ザファブル続編。 興行収入17億円突破の岡田准一主演アクション映画『ザ・ファブル』

ザ・ファブル

ザファブル続編

30日間の無料お試し期間が用意• 10,000本の作品が見放題• 新作映画もすぐに見れる• 1,100円分のポイントが使える• PC・スマホで簡単予約 今なら30日間の無料お試し期間がついてきて、さらに1,100円分のポイントがもらえます。 そのポイントを使用することで、新作映画2本を無料視聴することができます。 (U-NEXTではコミックや書籍をポイント購入できましたが、TSUTAYA TVでは映画だけです) その代わり、家にいながらスマホでDVD・CDを無料レンタルできるサービスが体験できます。 DVD・CDレンタルと動画配信サービスの両方をフルで楽しめるのはTSUTAYA TVだけです! クリックするとTSUTAYA TV公式HPに移動します。 最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトへご確認ください。 どちらも無料体験中であれば映画を無料で見れますが、個人的にはU-NEXTをオススメしています。 ザ・ファブル THE FABLE リリース日:2019年6月21日 再生時間:123分 どんな相手でも6秒以内に殺す。 「一年間、一般人として普通に暮らせ。 ボスのツテで真黒カンパニーの社長=海老原 安田顕 に世話になりながらも、 生まれて初めて、一般社会に溶け込もうと真面目に努力し始める。 毎日ヒマをもてあまし飲み歩くヨウコとは対照的に、ボスからもらったインコを大事に育てたり、アルバイトをしてみたり。 街で偶然出会いバイト先を紹介してくれたミサキ 山本美月 や、バイト先の社長=田高田 佐藤二朗 とも徐々に親しくなっていき、普通の生活を満喫し始めるアキラ。 「プロの普通」を目指し精進する日々だったが、周囲はアキラを放ってはおかない。 海老原の弟分で出所したての小島 柳楽優弥 と組織の現幹部=砂川 向井理 の確執、ファブルを伝説のレアキャラのように執拗に追い続ける若き殺し屋=フード 福士蒼汰 などが少しずつ、確実にアキラの穏やかな日常に忍び寄る。 実はある過去を持つミサキが、拉致されてしまったのだ。 ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラ。 そこに「絶対に殺してはいけない」というボスの鉄の指令が立ちふさがった時、アキラは自分のこの並外れた能力が初めて「人を救うこと」に使えるのではないかと気付き始める。 だがそこには想像を絶する強敵と、いくつもの罠が待ち受けていた。 果たしてアキラは「殺さず」の指令を守り通せるのか? そして平和な毎日は戻ってくるのか……!? 映画『ザ・ファブル』のキャスト・スタッフ 僕「え、映画『ザ・ファブル』ですよね?もちろん観ましたよ!」 柳楽さん「・・・。 」 僕「も、もう一度観ます!」 柳楽さん「・・・。 」 僕「柳楽さぁ〜ん😂」 「ザ・ファブル」は現在公開中!柳楽優弥さんの迫真の表情の演技にご注目を! 注)もちろん実際の柳楽さんはとっても良い人です。 岡田准一は格闘技オタクとして知られていますが、「こりゃ〜スゲ〜わ」と圧巻の演技でした。 言うなれば日本版スパイダーマンみたいな?言い過ぎかもしれないけど、アラン・フィグラルツ氏が携わってるから私は納得しています。 そんなアクションシーンに注目しがちですが、その他豪華キャストにも注目したいところ!あの俳優さんがチンピラに?とか…山本美月さんの変顔とか…一言では治りきらない魅力がある作品です。 ぜひ!一度は見ておきたい作品ですね。 まとめ:映画『ザ・ファブル』を無料で見る方法 最後にまとめると… 映画『ザ・ファブル』を無料で見たい場合、違法サイトで見ることはオススメできません。 その理由は次の通りです。

次の

「江口監督凄い。続編観たいよ〜〜〜〜。」ザ・ファブル まつこさんの映画レビュー(感想・評価)

ザファブル続編

山本美月さんのインスタグラムより(画像は一部加工) ファッションモデルで女優のさんが2018年7月18日、インスタグラムを更新し、27歳の誕生日を迎えたことを報告した。 これを受けて、コメント欄には祝福の声が相次いだ。 「はやくみたいです!ファブル」 山本さんは2019年公開予定の映画「ザ・ファブル」に出演する。 その撮影現場でお祝いのケーキをもらったという。 山本さんが演じる登場人物の「ミサキ」の似顔絵が描かれたケーキに、 「お!似顔絵ケーキですね。 誕生日に良かったですね。 余り食べ過ぎないようにね」 「似顔絵ケーキかわいいですね!暑い中の撮影は大変だと思いますが、美月ちゃんも他のキャストさんも身体には気をつけて頑張ってください!ザファブルの公開楽しみにしています」 「ミサキのビジュアル初公開ですね。 ザファブル来年公開予定ですか。 楽しみにしています」 と、連日の猛暑での撮影を気遣いながら、来年公開の「ザ・ファブル」を楽しみにしているとの声が寄せられた。 「ザ・ファブル」は南勝久さんによる漫画が原作で、山本さんが演じる「ミサキ」は裏社会で生きてきた主人公(演:さん)が、大阪で一般人として生きている際に出会う女性だ。

次の

興行収入17億円突破の岡田准一主演アクション映画『ザ・ファブル』

ザファブル続編

CONTENTS• 映画『ザ・ファブル』の作品情報 C 2019「ザ・ファブル」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【原作】 南勝久『ザ・ファブル』(講談社) 【監督】 江口カン 【キャスト】 岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕 【作品概要】 ボスの命令で休業することとなった伝説的な殺し屋・ファブル。 「普通」の生活に悪戦苦闘する彼の姿がコメディタッチで描かれます。 本格的アクション・エンターテイメント作品です。 岡田准一、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗、安田顕など実力派の豪華俳優陣が集結。 『めんたいぴりり』で知られるCM界の巨匠・江口カン監督と、『20世紀少年』『GANTZ』などヒット作を連発する脚本家・渡辺雄介がタッグを組んでいます。 映画『ザ・ファブル』のあらすじ 「どんな相手も6秒以内に殺す」ことで知られる謎の殺し屋・ファブル。 「ファブル」とは「寓話」という意味。 裏社会では誰もが恐れる伝説的存在です。 しかし、仕事をし過ぎていた彼に、育ての親であるボスはある指令を与えます。 「一年間、一般人として普通に暮らせ。 休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」 ファブルは佐藤アキラという偽名を使い、兄妹という設定を与えられた相棒・ヨウコと大阪で暮らし始めます。 生まれて初めて一般人としての生活をするようになったファブルは、生活に溶け込むためにインコを飼ったり、バイトをしたりして毎日悪戦苦闘。 徐々に「普通」の生活を満喫し始めるファブルでしたが、彼の命を狙う裏社会の組織や、彼に助けを求める者たちが次々に現れて、事態は思わぬ方向へ発進し…。 映画『ザ・ファブル』の監督を務める江口カンは、1967年7月20日生まれ。 福岡県出身のCMディレクター、映像監督。 KOO-KI(空気株式会社)代表です。 福岡を拠点に、CMやドラマ、短編映画などのエンターテイメント性の高い作品の演出を数多く手がけています。 高校時代にロッキーのパロディ映画を製作し、それが監督第1作となりました。 1992年九州芸術工科大学画像設計学科卒業。 1997年福岡市を拠点に、大学時代の友人と共に映像製作会社KOO-KIを共同設立します。 2007年~2009年に世界で最も重要な広告賞として知られる「カンヌ国際広告祭」で、2007年銅賞・2008年銅賞・2009年金賞と、3年連続受賞という快挙を成し遂げます。 Boards Magazine(カナダ)主催「Directors to Watch 2009』で14人のうち1人に選出。 2010年から2012年まで、3年連続でアメリカのクリオ賞審査員を務めました。 2012年から、広島県観光PRキャンペーンのブランド構築アドバイザーを務め、「おしい!広島県」を仕掛けます。 Yahoo! 映像トピックスアワード2012芸能界・エンタメ部門第1位、観光映像大賞 官公庁長官賞2013年を受賞しました。 その後も、 2013年「泣ける!広島県」、2014年・15年の「カンパイ!広島県」を展開。 2013年、 東京オリンピック招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブ・ディレクションを務めます。 2013年、明太子を初めて日本で製造販売した「ふくや」創業者をモデルにしたテレビドラマ『めんたいぴりり』の監督を務め、平成26年日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。 2015年に続編となる 『めんたいぴりり2』で、前作に続いて平成27年日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞しました。 2016年ゲーム『龍が如く』の完全オリジナルストーリードラマ『龍が如く魂の詩。 』の監督を務め、ゲオチャンネルにて配信されました。 12日間でレンタル回数10万回を突破しています。 2017年10月24日に 広島県がオープンさせた、全国で初の県営SNS「日刊わしら」を手掛けています。 」』『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』などを手掛けています。 参考映像:CM『スニッカーズ お腹がすくと三田佳子なっちゃう貞子』 監督・江口カンの評価は 福岡を拠点に、個性あふれる楽しいCMや、映画作品の監督を手掛けてきた江口カン。 世界で最も重要な広告賞として知られる「カンヌ国際広告祭」で、2007年銅賞・2008年銅賞・2009年金賞と、3年連続受賞という快挙を成し遂げた鬼才として知られています。 2013年、 東京オリンピック招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエイティブ・ディレクションを務めました。 2013年テレビドラマ『めんたいぴりり』の監督を務め、平成26年日本民間放送連盟賞優秀賞、ATP賞ドラマ部門奨励賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。 2015年に続編となる 『めんたいぴりり2』で、前作に続いて平成27年日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞しています。 業界から大変高い評価を受け、 2019年には同作の映画公開が決定。 その波に乗って、本作『ザ・ファブル』も同年に製作・公開となります。 「こんな映画が撮りたかった!!」と江口自身がコメント。 原作の面白さを大切に、大掛かりなアクション、クールな映像表現、そして大笑いのコメディシーンの連続となっています。 「素晴らしいキャストとの現場のエキサイティングな熱を、スクリーンで感じてほしい」とコメントしています。 エンターテイメント性の高い印象的なCM製作。 ドラマ・映画監督としての冴えわたる才能。 今最も注目される監督の一人である江口カン。 今後の活躍から益々目が離せません! 江口カンの公式SNSの紹介 江口カンの公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。 まとめ 本格的アクションを交えてのコメディ大作映画として大きな注目を集める『ザ・ファブル』。 キャストには、 岡田准一はじめ、木村文乃、佐藤浩市、柳楽優弥、山本美月、向井理、福士蒼汰、佐藤二朗といった実力派が勢ぞろいしています。 監督を務めたCM界の巨匠・江口カン自身が「こんな映画が撮りたかった!!」と語る、笑えてカッコいいエンターテイメント作品となっています。 CM界で鬼才と知られる、今、最も注目されている映画監督の一人・江口カンが贈る、ノンストップ一大エンターテイメント作品。 アクション・コメディ『ザ・ファブル』は2019年6月21日より全国ロードショーです。

次の