ポニーテール ワックス。 【女性向け】おすすめレディースワックス19選【ヘアスタイル別】

ポニーテールは【後れ毛】で差がつく!出す量や巻き方・後れ毛をなくすピンの留め方まで徹底解説|MINE(マイン)

ポニーテール ワックス

ボブからロングまで、どのレングスでも簡単にできる定番アレンジ、ポニーテール。 オフィスやパーティーでも1日たるまない&崩れないアレンジ方法、ガーリーでデートにもぴったりの高めポニーアレンジなどポニーテールの結び方をご紹介。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 簡単にできるポニーテールアレンジ サクっと手ぐしでできるポニーテール \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・髪は手ぐしでまとめる。 耳の高さくらいの位置で、手ぐしで髪をひとまとめに。 ・全体的に緩く巻いておくと、よりこなれ度がアップ。 【STEP2】 ・トップ部分にラフな味つけを。 ・髪を飾りゴムで結んだ後、トップ部分の毛束を所々つまみ上げ、立体感&ラフ感を出して。 耳を隠して、ラフ感を出して。 \How to/ 【STEP1】 ・トップの髪にざくっと手ぐしを差し入れ、ドライヤーで前から熱風を当てる。 ・トップの根元に自然な立ち上がりがつけばOK。 【STEP2】 ・前髪を9:1に分け、毛先を片手で押さえる。 ・分け目から毛先に向かってドライヤーを当てて、サイドパートをくせづける。 【STEP3】 ・サイドパートに前髪を後れ毛として多目に残し、それ以外の髪と手ぐしでひとつに集める。 ・サイドは両耳に髪をかぶせて。 【STEP4】 ・襟足から3cm下くらいの位置で結び、ローポニーテールにする。 ・結び目はきゅっと、バックとサイドはふわっとが理想の形です。 【STEP5】 ・結んだ中から細い毛束を引き出し、結び目に巻きつけピンで固定。 ・後頭部の結び目の上を引き出し全体のバランスを整え完成。 小技を効かせた美シルエットポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・小ワザの効いたシンプルさが大人可愛らしく見せる秘訣。 ・全体のシルエットをバランス良く見せることにこだわっています。 ツヤも女性らしさのポイント。 ・トップはふわっと、サイドはタイトな楕円シルエットで、簡単ひとつ結びアレンジが小粋な印象に! \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・フロントをセンターで分け、全体をひとつ結びに。 ・トップの髪を指で引き出し、ふんわりと。 【STEP2】 ・サイドはタイトにピン留め。 縦の高さを出したら、横はタイトに。 ・サイドの表面の髪をねじりながら押さえ、ピン留め。 【STEP3】 ・生え際のくせを出す。 ・うぶ毛のような生え際のくせを生かすため、指にワックスをつけて毛束をこするようにする。 ざっくりまとめた美人ポニーテール ざっくりとまとめた感じがカッコキレイな今どき美人になる秘訣! \How to/ 【STEP1】 ・コームを使ってトップに逆毛を立てる。 トップの毛束を平らに取って持ち上げる。 ・毛束の裏側の中間から根元に向かってコームを数回通して逆毛を立てる。 【STEP2】 ・結ぶ前にトップの毛束を指でつまんで引き出す。 ・髪全体を手ぐしでまとめたら結ぶ前に、トップの毛束を細めにつまんでそっと引き出す。 ・程よいラフさと空気感がアップ。 【STEP3】 ・低い位置でまとめてゴムで結ぶ。 ・トップがつぶれないように注意しながら、まとめた毛束を低い位置で結ぶ。 シンプルだけどこなれて見えるくるりんぱポニー \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・髪を上下ふたつに分けてまず下を結ぶ。 ・上下に2等分した上の髪をクリップなどでよけて、下の髪を高めの位置にゴムでひとつ結びに。 【STEP2】 ・上の毛を〝くるりんぱ〟して、髪をかぶせる。 ・ゴムを締めるように結び目下の毛を広げ、1の毛束にかぶせて。 高めポニーテールアレンジで可愛く 秋冬ニットに似合う高めポニーテール 「起き抜けのまとめ髪」みたいな無防備さを演出。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・オールバックになるよう手ぐしで高い位置にひとまとめる。 ・少しだけ前髪を引き出します。 【STEP2】 ・髪を手でまとめた状態で、トップの毛束を細かく引き出す。 ・立体的なシルエットを作っていきます。 【STEP3】 ・高すぎる位置で結んでしまうと、ポニーの長さが短くなりボリュームを出しづらくなる。 【STEP4】 ・ゴムは毛束でキレイに隠して。 ・毛束はポニーの下から取って結び目に1周させ、下でこっそりピン留めしましょう。 【STEP5】 ・ポニーに弾むようなリズムをつけるには逆毛が必要! ・クマの手で下から上へざくっとたっぷり逆毛を立てて。 カールが可愛い高めポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・基本はポニーテール。 高めの位置でひとつにまとめ、シュシュを通します。 ・毛束を広げてピンで固定。 ふわっとしたカールの動きを生かしながら、ボリューム感を出します。 ・後れ毛があっても、パーマのニュアンスでだらしない印象にはなりません。 ポニーテールは高めの位置がおしゃれ。 ひとつにまとめた毛束は広げて、ピンで毛先を留めます。 大人ガーリーなハイポニーテール トップの毛のボリューム感が 外国人風のおしゃれ感。 \How to/ 【STEP1】 ・少しずつ前髪の毛束を取り、手グシで逆毛を立ててボリュームを出す。 ・クレイ系のベタつかないワックスをつけておくと形づきやすい。 【STEP2】 ・1で出したトップのボリュームをつぶさないように気をつけながら、髪全体を手グシで集める。 ・高い位置でバナナクリップで留める。 【STEP3】 ・クリップを片手で押さえ、トップをつまみ出して膨らみを調節。 毛先も柔らかく散らす。 あえてたるませた大人の高めポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・元気で若々しいイメージのポニーテールを、こなれ系にスイッチするカギは、〝脱力感〟にあり。 ・下をたるませ、トップの丸みもたっぷり出しながら、タイトな結び目でメリハリを! ・下をあえてたるませルーズにまとめ、はらりと落ちたようなナチュラル後れ毛。 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・後れ毛を残してまとめる。 ・耳後ろの髪を後れ毛用に細く分け取る。 ・下をたるませながら全体をまとめ、後頭部の位置で結ぶ。 【STEP2】 ・トップの毛束を引き出す。 ・結び目を手で押さえながら、トップの毛束を細く引き出す。 ・ハチが張り気味な人は、やや高めに引き出して。 【STEP3】 ・ゴムに毛束を巻きつける。 ・ポニーテールから毛束を1本取り、ゴムに巻きつける。 ・最後はゴムの下でピンを挿して固定。 デートにぴったり高めポニーで可愛く \ヘアスタイルのポイント/ ・ハイポジションのポニーテールでといっ ても、高くしすぎず、後頭部の上方くらい で、女らしさと大人っぽさが保てる位置に キープしましょう。 ・全体を巻いた柔らかそ うな毛の質感と揺れる毛先、はらりとかか る前髪、潔く上げたうなじに、男子はグッ と来ること間違いなし! \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ヘアアイロンで前髪とサイドを1回転リバース巻きのくせ毛風にして、束ねるときは多めに残して後れ毛に。 ・全体は毛先だけ内巻きに。 【STEP2】 ・多めに後れ毛を残しながら、手ぐしで全体の髪の毛を高い位置に集めて、ゴムで結びます。 【STEP3】 ・結んだ毛束から細く毛束を取り、結び目のゴムが見えないように巻きつけて隠し、ピンで留めます。 ・ピンもなるべく隠して留めて。 【STEP4】 ・片手で結び目を押さえながら、もう片方の手でトップとサイドの髪を引っ張り出してニュアンスをつけます。 ・前髪を散らして、完成。 ポニーテールがたるまない・崩れない方法 トリートメントをスタイリング代わりに \ヘアスタイルのポイント/ ・ロングヘアのまとめ髪。 時短アレンジはヘアアクセ選びとしっとり感がマスト!まとめ髪にするロングヘアのアレンジで一番大切なのは、質感調整です。 ・パサついていると老けて見えるので、アウトバストリートメントをヘアスタイリング剤代わりに使い、ベースの髪にしっとりとしたツヤ感を出しておくことが大切です。 あとはインパクトのあるヘアアクセを使ってまとめ髪にしておけば、手抜き感ゼロで垢抜けた印象に仕上がるんです。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・毛先のパサつきは、老けて見える原因に! ・髪の中間〜毛先にトリートメントローションを吹きかけ、髪の乾燥やうねりを抑え、しっとりまとまりやすい髪に。 【STEP2】 ・髪全体をコームでとかしながら、バック耳の高さに集めます。 ・とくにサイド部分の浮きがないようになるべくタイトに抑えるのがコツ。 【STEP3】 ・縦型バレッタでひとまとめにした毛束を留める。 ・毛束が緩まないように片手でしっかりと毛束を引っ張りながら留めるのがポイント。 【STEP4】 ・トリートメントミルクを指に伸ばし、トップ〜サイドの根元部分にオン。 ・伸びかけの髪やアホ毛を抑え、面を艶やかに整えてくれる。 教えてくれたのは・・・クロス・エ・キューブ代表 松藤あつこさん Age:37歳 髪質:毛量はふつうで柔らかい。 生えグセあり。 ヘアカラー:ナチュラルブラウン パーマ:なし 髪コンプレックス:産後の抜け毛で毛量が減ってしまったことと、生えグセがあり、うねりが出やすいこと。 サイドはすっきり小顔に見える低めポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・トップと後頭部にボリュームをもたせる一方、襟足が頭に 沿うように引き締めたスタイル。 ・トップと後頭部が丸みを 帯び、視覚効果で、小顔に見えます。 頭の形もキレイに見え、 美人度アップ! ・低い位置でまとめることで、大人っぽさ も演出。 \FRONT/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・空気を含ませながら、ざっくりと低い位置でひとつにまとめる。 ・サイドの毛を指でつまんで出してから、ゴムで留める。 【STEP2】 ・結んだ毛束のサイドの毛を少量持ち、横に引っ張る。 ・結び目が頭に沿うようになり、奥行き感とボリュームが。 【STEP3】 ・結んだ毛束の毛先を散らして、無造作感を出す。 ピシッとできる女風!オフィスポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・男は女性の知性を感じるヘアスタイルが好 きです。 でも、ただのひとつ結びはおばさ んぽくなるし、オールバックでびしっとキメ すぎだと近寄りがたい。 ・仕事の邪魔になら ないようにまとめて結んでいるけれど、前髪 はポンパ風でふわっと。 清潔感があって知的、 かつ優しそうな女子を嫌いな男はいません。 \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪に逆毛を立てます。 ・前髪の毛束を持ち上げ根元の裏側を上下にとかして膨らませ、前髪が小さいポンパドール風になるように。 こんな感じ! 【STEP2】 ・逆毛は残したまま、手ぐしでざっくりと全体の毛を集めてゴムでひとつに結びます。 ・上から結び目が隠れるようにクリップを留めます。 【STEP3】 ・左手で結び目を押さえ、右手でトップと結び目の上の毛を引き出す。 ・ポンパ風前髪からつながる後頭部の立体感で頭の形の良さを演出。 【STEP4】 ・片方の手で結び目を押さえながらもう片方の手でサイドの髪に手ぐしを通す。 ・ざっくり感を出しながら自然な後れ毛を出します。 崩れないお仕事ポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・仕事の打ち合わせへは清潔感あるハンサムポニーで! ・初対面のクライアントとの打ち合わせへは、キリッと大人っぽい髪型で。 ・シンプルなひとつ結びは、前髪も上げてオールバック風にして顔周りを明るく、清潔感&信頼感を意識して。 \How to/ 【STEP1】 ・手ぐしでざっくり髪をまとめ、落ち着き感のある耳くらいの高さでひとつ結びに。 ・ゴムを隠すように毛束を巻きつけてピンで留める。 【STEP2】 ・トップからサイドの髪を所々手で引っ張り出して、立体感&こなれ感をプラス。 ・前髪も後ろに流してスプレーで固定して。 【STEP3】 ・指先にスプレーを少量とり、耳横にかかるように毛束を引き出して。 ・耳横に髪を少し残すことでよりこなれ感が出て、小顔見せ効果も。 【ポイント】 ・シンプルなひとつ結びこそ、高さやフォルムにこだわりを。 ・落ち着いた雰囲気に見せたい日は耳くらいの高さ、程よいくずし&華美になりすぎないヘアアクセでおしゃれ感を。 パーティーで1日たるまないお目立ちポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・モードなローポニーは頭が小さくスタイ ルが良く見えるし、シンプルなのにワザも ある洗練されたアレンジ。 ・こんなおしゃれ なヘアスタイルの彼女と一緒だと、友達に 自慢したくなります。 ・大人っぽい斜め前髪 にも色気を感じて、ドキッ! \BACK/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・くしの柄を使って、前髪を9:1のサイドパートに分け、トップの方に向かって分け目をつけます。 ・前髪を斜めに流しキレイにとかします。 【STEP2】 ・トップの毛束を取り、裏側の毛にくしを上下させて逆毛を立てます。 ・この逆毛が後頭部の膨らみになり頭を形良く見せます。 【STEP3】 ・襟足の生え際ギリギリの低めの位置に、全体の髪を手ぐしで集めて結び、ローポニーテールを作ります。 ・アクセつきのゴムだと便利。 【STEP4】 ・片手で結び目を押さえながらくしの柄をトップと後頭部に挿し込む。 ・毛を引き出し高さとボリュームを出します。 手よりキレイに。 ボブさんのポニーテールアレンジ ボブでも崩れないハーフアップ活用ポニー \ヘアスタイルのポイント/ ・パーツ別にさりげなく押さえ込めば、おしゃれ&くずれない! ・手が込んで見えるけれど、ハーフアップにねじりテクを組み合わせ、毛先を結んだだけ。 ・パーツ別に押さえているから、もちがいいのも特徴。 爽やかで女性らしく、雨の日デートにもぴったり。 \SIDE/ \BACK/ \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 1. こめかみから毛束をとってゴムでまとめてハーフアップにした後、耳上の毛束をそれぞれねじり、結び目付近でアメピンを挿して留める。 マジェステをつけて結び目とアメピンを隠したら、全体をゴムで1本に結ぶ。 仕上げに、トップを指で軽くつまんでほぐして。 ショートボブでもできる簡単ポニーテール \短めボブでもニュアンスのあるひとつ結びにしたい/ Age: 36歳 髪質: ストレートで量が多い 髪型: ボブ ヘアカラー: あり パーマ: あり 髪コンプレックス: 髪が細いのでカラーが褪色しやすく、毛先が乾燥しがち。 前髪に浮きクセがある。 \How to/ 【STEP1】 ・全体にワックスをもみこむ。 ボブヘアのシンプルなひとつ結びこそ、質感が仕上がりを左右します。 ・猫毛で束感が出にくいので、固めのエマルジョンワックスと、ウェットヘアに最適なジェルワックスの2品を混ぜて使用します。 【STEP2】 ・手ぐしでざっくりとまとめる。 顔周りの毛を残して、手ぐしでひとまとめに。 ・ボブのひとつ結びをこなれてみせるには、表面に繊細な毛束感が欲しい。 ・コームは使わずに、手ぐしでざっくりまとめるのがコツです。 【STEP3】 ・細いゴムで結び、軽くバランスを整える。 横からみるとこんな感じ。 ・アレンジに表情をプラスするため、顔周り、こめかみの髪は少し残します。 ・サイドと襟足の髪はキュッとタイトに。 トップは軽くつまんでふんわり感を出します。 【STEP4】 ・両手5本の指を使って髪をグッと前に押し出す。 ・トップからハチ周りにかけて、両手の5本指でグッと頭皮を前に押し出すようにします。 ・こうすると簡単に毛流れに凹凸が生まれて、自然な立体感のあるひとつ結びになります。 【STEP5】 ・ボブヘアをパパッとひとつ結んだような、さりげないのに、こなれているヘアアレンジが完成。 ・最後に少量のワックスを顔周りの髪になじませて、程よくウェットな毛束感を演出。 ・短めボブでもニュアンスのあるひとつ結びになりますよ! ちらっと見えるキュートなミニポニーテール \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・手グシを深くまで入れてまとめる。 ・シンプルなひとつ結びは、空気感が勝負の分かれ目。 ・手グシを深めに入れながら、全体を片側にまとめます。 【STEP2】 ・ゴムでタイトに結んで完成! ・手グシで作った空気感をつぶさないようにしながら、ゴムで結びます。 ・飾りゴムで結び目を隠して完成。 \ヘアスタイルのポイント/ ・こめかみの毛束はまとめずに残すことで、ひとつ結びにリラックス感が生まれます。 ・表情も柔らかくなり、親近感が急上昇! ボブヘアでかわいいエアリーポニー \How to/ 【STEP1】 ・全体を手ぐしでひとまとめにした後、手で押さえる。 ・トップの毛束を軽くつまみ出してふんわりさせる。 【STEP2】 ・ややサイドにずらした低めの位置で、バナナクリップを縦に使って留める。 ・アシメトリーなバランスがおしゃれ。 【STEP3】 ・手を熊手の形にしてトップの髪をくしゃっとつかみ、空気感をプラス。 ・リラックス感が出て、こなれた雰囲気に。 髪を後ろでひとつにまとめて結ぶ。 ・〝逆くるりんぱ〟するにはある程度の長さが必要なので、高すぎない位置で結んで。 【STEP2】 ・ゴムを少し下にずらしてから、結び目の上に指で穴をあける。 ・そこに毛先を下から上へ通し〝逆くるりんぱ〟。 【STEP3】 ・穴に通し切ったら、毛先を下にキュッと引っ張る。 ・最後に毛束をふたつに分け、ゴムを押し上げるように左右に広げる。 ロングさんのポニーテールアレンジ ボリューミーでほっこりこなれポニーテール \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・ポニーテールをつくる。 ・アイロンで緩く全体を巻いた後、手グシでふんわりと空気を含ませながらまとめ、耳の上の高さで低めのポニーテールにする。 【STEP2】 ・トップにボリュームを出す。 ・トップの毛に、手のひらを差し入れてそのままぐっと握って、手を抜き出す。 ・トップに立ち上がりをつけてボリュームを出す。 【STEP3】 ・仕上げ。 長めのゴムを輪っかに結んでヘアバンドとしてつけ、トップの立ち上がりをキープ。 ・顔周りのサイドの髪を少し引き出し、完成。 ノットヘアポニーでいつものひとつ結びをアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・ノットヘアとは、毛束をひとつ結びすること。 ・結んだ毛先をアメピンで留めるだけでボリュームが出て、柔らかい印象になります。 \FRONT/ \BACK/ \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 【STEP1】 ・まず、髪全体をコテで軽く巻いておく。 次に、両サイドの毛を残して、耳の高さでポニーテールに。 ・トップの毛を少しつまんで引き出し、ルーズ感を出して。 【STEP2】 ・両サイドの毛束をひとつ結びに。 ・ 1で残したサイドの髪を両手で持ち、ポニーテールに結んだゴムの上でひとつ結びをする。 【STEP3】 ・お団子留めのように挿して留める。 片方の毛先をゴムに巻きつけてアメピンで留める。 ・アメピンの短い辺の先を頭皮と垂直になるように挿してから、外側に倒し、結び目の奥へ入れ込む。 ・もう片方の毛先も同様に。 使うアメピンは玉つきストレート。 ロングヘアの簡単ポニーテールアレンジ \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ふたつに分けてそれぞれの毛束を内側へねじる。 ・ワックスを全体に薄くもみ込みむ。 ・ふたつの毛束に分け、それぞれを内側へ2回転程ねじった後、襟足の位置でまとめ、ゴムで結ぶ。 【STEP2】 ・ねじり部分から毛束を引き出しこなれた印象に。 ・ふたつの毛束の中間にも指を入れ、左右から毛束を細めに引き出す。 ・結び目を押さえながらトップも引き出し、スタイルに奥行きをつけて。 【STEP3】 ・毛先に逆毛を立てて柔らかさをオン。 ・毛先から手ぐしを入れ、結び目より先の部分に逆毛を立てる。 ・仕上げにややキープ力のあるヘアスプレーをつけ、ふんわり感をキープ。 トップのボリュームとざっくり感が大人のロングポニー \FRONT/ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・全体をヘアアイロンでゆる巻きにし、手グシでざっくりまとめ高めに結ぶ。 ・サイドはピタッと。 【STEP2】 ・結んだ毛束から細く毛束を取る。 ・結び目にクルクルと巻きつけてピンで留め、ゴムを隠す。 【STEP3】 ・結び目がずれないように手で押さえる。 ・トップの毛を引き出してやや盛りを作る。 シンプルで大人可愛いロングポニーテール \ヘアスタイルのポイント/ ・ヘア&メイクの仕事の日はロープ編みポニーでひねりをプラス。 ・アクティブに働く日は、動いてもくずれず、邪魔にならないヘアスタイルがマスト。 ・サイドにひねりを加えたポニーは見た目にも差がつき、おしゃれのアクセントにも! \How to/ 【STEP1】 ・両サイドの髪を残し、残りの髪をひとつ結びに。 ・結ぶ高さは耳くらいが好バランス。 ・後頭部の髪を引き出しふんわりと立体的なフォルムに調整して。 【STEP2】 ・両サイドに残した髪をロープ編みに。 ・髪をふた束に分け、左右交互にねじるように編んでいくだけなので、3つ編みよりも簡単! ・毛先はゴムで留めて。 【STEP3】 ・【STEP2】で作ったロープ編みの毛束は所々毛を引き出してほぐし、ラフなニュアンスに。 【STEP4】 ・【STEP1】で作ったポニーのゴムの結び目を隠すように、左右両方からロープ編みの毛束をくるくる巻きつけて。 ・毛先は見えなくなるよう、ピンで留めて。 【ポイント】 ・顔周りをすっきり見せつつ、女っぷりはキープしながら、スタイルアップ効果も。 ・両サイドからロープ編みをプラスすれば、シンプルすぎずこだわりあるスタイルが完成!.

次の

おしゃれポニーテールは後れ毛がポイント!高めポニーやミディアムヘア向けスタイルをご紹介

ポニーテール ワックス

ローポニーだってちゃんとセットすれば華やかで小洒落た雰囲気になるんです! 結婚式でも使える華やかアレンジ方法と、日常使いできる簡単ヘアアレンジ方法も紹介します。 【目次】 ・ ・ ゲストも花嫁も!結婚式でも使える華やかローポニー ランダムに巻くことで動きをつけて立体感のあるローポニーに 【STEP1】 ハチくらいの高さまで髪をランダムに巻く。 毛先からハチくらいまで、コテでランダムに巻いていきます。 ランダムに巻くことで、ポニーテールにした毛先に動きが出ます。 【STEP2】 髪全体にヘアワックスをなじませる。 ひとつにまとめやすいように、髪全体にヘアワックスを。 ヘアワックスを手のひらに広げたら、髪をもみ込むようになじませます。 【STEP3】 逆毛を立ててトップにボリュームを。 ヘアゴムで結ぶ前にトップに逆毛を立てておくと立体感を作りやすいので、コームで逆毛に。 【STEP4】 髪全体にヘアスプレーをしてボリュームをキープ。 【STEP2】と【STEP3】で出したボリュームをキープするために、髪全体にホールド力のあるヘアスプレーを仕込みます。 髪を潰さないように、遠目の位置からシューッとスプレーするのがポイント。 【STEP5】 結ぶ位置は耳下の高さの低い位置。 手ぐしで髪をまとめたら、ヘアゴムで結びます。 結ぶ高さは耳下の延長線上。 この高さは後頭部の髪を引き出しやすく、立体的に見えます。 【STEP6】 後頭部の髪を思いっきり引き出す。 横から見たときに後頭部に丸みが出るように、髪をたっぷりとつまみ出します。 つまみ出したあと、もう一度後頭部にヘアスプレーをしてホールドを。 【STEP7】 顔まわりの髪はつまみ出しながらヘアスプレーを。 顔まわりのふんわり感は、髪をつまみ出したときにヘアスプレーをして作ります。 これで引き出した髪をしっかりホールドできます。 仕上げに結び目にヘアカフをして、ヘアゴムを隠します。 <完成> 顔まわりに引き出した髪がふんわりと柔らかい印象に。 ヘアワックスとヘアスプレーのW使いで、このふんわり感を1日中キープ。 たっぷりと引き出した後頭部の髪のおかげで、絶壁感ゼロ。 美しい立体ヘアに仕上がっている。 結婚式でハズさない大人かわいいローポニー 【STEP1】 中間~毛先に手ぐしを入れて、全体をサイドへ寄せる。 ふんわりさせたいトップには手ぐしを入れないのがコツ。 【STEP2】 【STEP1】の毛束を耳の下辺りで、シュシュで結ぶ。 シンプルなスタイルなので、シュシュは存在感のあるものがベター。 【STEP3】 結び目を手で押さえたまま、トップの毛束を細めに取って縦横につまみ出す。 トップを丸いシルエットに整える。 <side> <back> トップをふわふわにしたサイドローポニー 【STEP1】 手ぐしでざっくり サイドに寄せる。 前髪以外の髪をすべて片側に寄せる。 このとき空気を含ませるように、手ぐしをよく通して。 シルエットがタイトにならないよう注意。 【STEP2】 束ねた髪を 内回転でねじる。 寄せた髪を手でひとつに束ね、耳下で内側に3回ねじる。 ねじって筒状になった所と地肌を通すように、下から上へ3か所ピンで固定。 【STEP3】 両手で毛束をラフ につまんで割く。 毛束を両手でランダムに持ち、左右に割く。 持つ毛束を替えて何度か繰り返すと、ナチュラルな逆毛となってリューム感UP。 耳の高さに合わせた位置がキレイに見える。 【STEP2】ふわ&キュッがポイント 耳の高さでシリコンゴムで結ぶ。 結び目はキュッ、ほかは手ぐしの緩さを残すこと。 この結び目にひと筋毛束を巻きつけてピンで留めてゴムは隠す。 【STEP3】トップの毛束を抜き出してボリュームを トップの毛束をランダムに引き出して〝ポンパ風〟に。 バックに最もボリュームがあると頭の形がキレイに見える。 カチューシャを着け完成。 <side> <back> サイドくるりんぱローポニーアレンジで大人っぽヘア 正面から見ると味気ないローポニーは、ほんの少しサイドに寄せるのがポイント。 \ヘアスタイルのポイント/ 顔にシアーにかかる前髪で透け感アップ 結び目周りのくずし感たっぷりに! 【STEP1】サイドに寄せて緩めに結ぶ 前髪を薄く残したら、全体をやや右寄りに結ぶ。 くるりんぱしやすいように、ゴムをやや下げる。 【STEP2】毛束を穴に通してくるりんぱ ゴムの上に穴をあけ、毛束を上から通してくるりんぱ。 毛束を左右に引っ張りながら、ゴムを押し上げる。 【STEP3】ゴム・顔周りの毛束を引き出す ゴム付近がタイトになりすぎないよう、毛束を細かく引き出してくずす。 顔周りも引き出し透け感をプラス。 <side> <back> 後頭部のボリュームが美人な大人ローポニー \ヘアスタイルのポイント/ トップと後頭部にボリュームをもたせる一方、襟足が頭に 沿うように引き締めたスタイル。 トップと後頭部が丸みを 帯び、視覚効果で、小顔に見えます。 頭の形もキレイに見え、 美人度アップ! 低い位置でまとめることで、大人っぽさ も演出。 【STEP1】 空気を含ませながら、ざっくりと低い位置でひとつにまとめる。 サイドの毛を指でつまんで出してから、ゴムで留める。 【STEP2】 結んだ毛束のサイドの毛を少量持ち、横に引っ張る。 結び目が頭に沿うようになり、奥行き感とボリュームが。 【STEP3】 結んだ毛束の毛先を散らして、無造作感を出す。 <front> <back> 大人かわいいシンプルローポニー 【STEP1】 耳辺りから毛先までを緩く巻いておくと、アレンジした際に柔らかいニュアンスのある仕上がりに。 1本結びでもこなれて見える。 【STEP2】 両サイドの髪を残し、残りの髪をひとつ結びに。 結ぶ高さは耳くらいが好バランス。 後頭部の髪を引き出しふんわりと立体的なフォルムに調整。 【STEP3】 両サイドに残した髪をロープ編みに。 髪をふた束に分け、左右交互にねじるように編んでいくだけなので、3つ編みよりも簡単!毛先はゴムで留める。 【STEP4】 【STEP2】で作ったロープ編みの毛束は所々毛を引き出してほぐし、ラフなニュアンスに。 【STEP5】 【STEP1】で作ったポニーのゴムの結び目を隠すように、左右両方からロープ編みの毛束をくるくる巻きつけて。 毛先は見えなくなるよう、ピンで留めて。 <完成> ミックス巻き&くずしテクニックで作るこなれ簡単ローポニー 【BEFORE】 【AFTER】 \ヘアスタイルのポイント/ こなれ感たっぷりのくずしひとつ結びは、大人フェミニンな印象。 くずしたアレンジで抜け感が生まれ、着こなしがよりシックに見えると「いいね」の嵐!髪をバラけさせる。 一気に巻くとカールがまとまってしまうため、少なめの毛束でランダムに巻く。 巻いた後にしっかりほぐすことも大事。 ベースから仕上げまでできるスグレもの。 結ぶ前にくずしておく。 髪を集めながら部分的に髪を引き出してくずし、結ぶ前にある程度形を作っておく。 結んでからくずすより、こなれた感じに。 【STEP1】 32mmのアイロンで、リバースとフォワードのミックス巻きに。 表面は少ない毛束でランダムに巻く。 髪の内側から空気を入れてカールをほぐしながら、ハードスプレーを吹きつける。 分け目を曖昧にボカすと、たちまちこなれた雰囲気に。 髪を横分けにして、根元にスプレーを。 分け目が曖昧になり、根元がキープされてトップに高さが出るためフォルムが決まりやすくなる。 【STEP2】 まとめるときに髪を引き出す。 髪を後ろにまとめる。 まとめるときにサイドと襟足はタイトに、後頭部はふんわりさせてから結ぶ。 【STEP3】 毛束をギュッと引っ張る。 ゴムで結んだ毛束を左右に分けて、ギュッと引っ張る。 結び目が緩みにくくなり、形がキープできる。 【STEP4】 後頭部の丸みを調整。 ほぼフォルムはでき上がっているので、最後は後頭部の丸みを調整。 バランスを見て髪を引き出す。 【STEP5】 ゴムを隠す。 毛穴を巻きつけて。 ピンで留める。 【STEP6】 後頭部の膨らみとのバランスをとるために、結んだ毛束の根元も高さが出るようにスプレーでキープ。 毛先にもボリュームを出しつつ、毛束を裂くようにして空気を入れる。 スプレーを吹きつけて完成。 バレッタ使いがワンランクアップ!ふわっと丸みのあるローポニー 【STEP1】耳周りの髪を残して結ぶ 全体をミックス巻きにしておく。 耳周りの髪は残しておき、低めの位置でひとつ結びに。 【STEP2】残した髪をねじり編み 残しておいた髪を2束にわけて、交互に重ねてねじり編みに。 後ろ向きに編んでいくのがコツ。 【STEP3】結び目に巻きつける 編んだ毛束を指で部分的にくずし、結び目に巻きつけたらピン留めに。 逆サイドも同様に。 <完成> 後頭部や毛先のカールの丸みでエアリーなフェミニン感を演出。 バレッタで気の利いた感じに。 センターで分けてからこめかみと耳後ろの毛束を残し、後ろの低い位置でひとつ結びに。 残しておいた毛束に再度スタイリング剤をつけて完成。 短い結び目がうまく隠れるアクセも、ポイント! 根元をくるくるドライヤーでふんわりと立ち上げる。 後頭部の丸みを出すため、根元から熱を加えられるくるくるドライヤーを活用。 タイトながらも毛束感はキープ。 後れ毛は残さないタイトなシルエットだけど、表面には凹凸をつけてこなれ感を。 ヘアアクセを上手に使う。 結んだ毛束が短いと中途半端に見えるため、それを隠せるレザーのアクセを手作り! 【STEP1】 ふんわりした丸みが出るように、くるくるドライヤーでトップ~後頭部の根元をしっかり立ち上げる。 根元の立ち上がりがヘタらないよう、手ぐしを通せるハードスプレーを吹きつける。 【STEP2】 内側から手ぐしを通しながら、後頭部のふんわり感をつぶさないように下の位置で髪をひとつ結びに。 【STEP3】 後頭部の上部分の髪を、指先でひとつまみずつ引き出す。 いろいろな角度から見ながらバランス良く。 【STEP4】 正面から見たときにもふわっと感がわかるように、サイドはハチの少し上部分の髪を引き出して。 【STEP5】 引き出した髪を指で再度つまみ、ハードスプレーを吹きつけて隙間をキープ。 【STEP6】 結び目に、LILYSのハンドメイドヘアアクセを飾る。 短い毛束がうまく隠れ、お団子風フォルムに。

次の

ローポニーテールは結婚式でも使える!簡単だけど華やかにみせるスタイルと技ありテクとは?

ポニーテール ワックス

ポニーテールは昔から男性に人気のある髪型として上位の人気を誇っています。 なぜ人気かというと、うなじがきれいに見えるとか、髪をかき上げて結ぶ姿が色っぽいなど男心をくすぐるというのが人気の理由です。 男性がポニーテールを好きな理由• 男性は揺れるものに弱い• ポニーテールをしている時と髪を下したときのギャップ• うなじが見えるところに色気を感じる• ポニーテールをしているときの仕草がいい• 顔全体が見えるのでキレイさが引き立つ せっかく男性に人気のポニーテールにするなら、さらに男性ウケの良いポニーテールを作りたいですよね。 下記の記事で男ウケの良い可愛いポニーテールの作り方やアレンジ例を紹介しているので、ご参照ください。 基本のポニーテールの作り方• 1.短い毛が出てこないためにもヘアワックスを全体になじませる• 2.耳とゴールデンポイントを結ぶラインで髪を上下にわけ、前の毛束(ハーフアップの状態)を結びたい位置で1つにまとめる• 3.下の毛束を上のゴールデンポイントまで持っていき、上と合わせて一緒に結ぶ• 4.サイドに上下の分け目がついている場合があるので、コームでなじませる ワックスを全体になじませることで、ポニーテールが崩れてこずにきれいな形を作ることができます。 ゴールデンポイントで結ぶとキレイなポニーテールになるのが簡単にできるやり方です。 基本のポニーテールを綺麗に作るには?可愛い後ろ髪のやり方を紹介 基本のポニーテールをうまく綺麗に作るポイント 最近、髪にツヤがなくなってきたり、頭皮が乾燥してフケが... なんて悩みを抱えていませんか?ジメジメしている時は髪の指通りが悪かったり、乾燥している時は髪がパサパサになったりの繰り返される頭皮への負担で気づいたらあなたの頭皮がボロボロになってることという可能性もあります。 頭皮環境が悪化を放置してしまうと抜け毛や切れ毛が増え、ゴワゴワのダメージヘアになってしまいます。 そのため、頭皮を保護ししなやかな髪を保ってくれるシャンプーが必要となります。 そこで実際に私も現在使っていておすすめなのが、海外有名セレブも御用達のBELTAボタニカルシャンプー・トリートメントです!これを合わせて使えば健康な頭皮にし、艶やかでハリのある髪にできます!また、すでにダメージを受けてしまっている髪も内側まで栄養を届けて、芯から強くまとまる髪へ導いてくれます。 今なら通常6,780円のところ初回購入2,980円とお買い得になっています!健やかな頭皮から美しいツヤ髪にしたい方、今すぐ本気のケアを始めましょう! ではさっそく基本のポニーテールを綺麗に作ってみましょう! RELATED ARTICLE ポニーテールでいろいろなアレンジに挑戦しよう! いろいろなポニーテールのアレンジの方法やヘアアクセサリーも紹介していきました。 ポニーテールとひとくくりに言ってもいろいろなアレンジの方法があるし、結ぶ位置によっても雰囲気が全然変わってきます。 カジュアルな普段使いにもパーティスタイルにも使えるのでぜひいろいろなポニーテールにチャレンジしてくださいね。 ポニーテールはアレンジひとつで印象を大きく変えることができ、男性にも女性にも人気の髪型ですが、ショートやボブだとポニーテールはできないと諦めていませんか?ショートとボブでもポイントを押さえればポニーテールが作れます!下記の記事でショートとボブのポニーテールの作り方とアレンジ例を紹介しています。

次の