName. toLowerCase return a. c return! specified? selectors,n. expr. pseudos,n. uniqueSort,n. getText,n. isXML,n. is c break;d. expr. match. isFunction b return n. call a,d,a! nodeType return n. test b return n. nodeType? find. matchesSelector d,a? [d]:[]:n. find. matches a,n. length;if "string"! pushStack n a. unique c :c ,c. selector? this. pushStack z this,a [],! pushStack z this,a [],! test a? n a :a [],! charAt a. [null,a,null]:B. exec a! b b. jquery? b c. find a :this. constructor b. b[0]:b,n. merge this,n. nodeType? ownerDocument b:d,! 0 ,x. isPlainObject b for e in b n. isFunction this[e]? this[e] b[e] :this. find a ;this. nodeType? this. isFunction a? void 0! ready? ready a :a n : void 0! selector,this. context ,n. :parents prev? 0,contents:! 0,next:! 0,prev:! length;return this. find. pushStack f. inArray this[0],n a :n. inArray a. jquery? parentNode? this. first. prevAll. pushStack n. uniqueSort n. merge this. this. prevObject:this. prevObject. nodeType? nodeName a,"iframe"? contentDocument a. contentWindow. document:n. merge [],a. map this,b,c ;return"Until"! filter d,e ,this. uniqueSort e ,C. reverse ,this. each a. G a :n. 0;g. splice c,1 ,c-1:f. 0,c j. slice? slice :c],g. Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",n. Callbacks "once memory" ,"rejected"],["notify","progress",n. done arguments. isFunction a. promise? promise. progress c. notify. done c. resolve. fail c. promise :this,g? then,n. disable,b[2][2]. isFunction a. promise? a:n. notifyWith b,c :--f g. resolveWith d,[n] ,n. triggerHandler "ready" ,n d. addEventListener? removeEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. removeEventListener "load",J : d. detachEvent "onreadystatechange",J ,a. event. ready. readyState "loading"! documentElement. doScroll a. setTimeout n. ready ;else if d. addEventListener d. addEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. attachEvent "onreadystatechange",J ,a. ready. promise ;var K;for K in n l break;l. createElement "div" ,e. style. appendChild e. appendChild b ,void 0! style. style. style. createElement "div" ;l. noData[ a. test c? 1;return! data void 0! pop n. extend j[k],b :j[k]. extend j[k]. data g. data ,void 0! a[n. expando]:n. g[h]:g[h]. isArray b? concat n. map b,n. camelCase :b in d? [b]:b. length;while e-- delete d[b[e]];if c?! P d :! cleanData [a],! 0 :l. deleteExpando g! window? 0,"embed ":! nodeType? cache[a[n. expando]]:a[n. camelCase d. slice 5 ,O f,d,e[d] ;n. this. this. O f,a,n. d n. isArray c? makeArray c :d. unshift "inprogress" ,delete f. stop,e. call a,g,f ,! empty. Callbacks "once memory". length ",l. firstChild. nodeType,l. getElementsByTagName "tbody". length,l. getElementsByTagName "link". length,l. createElement "nav". cloneNode! outerHTML,c. 0,b. appendChild c ,l. checked,a. cloneNode! lastChild. defaultValue,b. createElement "input" ,c. setAttribute "type","radio" ,c. setAttribute "checked","checked" ,c. setAttribute "name","t" ,a. appendChild c ,l. cloneNode! cloneNode! lastChild. checked,l. addEventListener,a[n. getAttribute n. htmlSerialize? option,ca. thead,ca. getElementsByTagName? querySelectorAll? childNodes a;null! b n. nodeName d,b? push d :n. nodeName a,b? b n. contains g. test g. 0,change:! 0,focusin:! attributes[c]. off a ,g. guid g. event. selector ,c. guid c. event. type? void 0:n. event. dispatch. apply k. split ". event. delegateType:j. event. expr. match. needsContext. test e ,namespace:p. join ". setup. call a,d,p,k a. addEventListener? addEventListener o,k,! 1 :a. add. call a,l ,l. handler. guid l. handler. guid ,e? splice m. push l ,n. event. split ". event. delegateType:l. guid! test g. selector m. splice f,1 ,g. delegateCount--,l. remove. teardown. call a,p,r. handle n. removeEvent a,o,r. event. 0 ;n. handle,n. call b,"type"? call b,"namespace"? namespace. split ". event. indexOf ". split ". shift ,r. indexOf ":" 1? j:l. apply i,c ,! preventDefault ;if b. apply p. event. event. event. event. special[a. preDispatch! preDispatch. event. handlers. isImmediatePropagationStopped a. rnamespace. test g. namespace a. data,void 0! event. special[g. handle g. handler. apply f. preventDefault ,a. postDispatch. call this,a ,a. type isNaN a. button a. disabled "click"! find e,this,null,[i]. push f ;d.

次の