女性器拡大。 女性器データ配布、有罪確定へ 「ろくでなし子」に最高裁

男性器

女性器拡大

自分の女性器の3Dデータを支援者に配ったとして、わいせつ電磁的記録頒布などの罪に問われたペンネーム「ろくでなし子」の漫画家五十嵐恵被告(48)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は16日、被告の上告を棄却した。 「芸術活動の一環」とする無罪主張を退けた。 罰金40万円とした1、2審判決が確定する。 被告は2013~14年、東京都内のアダルトショップで、自分の女性器をかたどった石こうに着色や装飾を施した作品を展示。 活動資金を寄付した人に、女性器の形状を3Dプリンターで再現できるデータも配った。 公判では、わいせつ性の基準の判断が最大の争点となった。 一審東京地裁判決は、3Dデータに対して「女性器の形状を立体的、忠実に再現している」としてわいせつ性を認定。 データ提供は有罪と判断した。 二審東京高裁も支持した。 一方、石こうの展示品は1、2審とも「ただちに女性器を連想させず、一定の芸術性、思想性が認められる」とわいせつ性を否定した。 検察側は上告しなかったため、展示品については既に無罪が確定している。 (共同).

次の

女性器データ配布、有罪確定へ 「ろくでなし子」に最高裁

女性器拡大

最高裁判決後、「不当判決」と書かれた紙を掲げる、ペンネーム「ろくでなし子」の漫画家五十嵐恵被告=16日午後、最高裁前 自分の女性器の3Dデータを支援者に配ったとして、わいせつ電磁的記録頒布などの罪に問われたペンネーム「ろくでなし子」の漫画家五十嵐恵被告(48)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は16日、被告の上告を棄却した。 「芸術活動の一環」とする無罪主張を退けた。 罰金40万円とした一、二審判決が確定する。 被告は活動資金を寄付した人に、女性器の形状を3Dプリンターで再現できるデータを配った。 配布にわいせつ性が認められるかどうかが争点となった。 被告側は「資金提供を通じて作品制作に参加する機会や、データを加工して創作する機会を支援者に与えており、芸術性がある」と主張していた。 判決後、記者会見した被告は「なぜわいせつなものと扱われるのかを問い掛ける芸術表現だった。 古い価値観から抜け出せない時代錯誤な判決だ」と批判した。 データ配布とは別に、被告は女性器をかたどった石こうに着色や装飾を施した作品を展示したことでも刑事責任を問われたが、一、二審とも「ただちに連想させず、一定の芸術性、思想性が認められる」とわいせつ性を否定。 検察側は上告しなかったため、石こう作品については既に無罪が確定している。

次の

女性器データ配布、有罪確定へ 「ろくでなし子」に最高裁

女性器拡大

【AFP=時事】の統治機構である「最高評議会(Sovereign Council)」は10日、同国に広がる慣習の女性器切除(FGM)を犯罪とする法律を裁可した。 同国法務省が発表した。 同省の発表によると、軍人と文民で構成される最高評議会は、「女性の尊厳を傷つける」長年の慣行である女性器切除の犯罪化を含んだ一連の法案を承認した。 同国では、長年強権支配を続けてきたオマル・ハッサン・アハメド・バシル(Omar Hassan Ahmed al-Bashir)前大統領が、数か月にわたって続いた改革を求める大衆デモを受けて失脚。 女性たちが重要な役割を果たしたデモから1年後、今回の改革が実現した。 内閣は4月、女性器切除を施した人物を処罰する刑法の改正を承認。 同国法務省は、「女性器切除は今や、犯罪とみなされる」と述べており、最長3年の禁錮刑が科される可能性もある。 女性器切除を施した医師や医療従事者は罰せられ、手術が行われた病院やクリニックなどは閉鎖され得るという。 同国のアブダラ・ハムドク(Abdalla Hamdok)首相は、10日の決定を歓迎し、「司法改革の途上における重要な一歩であり、また自由、平和、正義という改革のスローガンを達成するための重要な一歩だ」とツイッター(Twitter)に投稿した。 最も乱暴な方法では陰唇からクリトリスまで切除され、膣口(ちつこう)は縫合して閉じられる。 施術は不衛生な環境下で麻酔なしで行われることが多く、嚢胞(のうほう)や感染症が生じることも少なくない。 また、施術を受けた女性たちは後に性交痛に悩まされたり、出産時に合併症にかかったりすることもある。

次の