里芋 ゆで 時間。 里芋の蒸し時間と蒸し方!何分蒸す?蒸し器がない場合の対処法は?

里芋が変色して紫や茶色に!原因や防ぐ方法は?

里芋 ゆで 時間

料理が趣味でよく料理本やネットのレシピを見ながら作るのですが、意外とレシピに書いてなくて、毎回「どうだったけなぁ」と悩むのが 食材のゆで方です。 レシピに具体的なゆで時間を書かないのは、食材の大きさや形によって変わってくるので一概には言えないからだと思いますが、 「さっとゆでて」とか 「しんなりするまで」が大体どれぐらいの時間を指すのかぐらいは知っておきたいところです。 料理のたびに慌ててネットで検索するのが面倒なので、いっそ自分のブログでまとめてみることにしました。 なるべく個人のブログなどではなく公式サイトを参照しています。 また、野菜の場合などは切り方によってゆで時間も当然変わってくるので、ゆで方以外の情報も含めて引用しています。 じゃがいも 水から入れて、沸騰したら火を中火~弱火くらいまで落としてコトコトと煮ます 10分~15分ほどして、じゃがいもの真ん中に、竹串をさし、串がスッと入る状態になればOKです from「」 じゃがいもの泥汚れをきれいに洗います。 皮付きのじゃがいもを、鍋に重ならないように入れ、水分が減っても大丈夫なように、かなり多めの水を入れて強火にかけます。 表面に大きめの泡がボコッと出てき始めたら沸騰寸前です。 弱火にして、小さな泡が出ている状態にします。 じゃがいもの皮の表面が割れて、竹串がスッとささるまで30-40分かけてじっくりゆでます。 じゃがいもの大きさ次第では1時間くらいかかります。 皮が割れてなくても、抵抗なく竹串がささればOKです。 from「」• ニンジン ニンジンは根菜なので、水から茹で始めます。 煮込み料理の場合もそうです。 それは、沸騰している中に投入すると、表面と芯の部分で火の通る時間に差が出てしまい、煮崩れを起こしやすくなるからです。 なので、完全に溶けてしまうくらい煮込む場合はあまり気にしなくても大丈夫です。 また、薄くスライスした物や千切りにしたものはこの温度差が出来ないうえ、一気に火を通す方が良いので、沸騰している湯の中に投入し、さっと茹で上げるようにします。 from「」 にんじんは皮むき器で皮をむき、そのまま皮むき器で縦長の薄切りにする。 ざるに入れて1の湯に入れ、1~2分間ゆでて水けをきり、器に盛る。 from「」• 大根 鍋にたっぷりの水を入れ、切った大根と米(ひとつかみ)を加えて、約20分下ゆでする。 大根がやわらかくなれば、水にさらしておく。 from「」 大根は幅3~4cmの輪切りにする。 皮を厚めにむいて面取りをし、片側に十字の切り込みを入れる。 鍋にたっぷりの水、お米を入れ、大根を加えて中火にかける。 くつくつ煮たってきたら、吹きこぼれない程度の火加減で15~20分ゆで、そのまま10分くらい置く。 from「」• (5)(4)のカブにラップをかけ、電子レンジで加熱する。 600ワットの場合は1分10秒~1分20秒、1000ワットの場合は、50秒~1分加熱して出来上がり from「」 皮をむいて4等分にしたものをさらに3等分して 12等分 ゆで時間は1分、ざるにあげて冷まします。 from「」• ゴボウ ゴボウはタワシできれいに水洗いし、長さ4cmの細切りにして水に放つ。 熱湯に酢、塩、水気をきったゴボウを加え、3~4分ゆでる。 ザルに上げて水気をきり、熱いうちに<下味>のボウルに加えて混ぜ合わせ、冷ます。 from「」 1.ゴボウはよく洗い、皮をむかずに5cm位に切り分ける。 根元の太い部分は4等分、先の細い部分は2等分に縦に切る。 ボウルに酢少々(分量外)を入れ、ゴボウを入れて10分程度アク抜きをする。 ゴボウを取り出し水気を切る。 from「」• レンコン 1.レンコンを皮を剥き、スライスする スライスする厚さは好みで2m位から3m位が良いのではないでしょうか。 2.酢水に浸す 茹でる場合も、切ったレンコンは酢水またはレモン水に5分以上浸して色止めします。 3.茹でる スライスして色止めしたレンコンを、沸騰している湯(塩は入れなくても大丈夫です。 入れても問題はありません。 )に投入し、2分~3分茹でます。 4.そのまま冷ます 茹であがったらザルに揚げ、そのまま冷まします。 急ぐ場合は冷水にさらしても良いですが、水っぽくなってしまわないよう、冷えたらすぐに揚げ、よく水気をキッチンペーパーなどで吸いとるようにしましょう。 from「」 1.レンコンは皮をむき、両端を切る. 水1リットルに酢小さじ1を加えたものに2~3分漬ける. 酢は変色(黒くなる)を防ぐ. 2.鍋に水1リットルと酢小さじ1を加えたものを煮立たせ、レンコンを入れる. 5~6分ゆでる. 3.レンコンを取り出し、少し冷ます. from「」• 里芋 里芋は、ゆでたり煮たりするとぬめりが出て、汁がにごったりとろとろになったりするので、火にかける前に塩をふってもむ。 塩の分量は里芋5~6個の場合、大さじ2程度。 その後鍋に入れて、たっぷりの水を加えて強火にかけ、ブクブクと泡が出てくるまでゆでる。 水にとってさっと洗ってぬめりを取る。 from「」 1.里芋はきれいに水洗いして水気を拭き取り、上下を切り落とし、縦に厚めに皮をむく。 大きい場合は、横半分に切る。 塩でもみ、ぬめりが出ればサッと水洗いする。 鍋に1の里芋、タップリの水を入れて強火にかけ、煮立てば中火で5~6分下ゆでする。 水に取ってぬめりを洗い流し、水気をきる。 from「」• サツマイモ 1.さつまいもは水で洗って厚めに皮をむき、1. 5cm角に切って水にさらす。 水が濁ったら、一度水を替え、水けをきる。 2.なべにさつまいも、たっぷりの水を入れて煮立て、中火で6~7分間ゆでる。 竹ぐしを刺してみてスーッと通ったら、ざるに上げ、ゆで汁を捨ててなべに戻し入れる。 from「」 2.さつまいも・トマト・たまねぎは約1cm角に切ります。 3.鍋にたっぷりの湯を沸かし、さつまいもは約3分間、はパッケージに書かれたゆで方に従ってゆで、ざるにあげます。 from「」 次回は 「葉菜のゆで方」をまとめます。 Mako81.

次の

里芋の蒸し時間と蒸し方!何分蒸す?蒸し器がない場合の対処法は?

里芋 ゆで 時間

里芋の下処理・下ごしらえの仕方についてご紹介します。 里芋を下処理する理由は? そもそも なぜ、里芋の下処理が必要なのかというと、 それは「 ぬめり」を落とすためです。 里芋のぬめりを落とさないままだと、 煮汁に里芋の粘りや濁りが出てしまい、 熱伝導率が妨げられてしまうだけでなく、 調味料など、 味の浸透も進まなくなるのです。 里芋に含まれるムチン(諸説あり)やガラクタンと呼ばれる 粘質多糖類がぬめりの原因ですが、 これらは、健康効果はあるとされているものの 渋み・えぐみの成分でもあるので よりおいしく調理するためにも下処理をした方が良いのです。 里芋の下処理方法 里芋の下処理(ぬめりとり)には、いくつか方法がありますが、 大きく分けて、 「基本の下処理」と、 「基本の下処理+下ゆでをする」の2通りの方法があります。 味噌汁や煮っ転がしは、 基本の下処理までで良いですが、 炊き合わせなど、 煮汁を濁らせたくないときは、 基本の下処理にプラスして下ゆでまで行うとよいでしょう。 「ムチン」と記述する根拠についてご教示くださいますようお願いいたします。 糖たんぱく質の一種で、アミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。 [補説]オクラや山芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。 これは高分子の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。 [2] 丑田公規「クラゲの有効活用の限界とムチンの化学」『化学と教育』Vol. 65 2017 No. 5 p. 228-231: ムチンという化学物質については,一般人のみならず専門家の間にも誤った情報や呼称が広がっている。 そこで,一般の化学教育に携わっている方に正確な情報をていねいにお伝えするため本稿を執筆することにした。 この件に関するお問い合わせ先: みと・あかつかカンファレンス事務局長 ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理 有限会社学術秘書 本店営業部 池田剛士 〒311-4141 茨城県水戸市赤塚1-386-1-107 電話:029-254-7189.

次の

里芋の下処理の方法は

里芋 ゆで 時間

卵に穴をあけるやり方と効果 卵をゆでる前に、必須ではないですが下ごしらえが一つ。 それは 卵の底に穴をあけることです。 100円ショップなどでも売られている卵の穴あけ器を使ってもいいですし、安全ピンや押ピンのようなものを使って開けてもOKです。 卵のどこに穴を開けるかですが、 卵を横から見た時、尖っている側とふくらみのある側があるので、そのふくらみのある側(お尻側)に穴を開けます。 こうすることでどうなるかというと 開けない時に比べると、多少ですが殻がむきやすかったり、ゆで卵の表面が荒れることを防ぐことができると思います。 同じ卵で何度か比べたことがあるのですが、比較すると穴を開けたほうがそうなりづらかったです。 時間に余裕があったり、こだわりがある場合に穴を開ける程度でいいように思います。 ゆでたまごのゆで方 上に書いた通り、 卵は冷蔵庫から出したてで、沸騰した湯にその卵を入れます。 その時に気を付けたいのが卵の入れ方。 この作り方では卵の温度が急に変わるため、湯に卵をぽちゃんと落とすと、卵にヒビが入りやすいです。 そのため、下の写真のように 穴じゃくしやお玉に卵をのせ、一つずつそっと湯に入れるようにします。 一つずつ、卵を沸いた湯の中にそっと入れれば、卵にヒビが入ることもないと思います。 あとは好みのゆで時間ゆでればOKです。 ゆで上がった卵は、すぐに湯を捨てて、流水で水を入れ替えるなどしながら冷まします(温かい状態で食べる場合も触れる温度になるまで)。 狙った黄身の状態にゆで上げても、余熱で火が通ってしまっては意味がないため、 半熟のゆで卵の場合などは特に、すぐに冷ますことが大切です。 半熟から固ゆでのゆで時間は?? ゆで卵のゆで時間による黄身の状態は、他サイトでも紹介されていますが、ほとんどが2分刻みでの紹介なので、せっかくならと 白ごはん. comでは1分刻みで紹介したいと思います。 6分… 超半熟。 黄身はとろとろ、白身もやわらか。 7分… 半熟。 黄身の外側だけ少し固まって、中心部分はとろとろの状態。 8分… 黄身の固まった部分とやわらかい部分が半々くらいの状態。 黄身は切っても流れてはこないくらい。 9分… 黄身の中央も固まっているけど色鮮やかで、火が通りすぎていない状態。 10分… 黄身の外側はしっかり火が通り、固ゆでの白っぽい黄色に。 11分… 黄身の中央だけ少し鮮やかさが残る。 12分… 固ゆで。 黄身が全体的に白っぽく火が通っている。 お弁当などに入れやすいのは8分以降だと思うので、少し状態のわかりづらい『8分』と『9分』を下に大きくしてみました。 8分は卵を押すとやわらかい半熟の黄身が少し出てくるくらいで、それに比べて 9分は押しても半熟の黄身は出てこず、ゆるく固まった黄身がパカッと割れるくらいになります。 ゆで上がった卵を急冷て冷めたら、卵の殻をむきます。 この時、殻にヒビを入れ(少し多めにヒビを入れるくらいの気持ちで)、 流水に当てながらか、水の中で殻をむくときれいにむきやすいです。 それから、卵を切るときは包丁でもいいですし、卵専用のスライサーなどを使ってもいいのですが、 きれいに切り口を見せたい時や、半熟の卵を切るときは糸を使うのがおすすめです。 卵の切りたい場所に糸を巻き付けて、糸を引っ張るようにしてカットします。

次の