新型 コロナ 滋賀 県。 新型コロナ、滋賀県大津市の感染男性はJRで大阪市に出勤 60代の団体職員、2月25日に発熱

滋賀県コロナ感染者何人でどこの病院に入院してるのか調査

新型 コロナ 滋賀 県

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、または受けると見込まれる県内中小企業等の今後の事業活動に資する取組を支援するため、新型コロナウイルス感染症対策経営力強化補助金を設けました。 人材育成、働き方改革、新たな販路の開拓等の取組に対し、1件あたり最大50万円の補助金を交付します。 この状況が終息した後の反転攻勢に向け、ぜひ積極的な活用をご検討ください。 令和補正予算として3,600億円の生産性革命推進事業である上記3つの補助金は、それぞれ「もの補助」「持続化補助金」「IT補助金」としても知名度の高い補助金ですが、新型コロナウイルス感染症による影響を受けてサプライチェーンの毀損等に対応するために設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取組む事業者を優先して支援されていくようです。 ・ ・ ・ 株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井 彰次、以下「当社」)は、本日2020年4月1日(水)に、幅広い補助金・助成金に対する疑問を解決する窓口を拡大するため、「補助金ラボ(所在:東京都新宿区、以下「補助金ラボ」)」を開設いたしました。 新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、各省庁をはじめ地方自治体でも多くの対応策が日々更新されている中で、どこに問い合わせたらいいのか困ってしまうという声が高まっています。 こうした中で当社は日々更新される補助金・助成金の情報を収集し、問合せ窓口場所にお困りの方をサポートするため、窓口を拡大し「補助金ラボ」を開設することにいたしました。 補助金ラボの基本サービス 補助金ラボでは、企業のみなさまのお悩み毎、ご要望毎に対応した、きめ細かいサービスをモットーに運用してまいります。 企業の補助金顧問となれる「補助金コモン」サービスを始め、今申請が殺到している「雇用調整助成金」や「省エネ補助金」「IT導入補助金」など各種補助金・助成金の申請における基本情報から疑問に関する補助金・助成金の総合相談窓口として、対応をしてまいります。 今、雇用調整助成金は経済環境の悪化などにより事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用を維持するために活用できる制度で、新型コロナウイルスの影響を受けた事業主への特例措置として、これまで複数回の拡充が行われています。 「最新の助成内容や申請要件がわかりにくい」 「結局どのくらい助成金がもらえるのか知りたい」 といったご質問にも、補助金ラボでお答えいたしますので、お気軽に補助金ラボの相談窓口までお問合せください。

次の

新型コロナ、滋賀県大津市の感染男性はJRで大阪市に出勤 60代の団体職員、2月25日に発熱

新型 コロナ 滋賀 県

JA滋賀中央会など県内の農業関係者が27日、県庁を訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応を、三日月大造知事に緊急要望した。 農薬散布用のマスクの安定供給や、臨時休校により影響を受けた酪農家への支援などを求めた。 三日月知事は「必要なら国と連携して予算を確保し、機動的かつ柔軟に対応したい」と述べた。 県内では2日以降、公立小中学校で臨時休校が実施され、給食用の牛乳が店頭や加工乳用に回って供給過多となり、酪農家の収入が減少。 訪日外国人(インバウンド)の激減で、近江牛など和牛の価格も下落している。 また、全国的なマスク不足で農業用のマスクが代わりに使われ、農家の農薬散布に支障が起きないか懸念されている。 JA滋賀中央会の石部和美会長(71)は「酪農を中心に農業に影響が出ている。 早急な収束を願うが、我々の力だけではどうしようもない部分がある。 知事も前向きに対応してくれ、安心している」と話した。 【菅健吾】.

次の

新型コロナ、滋賀県大津市の感染男性はJRで大阪市に出勤 60代の団体職員、2月25日に発熱

新型 コロナ 滋賀 県

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、または受けると見込まれる県内中小企業等の今後の事業活動に資する取組を支援するため、新型コロナウイルス感染症対策経営力強化補助金を設けました。 人材育成、働き方改革、新たな販路の開拓等の取組に対し、1件あたり最大50万円の補助金を交付します。 この状況が終息した後の反転攻勢に向け、ぜひ積極的な活用をご検討ください。 令和補正予算として3,600億円の生産性革命推進事業である上記3つの補助金は、それぞれ「もの補助」「持続化補助金」「IT補助金」としても知名度の高い補助金ですが、新型コロナウイルス感染症による影響を受けてサプライチェーンの毀損等に対応するために設備投資や販路開拓、事業継続力強化に資するテレワークツールの導入に取組む事業者を優先して支援されていくようです。 ・ ・ ・ 株式会社補助金ポータル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:福井 彰次、以下「当社」)は、本日2020年4月1日(水)に、幅広い補助金・助成金に対する疑問を解決する窓口を拡大するため、「補助金ラボ(所在:東京都新宿区、以下「補助金ラボ」)」を開設いたしました。 新型コロナウイルス感染症の影響をうけ、各省庁をはじめ地方自治体でも多くの対応策が日々更新されている中で、どこに問い合わせたらいいのか困ってしまうという声が高まっています。 こうした中で当社は日々更新される補助金・助成金の情報を収集し、問合せ窓口場所にお困りの方をサポートするため、窓口を拡大し「補助金ラボ」を開設することにいたしました。 補助金ラボの基本サービス 補助金ラボでは、企業のみなさまのお悩み毎、ご要望毎に対応した、きめ細かいサービスをモットーに運用してまいります。 企業の補助金顧問となれる「補助金コモン」サービスを始め、今申請が殺到している「雇用調整助成金」や「省エネ補助金」「IT導入補助金」など各種補助金・助成金の申請における基本情報から疑問に関する補助金・助成金の総合相談窓口として、対応をしてまいります。 今、雇用調整助成金は経済環境の悪化などにより事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、従業員の雇用を維持するために活用できる制度で、新型コロナウイルスの影響を受けた事業主への特例措置として、これまで複数回の拡充が行われています。 「最新の助成内容や申請要件がわかりにくい」 「結局どのくらい助成金がもらえるのか知りたい」 といったご質問にも、補助金ラボでお答えいたしますので、お気軽に補助金ラボの相談窓口までお問合せください。

次の