コトダマン ランク。 コトダマンのキャラデザってビックリマンのグリーンハウス?

『コトダマン』大ヒットの秘訣は?中村たいら氏インタビュー [ファミ通App]

コトダマン ランク

ヨーヨーコウはAランクでも良いような気がしますねぇ 超過MAXならヤシャリーダーじゃなくとも凄技で2万ダメージ位簡単に出せますし 5文字組む時にも使いやすいですから マツ 2019-02-07 木 00:47:01• コメントありがとうございます! 仰る通り、ヨーヨーコウは拗音として、そして超化済みの場合にはダメージ源として活躍ができそうですね。 また、場合によっては以上に活躍できるかと思います。 にもかかわらず、本記事では低めの評価となっていたため、そこを加筆させていただきます。 ありがとうございました。 のすけ 2019-02-07 木 10:50:44• アジンガーを載せるのであれば、ロードアジンガーも載せたほうが良いのではないのでしょうか。 文字変換と弱体ガードで汎用性は高いと思います。 2020-02-08 土 16:55:37• 闇ウラミとか入ってるあたり相当古い? 2020-06-22 月 02:55:50.

次の

【コトダマン】最強キャラランキング

コトダマン ランク

ガナルークの評価・特徴 リーダー評価 8. 5/10 点 サブ評価 9. 「る」の時、 超高火力の単体攻撃。 を発動します。 「か」のすごわざの火力は「」「」並みで、ガチャ産アタッカーの火力としてはそれほど高くはないですが、「か」は い軸 の中で最も使いやすいです。 しかも、火属性コトダマンにダメージ軽減を付与し、 敵の攻撃からのダメージを20%軽減します。 簡単にすごわざを発動できダメージ量を軽減できるので、被ダメージ量が多いクエストでは特に重宝します。 「る」のすごわざの火力は「」「」越えの火属性トップクラスで、リゼロコラボの「」並みの爆発的な火力を発揮します。 「る」は使いにくい文字ですが、「かいるい」「とうるい」「るいけい」のような形で言葉を作ることができ、「か」と同様に い軸 扱いで使用できるのが強みです。 おおまかには 「か」と「る」の相性の良い盤面は同じなので、基本的には「か」で使用し、チャンスの時は「る」を使うといった運用ができます。 簡単に発動できるダメージコアギミック ガナルークのダメージコアギミック小 3 は、敵の攻撃終了時に 敵全体に10,000ダメージを与えます。 与ダメージ量は「」「」と比べて少ないですが、「か」はコンボを量産しやすい文字で、 簡単にダメージコアギミックの条件「ガナルークを含んだ言葉3つ」を作ることができます。 「か」のすごわざの火力はそこそこといったところですが、ダメージコアギミックで火力を引き上げることができ、「か」で使用した時も高火力アタッカーとして活躍します。 魔種族ダメージの大半を削減 とくせい「魔種族ダメージ50%軽減」で、魔種族からの攻撃ダメージを50%軽減します。 加えて、すごわざの効果「このターン受ける味方火属性のダメージを軽減(20%)」によって、ガナルークは 魔種族からのダメージの大半を削減できます。 炎上耐性70%付きのリーダーとくせい 「炎上耐性70%」で炎上攻撃を高確率で防ぎ、パラメータ上昇率はHP70%・ATK70%と高く、優秀なリーダーとくせいです。

次の

質問コーナー

コトダマン ランク

は、セガゲームスが開発しているである。 ジャンルはとなっている。 本作は、「ことば」で闘うとなっている。 ニューワードが5人の神子がつくり、世界に「ことば」と文字の精霊である「コトダマン」が生まれた。 ある日生まれた特別な双子のコトダマンが、1人は悪魔神ウラミ、1人はキボウとなり、世界を暗黒に包むウラミ倒すべく、キボウとキボウにより結成された言聖軍と共に戦うストーリーとなっている。 バトルモードは空いている丸に文字を入れ、ことばを完成させていくパズル形式となっている。 プレーヤーは最大4人で、文字の精霊である「コトダマン」が持つ文字を組み合わせて「ことば」を作って敵を攻撃していく。 ことばの数によってコンボが発生し、敵へのダメージアップが可能となっている。 また、ことばの長さで「わざ」「すごわざ」が発動する仕組みとなっているので、文字の組み合わせが勝敗に影響する。 ことばゲームならではのギミックもあり、その文字を消してしまうと自身にダメージとなってしまうトゲブロックや、入れることばを変えることができるチェンジマスなど、バトルをより楽しめる効果が多数揃えられている。 友達4人とのマルチプレイ機能もあるので、フレンドと協力して、より強い敵を倒しアイテムをゲットしよう。 共闘ことばRPGコトダマンについて 共闘ことばRPGコトダマンのおすすめポイント のおすすめポイントは2つある。 1つ目は、簡単操作でゲームプレイが可能なことである。 ワンタップして、文字を組み合わせるだけ、敵への攻撃は組み合わせた文字次第であるので、深く戦略を考えることなく遊ぶことができる。 どちらかというと、プレーヤーがどれだけ「ことば」を知っているかによる。 ことばの長さによって「すごわざ」などの必殺技も発動するので、ゲームを楽しみながらも頭の体操ができるのは是非おすすめしたいポイントである。 2つ目は、最大4人で楽しめるマルチプレイである。 マルチプレイでは、チャットスタンプ機能も用意されているので、どのコトダマンを出してほしいかや、遠く離れたプレーヤーとも作戦会議しながらゲームを楽しめる。 また4人も集まれば、出てくる「ことば」も様々。 バトル中に成立したことばは、マルチプレイも含めてリストとして蓄積されるので、ゲーム進行に迷った時やデッキ作成をする時に役立つ。 どんなことば「ことば」までなら成立するのか、知識を振り絞ってギリギリまで攻めてことばを作るのもやりがいがありそうだ。 仲の良い友人同士でプレイするなら、顔をつき合わせて、あれこれことばを言い合いながらプレイするのも良い。 新たなことばの発見があるだろう。

次の