みずきの 韓国 更新。 女子◯韓宣言どうしたの?|カイカイch

みずきの女子知韓宣言が更新停止したので・・・

みずきの 韓国 更新

投稿者: カツ 投稿日:2015年 5月14日 木 15時52分15秒 114-160-115-126. ip1. george24. com このたびは、たった一人・・・・か二人の、そちら様の愛読者の方の 非礼で、みずき様ご本人、それから大半の良識を備えた読者の皆様に ご不快の念を抱かせたかもしれぬこと、残念です。 まったく侮蔑の意図もなく 単に自衛上書いたことが誤解をごく一部にながら与えたのなら、その点はお詫びします。 あと、そちらのコメ欄に妙なことを書き込む人がいるようですが、井沢ブログの読者はおおむねファンとしての極めて限定された個人的つながりの人たちが大半なので、井沢氏のメンツをつぶすようなことは、本来の読者ならしないと思います。 井沢氏かみずき氏かのブログに悪意を持つ、たとえば在日などの愉快犯の可能性も考えてくださいませ。 良識を備えたみずき氏ブログ愛読者様たちからの、エールや謝罪まで頂き、そちら様の 愛読者の皆様に、何ら含むところはないどころか、感謝しています。 井沢氏のブログ読者もそこは解っているように、書き込みから感じます。 たった一人かせいぜい二人の不心得読者の存在で、残念なことですが、 今後も宜しくお願いします。 まだ問題点を掴めぬ方がいらっしゃるかもしれないので、整理しておきますね。 ミスタイピング誤変換などの不備を予めお詫び申し上げます。 旧韓末の朝鮮は95~99%が文盲だった。 他のタイトルも全部それ。 「引用」ですらない。 「転載」のレベルでもない。 井沢氏の文章骨子は「韓国王朝儀軌」であり、上記のタイトルに完璧に何も負ってはいない。 単に、井沢氏の好意による「紹介」を、文章の枕として置いたに過ぎない。 原文の書き手であるバンダービルド氏のお名前もちゃんと色文字強調で添えている。 改稿前の文章も読者の方からお送り頂いたが、それは削除した井沢氏の意志に反するかもしれぬので、再掲はしない。 要旨のみ「文句ばかりつけて来る韓国だがリー氏やバンダービルド氏のように、内省の出来る韓国人もいる」(興味があれば、このタイトルをクリック、原文サイトを見られよ)というニュアンスのタイトル列記での「紹介」。 2 法的にもマナー的にも取り立てて落ち度はない。 2 それに筋違いのクレームを付けてきただかならまだしも、高圧的に侮辱の言葉を書き連ねてきたのがトイトイトイ。 それに対して、井沢氏ブログの愛読者から最初は控えめの抗議がなされた。 ところがトイトイトイが自らの行き過ぎと勘違いを訂正しに現れぬので、次にコメントが書かれ、それに対してもトイトイトイが来ず、遁走してしまったことから続々とその後も続く。 3 トイトイトイの理不尽な指摘を論破するには、みずき氏本体の著作権に触れるのは流れとして、自然。 それを「侮辱」として、しかも第三者? が執拗なまでに謝罪を求めてくるのは筋違いでもあれば異常。 あちらのサイトに出向いてなされたことでもなし。 5 本人でもないのに「侮辱」と感じる不可解さはさておくとして、一般的な意見として定着するには主観の度合いが過ぎる。 現にみずき氏サイトの常連の読者からは、糾弾どころか逆に詫びまで来ている。 憶測で書かずにあくまで個人の意見でお願いします。 みずきさんのブログのコメント欄では皆さん終始静観されてます。 個人的には削除された事が非常に残念ですが先生のお答えで終わった話と思っております。 >読み手がいるから書き手がいる 道化 2015-05-12 16:35:49みずき様のブログに張り付いているコテハンです。 井沢満様のブログにてみずき様の記事にリンクを張って頂いた。 これはみずき様にとって、より多くの方に知って貰う機会なのですから、文句をいう筋合いでは無いと思います。 何が問題なのですか? 文章を書く人は、読んで貰いたいから書くのです。 一言ことわるべき、という意見もあるかも知れません。 しかし、それはみずき様が自ら申し入れること。 周りの人間がごちゃごちゃ言うことではありません。 因みに、私も多くのURLを紹介していますが、許可は頂いていません。 そもそも、URLは場所を指すだけなので、許可は不要というのが常識的な話。 ファンだからと言って、あちこちに迷惑を掛けるのは如何なものでしょう? 井沢満様におかれましては、大げさに騒がれすぎて驚かれたかも知れません。 ファン故に行きすぎた行為があったとご理解いただければ幸いです。 みずき様のコメント欄より出張していらっしゃる方、議論をしたければ、みずき様のコメント欄でやりましょう。 こちらに迷惑を掛けるのは論外です。 4 複数HNを用いての自作自演を、烈火のごとく否定するも、蓋を開けてみれば実際それは行われていた。 福岡からの同一人物のアクセスで。 書き込みに誠意があれば、そうちょこちょこ、名前を間違えるはずもない。 5元はと言えば、トイトイトイの勘違いと常規を逸した非礼が発端なのに、釈明をまずトイトイトイに求めず、井沢氏ブログの愛読者に謝罪を執拗に強いる不自然さと不条理。 みずき氏サイトからの愛読者のたしなめも、完全無視。 6 トイトイトイが、著作権情やネットマナーのことで勘違いとはいえ、井沢氏を居丈高に糾弾するなら、なぜみずき氏サイトの著作権とネットマナー(バンダービルドへの許諾願いと翻訳権願い)をつつかぬのか、順序が違うだろうという意味で、みずき氏サイトの話題は出た。 貶めと侮辱の意図はないことは、有意義なサイトなので著作権に関して突っ込む意図はないと、お二人程が表明されていて、それに対して他からも異議はいっさい出ていない。

次の

【テラハ】治田(はるた)みずきのインスタ画像!元カレ情報と恋愛遍歴・韓国のブログも紹介!

みずきの 韓国 更新

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が韓国雇用市場にもたらした影が長くなっている。 特に青年失業率は10.7%に急激に上昇し、21年ぶりに最悪を更新した。 15日、韓国統計庁が発表した6月の雇用動向によると、全体就業者数は昨年同期比35万2000人減少した。 新型コロナの被害が現れ始めた3月以降、4カ月連続の減少となる。 特に、青年失業率(15〜29歳)は10.7%で、1999年6月(11.3%)以降、この21年間で最も高かった。 主に、初めて正式な就職先を求める時期にあたる20代後半(25〜29歳)の失業率も10.2%で、99年統計集計以降、最も悪かった。 潜在的求職者まで含めた体感失業率はこれをはるかに上回る。 青年層(15〜29歳)の体感失業率を意味する拡張失業率は、その前月と比べて2.2%ポイント上昇した26.8%で2015年統計作成以来、最悪だった。 4人に1人以上が事実上の失業者といえる。 就業者数が増加した年齢帯は60代以上(33万8000人)が唯一だった。 60代以上で増加していることは政府の高齢者雇用事業の影響が大きい。 とりわけ青年雇用事情が悪い理由は、青年層が主に就く製造業とサービス業の事情が良くないためだ。 4カ月連続の減少だ。 サービス業は生活防疫転換などの影響で減少幅がやや鈍化した。 新型コロナが全般的な景気低迷につながり、青年の就業の門を閉じたといえる。 洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官はこの日、フェイスブックを通じて「製造業雇用減少幅が拡大しているという事実が心配だ」とし「新型コロナの影響を相対的に大きく受けた青年層の雇用回復が鈍い点も心の痛い部分」と明らかにした。 問題は今後の展望も明るくないという点だ。 韓国経済研究院によると、従業員300人以上、売上額500大企業のうち32.5%は今年新規採用計画をまだ立てることができないでいる。 「昨年より採用規模を減らす」(19.0%)、「採用しない」(8.8%)と答えた比率を合わせると4社中1社以上だった。 延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は「景気が良くない場合、企業はあえて雇用する理由がないばかりか、採用するとしても能力が検証された経歴者を中心に必要な部分で制限的に選ぶ可能性が高い」とし「景気低迷による被害が青年に集中するよりほかはない」と説明した。 青年失業問題の深刻性は、青年の求職活動をあきらめさせ、長期にわたり社会全体の負担につながるというところにある。 6月の雇用統計でもこのような傾向が現れた。 経済活動参加率は、20代の場合、昨年同期比2.4%ポイント減の62.2%を記録した。 特に、主な求職階層である20代後半(25〜29歳)の経済活動参加率は74.1%で、前年同月比3.3%ポイント減少した。 求職活動そのものをしない人が増加したという意味だ。 15〜29歳の青年層のうち、他の活動をせず「休んだ」と答えた人は45万5000人で、前年同月比9万5000人増加した。 2003年統計作成以降、最多となる。 漢城(ハンソン)大学経済学科のキム・サンボン教授は「民間には就職口がほぼなく、かろうじてある公共の働き口は『スペック』(採用に必要な各種資格要件)の良い人だけが採用されるため、最初から求職活動そのものをあきらめる」としながら「青年層が就職先をこのまま求められずにいれば、出生率減少など社会問題につながる」と警告を鳴らした。 外部サイト.

次の

治田みずきのカップや身長体重は?熱愛彼氏や結婚の噂は?韓国人?

みずきの 韓国 更新

治田みずきのプロフィールと簡単な経歴を紹介! 名前 :治田みずき(はるた みずき) 誕生日:1991年6月30日 年齢 :26歳(2018年4月現在) 血液型:O型 出身地:神奈川県 出身高:神奈川県立横浜清陵高等学校 出身大:弘育大学国際言語教育院 実は単なるシロートさんではなく、 女優業、プロブロガー、モデルとして活動されている方なんですね!それも納得の容姿でしょうか、スタイルも抜群ですし綺麗な顔立ちですね〜。 テラスハウスの紹介VTRでも、そのプロポーションを見せつけるかのような下着姿での映像を使っていましたが、くびれも腹筋も、さすがはモデルといった感じでしょうか、かなり鍛え上げられた努力の賜物でしょうね。 現在、韓国のソウルに住んでらっしゃる治田さん。 なぜ韓国?と気になる方もいるでしょう。 もともと韓国のグループ、いわゆるBIGBANG、少女時代などが好きだったようです。 20歳の時、半年の留学へ行ったことがきっかけで「韓国に住みたい」と考えるようになったんだそう。 そこで韓国に実際に移住してしまう行動力はすごいですね〜。 実際に韓国のアイドルを好きな方は多くいるでしょうし、住みたいと考えている方もいるでしょうが、そこまでする人はなかなかいないでしょうね〜。 で、 ネット上ではそんな事情から「韓国人なのでは?」と思われたりもしているみたいです。 が、そんなことはなく日本人であることがわかっています。 でも、韓国語はペラペラだというのですから、やはり韓国愛はものすごいものです! 出典:Instagrammer News これだけの経歴を持ちながら、どっしりと構えている治田さん。 しかも歌もかなりうまいときたもんです。 才能の塊というか、どこへいってもその多彩なスキルで稼いでいけそうですね〜。 が、まあそれもそのはず、 EXILEの事務所であるLDHが運営する養成所、「EXILE PROFESSIONAL GYM」の元生徒だったんです!そこでは、タレントや歌手、ダンサーとして養成されるスクールなので、ここで今のスキルを磨いたと考えていいでしょう! 歌もうまいのが納得ですが、実はその中でもボーカルクラスの歌唱力だったようです!ますますもって色々と「持っている」方ですね〜w 治田みずきは彼氏はいる?韓国人?元彼は? もともと、テラスハウスの撮影のために日本へ戻ってきた治田さん。 つまり、恋愛をする期間、留学の際も含めれば青春時代の大半を韓国で過ごされているということになりますね。 つまり! 彼氏がいるとすれば韓国人である可能性はかなり高い!と言えるのではないでしょうか?なんなら、今もしも彼氏がいたとしても日本人である可能性のほうが低いですよねw というわけで、調査してみました!すると、 どうやら今までに3人の彼氏がいたようですね〜。 うーん、26歳で、しかもこれだけの美人であるにも関わらず意外にも人数は少なめ。 しっかり吟味して交際するタイプなんでしょうか。 声がかかることは多そうですしね。 しかし、その実、 ダメンズに引っかかることが多かったんだとか……これまで浮気やワル系の男性との交際を経ているようで、そのあたりはご本人も気にしていることのようですね〜。 実際にテラスハウスの放送でも、かつての元彼(韓国人の男性)が登場していましたね。 その方とは、男性側が一方的に別の女性を好きになってしまいフラれた、ということのようで。 でも、実際に会っている時には「会いたかった」とコメントしてましたね〜w なんというか、見ている側としては複雑な心境になってしまいますね。 w で、その後、食事をしながら楽しげに会話しつつ、2人は結局歌舞伎町へと姿を消していったと……まあ、なんというか、つまりそういうことです。 w これまでの3人の交際相手のうち、何人が韓国人なのかはわかりませんが、日本に住んでいない以上、今後かなり心境に変化を及ぼすようなきっかけがないと韓国人以外とは交際しないような気がしますね〜。 現在は彼氏がいるですとか、それに準ずる存在も匂わせていませんが、その後、その方とはどうなったんでしょうね〜。 ただ、ツイッターなどを見るに何も進展はないようにも思えますが……。 というわけで、現在はお相手はおらずフリーなようです。 しかし、今後はちゃんと向き合ってくれるようなステキな男性と交際してほしいですよね〜。 せっかくの美人がもったいないです。 まとめ! テラスハウスの軽井沢編のメンバーだった治田みずきさん。 容姿も美人で、スタイルも抜群。 さらには下着姿でそのプロポーションを見せつけるなどかなり印象的な女性でした。 今現在は韓国のソウルに住んでいるようです。 日本人なんですが、韓国語はペラッペラとのこと。 もともと韓国が好きだったようですが、学生の時に留学したことがきっかけでのちに移住することになったんだそう。 そんな治田さんは意外なことに恋愛遍歴があまりよくないですね〜……それはご本人も自覚しているところのよう。 これまでに3人と交際し、どの方もあまりよくなかったんだとかw 今後はしっかりした、向き合ってくれる男性と交際をしてほしいですよね〜。 それでは、最後までご覧頂きありがとうございました! この記事も読まれています。

次の