シミ に 効く 基礎 化粧品。 シミ・くすみに使いたい美白化粧品

シミクリームおすすめランキング【シミ消し化粧品の口コミ・比較】

シミ に 効く 基礎 化粧品

50代になるとシワとたるみが目立ってきますよね。 シミも濃くなってきます。 こんな50代の肌に適した基礎化粧品って何なのか? 広告で見かけるような、 シワやたるみが取れる系のクリームや美容液は買わないほうがいいです。 なぜなら効果がないから。 そもそも 50代向けの基礎化粧品と30前後向けのそれはほぼ同じ内容です。 違いはわずか。 しかも、無駄な成分も多いです。 贅沢は言わない。 今より少しでも肌状態が良くなったら十分、老化スピードを遅くできたらって人は、これを読めば基礎化粧品選びに失敗しないでしょう。 50代向けの基礎化粧品は何が違う? 50代向けの基礎化粧品って効果ないの? 50代向けの基礎化粧品は、実のところ30代前後向けとあまり変わりません。 ほぼベースは一緒。 50代向けだからって、より50代に効くという内容じゃないんですよ。 1.ハリが出る成分「シリコンポリマー」が多い シワとたるみはコラーゲン減少・劣化が原因です。 これを解決できたらいいのですが、基礎化粧品ではかなり困難です。 ポーラ、資生堂、コーセーがシワ改善美容液・クリームを発売していますが、それでも思っているような結果にはなりません。 ですが50代向けの印象が強い基礎化粧品は、これらシワ取りコスメより効果がはっきり出るものがあります。 シリコンポリマーによってハリを出すからです。 シワがピン!と伸びる、リフトアップするといった新聞広告掲載のクリームがありますが、あれらはシリコンポリマーによって皮膚を硬くして、頬や目の周りの皮膚を持ち上げた状態で維持しているだけ。 実際にハリが出ているのではなく、いわばセロハンテープで釣り上げているのと同じ効果です。 素肌に対する効果はゼロ。 それどころか、多すぎるシリコンポリマーが肌に残留し、肌常在菌バランスを崩して肌荒れしやすくなります。 2.オイル分が多くクリームが主体 女性は40代から急激に皮脂分泌量が減ります。 そのためオイルを多く含められるクリームが主体となります。 30前後だと化粧水が主体ですが、50代向けとしている基礎化粧品は化粧水が主力ではありません。 50代肌に足りない要素を補えるかどうか? 50代でも基礎化粧品は世代向けとか選ばなくていいの? 50代と30前後の肌悩みはほぼ一緒です()。 30代前後との明確な肌の差は、50代のほうがオイルを必要とするくらい。 だから仕上げにオイル美容液を1滴足すなどすれば、別に20代向けだろうが、30代向けだろうが関係ありません。 ですが、50代なら50代なりに意識して基礎化粧品を選ばないといけないのは確かです。 なぜなら若い時と肌状態、状況があまりに違うからです。 50代になったら何が衰えているのか? それを補える基礎化粧品こそ50代向けの基礎化粧品と言えますよね。 イメージや誰が言ったか分からない口コミで選ぶのではなく、質で、自分の意志で納得して選ぶのが大人の基礎化粧品選び。 1.肌の再生力・ターンオーバー周期 赤ちゃんの肌がぷりぷりなのは、細胞の生まれ変わる速度が速いからです。 なぜ肌が老化するかというと、生まれ変わる速度が落ちて古い細胞が占める割合が増えるからです。 また、同じ細胞を作るときにエラーが起きて変な細胞になったり、作れなくなります。 歳を取るとミスをしやすいのと同じですね。 2.抗酸化力 人は食事でも運動でも精神的な変動でも、常に酸化しようとしています。 この酸化が肌再生を妨害して老化させます。 でも若いときは老化しません。 抗酸化力が強いからです。 この抗酸化力は40代を境に急激に落ちます。 40代はまだ落ち初めの最初なので肌老化が急にひどくなりませんが、50代になると完全に落ちるのでドッと肌老化が出始めます。 3.セラミド量 角質層にあるセラミドは、20代をピークになだらかに落ちていきます。 20歳のときに比べてなんと半分! 50代になると乾燥肌は当たり前ですが、その理由がセラミド不足です。 乾燥=セラミド不足。 セラミドはたくさんの水分を挟み込む性質があり、肌水分量を維持してくれます。 同時に肌を刺激から守るバリア機能を発揮。 50代になると妙に肌が荒れやすい、赤くなりやすいのはこれが原因。 刺激を受けやすい肌になるので、炎症が起きやすくて、より肌の再生エラーが起きてしまいます。 4.皮脂量 セラミドはなだらかに加齢とともに減少しますが、皮脂は40代を境に減少量が急増します。 皮脂は適度にないと肌常在菌が活動できません。 肌に住み着いている善玉菌が減り悪玉菌が増える原因が皮脂不足です。 悪玉菌が増えると肌がピリピリしたり荒れやすくなります。 50代女性が使うべき基礎化粧品の基本 じゃあ具体的にどんな基礎化粧品を選べばいいの? 上記4つの衰えが人生の中でもピークに達し始めるのが50代です。 ここで良い基礎化粧品に出会えれば、明らかに同世代より若く見られ続けます。 この3つで簡単に実現できるのは、• セラミド• 皮脂(オイル)• 抗酸化力 です。 肌の再生力・ターンオーバーは簡単に高められません。 細胞の活動を促す効果が必要だからです。 でもセラミド不足と皮脂不足、抗酸化力不足は基礎化粧品で解決できます。 だからまず、この2つを解決できるかどうか?が基礎化粧品選びのポイントです。 1.セラミドはヒト型セラミド セラミドは角質層にあります。 化粧品で浸透できる深さなので、足りない部分に足りないものを補給できます。 だから効果は抜群です。 ただし、セラミドには型式があります。 選ぶべきはヒト型セラミドです。 人のセラミドと同じ構造をしているセラミドです。 馬セラミドや植物セラミドも保湿力が高いですが、人の肌に完全に馴染むのはヒト型だけです。 効率が違うのでヒト型を選ぶべき。 皮脂はオイル美容液1~2滴で十分 50代になるときつくなる乾燥肌ですが、多くの50代女性がオイル保湿をします。 ですが、オイルに保湿効果はありません。 肌にフタはできません。 これは古い時代の定説です。 肌にフタ、つまり水分蒸発を防ぐのはセラミドにしか不可能です。 オイル保湿に効果を感じなかったのはセラミドが不足していたからです。 ヒト型セラミドを補ってからオイル保湿すれば、今までにない肌の安心感、自然な潤いを感じるはずです。 だからオイルをたくさん塗っても意味がありません。 1~2滴で十分です。 オイルは皮脂と同じ構成油脂か、それに近いオイルが有効です。 スクワラン• ホホバオイル• マカデミアナッツオイル• オリーブオイル(若いときはニキビ原因になるが50代は大丈夫) などが定番です。 絶対にクリームである必要はありません。 ゼラミドが補えているのなら、ゼラミド美容液の後にオイル美容液を使うことで十分です。 3.ビタミンCより強いアスタキサンチンに注目 抗酸化成分というとビタミンCですが、ビタミンCでは足りないのが50代の肌。 カニやエビなどの赤い元になっているアスタキサンチンなら、ビタミンCの6000倍も酸化に強くなっています。 アスタキサンチンはビタミンCより少量で十分期待できるわけです。 だったらビタミンCは劣るのか? というと違います。 ビタミンCに比べてアスタキサンチンは安定して配合することが難しいので、基礎化粧品にあまり採用されていません。 抗酸化成分は一瞬ではなく、長く保ち続けられてこそ意味があるので、技術的にはビタミンCのほうが外れはありません。 ヒト型セラミドは美白・シワ・たるみ全てに対応 なんか普通の成分ばかり。 もっと特別なシワやたるみに効く成分は必要ないの? 基礎化粧品は肌状態を整えるものです。 特別な効果は確かに魅力的ですが、肌の基礎ができていないと何をしても効きません。 例えば美容皮膚科でレーザー治療を受けた場合、シミにしろハリにしろリバウンドします。 特に肌の基礎状態がダメな人はリバウンドが早く、シミがまた出てきたり、逆に濃く悪化する人もいます。 半年は持つと言われていた頬のハリが3ヶ月で元通りになる人も。 これは肌が刺激を受けやすくなっていて、活性酸素が出やすくなっているからです。 この刺激に強い肌状態を作れるかどうかが基礎化粧品選びにかかっています。 だから50代は特に、先程の基礎化粧品条件が重要なんです。 50代の若さ個人差=肌の刺激の受けやすさ 50代になるとシミやたるみは個人差が大きく出ますよね。 やたら若い人と年齢以上に老けている人と。 この差は肌の再生力もありますが、どれだけ肌が刺激を受けにくいか?もあるのです。 刺激を受けると見えないレベルで肌奥に炎症が起きます。 この炎症は大したことありませんが、365日ずっと続くと大きな蓄積ダメージになります。 炎症は活性酸素を生み出し細胞の再生を邪魔したり、破壊する酵素が多く出ます。 ポーラが日本で初めてシワ改善認定の医薬部外品を発売しましたが、まさしくコラーゲンを破壊する酵素の働きを阻害する新成分が認められたからです。 つまり、普段から刺激を受けにくい肌であれば、シワもたるみも改善するか、少なくとも悪化しない、悪化速度がゆるくなるのです。 バリア機能というのは、主に角質層で維持されています。 角質の厚み+セラミドによる水分保持 これがバリア機能の仕組みです。 ゴム手袋をしたら手荒れしないし、カッターで切っても怪我をしません。 バリア機能というのは、神経も血管も通っていない角質層によって、刺激を受け止めて跳ね返す機能。 角質が厚くなりすぎるとゴワゴワになるため、代わりに水分と油を交互に重ねてクッションにしています。 これによって紫外線を含め、チリや花粉、化粧品の合わない成分なども肌奥に侵入しにくくなります。 だから刺激を受けにくくなります。 1日ではわずかなことですが、肌の再生力が落ちている50代はちょっとした刺激で肌が老化します。 なるべく刺激を減らすことで、今残っている肌再生力が十分に活かされ、シワやたるみ原因のコラーゲン量も復活してきます。 同時にシミを追い出すターンオーバーも活発になります。 それだけシミが消えやすく、できにくくなるというわけです。 50代だからこそ追加したい美容成分 セラミド保湿が重要なのはわかったけど…何かもっとないの? 30代くらいはセラミド不足を補うだけで、肌悩みが消えていく可能性があります。 でも50代は肌の再生力が落ちているので、それだけだと老化スピードの低下くらいです。 50代はどうしても自己再生力だけでは太刀打ちできません。 そこで取り入れたい成分があります。 1.ハイドロキノン ハイドロキノンは欧州では美白=ハイドロキノンと呼ばれるくらい一般的です。 ですが日本では美白成分としての認定は受けていません。 あまりに強力だからです。 特に濃度が高いと刺激性がありリスクがあるからです。 そのため一般的には美容皮膚科でのみ処方されます。 ですが、ごく一部の基礎化粧品メーカーはハイドロキノンを採用しています。 低い濃度で安全性を確保しつつ、不安定なハイドロキノンを長く元気に保って低濃度をカバーしています。 医師の指導を受けない基礎化粧品として利用するなら、低濃度だけど期待ができるブランドを選びましょう。 Amazonでは10%濃度のハイドロキノンも売られていますが、50代のバリア機能が落ちた肌にはリスクがかなりあります。 美容皮膚科ではこれにトレチノインを併用してシミを消します。 トレチノインはビタミンAでかなり刺激があり肌が赤くなります。 一般では使えませんが、刺激を抑えたレチノールはトレチノインが変化した成分です。 2.レチノール(ビタミンA) ハイドロキノンほどではありませんが、純粋なレチノールは資生堂くらいしか扱っていません。 理由はやはり刺激です。 レチノールは実験上では線維芽細胞を活性化させコラーゲンやヒアルロン酸を増やします。 つまりシワやたるみに効くとされ、海外ではハリウッド女優も愛用しているほどメジャーです。 ですが刺戟性があるため、海外の人の丈夫な肌だからこそ使えているのが現状。 ハイドロキノンと同じく不安定で酸化しやすく、酸化すると刺激性が強まるのが悩みのタネ。 これをクリアしたのが資生堂のエリクシールですが、資生堂以外でも別技術で問題をクリアしたブランドがあります。 50代肌に足りない力を引き出すには、こういった隠れたブランドも検討する価値がありますよね。 無駄!50代が使わなくていい基礎化粧品の特徴 逆にこんな基礎化粧品は効果がないよ!ってコスメは? 50代向けになると、特に「たるみ」が解消するアピールをした化粧品が増えます。 しかし、たるみはレーザー治療でも軽くでしか解消されません。 基礎化粧品ではほとんど期待できないのです。 セラミド保湿してバリア機能を高める。 これで微妙なたるみ感は消え、自然な50代の綺麗なフィエイスラインが長続きます。 決してたるみが解消されるとか騙されてはいけません。 1.ハリが出るだけのクリーム 同年代の女性のビフォアアフター写真で、頬のたるみが取れた!といった化粧品や、新聞広告でピン!みたいな表現がありますよね。 でもあれは、シリコンポリマーで引き上げているだけです。 石油系成分で重くなり、皮膚を塞いで肌常在菌の活動を阻害します。 化粧品を塗っているときだけの効果。 使用例としてマッサージして引き上げるとなっていますが、その際に強くやるとより引き上がります。 しかし、摩擦炎症でコラーゲンはさらに減少。 脂肪組織と肌の接合部分が剥がれるなどして、さらにたるみが加速しますよ。 2.高級・高価過ぎるデパコスブランド 年齢を重ねたら基礎化粧品もそれなりの価格を買わないといけないと思っていませんか? しかし、基礎化粧品として明確に期待ができる成分というのはごく少数です。 セラミド(アミノ酸も)• 抗酸化成分• オイル• ハイドロキノン• レチノール これくらいです。 ヒアルロン酸やコラーゲンは付属的に効果があるくらいで、メイン成分には弱いです。 こういった成分を配合して、それなりにこだわって作る…… それでもせいぜい1本1万円が限度です。 平均して3,000~5,000円がちゃんとした基礎化粧品の価格です。 1万円超えの基礎化粧品ブランドは、正直言って自己満足の世界です。 ましてや、独自性を出すために、上記の50代に必要な成分が全然使われていないケースばっかりです。 こういった高級ブランドは、効果より主に使い心地、満足感を満たすアクセサリーみたいなものと考えてください。 3.プチプラ 一方でプチプラコスメもやめてほうがいいです。 若いときはプチプラで十分!という人が多いですが、それは肌の再生力と抗酸化力が強いからです。 プチプラコスメは確かにお得です。 ですが、中には成分品質が悪い、不純物が混入しているケースもあります。 若いときは影響がないのですが、50代になって肌状態が弱っていると反応するものが増えます。 ましてや、プチプラだと上記の成分が使われていないコスメばかりです。 あまりに安すぎるのも50代には向いていませんね。 あまりに肌が薄くて弱い人は皮膚科でヘパリン類似物質のクリームを処方してもらい、これにスクワランをプラスするとかなり肌の調子が良くなります。 スクワランは1ヶ月あたり500円くらいなので、かなりのプチプラですが効果はかなりのもの。 肌状態が戻ったらヘパリン類似物質はやめてセラミドに切り替えましょう。 ヘパリン類似物質は薬であって、常用すると肌が赤くなってしまうことがあります。 4.無添加・オーガニックコスメ ダメではありませんが、いい基礎化粧品を選ぶのが難しいです。 日本のオーガニック基準はいい加減。 普通にケミカル成分が入っているものも多いです。 また、無添加も同じ。 明確なルールがないので、普通に嫌がられる成分を使っていたりします。 そして植物エキスが濃い目に入っていることが多いのですが、この植物エキスが刺激になりやすい特徴があります。 オーガニックほど肌に優しいイメージがありますが、植物エキスそのままだと不純物や思わぬ成分に肌が負けてしまうことがあります。 50代の肌は弱っているので、ケミカル成分よりも下手な自然派のほうが肌負担が大きくなりがち。 無添加やオーガニックでも界面活性剤(乳化剤)は防腐剤が使われていることは普通です。 あまりイメージに期待しないように。 使うべきは美容液かクリームでライン使い不要 美容液は必須?フルラインで揃えるべき? 基礎化粧品には、化粧水、乳液などのタイプがありますよね。 これは全部使う必要ありません。 またブランドのライン使いをする必要もありません。 一番バランスが取れているのは美容液とクリームです。 1.50代向けオールインワンは期待できない オールインワン化粧品は否定しません。 ですがダメなケースが目立ちます。 特に50代以上向けなど年齢層高めを意識している製品は特にダメ! なぜかというと、ハリ感や潤い感を「残す」タイプが多いのです。 これらは肌のターンオーバーを邪魔するだけです。 潤いとシリコンポリマーによるピンとしたハリ感を肌に強く残すことで、擬似的に肌が若返ったような感じにさせてくれるのです。 ただそれだけで、使い続けると気づかない内に肌老化が進行します。 メイクアップコスメとして使うならいいですが、肌悩みを軽くしたい、老化速度を遅くしたいなら全くもって無駄です。 2.化粧水は無理に使わなくてもいい 意外かもしれませんが、化粧水はなくてもあってもどっちでもいいんです。 なぜなら、いくら高齢になっても体が水分不足というケースは少ないからです。 体に水分がしっかりある以上、肌にも水分は行き渡っています。 でも乾燥肌じゃないか? と思うでしょうが、それはセラミドが不足しており、肌表面で保水できていないだけです。 水分不足ではなくて、水分のキープ力が落ちているだけです。 だからヒト型セラミドを補えば済む話。 そしてセラミドを高濃度で配合するには、化粧水が一番向いていないんです。 化粧水が活躍するのは水溶性成分を浸透させたいときですが、乳液や美容液も大半は水分です。 だから化粧水じゃないとダメってことはありません。 この意味で、化粧水に一番お金をかけるのは無駄なんです。 ただSK-IIの化粧水のように、保湿成分が非常に濃くて(主にアミノ酸)、ほとんど美容液みたいなアイテムなら例外ではありますけどね。 特に浸透力が高い化粧水なら、50代の硬くなった角質をほぐしてくれる効果があります。 ターンオーバーを促進することになるので、この点ではメリットがあります。 3.ライン使いしなくていい 基礎化粧品というとフルラインで揃えないと効果が出ないと不安に思う人もいるでしょう。 しかしそんなことはありません。 ほとんどの基礎化粧品ブランドは、化粧水からクリーム、アイクリームまで成分内容がほぼ一緒です。 水分と油分量のバランス、テクスチャーの違いだけです。 フルラインじゃないとダメというのは、化粧品会社が儲けるための罠です。 だからこの場合、だいたいは美容液かクリームを1つ選んでおけば十分です。 できれば、化粧水からクリームまでで、全く同じ成分や技術ではない基礎化粧品ブランドを見つけましょう。 例えば美容液だけ成分も使用技術も違う場合など。 これはそのブランドが本気で作っている証拠です。 そして、美容液なら美容液にした理由があります。 成分配合濃度で有利など。 こういったブランドは信用できますし、実際に使うと違いを感じやすいです。 【まとめ】50代が使うべき基礎化粧品の特徴 50代だからって特別な基礎化粧品を選ぶ必要はありません。 敏感肌の人も、ヒト型セラミド中心のコスメを選べば問題なく使えるケースが多いです。 敏感肌専門ブランドの多くはセラミドコスメなので。 絶対に外せない条件• ヒト型セラミド配合、または生成促進• 抗酸化成分が多い・強い• オイルが少なすぎない(20代やニキビ向けでなければO. ) オイル美容液はクリーム仕上げしない人が使いましょう。 例えばセラミド美容液+スクワランなど。 油分が控えめなクリームならオイル美容液を足せばいいですが、まずはなしで様子を見ましょう。 仮にオイル美容液を買うとしても、1本1,000円くらいの純粋なオイルで十分です。 追加してもいい条件• ハイドロキノン• レチノール これらは必ず単独の美容液やクリームの製品を選びましょう。 成分の一部として含まれているくらいの製品だと、明らかに濃度不足で意味がありません。 条件を満たしているブランド•

次の

【2020最新】シミに効く化粧品ランキング|口コミで人気のおすすめや市販のプチプラも!

シミ に 効く 基礎 化粧品

— 3月 28, 2018 at 3:00午前 PDT そばかすは遺伝によりでき、「雀卵斑」とも呼ばれています。 そばかすの特徴は茶色の1mm~4mmの斑点状で、鼻や頬をはじめ胸元や肩、首などにできます。 そばかすができる原因は遺伝によるもので、以下の原因で色が濃くなります。 紫外線を浴びる• ストレス• 睡眠不足• 妊娠中、出産後• ピルの服用中 そばかすは遺伝によるものなので完全に消すことはできませんが、目立たない程度まで薄くすることは可能です。 本当にシミ・そばかすに効く化粧品の選び方 美白化粧品に配合されているシミとそばかすを消す効く成分は以下です。 ビタミンC誘導体 抗酸化力が非常に強く活性酸素の除去や色素沈着の改善効果のあるビタミンCの作用を強めた成分 トラネキサム酸 メラニン生成を活性化するPGE2酵素の働きを抑制する成分 ハイドロキノン ハイドロキノンは別名「肌の漂白剤」と呼ばれる美白効果が高い成分。 黒人が肌のホワイトニングをするために使用するほど強力な漂白効果がある。 反面、肌への刺激が強いため肌荒れなどのトラブルが起きやすく、敏感肌の人は使えない エラグ酸 メラニン合成を阻害するイチゴなどの植物から抽出した天然由来の成分。 プラセンタエキス 豚の胎盤から抽出した成分で肌の新陳代謝やターンオーバーを促し、メラニンを体の外の排出する働きをする ルシノール メラニン色素を合成するチナシローゼの働きを阻害 甘草エキス 生薬から抽出されたチナシローゼ酵素の働きを阻害してメラニンの生成を抑える成分 シミ・そばかすに効く人気の美白化粧品ランキング ドラッグストアやネット通販で買える人気の美白化粧品ランキングを紹介します。 <美白化粧水ランキング一覧>• 1位:ポーラ|ホワイトショットSX• 2位:コーセー|米肌• 3位:富士フィルム|アスタリフトホワイト• 4位:シズカニューヨーク|オールインワン美白ケアセット• 5位:菊正宗|日本酒の化粧水 以下にて美白化粧品の特徴とおすすめのポイントを紹介します。 1位:ポーラ|ホワイトショットSX ベストコスメ累計35冠を達成した、ポーラの最新技術により開発された美白美容液。 人間が本来持っている肌の回復機能を最大限に生かす、これまでに無いアプローチで肌を白くします。 とろみのあるクリームが気になるシミ、そばかすに密着して集中的ケア。 おすすめのポイント 配合成分ルシノールができてしまったシミをターンオーバーにより輩出して、大きなシミもみるみるうちに小さくなります。 価格:7,020円• 容量:10g• 美白有効成分:ルシノール• メーカーサイト: 2位:コーセー|米肌 2016年のベストコスメを受賞した、コーセーの米肌。 米と発酵の力でシミ、くすみ、小じわ、毛穴の開きや、顔色の悪い肌を改善して透明感と輝きのある白い肌を実現できる美白化粧水。 素肌にシミが増えてきた人や、そばかすが濃くなり年齢による老け顔が気になりはじめる30代からのスキンケアには、米肌の基礎化粧品シリーズへの乗り換えがおすすめ。 おすすめのポイント サラッとしたテクスチャーで、さっぱりとしたけ付け心地が好みの人にピッタリの美白化粧品。 角質層の奥底まで届くようにしたエモリエントカプセル構造で、みずみずしくふっくらした肌を長時間保ちます。 米肌は、米肌の基礎化粧品シリーズと合わせて使うことで、潤いと透明感のある美肌効果を強く実感できます。 口コミ 米肌届いたー!エイジングケアは母、美白は私にってお試し注文して母も気に入ってくれたので2人して定期便注文。 — 米 息をするように課金する myCodigo さん haana0424 がシェアした投稿 — 2016年 6月月1日午前6時43分PDT• 価格:3,000円• 容量:120ml• 美白有効成分:ビタミンC誘導体• 保湿有効成分:ビタミンE誘導体、米発酵液、米ぬか酵素分解エキス、ハトムギ発酵液、グリセリン、乳酸Na• メーカーサイト: 3位:富士フィルム|アスタリフトホワイト 富士フィルムが、カメラのフィルム技術による研究で培ったナノ技術により肌の奥にまで美白成分を浸透。 またシミができる原因は、メラニンが細胞に根を張っているため体外に排出されないことを発見し、シミの根に直接アプローチする「ナノAMA」でメラノサイトを休眠状態にしてメラニンの発生を抑制して肌が黒くなる元を根本から解決します。 おすすめのポイント 試しにテスターを使ってみたところ、パッティングするとこれまでの美白化粧水では感じられなかった肌の奥へ成分が浸透していることを実感できました。 使い始めてすぐ、もっちりとキメの細かい肌になっている実感と、上位品なローズの香りに癒されます。 口コミ デパコスではありませんが高い基礎化粧品だとKOSEのインフィニティとかよかったです。 雪肌精シュープレムも好き。 価格:3,800円• 容量:130ml• 美白有効成分:アルブチン 保湿有効成分:ナノAMA、アスタキサンチン、コラーゲン、海藻エキス• メーカーサイト: 4位:シズカニューヨーク|オールインワン美白ケアセット 1995年に日本から美の聖地であるニューヨークへ移住してエステティシャンとして多くの評価を得ているバスティーン静。 めざましテレビや王様のブランチで美白ケアの専門家としてテレビや雑誌に出演している、バスティーン静が開発・プロデュースした美白化粧品。 おすすめのポイント スキンケアを行っていても長年蓄積される紫外線ダメージによるシミとシワの改善に効果のある化粧品です。 ホルモンバランスの変化により肌質が変化する40代以降の女性におすすめ。 アンチエイジング効果でハリとツヤのある美肌を育みます。 美白化粧水と美容乳液の2本で、全てのスキンケアができるため毎日のお手入れが簡単に済ませられるのが特徴。 2か月分のトライアルセットが用意されているため手軽に• 価格:9,580円• 容量:化粧水150ml• 美白有効成分:水溶性プラセンタエキス、コラーゲン• 保湿成分:セラミド、ヒアルロン案、コラーゲン• メーカーサイト: 5位:菊正宗|日本酒の化粧水 日本酒メーカーである菊正宗が日本酒の製造段階にできるアミノ酸がたっぷり入った米発酵液を使った顔にも身体にも使えるコスパの高い化粧水。 肌の漂白剤といわれるハイドロキノンと同じ効果のあるアルブチンも含まれています。 化粧水の匂いは、日本酒と、麹独特の甘い匂いがあるため好き嫌いがハッキリわかれます。 お酒好きにはうってつけ。 おすすめのポイント プチプラ価格で量を気にしないでバシャバシャ使え、サラッとした質感で伸びが良い化粧水。 グリセリンが配合されているので皮膚に水分をしっかりと閉じ込めて、翌朝はモッチリとした肌になります。 弱酸性、パラペンフリー、無着色で肌への刺激が低いため敏感肌の人も安心して使えます。 価格:777円• 容量:500ml• 美白有効成分:アルブチン• 保湿有効成分:米発酵液• メーカーサイト:•

次の

【最新】シミ、しわ、たるみに効く美容液比較ランキング!化粧品の選び方|現役美容師がみんなの美容に関する悩みを解決!

シミ に 効く 基礎 化粧品

化粧品で消えるシミ 一口に「シミ」といっても、いろいろな種類があります。 シミ対策をするには、自分のシミがどういったメカニズムでできたもので、どんな対策をしていけばいいのかを知っておくことも大切です。 ここではまず、シミについての基礎知識を紹介していきます。 消せるシミの種類と原因 まずは、シミができる原因と特徴について解説します。 自分でケアできるシミのうち、悩んでいる人が特に多い4つについてまとめてみました。 老人性色素斑(老人性シミ、紫外線色素斑)• 炎症性色素沈着• ソバカス では、それぞれを見ていきましょう。 老人性色素斑(老人性シミ・紫外線色素斑) 最も多くの女性が悩まされているシミで、紫外線を浴びることが主な原因です。 30代後半以降に目立つようになるので「老人性」という名前がついていますが、アウトドアが好きな人や外にいる時間が長い人は20代でも目立ってきます。 紫外線は細胞を破壊する有害なものなので、肌の内部にまで紫外線が達しないように肌表面にメラニンを生成して、その侵入を防ぎます。 これがいわゆる日焼けで、 肌が黒くなるのはメラニンを多量に生成しているからです。 通常であれば、メラニンは肌の新陳代謝に伴って体外に排出され、時間がたてば元の色に戻ります。 ところが何かの原因で、紫外線量に関係なくメラニンが多量に生成され、肌の奥に沈着してしまうことがあります。 これが老人性色素斑です。 この対策は、できてしまったシミを薄くすることはもちろん、新たなシミをつくらないケアも大切になってきます。 肝斑 頬にできる左右対称の淡褐色のシミです。 女性ホルモンが関係しているといわれ、閉経すると薄くなって消えるという特徴があります。 でも、閉経を迎える50代まで待っていられないので、早く消したい人は積極的なケアをします。 美容皮膚科で行うレーザー治療は特殊なマシンを使う必要がありますが、ハイドロキノンやトラネキサム酸を使用することで薄くすることができます。 ただし、ハイドロキノンの強い刺激によって他のシミができることがあり、そうなるとなかなか改善することができなくなるので、化粧品選びは慎重にする必要があります。 炎症性色素沈着 傷やニキビが原因でできるシミで、一過性のものと慢性化したものがあります。 一過性のものは時間の経過とともに消えますが、正しいケアを行わなかったり肌が弱っていたりすると慢性化してしまいます。 一過性のものを慢性化させないケアと、できてしまったシミを消すケアが必要となります。 一過性の状態では新陳代謝を高めるケアが有効ですが、ハイドロキノンなどを使って積極的なシミ対策をするときは、特殊技術でカプセル化しているものなどを使い、肌への刺激を最小に抑えます。 刺激を与えると、新たな炎症を起こしてしまうので注意が必要です。 ソバカス 子どものころからできるシミで遺伝的要因も関係していますが、大人になってからできるものもあります。 どちらの場合も、年齢を重ねるとどんどん濃くなる傾向があり、範囲が広いのでコンシーラなどで隠しにくい特徴があります。 万全の紫外線対策をするのはもちろん、 美白化粧品を使うことで徐々に薄くすることが可能です。 ソバカスがある人は、もともと肌が白く敏感肌の人が多いので、自分の肌に合った化粧品を選ぶのが絶対条件です。 最初はサンプルを使ってピリピリ感の有無などをしっかり確認してください。 シミを消したい人の化粧品選び方 シミを消したい人は、どのようなポイントで化粧品を選べばいいのでしょうか? そこには3つのポイントがあります。 [シミを消したい人の化粧品選びのポイント]• 肌への刺激が少ない• 有効成分が配合されている• 続けられる価格 具体的に説明していきますね。 肌への刺激が少ない化粧品 シミができる人は、刺激に弱い肌をしています。 美白化粧品は、一般的な化粧品に比べて刺激が強い成分を含んでいるので注意が必要です。 例えば、ビタミンC誘導体は肌を乾燥させることがあり、ハイドロキノンは安定しにくく、酸化することで肌を荒れさせることがあります。 まずはサンプルなどを使って、ヒリヒリ感やかゆみ、赤みがないことを確認してから本商品を使うようにすると安心です。 また、何度か使うことで肌が荒れてくることもあるので、異常を感じたら、すぐに使用を中止してください。 肌全体が敏感肌ではない人でも、シミができている部分は敏感になっていることもあるので敏感肌の人と同じ注意が必要です。 シミへの有効成分が配合されている 刺激はできるかぎり避けたいのですが、美白成分が配合されていなければシミを消すことはできません。 そのため、やなど、シミに有効だといわれている成分が配合されたものを選ぶ際に、配合のされ方をチェックします。 美白成分は、ただ配合しただけの状態では肌の表面に付着するだけで、シミが沈着している部分に作用しないだけでなく、肌荒れの原因となってしまいます。 シミの原因は角質層の奥にあるので、シミの原因部分にしっかりと届ける工夫がされているものを選ぶようにしましょう。 美白化粧品として人気の商品は、独自技術を使ってカプセル化したり、ジェルで包み込んだりして奥まで届き、時間をかけて作用するようになっています。 続けられる価格 シミを消すにはある程度の時間が必要です。 どんなに美白効果が高い製品でも、高価なために継続できないのでは意味がありません。 自分のお財布と相談しながら、長く使用し続けられる化粧品を選ぶようにしてください。 シミを消したい人におすすめの化粧品ランキング2019 ここからは、シミ対策化粧品や飲み薬を紹介していきます。 まずは、シミを消したい人におすすめの美白化粧品をランキング形式で紹介します。 サエル メーカー名 ポーラ・オルビスグループ セット内容 ・サエル ホワイトニング ローション コンセントレート 医薬部外品 20ml ・サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート 医薬部外品 10ml ・サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート 医薬部外品 9g 特長 医薬部外品、薬用化粧品、凛と澄んだ香りとみずみずしいテクスチャーが、肌をうるおいで満たし、美白有効成分で冴えわたる透明感のある肌へ整えます。 サエルシリーズをラインでお試しいただける10日間トライアルセットです。 敏感肌特有のシミサイクルに着目した薬用美白化粧品シリーズ。 角層を整え、美肌になりやすい状態にしたうえで美白をします。 ただシミを消すのではなく、肌の状態も整えてくれる 角層が乱れることで外部刺激の影響を受け、炎症を起こしてメラニンを生成する敏感肌の特性に合わせ、肌のバリア機能をアップ。 美肌サイクルを整えることで美白成分が効きやすい状態にします。 メラニンの黒化を抑える 美白有効成分を配合し、美白スピードをアップします。 実際に使った方の口コミ 浸透力が高く、しっかり肌に入っていく感じが気に入っています。 それでいてさっぱりした使い心地で季節を問わず使用できます。 肌の透明感がUPして、ファンデーションを明るいものに変えることができました。 「エステ行ってるの?」と言われることもあって、満足感が高すぎます。 WEB限定で最安値で試す方法 公式オンラインショップで、サエルの美白化粧品シリーズのトライアルセットをお得に購入することができます。 セット内容は、薬用美白化粧水・薬用美白美容液・薬用美白クリームが各10日分にホワイトCCクリーム1回分がついて、2,700円(税込)のところ、1,480円(税込)で購入できます。 送料無料で、30日間返品保証があるのも安心です。 もちろん、使用後の返品も受け付けてくれますよ。 継続が決まったら定期お届けサービスを利用するのがお得。 定期お届け商品はもちろん、それ以外の商品もすべて10%OFFで購入できるほか、さまざまな日用雑貨などと交換できるポイントが2倍つくなど、お得なサービスとなっています。 メーカー名 コーセープロビジョン ブランド名 米肌 MAIHADA セット内容 肌潤石鹸 10g、澄肌美白化粧水 30ml、澄肌美白エッセンス 12ml、澄肌ジェルクリーム 10g、CCクリーム2色 各4回分 特長 発光美白、澄肌ブランCPX、ビタミンC誘導体・ビタミンE誘導体配合、米発酵液・米ぬか酵素分解エキス・イネ葉エキス・ハト麦発酵液配合 お米と発酵の力を利用して「発光美肌」に導いてくれる美白化粧品。 シミはもちろん、くすみや色むらを防ぎ、若く見える素肌づくりをしてくれます。 個性的な「澄肌ブランCPX」で明るく澄みきった素肌へ 美白のためのビタミンC誘導体、肌荒れ対策のビタミンE誘導体のほか、米発酵液・米ぬか酵素分解エキス・イネ葉エキス・ハト麦発酵液などを配合。 自然由来の成分で肌の刺激を抑えながら、美肌を目指します。 独自の乳化技術で成分を超微細化し肌なじみUP 成分を小さなエモリエントカプセルにすることで肌になじみやすくし、さらに肌の上ではじけることで、成分を奥まで届けてくれます。 夜のスポッツケアでシミを集中的に攻撃します。 ガンコなシミを集中的にケアする新安定型ハイドロキノン入りゲル イチゴ類や麦芽、紅茶でできたマイクロカプセルでハイドロキノンを包み込み、肌への刺激を抑えながらシミの根本部分にアプローチ。 安全にシミを薄くしていく独自技術です。 肌のトーンをアップし透明肌を目指す成分配合 薬用美白美容液には、美白有効成分のアルブチン、整肌成分の2つのビタミンC誘導体、保湿成分のセレブロシド・酵母エキス・ヒアルロン酸を配合し、肌の活力を目覚めさせることで透明肌を目指します。 実際に使った方の口コミ ほおと目尻のシミが気になるようになり、アンプルールのスポット美容液が気になり、どうせならと基礎化粧品をすべてアンプルールにしました。 結果的にシミが目立たなくなり、全体的に色白になりました。 季節を問わずうるおいキープで化粧ノリもよくなり、うれしいことばかりです。 WEB限定で最安値で試す方法 公式オンラインショップで、アンプルールの美白化粧品シリーズ「ラグジュアリーホワイトトライアルキット」をお得に購入することができます。 7日間のセットで、スポット美容液・化粧水・薬用美白美容液・美容乳液ゲルに加え、メイク落としと洗顔料のパウチが2包セットになって1,890円(税込)。 6,500円相当のセットなので、かなりお得ですね。 さらに送料無料で、次回の買い物が1,000円引きになる特典付き。 本商品を購入するときも、公式オンラインショップがおすすめです。 期間限定キャンペーンやWEB限定キャンペーンがあります。 例えば、予防美白3点セット(薬用美白美容液・薬用美白クリーム・化粧水)23,760円(税込)が21,300円(税込)で購入できたりします。 美白化粧品を使っても薄くならなったシミに独自技術で対応します。 独自の浸透テクノロジーを駆使したハイドロキノン配合 高濃度配合すると刺激が強く、肌の奥まで届きにくかったハイドロキノンをQuSomeという独自技術でカプセル化。 髪の毛の太さの500分の1サイズにすることで角層の奥にある肌トラブルの根本部分で作用します。 QuSomeにより、効果を持続させることも可能に カプセル化することで肌の中で代謝されることなく長時間留まり、長い時間シミにアプローチできるようになっています。 実際に使った方の口コミ ビーグレンを何年も愛用しています。 独特の洗顔をした後にローションを使うと、ぐいぐい入っていく感じがあり、Cセラムはぼわっと温度が上がります。 夜だけ使うホワイトクリーム1. 9は、しつこいシミと戦ってくれていると思います。 周りは「シミが目立つようになってきた」という人ばかりですが、若いころからシミがあった私が今では気になるようなシミがない状態です。 これはビーグレンのおかげ以外の何物でもありません! WEB限定で最安値で試す方法 公式オンラインショップで、「ホワイトケアトライアルセット」をお得に購入できます。 美白対策用にそろえられたもので、洗顔料・化粧水・美容液・夜用クリーム・クリームの5種が7日間分入っています。 価格は、通常6,412円(税抜)のところ1,800円(税抜)で送料無料。 ビーグレンは商品に絶対的な自信を持っており、その証拠に「365日返金保証」を行っています。 肌に合わないときはもちろん、使ってみたけど満足できないといった理由でも対応してくれます。 使い切った後でも容器があれば返金OKなので、まずは試してみたいという人は、ぜひトライアルセットの購入からスタートしてください。 通常相当価格 2,484円 相当のセット メーカー名 三省製薬 ブランド名 デルメッド セット内容 プレミアムローション(化粧水)25ml、プレミアムエッセンス(乳液状美容液)10ml、プレミアム UVベース(化粧下地)5ml 特長 シミ・そばかすの悩みを解消する美白ケアと、肌にハリを持たせて若々しく整えるエイジングケアが一度にできるシリーズ。 シミに有効な複合成分「ピュールブランW」、ハリをキープする美肌成分「STミロバラン」配合。 年齢肌の2大問題、シミとハリの対策をしてくれる化粧品シリーズ。 シミ対策成分のピュールブランWは、シミを4重ブロックで徹底阻止します。 濃くなったシミもあきらめなくていいピュールブランW ピュールブランWとは、ビタミンC誘導体、オオムギ発酵エキス、リキリチン、桑黄抽出液のこと。 メラニンへの反応、生成、成長の各段階を阻止するほか、メラニン生成の発端となるチロシナーゼ合成の指令の計4段階を止めることで、シミの定着をSTOPします。 シミ対策と同時にお肌のハリもUPするSTミロバラン STミロバランがハリを保つのに欠かせないコラーゲンとヒアルロン酸に働きかけ、弾力のある透明肌をキープします。 価格 4,743円 税抜 販売元 メビウス製薬 内容量 60g 約1か月分 特長成分 プラセンタ(薬効成分)、ヒアルロン酸、コラーゲン、シコンエキス 特長 1本で10役(化粧水、乳液、アイクリーム、保湿、美容液、マッサージ、クリーム、パック、化粧下地、美白)のマルチなオールインワンジェル。 医薬部外品で薬用美白成分配合なので、美白・シミ対策に有効。 医学雑誌に掲載された1つ10役のシミ対策オールインワンジェル。 薬用美白成分とダブルクリスタル製法で透明肌を目指します。 薬用美白成分プラセンタエキス配合でシミを予防 メラニンの生成を抑制するプラセンタエキスを高配合することで、シミのできにくい肌に導きます。 また、コラーゲンとシコンエキスも配合しているから、ふっくらとしたハリのある肌になれます。 2層のジェルで包み込むことにより、マッサージクリームの機能もプラス 有効成分を2層のジェルで包み込むことで弾力性をアップ。 揮発しにくく肌なじみがよくなることで、マッサージしやすいクリームに仕上げています。 美白成分をシミの元にしっかり届けるナノテクノロジーを採用しています。 美白成分をシミの元に届ける独自技術 美白有効成分としてビタミンC誘導体とアルブチンを配合。 アスタリフトの看板、アスタキサンチンも配合 赤色の元となるアスタキサンチンも配合することで、シミのほか、美白やうるおい、ハリもしっかりケアします。 シミを改善するスキンケアの流れ シミ対策に良いと言われるスキンケア商品を使用しても正しい使い方をしなければ、効果が得られません。 シミの原因になる汚れや古い角質をしっかりおとしてから、十分な保湿をし、肌を乾燥から守ることが重要です。 落とす作業は、刺激を与えないように優しく行います。 まず、クレンジングからですが、肌への負担を減らすため、短時間で済ませましょう。 クレンジングを多めに使うことで、肌への摩擦を防ぎます。 洗顔も力を入れて指や手で洗うのではなく、しっかり泡立てた「泡」で洗うようにしましょう。 肌は摩擦や刺激によって乾燥してしまいます。 乾燥した肌はバリア機能が弱まり、紫外線の影響を受けやすくなるため、シミの原因になってしまいます。 どちらも力を入れず、摩擦をかけないように行うことが重要です。 洗顔が終わったら、素早く保湿することが重要です。 まず、化粧水で保湿をしながら、肌を整えていきます。 手のひらで温めた化粧水を使用します。 温めることで、肌へのなじみと浸透力が高まります。 パッティングしたり、擦り付けたりは絶対にしないことです。 肌への刺激が強すぎて、シミの原因になってしまいます。 顔を両手で包み込むように優しく浸透させていきます。 次に、美容液です。 こちらも化粧水同様、手で温めてから、優しくなじませ、手で抑え込むように浸透させていきましょう。 化粧水、美容液の成分にしっかり蓋をするように、乳液、クリームを最後に使用し、乾燥を防ぎます。 乾燥が気になるところには、少し多めに使用してみましょう。 また、成分を浸透させたいからと擦り込むのは、角質層を傷つけ、シミの原因メラニンの色素沈着の原因にもなり、逆効果です。 シミを改善させる方法 どんなによい化粧品を使っても、正しい使い方をしなければせっかくのシミ消し効果を得ることはできません。 ここでは、できてしまったシミを消したい人が、どのように化粧品を使えばいいのかのポイントを説明していきます。 シミを消す化粧品は毎日使う シミ対策化粧品の多くは即効性があるわけではなく、新陳代謝に合わせて徐々にシミを薄くしていくことで、時間をかけてシミを消していきます。 そのため、目に見える効果はありませんが、毎日使い続けることが重要となります。 中には、強い洗浄成分のある洗顔剤を使いたがる人や、1日に何度も洗顔をする方がよいと思っている人もいますが、それは逆効果。 洗いすぎは肌を痛めてしまい新陳代謝を乱す原因になるのでNGです。 よほどオイリーな人を除き、基本的には夜はしっかり洗顔をしても、朝はぬるま湯で流すだけにして、後は念入りなお手入れをしてください。 まや、ハイドロキノンなどの強い美白成分が入っている化粧品は、つけすぎにも注意。 肌が弱い人は、ピーリングが逆効果になることもあるので、地道なケアをしていくのが最大のポイントとなります。 シミを消す食べ物を積極的に食べる どんなに優れた化粧品でも、肌の表皮の下にある基底膜を超えて体内に入り込むことはできません。 そこで、本格的にシミを消したいという人は、体の中からもケアする必要があります。 例えば、ビタミンCはシミやそばかすをつくるメラニンの生成に関係の深いチロシナーゼの働きを阻害してくれます。 ビタミンCを豊富に含む、 アセロラ・キウイフルーツ・ゆず・ゴーヤなどを積極的に摂取するようにするといいですね。 また美肌には、ビタミンA、Eも欠かせない栄養素です。 レバーやウナギ、チーズ、ナッツ類を食べるほか、良質な植物油を使うようにしてください。 食事で摂取できない人は、サプリメント()を活用するのもひとつの方法。 ハーブティーを取り入れるのもGOODです。 シミを消したい人が皮膚科に行くのは最後の手段 シミを手っ取り早くなくす方法に、皮膚科クリニックやエステでのレーザー治療を上げる人もいますが、刺激が強く炎症を起こすリスクが大きくなります。 逆に、リスクを最小にした治療は、「月に1回のレーザーを半年かけて照射」というものもあり、スピード感がないので化粧品によるセルフケアと変わりがありません。 皮膚科クリニックに行くのであれば、実績があり、十分な説明をしてくれるところを選びます。 使用するレーザーがシミを消すしくみやアフターケアを十分聞いて、納得したうえで施術を受けましょう。 レーザーと言ってもさまざまな種類がありますので、選択肢をいくつか提示してくれるところが理想的です。 シミに効果がある化粧品の働き シミは、紫外線などの影響によりつくられたメラニン色素が原因です。 正常なターンオーバーが行われれば、メラニンも排出されますが、乱れてしまうと排出されずに、色素沈着をおこし、シミとなってしまいます。 シミに効果のある化粧品は、このメラニンの生成を防ぐ成分、減らす成分、薄くする成分が含まれています。 自分の肌状態に合った効果が期待できる成分が入った化粧品を選ぶ必要があります。 メラニンを作らせない ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は厚生省も認定している、美白有効成分になります。 メラニンを作る酵素のチロシナーゼの働きを阻害して、シミの生成を防ぐ効果があります。 シミの原因のひとつの活性酸素があります。 この活性酸素を除去する働きもあるので、シミのできにくい肌状態を作ることができます。 アルブチン アルブチンも厚生労働省が認可している美白成分です。 美白効果が高いが副作用があるハイドロキノンを参考に開発された成分で、アルブチンには副作用はなく安心して使用できます。 ビタミンC誘導体同様に、チロシナーゼを抑制し、シミを防ぎます。 トラネキサム酸 トラネキサム酸は、メラニンを生成するメラノサイトを活性化させるのに必要な酵素のプラスミンの働きを抑制することでシミを防ぐ美白成分です。 メラニンを減らす L-システイン L-システインは、ターンオーバーを正常化する働きがあり、色素沈着してしまったシミを排出する効果があります。 また、チロシナーゼの働きを阻害することで、メラニンの生成を抑制する働きもあります。 さらに、黒いメラニンを無色化する働きもあります。 たくさんのシミ対策の成分が含まれています。 L-システインは、ビタミンCと一緒に使用することで、効果がより期待できます。 サプリとして内側から摂取することが多いようです。 メラニンを薄くする ビタミンC誘導体 ビタミンC誘導体は、シミを防ぐだけでなく、薄くする効果もあります。 メラニン還元作用という、黒くなったメラニンを無色の状態に戻すという効果もあり、これによって、できてしまったシミを徐々に薄くしていきます。 また、ターンオーバーを正常化する働きもあり、出来てしまったシミを除去する効果もあります。 使い続けることで、色素沈着を薄くする効果が期待できます。 まとめ 鏡を見るたび憂うつで、メイクでごまかすことの多いシミですが、正しい対策をすれば、着実に薄くなることがお分かりいただけたでしょうか。 シミ対策の基本は、 新たなシミをつくらないことと、できてしまったシミを消していくこと。 また、消したいシミがある人の多くは、肌全体の透明感も失われているため、全体をブライトアップできる化粧品を選んでくださいね。 年齢を重ねるほどにシミができるのは過去の話。 積極的なケアをすることで、若いころよりもシミのないクリアな素肌を目指すこともできますよ。 ぜひ、すっぴん美肌をめざしてくださいね。

次の