お腹 周り の 脂肪。 なぜお腹周りの脂肪は落ちにくいのか?全然落ちないと思ったら読む記事

たるんだお腹を1ヶ月間で引き締める方法

お腹 周り の 脂肪

写真のディカプリオのようにお腹にどっぷり脂肪を溜め込んで メタボなぽっこりお腹になってしまい、 お腹回りの脂肪を落とすことを諦めていないでしょうか? 実は、男のぽっこりお腹を作っている お腹周りの脂肪って短期間で落とすのは簡単なのです。 もちろんお腹を凹ませるためには筋トレなど大事な手段ですが、もし本気でお腹周りを痩せたいと思うならそれよりも重要な 大前提として知っておくべきコトがあります。 それさえわかれば 自然とお腹回りを絞ることができるんです。 多くの人は正しい知識なしでお腹周りダイエットのために筋トレに励んだり過度な断食などで無理やり痩せようとします。 そのせいで リバウンドしたり効果が出なくて途中で挫折したりするのです。 短期間で簡単にお腹周りの脂肪を落とすのを筋トレや運動と食事を中心に伝えいたします。 photo by 目次• 30代になってお腹周りの脂肪が落ちないと諦めていませんか? 日頃、サラリーマンとして仕事をしていたら付き合いや飲み会で暴飲暴食、さらに運動をする機会も少なくなってきて30代に突入して気づけば中年太り。 鏡を見ると 無残なお腹周りに脂肪が溜まってぽっこりになってしまってショックを受けていることでしょう。 この男の腹回りの脂肪たっぷりのお腹は「メタボ腹」「ビール腹」「中年太り」などと言われて揶揄されています。 30代を過ぎた辺りから多くの男性は、「年齢的にしょうがない!」とか「太っている方が貫禄がある!」とか言い訳をして、半ば諦めモードで お腹周りの脂肪を放置したまま過ごしてしまっているようです。 でもこの記事を読んでいるってことは、嫁さんや彼女にから「ぽっこりお腹やメタボ腹はみっともないから痩せてほしい!」って言われたりして、凹んだりして 痩せたいとマインドチェンジしている最中なのではないでしょうか。 僕の回りでも、「まずは腹回りのダイエットから」とせっかく奮起しだしたのにダイエット停滞期に入ったりすると、腹回りの脂肪が落ちないって悩んでいる人が結構います。 でも安心してください。 これからお伝えする正しい知識をつけてダイエットに挑むと、世間で言われているように お腹周りの脂肪を落とすことはさほど難しいことではないのです。 お腹周りの脂肪の原因とは 男の腹回りの脂肪の主な原因は主に以下5つが挙げられます。 運動不足による筋肉の衰え• 暴飲暴食での過度なカロリー摂取• 過度なアルコールの摂取• ストレスが多い• 不規則な生活リズム よく30歳を過ぎるとお腹が出てくると言われます。 これは上記のような生活習慣が乱れることによってお腹周りに脂肪が溜まっていき、ぽっこりが引き起こされることがほとんどです。 それを予防するために適度な運動や生活習慣の改善ももちろん必要ですが、それよりも 大前提の知識を知っておけば簡単に痩せることが可能なのです。 関連 実は男のお腹周りの脂肪を落とすことは簡単 お腹周りの脂肪についてのよくある勘違い よく銭湯などでこういう会話のシーンを見かけます。 お腹の横の脂肪たっぷりの贅肉を掴みながら、「俺、お腹のダイエット始めたんだけどここの贅肉がなかなか落ちないんだよねー。。 」って会話。 世の中では、お腹についた肉=脂肪はなかなか落ちにくいってよく言われていますが、これは勘違いです。 お腹周りの脂肪は全身の中でもっとも落としやすい箇所なんです。 お腹周りに付いてしまった肉や脂肪には大きく分けて以下の2つの種類があります。 皮下脂肪• 内臓脂肪 ちまたでは上記2種類の脂肪のつき方は男女で違いがあると言われていて、男女間で太り方に違いがあります。 男のお腹回りについた脂肪は落とすのが簡単な理由 この男性の腹回りについた内臓脂肪って実は短期間で簡単に落ちやすいんです。 理由は、この お腹回りの脂肪の原因である内臓脂肪は、体の中で血液中に溶けやすい性質があるためです。 溶けやすいということは脂肪を燃焼しやすいということ。 なので単に お腹周りの脂肪を落とすのであれば、壮絶な断食レベルの食事制限や腹筋など激しい運動は特に必要なく、軽い運動を継続するだけで他の部位と比べ簡単に落とすことができるんです。 ダイエットの一歩を踏み始めようと思っているのであれば、普段の行動パターンを改めてみると良いですよ。 それだけで、お腹周りの脂肪へアプローチできるはず。 例えば、オフィスのフロア間で普段エレベーターで昇降しているところを、1階手前で降りて階段を上り下りしてみたり、普段ランチを食べに行っている店を少し遠目の店をチョイスしてみたり。 普段の生活パターンを少し工夫してみましょう。 効率的にお腹周りの脂肪を落とす方法 photo by 上記の方法は行動パターンを変えることで、人間のカラダの自然のパワーで脂肪を落とすことは可能です。 更に効率的にぽっこりお腹をダイエットをするなら、ぜひ目指して欲しいことがあります。 それは、 自然に痩せる体作りをすることです。 どういうことかと言うと、普段ヒトは以下3つの「代謝」によって普段エネルギーを消費しています。 このエネルギー消費をうまく活用してダイエットの味方につけていくことが効果的です。 基礎代謝• 活動代謝• 食事代謝 順番に説明します。 基礎代謝】 何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。 相当するエネルギー量(熱量)は、成長期が終了して代謝が安定した一般成人で、一日に女性で約1,200、男性で約1,500キロカロリー kcal とされている。 wikipedia. 活動代謝】 生活活動や意識的な運動などで消費するエネルギーなどのこと。 食事代謝】 食後、食べたものを消化するために消費するエネルギーのこと。 上記3つの代謝活動の人間が1日で消費するエネルギーの中での割合は以下のとおり。 基礎代謝 70%• 活動代謝 20%• 食事代謝 10% 僕たち人間が生活する中で消費するほとんどのエネルギーは「 基礎代謝」なんです。 なので、特別意識的に腹筋などのハードな運動などをしなくても、この 基礎代謝力を鍛えて自然にエネルギーを消費するカラダに変えていくことが、 効率良くお腹周りの脂肪を落とす 方法の近道になるのです。 そのキモとなるのが内臓の働きなんです。 【参考】 基礎代謝を上げるためには内臓を活発化させる 実は、基礎代謝の活動の中で「内臓」が占める割合は以下のとおりダントツで多いです。 内臓 ・・・38%• 筋肉 ・・・22%• 脳 ・・・20%• 脂肪 ・・・ 4%• その他・・・16% よって、効率的にお腹回りの肉=脂肪を落としていくための基礎代謝を高めるためには、まずは内臓を活発に動かせばよいことになります。 もう一度言います。 お腹周りの脂肪を落とすには、 内臓の活動を活発化させることが重要となってきます。 内臓の活動を活発にする方法 基礎代謝を上げるためのキーとなる内臓。 ぜひ、以下の方法を参考に内蔵を活発化させてダイエットを加速させましょう! 内臓を活発にするストレッチ 内蔵を活発にするストレッチはヨガやピラティスが効果的です。 ちょうど良い動画があったので共有しておきますので、後でチェックしてみてください。 内臓を活発にする食事 とても簡単ですが、以下の栄養素が入った食事を積極的に摂取することで、内臓を活発化させることができます。 食物繊維• ビタミン• ミネラル 食物繊維が豊富な食べ物 食物繊維が豊富に含まれている食べ物は、野菜・きのこ類・海草類・こんにゃくなどが代表的です。 食物繊維はもともとエネルギー源になる栄養素がないため価値のないものとして見られていました。 しかし近年では健康維持促進に有効であることがわかりその重要性が見直されています。 食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維の2種類に分類されます。 水溶性は血糖値の急激な上昇を抑え、コレステロールの吸収も抑えるといわれ、不溶性は腸を刺激して便秘解消などに有効といわれデトックス効果が期待されます。 kewpie. html ミネラルが豊富な食べ物 ぜひ食事で取り入れていただきたいミネラルを多く含む6つの食材を紹介しておきます。 海藻類• キノコ類• ホウレン草• 雑穀類• 魚介類 これらはビタミンや食物繊維も多く含みますので、ぜひ毎食事で取り入れたい栄養です。 お腹周りの脂肪を落とす筋トレ お腹周りの脂肪を落とす基本的な方法がわかってきたら筋トレをしてさらに加速させましょう。 大きな筋肉を中心に筋トレをして筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、体脂肪を燃焼させるのを強力にサポートしてくれます。 具体的なお腹の脂肪を落とす筋トレは以下の記事にまとめましたので参考にしてください。 【参考】 もっと短期間でお腹回りの脂肪=体脂肪を落としたいなら、通常の筋トレにサーキットトレーニングを組み合わせた方が効率的です。 通常の筋トレではエネルギーの中で主に「糖質」を使った運動になります。 お腹回りの脂肪=体脂肪を燃焼させながら運動させるには、ウォーキングなどのいわゆる有酸素運動が必要になってきます。 お腹を引き締めながら脂肪を燃焼させてくれるのが、サーキットトレーニングです。 【参考】 手軽にお腹の脂肪を取りながら腹筋を割りたい人は以下の記事もどうぞ。 Check お腹を凹ませる筋トレ お腹を凹ませたいなら通常の腹筋運動では凹みません。 クランチやシットアップなどの腹筋運動では主にアウターマッスルが鍛えられます。 お腹を凹ませるにはインナーマッスルを鍛える必要があります。 インナーマッスルを鍛えることができれば下っ腹がぽっこり出てるのを改善することができるのです。 インナーマッスルについては以下の記事でまとめていますので参考にしてください。 【参考】 まとめ 今回は、お腹周りの脂肪を落とす方法について基本中の基本を紹介させていただきました。 ダイエットを成功させたいなら無理な食事制限や運動の前に、まずは正しい知識を念頭に基礎をしっかり実践しましょう。 お腹回りのダイエットであれば、男の人は特に簡単ですよ。 基礎代謝が上がってきたら、更にレバレッジを効かせるために筋トレや運動をしてダイエットを加速させましょう。 「1ヶ月後に友達や彼女と旅行に行く予定があるけど、それまでにだらしないお腹を改善したい!」 けど、お腹瘦せのための運動が苦手だったり頑張って脂肪燃焼の運動をしているのになかなか結果が追いつかないって人には、 サプリや漢方を取り入れるとお腹周りの脂肪を落とすスピードが加速するのでオススメです。 周りのライバル達が運動して痩せようとして頑張っている間に、内緒でサプリを取りれて時短でガンガン脂肪を落として、旅行先で一足先にゲットしてしまったモテる体を自慢してあげましょう。 最近人気の「」とかであれば、脂肪燃焼をかなり強力にサポートしてくれるのでおすすめです。 お腹周りの脂肪を落とすのを助けてくれるサプリの比較ランキングは以下の記事でまとめています。

次の

なぜお腹周りの脂肪は落ちにくいのか?全然落ちないと思ったら読む記事

お腹 周り の 脂肪

・ 脂肪燃焼系サプリ …発汗を促して代謝を上げる …脂肪を分解する効果がある ・ 糖質を分解(吸収を抑制)するサプリ …糖分が吸収されるのを事前に防ぐ …糖分をエネルギーに変換して消費する お腹の皮下脂肪を落としたい方は脂肪燃焼系サプリを、今よりも皮下脂肪が増えるのを抑えたい方は糖質を分解(吸収を抑制)するサプリを選びましょう。 ちなみに、皮下脂肪を落とすサプリには上記の両方の効果があるサプリもあります。 最も効率よく皮下脂肪を落とすなら、少しお金が高くても 脂肪燃焼効果と糖質を分解(吸収を抑制)する効果の両方を持つサプリがおすすめです。 機能性表示食品のサプリを選ぶ お腹の脂肪を落とすサプリの質は千差万別。 販売されているサプリの中には、 皮下脂肪を落とす効果が実証されていないサプリもあります。 間違って効果のないサプリを購入しないためにも、 国の機関が効果を認めた「機能性表示食品」からお腹の脂肪を落とすサプリを選びましょう。 ・ 「機能性表示食品」とは 安全性の確保がされた上で、科学的な根拠に基づいた機能性が認められた商品のこと。 データによってサプリの効果が裏付けられたものしか認定されません。 参考: 3. 継続できる価格から選ぶ 皮下脂肪を落とすサプリは継続して使わなければ意味がありません。 痩せるまでには早くても2ヶ月、食事制限や運動を全くしないのであれば半年以上はかかるので、 最低でも半年分は続けられる価格からサプリを選びましょう。 また、お腹の脂肪を落とすサプリの価格は1ヶ月分で 3,000円〜4,000円が相場。 初回限定で割引価格で購入できるサプリもあるので、気になるサプリは試してみるのがおすすめです。 また、 1日あたり何円になるのかを判断基準にすると、コスパが良いサプリを選ぶことができますよ。 皮下脂肪を落とすおすすめのサプリランキング10選 上記で紹介した皮下脂肪を落とすサプリの選び方を元に、 編集部で厳選したおすすめの皮下脂肪を落とすサプリを紹介していきます。 【PR】 uFit完全栄養食で健康的に痩せる 皮下脂肪を落とすサプリではありませんが、 1食置き換えすることで健康的に痩せることができる「uFit完全栄養食」。 ダイエット中に乱れがちな栄養を整えて、効率よくダイエットを成功に導いてくれます。 さらに、 1食あたり350円以下で置き換えられるので、食費の節約にもなりますよ。 1位:シボヘール 1日4粒で、皮下脂肪を減らす効果が認定されている機能性表示食品の「シボヘール」。 年齢とともに落ちなくなったお腹周りの脂肪に悩んでいる方にぴったりのサプリメントです。 主な成分の葛の花イソフラボンには、 脂肪の合成を抑え、脂肪の分解や燃焼を促進する働きがあります。 さらに、葛の花イソフラボンを含んだサプリは、非配合のサプリと比べて 12週間で脂肪減少に2倍以上も効果があることが学会でも実証済みです。 (下図) 手軽にダイエットをサポートしてくれるシボヘールは、で、 1ヶ月分を980円(2,218円もオトク)で試せるキャンペーン中!さらに送料も無料になるので、とってもお得です。 定期購入の必要はありますが、 全額返金保証付きなので、まずは1つだけでも試してみる価値がありますよ。 2位:大人のカロリミット 脂肪の燃焼を助け、糖の吸収を抑制する効果が認められた機能性表示食品の「大人のカロリミット」。 大人のカロリミットに含まれる成分の主な効果は、• シリーズ累計で、4200万個を突破した大人気サプリ。 食事のカロリーが気になる方におすすめです。 3位:スリムバーン とくに女性の方に使っていただきたい皮下脂肪を落とすサプリが「スリムバーン」。 いま、スリムバーンを使って美しいスタイル作りを始めている女性が増えています。 スリムバーンは体温をあげる効果があるので、 運動前に飲むのがおすすめ。 体温が1度上がると基礎代謝が13%もアップするので、 ジョギングなどの有酸素運動や筋トレの脂肪燃焼効果を最大限に高めてくれますよ。 スリムバーンは普通に購入すると3,950円しますが、 定期コースなら2,850円で購入することが可能! また、定期コースは受け取り日をずらすこともできるので、飲み忘れて余ってしまった時も安心ですね。 5位:ザ・カース 筋トレをしながら皮下脂肪を落としていきたい人におすすめの脂肪燃焼系サプリ「ザ・カース」。 パッケージからして危ない雰囲気が漂っていますが、アメリカの厳しい適正製造規範(GMP)を通過したアメリカで人気のサプリです。 ザ・カースに含まれる成分の主な効果は、• 海外のサプリに抵抗がある方は、記事後半の「」をご覧ください。 信頼できるメーカーから選びましょう。 日本よりも海外の方がサプリの質が高いことが多いですが、怪しいサプリ業者がいるのも事実です。 海外からサプリを購入する場合は、 有名なメーカーのサプリを選ぶようにしましょう。 Q2:ネットで購入する市販のサプリは大丈夫なの? A:基本的に問題ありません。 ただし、「それっぽい言葉」を並べ、巧妙に消費者の購買意欲を煽るようなダイエット系サプリには注意しましょう。 安全性の高いサプリであれば、しっかりと国の許可が認められていたり、 科学的な実験データが公表されています。 体重が減ったことを強調し、人気のタレントを使って宣伝しているサプリには気をつけてください。 Q3:漢方で皮下脂肪は落ちるの? A:漢方で皮下脂肪を落とすことはできます。 ただし、漢方薬には即効性がないのですぐに効果を実感するのは難しく、最低でも3ヶ月ほどの時間が必要です。 Q4:サプリだけで皮下脂肪を落とすことはできるの? A:サプリだけでは無理です。 皮下脂肪を効果的に落としていくためには、 筋トレと有酸素運動を組み合わせて行うのが効果的です。 筋トレで筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がるので痩せやすく太りにくい身体になります。 さらに、筋トレのあとに有酸素運動をすることで、有酸素運動の消費カロリーが増えるので、2つを組み合わせると効率的に皮下脂肪を落とすことができます。 【参考】 皮下脂肪は「筋トレ&有酸素運動」で落とせ! Q5:ランニングでは皮下脂肪が落ちないって本当? A:ランニングだけでは皮下脂肪は落ちにくいです。 ランニングをしても皮下脂肪が落ちにくいのは、 ランニングによって筋肉量が落ちてしまうからです。 効率的にダイエットを成功させるためには、筋肉量を増やして(または維持して)基礎代謝をあげることが大切です。 ランニングだけしていると筋肉量が落ちてしまうので、筋トレも行うようにしましょう。 まとめ:皮下脂肪を落とすために、正しいサプリ選びをしよう! 皮下脂肪を効果的に落とすことができるおすすめのサプリをランキング形式で10個紹介しました。 皮下脂肪を確実に落としてダイエットを成功させるためには、 サプリを活用しつつ筋トレや有酸素運動をバランス良く行うことが重要です。 サプリをうまく活用しながら、引き締まったかっこいい体型を目指して頑張ってくださいね。 もう一度おすすめのサプリを見たい方は、「」をご覧ください。 【参考】 脂肪が燃えるHIITトレーニングもおすすめ! 【参考】 一人で運動は無理…という方はパーソナルジムがおすすめ! 【参考】 糖質制限ダイエットで本当に痩せられるのか解説!.

次の

お腹周りのダイエットの秘訣は「筋トレ×有酸素運動」にあり!

お腹 周り の 脂肪

お腹周りの脂肪の原因とは? お腹周りに 脂肪がついてしまう 原因は、 食べ過ぎ、運動不足といった生活習慣以外にも、 遺伝といった生まれつきの体質、お腹の張りといった一時的なむくみ、さらに、ストレスや睡眠不足が影響するなど、実は様々あります。 また、 年齢とともに筋肉が落ちることで、支えきれなくなった胃や腸といった内臓が下へ落ちるといった加齢による 原因もあります。 お腹周りの 脂肪を 落とすためには、まずは 原因を見極め、 可能であれば改善するのがベストですが、そもそも、 お腹には内臓を守る骨がなく、代わりに脂肪がつきやすいとも言われますし、 脂肪がつく直接の 原因を見極めるのは難しいもの。 しかし、 お腹周りの 脂肪には、 内臓脂肪タイプと 皮下脂肪タイプの2つのタイプがあり、このどちらに当たるのかは比較的、判断しやすいため、これを参考にすると、 改善策を考えやすくなります。 内臓脂肪タイプとは? 内臓脂肪とは、 胸の下から腹部にかけてつく脂肪で、お腹の上部に脂肪がついている状態、一般的に リンゴ体型と呼ばれる体型の場合は、こちらのタイプの可能性が高いといえます。 また、 男性ホルモンには、内臓脂肪をつきやすくする性質があると言われることや、筋肉量の違いの関係から、どちらかといえば男性に多いタイプでもあります。 さらに、 皮下脂肪に比べて 生活習慣の影響を受けやすいと言われるこの 内臓脂肪は、近年、 高血圧、糖尿病といった生活習慣病を招くとして心配されています。 しかし、 内臓脂肪は 皮下脂肪に比べると すぐに蓄積しやすいと同時に、落とすのも早いので、比較的 ダイエットの効果が出やすいタイプでもあります。 そのため、 お酒の量を減らす、脂っこい食事を減らすといった基本的な食生活の見直しも改善につながります。 皮下脂肪タイプとは? 皮下脂肪とは、 下腹部からお尻、太ももにかけてつく脂肪のことで、お腹の下部、あるいは下半身に脂肪がついている状態や、一般的に 洋ナシ体型と呼ばれる体型の場合はこちらのタイプの可能性が高いといえます。 また、 女性ホルモンにはこの皮下脂肪をためやすい性質があることから、どちらかといえば女性に多いタイプになります。 皮下脂肪は 内臓脂肪とは正反対に、 長年、少しずつ蓄積されていく脂肪のため、落とすのにも時間を要します。 ダイエットでも最後まで落ちずに残る 脂肪と言われますから、 落とすためには、 食事の見直しに加えて、筋トレや適度な運動も取り入れ、根気よく落としていく必要があります。 脂肪を落とす食事 日本人は元々、その食生活から肥満とは縁がなかったといわれますが、 徐々に食の欧米化が進み、脂肪分の多い食事内容が増えたことで、体内で分解しきれなくなった脂肪が蓄積されるようになり、現代人の肥満の悩みが増えていったといわれます。 そこでまず見直したいのは 食生活ですが、 厳しい食事制限は続かなかったり、体の代謝が落ち、かえって太る、あるいはストレスになり、心身に負担がかかる場合も多く、極端な食事制限は逆効果になってしまいます。 そのため、単純に制限するのではなく、まずは 栄養豊富なバランスの良い食事と消費カロリーと摂取カロリーを意識した食事内容に改善することがポイント。 例えば、栄養豊富な食事でも、カロリーオーバーではダイエットになりませんし、低カロリーでも栄養不足の食事では健康を害してしまいます。 一汁三菜とは、 お米といった主食に、肉や魚といった主菜1品、サラダや煮物といった副菜を2品加え、みそ汁といった汁物を1品添えることをいいます。 お米の炭水化物、肉や魚のたんぱく質、副菜から野菜などに含まれる栄養といったように、これを意識するだけでも、自然とバランスの良い食事が整いやすくなります。 いくつかご紹介しましょう。 ・ キャベツ キャベツに含まれる 食物繊維は、脂肪を吸着して排出を促す効果や、体内で水分を吸収して膨らむことで、満腹感を得られるという効果があります。 ・ トマト トマトに含まれる リコピンには、血糖値を下げることで内臓脂肪をためこみにくくしたり、血液中の中性脂肪やコレステロールを抑えるという効果もあります。 ・ 海藻類 わかめやひじきといった海藻類は 低カロリーな上、食物繊維が豊富で満腹感があるという特徴があります。 また、 海藻類に含まれるヨウ素には、体脂肪の燃焼を助ける効果もあります。 ・ 青魚 サバやサンマ、イワシやアジといった青魚には、 EPA エイコサペンタエン酸 という不飽和脂肪酸が含まれていますが、これには中性脂肪やコレステロールを抑えたり、血液をサラサラにして血行を良くするという効果があります。 また、血行が良くなると、 体温が上がり、代謝も良くなって、内臓脂肪が燃焼しやすくなったり、余った脂肪分がすぐエネルギーに変換しやすくなったりといった効果も期待できます。 ・ 緑茶 緑茶に含まれる カテキンには、脂肪を分解する効果や、脂肪を体にためにくくする効果があります。 ・ ブラックコーヒー ブラックコーヒーに含まれる ポリフェノールの一種、クロロゲン酸には、脂肪の分解や燃焼を促進する効果があります。 アルコールによって、 内臓脂肪を増やすコルチゾールというホルモンが分泌されてしまうほか、ビールや日本酒に含まれる糖質は、肝臓で脂質と結びつき、脂肪へと変わってしまうのです。 また、糖分が多く、高カロリーの 炭酸飲料、さらに、 脂肪は温まっているときに分解、燃焼されますが、これを邪魔してしまう 冷たい飲物もNGです。 特に、 皮下脂肪はこの 余分なカロリーの蓄積が原因になりやすいため、なるべく 摂取カロリーと 消費カロリーを意識した 食事や 運動ができればベストです。 どうしてもカロリー計算が苦手で面倒という場合は、1日3食のうち、1食分を低カロリーな食品に置き換えることで、あとの2食はある程度自由に食べることができるという食事法もありますので、 自分にあった方法を見つけることもポイントになります。 【スポンサーリンク】 脂肪を落とす運動法 内臓脂肪タイプ、 皮下脂肪タイプに関わらず、 脂肪を 落とすためには、やはり 適度な運動が効果的です。 しかし、 運動といっても、慣れない方がいきなり本格的な運動を始めようとすると、続かなかったり、つらくて逆にストレスになってしまいかねません。 そこでおすすめなのは、日常に簡単に取り入れやすいものから始めることです。 特に、 皮下脂肪タイプは 脂肪を落とすのに時間がかかるため、長く続けられる運動法を根気よく行うことになります。 例えば、 軽いウォーキングや軽いジョギングは有酸素運動の代表ですが、時間が取れない場合は、 通勤・通学の際に一駅分歩く、エレベーターを使わずに階段を上り下りするといった 運動でも効果はあります。 また、一般的に 有酸素運動では、 開始から20分以降から脂肪が効率よく燃焼し始めるため、それ以上、30分程度を目安に行うのが効果的と言われますが、 20分以内でも全く燃焼しないわけではありませんから、たとえ5分や10分ずつでも、毎日合計30分程度になるようにすれば効果はあります。 大切なのは継続することですから、できるだけ自分のライフスタ イルに合うように取り 入れてみることが肝心です。 二の腕や太もものダイエットには ・ ・の記事をご参照下さい。 最後に お腹周りの 脂肪を 落とすために、今すぐ実践したいことの一つとして、 普段の姿勢を正して生活するという方法もあります。 姿勢を正すだけで、お腹がやせて見えるほか、 背筋を伸ばすことで、自然と腹筋や背筋を使うため、たとえ座っているだけでも消費カロリーを上げることができるのだとか! お腹周りの 脂肪を 落とすために今すぐできることはたくさんありますから、ぜひ、自分に合った方法で実践と継続を心がけてみてくださいね!.

次の