黒 にんにく 効果 女性。 【こんなにあるの!?】黒にんにくの効能効果を一挙大特集!

【アンチエイジング!美肌!】黒ニンニクの効果が女性を綺麗に!

黒 にんにく 効果 女性

なんで黒にんにくが注目されているのか? 普通のにんにくは、滋養強壮効果、疲労回復効果、殺菌効果のある食材として古くから親しまれてきました。 にんにくのあらゆる効果と独特のニオイの元である【アリシン】は、パワーが強すぎるため、生で大量に食べると胃を荒らすこともありますし、ニオイが1日経っても消えないなんてこともありますよね。 そこで今、にんにくを熟成発酵させた「黒にんにく」が注目を浴びています。 黒にんにくなら、このアリシンが熟成の過程で変化して、 ニオイも少なく、味もまろやかで、今までになかった成分が新たに生まれ、女性に嬉しい効果をもたらすのです。 黒にんにくは抗酸化作用が劇的に強くなる! 黒く熟成する過程で、強い抗酸化作用を持つ【S-アリルシステイン】【ポリフェノール】という新たな成分が生まれます。 お肌の老化やさまざまな生活習慣病を引き起こす原因となる体内の活性酸素。 体の中にはもともと活性酸素を除去する能力があるのですが、 40代を過ぎるとその能力が衰え、体内の活性酸素が蓄積してしまうのです。 体が活性酸素を十分に取り除けないなら、外から抗酸化物質を摂り入れることが、アンチエイジングには必要。 黒にんにくには、 普通のにんにくの約10倍の抗酸化力があり、小さな粒に抗酸化物質がギュッと詰まって手軽に食べられるのも利点です。 黒にんにくは体に大事な成分【アミノ酸】も増える 黒にんにくになることで、アミノ酸の量が普通のにんにくよりも増えることも分かっています。 アミノ酸とは、体の皮膚や筋肉、髪の毛、酵素、ホルモンなどを作っているタンパク質を構成する成分です。 アミノ酸を摂ることで、筋肉アップ、免疫力アップ、美肌効果などが期待できます。 黒にんにくのアミノ酸がお肌の水分を保ち、さらに、常に生まれ変わりを繰り返す肌の新陳代謝を促進させるので、くすみのない、ハリと潤いのあるお肌を維持してくれます。 それだけじゃない!血液サラサラ作用もある 女性だって、特に更年期を迎えると高血圧になる可能性が高くなります。 黒にんにくには血液中の悪玉コレステロールを減らしたり、血管を拡張したりして血液をサラサラ流れるようにする作用があります。 血液がサラサラ流れるようになれば、 高血圧や動脈硬化の予防、また、全身に血液が流れて代謝が良くなり末端の冷えの改善にもつながります。 黒にんにくの味 = プルーンぽい甘さ+少し酸味+にんにく風味でコクがある =食べやすさはにんにくの比じゃないです! 食べた後の口の中にはしばらく 弱めのにんにく味が残りますが、10分くらいすれば気にならなくなります。 歯磨きをしてしまえば、黒にんにくを食べたことさえ分からなくなるくらい。 よく、にんにくを食べた後の数時間は(ゲップで)胃からにんにくのニオイが上がってきますが、黒にんにくはそういうことはありませんでした。 ただ、いくら健康に良いからと言って、10個も20個も食べるのは体に良くないですし、それほど意味もありません。 黒にんにくの効果を引き出しやすい食べ方は 毎日、寝る前に1~2片を欠かさず食べること。 寝ている間(夜)は、体温が下がって免疫力も下がりますし、成長ホルモンが分泌されてお肌の修復時間でもあります。 その時間帯にしっかり作用するように、寝る前(夜食のあと)がいいと思いますよ。 関連記事黒にんにくって買ったらどれくらい持つの?保存場所は? 副作用の心配はある? 色が黒いだけに、効きそうな半面、なんか副作用もありそう・・・。 なんて思われるかもしれませんが、 黒にんにくは「食品」ですから、副作用はありません。 どなたでも気軽に食べることができます。 ただし黒にんにくは、もとをたどれば「にんにく」です。 にんにくは強い刺激成分を含んでいますので、胃腸の弱い方などは、食べ過ぎると胃痛や下痢などを起こす場合があります。 黒にんにくは、普通のにんにくよりも刺激成分が少なくなっていますが、もともと胃腸が弱い方は注意は必要ですよね。 また、1度に大量に食べたりするのもダメですよ。 食べてはいけない人 美容・健康に良い黒にんにくですが、以下の人は食べてはいけません。

次の

黒にんにくで更年期障害を乗り切る!女性ホルモンとの意外な関係

黒 にんにく 効果 女性

黒にんにく良さそうだね。 でもいろいろな人の意見を知りたいから、口コミをチェックしてみた。 効果を感じた人の口コミ 臭いもそれほど気にならず、毎日食べて体調も万全です。 (40代 女性) ニンニクを食べてるような気がしなくて良い。 ニオイも気にならず健康を維持できるのはうれしい。 (50代 男性) 黒にんにくを食べ始めてから風邪薬を買わなくなりました。 (40代 女性) 効果を感じなかった人の口コミ むにょっとした食感、甘さと苦さの混ざったなんとも言えない味が苦手。 (20代 女性) 1粒食べましたが、この食感と味は私の口には合いませんでした。 (30代 女性) 毎日一粒ずつ食べて1か月、効果はまだ実感できていません。 もう少し続けないとダメかな。 (40代 男性).

次の

黒にんにくの効果・効能8選と保存方法|食べ過ぎの副作用には注意?

黒 にんにく 効果 女性

この記事の目次• 黒にんにくはまさに「スーパーにんにく」! にんにくには、大きくわけて、「血液さらさら効果」「疲労回復効果」「殺菌効果」「抗がん効果」などの効果があります。 にんにくは、アメリカの国立がん研究所が発表した、がん予防に効果が認められる食品プロジェクト「デザイナーフーズ計画」のピラミッドのトップに君臨するほど豊富な栄養を含む食品です。 黒にんにくには、普通のにんにくの約16倍の抗酸化力があると言われ、ポリフェノールが約10倍、含まれるアミノ酸の種類も数倍から数10倍含まれていると言われています。 また、普通のにんにくにはほとんど含まれてない「S-アリルステイン(抗がん作用、抗酸化作用、老化防止作用が特に強い成分)」が豊富に含まれているなど、まさに「スーパーにんにく」とも呼べるものです。 黒にんにくは「ダイエット」にも効果があるのか? さて、そんな健康効果の宝庫とも言える、スーパーにんにくの「黒にんにく」ですが、果たして 「ダイエット」にも効果があるのでしょうか? 結論から先に言ってしまうと、 その答えは「イエス」と言えるでしょう。 にんにくには「脂肪」の溜め込みを防いで燃焼させるチカラがある! にんにくには アドレナリンの分泌を促進して、脂肪の燃焼を促進させる働きがあります。 にんにくの脂肪燃焼効果は唐辛子の「カプサイシン」と同じ ここ数年、唐辛子などの辛い食べ物に含まれている辛み成分「カプサイシン」が脂肪を燃焼させるという、「カプサイシンダイエット」が流行ったことがありますよね。 この、カプサイシンの脂肪燃焼効果も、アドレナリンの分泌によるもので、原理的にはにんにくのダイエット効果も同じです。 もう少し詳しく説明すると、唐辛子などのカプサイシンは「副腎」というところからアドレナリンを分泌しますが、にんにくの場合は、「交感神経」が刺激されることによってアドレナリンが分泌されます。 交感神経とは、目覚めてから日中活動している間に働く神経で、運動をしている時などに最も強く働く 「元気のみなもと」のようなものです。 「にんにくを食べると元気が出る!」とよく言われますが、これは、にんにくによって交感神経が刺激され、アドレナリンが分泌されるために、「やる気」や「元気」がわいてくるということが大きく関係しています。 にんにくで、太りにくく、痩せやすい体質になる!? また、アドレナリンは「褐色脂肪細胞」の働きを促進します。 この「褐色脂肪細胞」という脂肪細胞は少し特殊な細胞で、 「脂肪を溜め込まずに、どんどん燃焼してエネルギーとして発熱する」細胞として、糖尿病の治療やダイエットなどで、近年、とても注目されている細胞です。 この「褐色脂肪細胞」を増やすことで、 太りにくく、痩せやすい体質に変わる効果が期待できるのです。 ラットを使った実験でも証明!にんにくで脂肪が燃焼しやすい体質に! このことは、ラットを使った実験でも証明されています。 通常のエサの他に一定期間にんにくを食べさせ続けたネズミと、通常のエサのみを与えたネズミの体の変化を比較するという実験を行なった研究グループがありました。 この研究グループの報告によると、一定期間にんにくを食べさせ続けた方のネズミの褐色脂肪細胞が大きくなり、体温が上昇したという結果が出たそうです。 この結果は、にんにくには、褐色脂肪細胞を増やして 脂肪を燃焼しやすい体に変化させる効果があるということの裏付けになります。 にんにくは「たんぱく質」の消化・吸収を助ける! また、この「脂肪を燃焼させやすくする」という効果の他に、にんにくには、もうひとつの大きなダイエット効果があります。 それは、 「たんぱく質の消化・吸収を助ける」という効果です。 「プロテインダイエット」などは、その最たる例ですが、ダイエットにとって、たんぱく質は切っても切り離せないものです。 たんぱく質をしっかりと消化・吸収することで、筋肉の量が増えて、身体の基礎代謝があがり、効率の良い脂肪の燃焼が促されます。 にんにくに含まれるアリシンやスルフィド類は、たんぱく質の構造を変えて、 元のたんぱく質よりも消化・吸収しやすい形に変化させるという働きを持っています。 黒にんにくは「脂肪燃焼系アミノ酸」が豊富! このように、にんにくには、 脂肪を溜め込まずに、効率よく燃焼させる たんぱく質を消化・吸収させやすくする 基礎代謝をあげて、太りにくく痩せやすい身体にする という効果があります。 さらに、黒にんにくは、普通のにんにくに比べて、アミノ酸の量と種類が数倍から数10倍あると言われています。 発酵食品である黒にんにくには、 脂肪燃焼系のアミノ酸も豊富に含まれていますから、痩せやすい身体をつくるというだけでなく、リバウンドしにくい身体の維持のためにも効果が期待できます。 黒にんにくを毎日、ひとかけらづつ食べ続けた結果、健康診断で中性脂肪値が下がったという話も良く耳にします。 ダイエットといえば無理をして急激に食事を減らす人が多いですが、ただ単に食事を減らしてしまうと筋肉を作るタンパク質が不足してしまい、脂肪よりも筋肉が先に落ちてしまいます。 そうなると結局、基礎代謝が低下し、脂肪が燃焼しづらくなり、リバウンドをおこしやすい身体になってしまうという悪循環に陥ってしまいます。 ダイエットで重要なのは、しっかりとたんぱく質を吸収して、筋肉を落とさずに、効率よく脂肪を落とすことです。 あまり、急激なダイエットは長続きしないうえに身体への負担が大きいですから、しっかりと必要な栄養はとりながら、無理なく進めたいものですね。

次の