ワイドナショー 出演者。 ワイドナショーに出演した歴代女子高校生一覧と活動まとめ!

ワイドナショーに出演中の女子高生まとめ!かわいいあの子は誰?

ワイドナショー 出演者

最近、ワイドショーなどに呼ばれるミュージシャンが増えている。 記憶に新しいのは、『ワイドナショー』(フジテレビ系)へのMY FIRST STORYのHiroの出演である。 そもそも、MY FIRST STORYは積極的に地上波の音楽番組に出るタイプのバンドという印象はなかった。 そのため、『ワイドナショー』への出演にある種の驚きと新鮮さを感じることもあったが、オンエアを見る限り、綺麗に番組の中にハマっていたように感じる。 それにしてもなぜあそこにブッキングされたのがHiroだったのだろうか。 ひいてはなぜミュージシャンが積極的にブッキングされるようになっているのだろうか。 そのことを、少し考えてみたいと思う。 MY FIRST STORY『1,000,000 TIMES』 当然ながら、どんな番組にもカラーというものがあるし、笑いのとり方や盛り上げ方というのはある程度決まった形があるはずである。 テレビ番組はサッカーチームに似ているところがあると言われているが、その所以は番組ごとにカラーが決まっているからである。 たとえば、バラエティ番組であるならば、番組の構造上、基本的には一人のストライカーが笑いをバシバシ取っていく形に収まりやすい。 特にMCに近い立ち位置の人物が「ボケ」ならば、そういう形に収まるのが綺麗になりやすいし、番組の力学として、威力の強いボケは、番組の中には一人配置されていることが多いように思う。 『ワイドナショー』において、サッカーでいうところのストライカーの立ち位置を担っているのは松本人志であろう。 ひとつひとつの笑いを生み出す=点を取りにいっているのは松本人志が多いだろうし、番組内で「オチ」をつけることが多いのも松本人志であることが多いように感じる。 また、各々のコメントが交錯しすぎて、番組が脱線しないようにきっちりと番組の流れをコントロールする、サッカーでいうところの司令塔のような立ち位置、つまりは司会進行的な役をたち振る舞っているのは、東野幸治であろう。 ストライカーと司令塔。 『ワイドナショー』においては、最初からここが固まっているため、ここを軸にして、他の人たちのブッキングがなされているように思う。 そう考えた時、積極的にボケ=点を取りに行くストライカータイプは、あの番組においてはあまり重宝されない印象を受ける。 少なくとも、松本人志のボケを殺すようなボケが出てくることはまずないに違いない。 そう考えた時、ストライカーが点を決めに行きやすい、アシストが行えるようなタイプが重宝される。 ボケの起点を作るような変わったコメントを言うことができたり、放たれたボケをきちんと回収することができる感性を求められるのがコメンテーターだ。 そう考えた時、Hiroはそういう要素を兼ね備えた絶妙な立ち位置からコメントしていたように思う。 ある時は20代の好青年な立場からコメントをする、あるときは両親がともに大物ミュージシャンという特異な立場のバンドマンという職業の立場からコメントをする、ある時は他のコメンテータよりも一素早くツッコみに回るアシストとしてコメントをしていた、そのように思うのである。 しかも、そのあり方が実にナチュラルだったのだ。 仮にもしこれが芸人なら、笑いを起こすことをあまりにも優先的になってしまい、バラエティ色が強く出すぎてしまう懸念がある。 そう考えた時、Hiroは「芸能人」でありながらも、(ある種の)一般人感も出している、実に絶妙な立ち位置だったように思うのだ。 庶民的な目線を持ち合わせつつ、独自の視点(ミュージシャンならではの視点)で意見を繰り出すこともできる、そういうサッカーでいうところのミッドフィルダー的な立ち振舞いを、ナチュラルに行っていたように感じるのである。 だからこそ、チーム全体のバランスをみたとき、実に綺麗にハマっているように感じたのである。

次の

MY FIRST STORY Hiro、『ワイドナショー』出演が話題に ミュージシャンがワイドショーに求められる理由とは?

ワイドナショー 出演者

首相が14日夕方、東京・台場のフジテレビ本社で『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)の収録に参加した。 ()を筆頭に、有名・文化人たちがコメンテーターとなり、芸能ニュースや時事問題など、さまざまな話題や人物を取り上げていく。 同番組に現役の政治家が出演するのは初めてで、松本と安倍首相は、今回の番組で初対面となった。 17日放送予定。 ゲストコメンテーターとして出演するのは()、、()。 安倍首相は、先日行われた安倍首相主催の「桜を見る会」など、いくつかのニュースについて、松本をはじめとした出演者たちと語り合った。 番組終盤には、出演者たちから安倍首相へ質問するフリートークが実現し、終始和やかな雰囲気で収録が行われた。 MCは、アナウンサー。 安倍首相が、同局のバラエティー番組に出演するのは、『笑っていいとも!』(2014年3月21日放送)のトークコーナー「テレフォンショッキング」に出演して以来、およそ2年ぶり。 フジテレビの番組に出演するのは、『みんなのニュース』(2015年7月20日放送)以来となる。

次の

【ワイドナショー】山崎夕貴アナ 渡部不倫相手の女性へ納得のご意見… 出演者共感

ワイドナショー 出演者

「ワイドナショー」はフジテレビ系2013年10月から深夜枠で放送開始されたワイドショー的バラエティ番組。 2014年4月から日曜の午前枠へ移動、同時間帯で人気の番組となっている。 MCは東野幸治とフジテレビ女子アナが務め、番組のシンボルと言える松本人志はコメンテーターとして出演。 他のワイドショーとは一線を画しており、取り扱うニュースは報道のそれを変わらないものの出演者が芸人ということからバラエティ的な雰囲気が強くなっている。 そして何よりスポーツ新聞やインターネット系メディアが番組内の発言を直ぐに記事にするためマスコミから注目を集める番組となっている。 特に松本人志が芸能界のご意見番として扱われるようになったのは、「ワイドナショー」での発言がネットニュースに転載されるようになった構図が大きく影響している。 この記事では「ワイドナショー」のMCやアシスタントの女子アナ、登場回数の多いレギュラーコメンテーター、ナレーターなどの出演者情報を中心にまとめて紹介する。 吉本興業所属のお笑いコンビ「ダウンタウン」のボケ担当 1963年9月8日生まれ、兵庫県尼崎市出身の56歳 身長173. 5cm、血液型はB型 妻は元・タレントの伊原凛(いはらりん) 1982年に幼馴染の浜田雅功と共に吉本入り 関西での人気を確立した後、上京 「夢で逢えたら」「ダウンタウンのごっつええ感じ」といった番組で全国的に人気となった 近年はソロでテレビ出演することも多く、バラエティのみならず「ワイドナショー」のようなニュース・報道を扱う番組にも出演 芸能界の大御所的なポジションを獲得し、彼の言動はマスコミが逐一書き起こしてニュースとして2次掲載を行っている 「ワイドナショー」放送開始の2013年10月15日から番組MCではなくコメンテーターとして出演 演出上はレギュラーではなく、たまたま毎週出演しているだけとなっているが、要するにレギュラーコメンテーターである 先述の通り松本人志の同番組における発言は即座にネットニュースとして取り上げられるため、一般視聴率だけでなく業界視聴率も高いと言える フジテレビ女子アナ 2010年入社 1987年8月4日生まれ、岡山県倉敷市出身の32歳 岡山大学経済学部 卒 身長162cm、血液型はO型 夫はお笑い芸人の「おばたのお兄さん」 大学までを地元で過ごしフジテレビへの就職と同時に上京 ニュースやバラエティを中心に担当しており、好きな女子アナランキングでも上位ランクインを経験するなど人気の高い女子アナである 現在は「とくダネ! 」、日本テレビ「有吉反省会」「今夜くらべてみました」など人気番組にレギュラー出演する 2014年3月頃から「ワイドナショー」に不定期にコメンテーターとして出演する これまでは「HKT48」の指原莉乃として出演していたが、2019年5月5日にはグループ卒業後の初「ワイドナショー」出演として注目が集まった 2020年春頃の時点では、古市憲寿と並んでトップクラスの出演回数である タレント、お笑いトリオ「B21スペシャル」のリーダー 本名は「小園浩己(こぞのひろみ)」 1965年2月13日生まれ、東京都八王子市出身の55歳 身長175cm、血液型はA型 昭和第一工業高等学校 卒 元々人気タレントとして芸能活動をしていたが親友の死をキッカケに表舞台から姿を消し、トレーニングジムの経営などに従事していた 2014年頃からテレビに復帰 現在は日本テレビ「ウチのガヤがすみません! 」「火曜サプライズ」やTBS「東大王」、フジテレビ「バイキング」など多数のレギュラー番組を抱えている またバラエティ特番のゲスト、通販バラエティでのMCなど出演するジャンルは多岐にわたる 自身が通販商品のプロデュースを行うこともある為なのか、日本テレビやTBSなど通販特番に出演する機会も多い 「ワイドナショー」へは2014年10月26日から出演 月1回ほどのペースで登場しており、コメンテーターの中でも出演頻度は高い 俳優・タレント・気象予報士 1962年1月15日生まれ、神奈川県出身の58歳 慶應義塾大学経済学部 卒 身長182cm、血液型はA型 父親は元・東京都知事で作家の石原慎太郎、兄と弟は自民党衆議院議員で石原伸晃&石原宏高、叔父は昭和のスター・石原裕次郎という著名な家庭の生まれである 近年はバラエティタレントとしても再ブレイク テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」「週刊ニュースリーダー」「ザワつく! 2017年3月10日の数値を比べてみると、サンジャポが10. ちなみに日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」が8. トーク番組より辛口ワイドショーの方が視聴率は獲得しやすいが、ワイドナショーの数字は順調とは言えないようだ。 歴代最高は2016年2月14日の11. この時期は、ベッキー・SMAP・清原・狩野英孝・加藤紗里・宮崎謙介(議員、のちに議員辞職)など話題に事欠かなかった点が大きく、全体的にワイドショーの数字が底上げされた。 事実、サンデージャポンは15. つまり、数値の上では下がっているがサンジャポとの比較をすると、その差は特に変わっていないという事になる。 「週刊フジテレビ批評」(よみ:しゅうかんふじてれびひひょう)は、フジテレビが土曜日の早朝に放送している自社番組の批評・検証を行う番組。 放送文化の向上を目的として1992年から「週刊フジテレビ批評」として放送開始。 2009年より出演者や放送内容がリニューアルされ、天気やニュースなどの情報も含まれるようになった。 2009年10月3日~2018年3月31日までは「新・週刊フジテレビ批評」として放送されていたが、フジテレビ番組編成見直しの末2018年4月より再び「フジテレビ批評」に変更された。 番組は対談や視聴者の意見紹介、リポートなどで構成。 「The 批評対談」では番組コメンテーター、そしてテーマに沿ったゲストがトークを繰り広げる。 この記事では「週刊フジテレビ批評」の出演アナウンサーとゲストコメンテーターの情報を中心にまとめた。 「サンデーモーニング」はTBS系列で日曜の午前中に放送されている生放送のニュース・報道番組。 司会はTBSの番組でお馴染みのタレント・関口宏が務める。 1987年に「関口宏のサンデーモーニング」としてスタート。 硬派な報道番組ではあるものの、報道内容に恣意的な編集が見られたこともあり、インターネットを中心に偏向報道番組のひとつとして挙げられることも多い。 「週刊御意見番」である張本勲の言動もインターネットで炎上ネタになることがある点も批判の材料とされている。 新聞社の主筆や委員などがコメンテーターに入る場合その社の政治的思想や論調が反映されやすいこともあり、特に「サンデーモーニング」においてはその傾向が強く見られているようで、良くも悪くも番組の特徴となっている。 このように番組は様々な特徴と問題を含んでいるが、30年以上続く人気番組であることに変わりわない。 この記事は「サンデーモーニング」の現在の主な出演者の情報を中心に紹介していく。 「日曜報道 THE PRIME」はフジテレビ系列で2019年4月より日曜日の早朝に放送される生放送の報道番組。 「新報道2001」「報道プライムサンデー」に続く新たな日曜の報道番組となる。 2018年4月からフジテレビがニュースブランド「プライムニュース」を展開開始したものの、視聴率不振によりがわずか1年で終了となったことから「報道プライムサンデー」も2019年3月で放送終了。 その後継ブランドとして2019年4月より「Live News」を新たに立ち上げる運びとなったが、日曜早朝の新報道番組は「Live News」を用いず、独自に「日曜報道 THE PRIME」として刷新する。 出演者も新たに梅津弥英子アナとフジテレビ報道局解説委員の松山俊行氏という「BSフジLIVE プライムニュース SUPER」コンビがキャスターを務める。 2020年4月からは不定期にゲスト出演していた元大阪市長で弁護士の橋下徹がレギュラーコメンテーターに就任した。 この記事では「日曜報道 THE PRIME」の出演者に関する情報を中心にまとめた。 「馬好王国~UmazuKingdom~」は2017年1月7日から放送開始された競馬情報&バラエティ番組。 「みんなのKEIBA」「中央競馬ダイジェスト」と並んで、フジテレビ系列の競馬コンテンツの一角を担う。 同番組では番組時代を王国とみなし、メインMCのDAIGOを国王、レギュラーの女性タレントはプリンセス、番組進行のフジテレビの女子アナは執事とそれぞれ設定している。 「日本ダービー」「ジャパンカップ」「有馬記念」など注目されるGIレースの直前放送では、スタジオでレースの予想が展開される。 また、「馬好王国」は2016年12月末で終了した「うまズキッ! 」の後番組のため、「こじはる3連単5頭BOX」など一部の人気の企画は「馬好王国」に引き継がれている。 日曜午後の競馬中継番組「みんなのKEIBA」とのコラボ企画など、充実した番組内容で構成されている競馬番組と言える。 この記事では「馬好王国」のレギュラー出演タレント・アナウンサーの情報についてまとめた。 「情報ライブ ミヤネ屋」は、読売テレビ制作で2006年7月31日から放送開始された日本テレビ系列の全国ネットニュース・報道番組。 後に、現在の昼帯で放送されていた「ザ・ワイド」の後継番組とするために放送時間を変更。 放送開始当初は関西ローカルだったが、徐々に放送エリアを拡大して全国で放送されるようになった。 関東地区を例に挙げれば、視聴率は同時間帯のワイドショーを寄せ付けない数字を記録しており首位を維持していたが、近年はTBS系列「ゴゴスマ -GO GO! Smile! -」やフジテレビ系「グッディ! 」に首位の座を譲るケースも見られるようになっている。 出演するキャスターやリポーターは入れ替えが比較的少なく番組出演歴の長いベテランが担当することが多い。 ここでは現在「ミヤネ屋」に出演するキャスターやアナウンサーと歴代の出演アナウンサーを中心に一覧にまとめた。 「さんまのお笑い向上委員会」はフジテレビ系列で土曜日の深夜に放送されているトークバラエティ。 明石家さんまの冠番組。 バラエティとしては珍しくサブタイトルに「第〇〇話」と話数が付与されている。 建前上は「お笑いを向上させるための案を練りだす」とされているが、実際は明石家さんまを始めとした出演者たちのフリートーク合戦となっている。 その為、良くも悪くも番組として統制が取れずに、無秩序な面白さがある反面「うるさいだけ」と悪評も飛び出している。 番組進行のアシスタントはフジテレビの久代萌美アナが務める。 この記事では「お笑い向上委員会」のMCとアシスタント、そして多数出演する「向上委員会」メンバーから出演頻度が高いお笑い芸人・コンビについての情報をまとめている。 「Mr. サンデー」(ミスターサンデー、よみ:みすたーさんでー)は、2010年4月から放送を開始した日曜夜22:00~23:15の報道番組。 フジテレビと関西テレビの共同制作、フジテレビ系列で放送されている。 出演者はMCのフリーアナウンサー・宮根誠司アナとフジテレビの女子アナである椿原慶子アナ。 ここにゲストコメンテーターとして木村太郎を中心に毎回2名ほどが出演している。 番組は一定の人気があるものの取材姿勢や報道内容が問題視されることもあり、司会の宮根誠司のキャラクターやフジテレビ制作ということも相まってインターネットを中心に炎上しやすい性質を持っている。 この記事では、「Mr. サンデー」に出演するMCや出演頻度の高いコメンテーターの情報を中心にまとめた。 「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる! ~」は「フルタチさん」が終了に伴い新たに開始の古舘伊知郎がメインを務めるフジテレビのバラエティ番組。 そのテーマの専門家(番組内では「モノシリー」と定義)を招いて、映像や写真と共に「とっておき」の話を繰り広げるという知的情報エンターテインメント。 スタジオセットが昭和レトロ風に作られているのも特徴。 出演者は司会の古舘伊知郎とアシスタントのフジテレビ女子アナ、モノシリー(専門家)と、ゲストにタレントが数名出演する。 番組は2018年9月14日放送で最終回を迎え、以降は特番として不定期に放送。 最新の特番放送は2019年10月18日(金)放送「モノシリーのとっておき 最強チャレンジ映像祭2時間SP」である。 この記事では「モノシリーのとっておき」最新放送の出演者情報を中心にまとめた。 「サンデージャポン」は2001年10月から放送開始された日曜お昼のバラエティ・ワイドショー番組。 取り扱うニュース自体は硬派な時事ニュースから芸能ネタまで幅が広い。 司会は爆笑問題が務めているということもあり、硬派な報道路線と娯楽要素が混在したワイドショーともバラエティとも言える番組となっている。 出演者は、司会の爆笑問題と進行のTBSアナウンサー、固定レギュラー、そして取り扱うニュースに応じたゲストなど多数がキャスティングされる。 ゲスト出演するコメンテーターは旬の人物が起用されることも多く、逆に言えば旬を過ぎれ呼ばれなくなるためゲストの入れ替わりは激しい。 この記事では「サンデージャポン」の出演者情報を中心に紹介していく。 「新・情報7DAYS ニュースキャスター」はTBS系列で土曜日の夜に放送されている生放送の報道番組。 通称「Nキャス」。 17年続いた「ブロードキャスター」の後を受けて2008年10月から「情報7days ニュースキャスター」として放送開始。 2014年には「新・情報7DAYS ニュースキャスター」に改題とフルリニューアルが行われた。 MCはビートたけしとTBSアナウンサーの安住紳一郎アナ。 ビートたけしはこの番組のみ「フリージャーナリスト」という肩書(設定)になっている。 基本路線は1週間のニュースの総まとめと特集で番組が構成されている真面目な内容であるが、ビートたけしのコーナーはバラエティ要素が取り入れられている。 報道番組というよりはワイドショーに近い。 かつては、ビートたけしの仮装や小道具などが一部コーナーで毎週のように使用されていたが現在ではそれらの要素は確認できなくなった。 この記事では「新・情報7DAYSニュースキャスター」のMC・コメンテーター・キャスターなど出演者の情報を中心に紹介する。

次の